検索結果 308 件中 1 件 〜 50
  1. 2020101900987

    遼・金代の大規模な寺院遺跡見つかる内モンゴル自治区  遼上京遺跡で発見された寺院遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国社会科学院考古研究所内モンゴル第2隊と内モンゴル文物考古研究所の合同チームがこのほど、内モンゴル自治区の遼上京遺跡で遼・金代の大規模な皇家寺院遺跡を発見した。これまで見つかった寺院の中で最大規模になるという。(フフホト=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020101200380

    「中亜班列」貨物が広州港から東南アジアへ新たな輸送ルートが誕生  8日、上空から見た広州港南沙港区。(小型無人機から)中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車「中亜班列」で中国に運ばれたコンテナ21本を積んだコンテナ船が6日、広東省広州港南沙港区から出港、インドネシアに向かった。中国の港湾大手、広州港集団が明らかにした。シーアンドレール輸送により、「中央アジア-広州市-東南アジア」の新たな物流ルートが開通し、「一帯一路」沿線国・地域により多くの国際物流サービスを提供できるようになった。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020100104420

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区の月亮湾を訪れた観光客。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020100104507

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020100104552

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020100104596

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020100104479

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区の神仙湾。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020100104568

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区の月亮湾。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020100104457

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区のカナス湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020100104599

    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区  28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020100703206

    新疆ウイグル自治区の人気観光スポット  新疆ウイグル自治区アルタイ地区ブルチン県の五彩灘(ごさいたん)風景区。(9月26日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区では新型コロナウイルスの予防・抑制の常態化を前提に、文化観光産業が全面的に回復、観光市場が急成長している。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020101400189

    最新技術が凝縮、北京と張家口結ぶ京張高速鉄道の列車  河北省張家口市崇礼区にある京張高速鉄道の太子城駅。(9月26日撮影、小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の列車には、第5世代移動通信システム(5G)やワイヤレス充電、インテリジェント照明などが採用されており、装備製造や新素材、人工知能(AI)の新技術など中国の鉄道開発における最新の成果が凝縮されている。同列車の設計最高時速は350キロで、北京と張家口間の移動時間は3時間超から47分に短縮された。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020091400575

    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省  9日、綏芬河駅北場に停車する物資を満載した貨物列車。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020091400558

    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省  9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアの風景。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020091400559

    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省  9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアにある農産品メーカー、綏芬河良運農産品開発。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020091400677

    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省  9日、綏芬河駅北場に停車する物資を満載した貨物列車。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020091400678

    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省  9日、綏芬河駅北場に停車する物資を満載した貨物列車。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020091400569

    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省  9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアの風景。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020091400639

    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省  9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアの風景。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020090408790

    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ  1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020090408757

    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ  1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の自然教育キャンプ場。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020090408747

    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ  1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020090100512

    超高圧変電所を見守る5Gネットワーク河南省駐馬店市  27日、変電所外の送電線に沿って巡回する小型無人機。(小型無人機から)中国青海省・河南省間のプラスマイナス800キロボルト超高圧直流プロジェクトの豫南交直変換変電所では、第5世代移動通信システム(5G)ネットワーク設備が「目」となって、所内を隅々まで監視している。規模が大きく設備の種類が多いという超高圧変電所の特徴に対応するため、同変電所は5月から所内の5Gネットワークのフルカバーを実現。対応する巡視・点検ロボットやドローン(小型無人機)、高精細度監視カメラ設備を配置したほか、パトロール監視設備の感知能力を引き上げ、超高圧プロジェクトの安全で安定した運営を確保している。(駐馬店=新華社記者/李嘉南)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020090100470

    超高圧変電所を見守る5Gネットワーク河南省駐馬店市  27日、変電所外の送電線に沿って巡回する小型無人機。(小型無人機から)中国青海省・河南省間のプラスマイナス800キロボルト超高圧直流プロジェクトの豫南交直変換変電所では、第5世代移動通信システム(5G)ネットワーク設備が「目」となって、所内を隅々まで監視している。規模が大きく設備の種類が多いという超高圧変電所の特徴に対応するため、同変電所は5月から所内の5Gネットワークのフルカバーを実現。対応する巡視・点検ロボットやドローン(小型無人機)、高精細度監視カメラ設備を配置したほか、パトロール監視設備の感知能力を引き上げ、超高圧プロジェクトの安全で安定した運営を確保している。(駐馬店=新華社記者/李嘉南)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020090100335

    5Gで鉱山の無人化を実現河南省焦作市  25日、焦煤集団千業水泥の露天鉱山で作業する遠隔制御のショベルカー。(小型無人機から)中国河南省焦作市にある焦煤集団千業水泥は、第5世代移動通信システム(5G)ネットワークやモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)クラウドコンピューティングなどの技術を利用した「5G+無人鉱山」プロジェクトを進め、鉱山の破砕や掘削積み込み、輸送、モニタリングなどの無人化遠隔操作を実現した。これにより、鉱区作業の安全性と生産効率が高まり、従業員の作業環境も改善した。(焦作=新華社記者/張浩然)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020090104429

    企業活動の再開、徐々に成果福建省石獅市  25日、石獅市の石湖港に並ぶ輸出入用の貨物コンテナ。(小型無人機から)中国福建省石獅市は古くからの紡績・アパレル生産拠点として知られる。同市は今年第3四半期(7~9月)以降、企業の生産販売戦略の調整を力強く指導し、企業向け電気料金の段階的引き下げを積極的に実施。企業の生産能力は絶えず回復・向上し、電力負荷も最高記録を更新し続けている。25日の最大電力負荷は79万6千キロワットと昨年同期のピーク値に比べ4%以上増加した。新型コロナウイルスの感染拡大により打撃を受けた企業活動の再開は徐々に成果を上げている。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020082705447

    自動運転の路線バス、試験運行始める河南省鄭州市  18日、公道での試験運行を始めた鄭州市鄭東新区の自動運転バス。(小型無人機から)中国河南省鄭州市鄭東新区でこのほど、自動運転の路線バスが試験運行を始めた。公道に設けられた全長17・4キロの専用ルート「公共交通1号線」を走る。第5世代移動通信システム(5G)や路車協調システム、人工知能(AI)などの先進技術を採用した自動運転で、スマート停留所やスマートターミナルなどと一体化した管理制御システムにより、運行中の車両のスマート監視や安全リスクの早期検知なども行う。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020082103070

    「新華社」マカオとの出入境審査が1回に「横琴口岸」新エリア運用開始 18日、横琴口岸。(小型無人機から)中国マカオ特別行政区に隣接する広東省珠海市の出入境審査場「横琴口岸」で18日、双方の出入境審査を1カ所で済ますことができる新たな旅客審査エリアが運用を始めた。粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)に新たな「ワンストップサービス」が加わった。これまではマカオと珠海でそれぞれ審査を受ける必要があったが、1回で済むようになる。審査にかかる時間も最短5秒に短縮されるという。横琴口岸は年間延べ8千万人、1日当たり22万2千人の利用を見込んでいるが、対応は十分に可能との見方を示している。新エリアの運用で、マカオ~珠海間の1日当たりの対応能力が従来の延べ75万人から90万人に増える。手続きの効率も大幅に向上し、利用者の利便性が高まると期待されている。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020082705445

    自動運転の路線バス、試験運行始める河南省鄭州市  18日、公道での試験運行を始めた鄭州市鄭東新区の自動運転バス。(小型無人機から)中国河南省鄭州市鄭東新区でこのほど、自動運転の路線バスが試験運行を始めた。公道に設けられた全長17・4キロの専用ルート「公共交通1号線」を走る。第5世代移動通信システム(5G)や路車協調システム、人工知能(AI)などの先進技術を採用した自動運転で、スマート停留所やスマートターミナルなどと一体化した管理制御システムにより、運行中の車両のスマート監視や安全リスクの早期検知なども行う。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020082705329

    自動運転の路線バス、試験運行始める河南省鄭州市  18日、公道での試験運行を始めた鄭州市鄭東新区の自動運転バス。(小型無人機から)中国河南省鄭州市鄭東新区でこのほど、自動運転の路線バスが試験運行を始めた。公道に設けられた全長17・4キロの専用ルート「公共交通1号線」を走る。第5世代移動通信システム(5G)や路車協調システム、人工知能(AI)などの先進技術を採用した自動運転で、スマート停留所やスマートターミナルなどと一体化した管理制御システムにより、運行中の車両のスマート監視や安全リスクの早期検知なども行う。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020082100959

    南中国海の禁漁期終了、新技術で厳格管理  16日、海南省陵水リー族自治県新村鎮から出漁する船。(小型無人機から)南中国海で16日、夏の禁漁期が終了した。禁漁期は5月1日からで、今年は衛星測位システムや監視カメラ、ビッグデータ管理などの技術が使われ、これまでで最も厳格な法執行活動が行われた。(海口=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020082100899

    南中国海の禁漁期終了、新技術で厳格管理  16日、海南省陵水リー族自治県新村鎮から出漁する船。(小型無人機から)南中国海で16日、夏の禁漁期が終了した。禁漁期は5月1日からで、今年は衛星測位システムや監視カメラ、ビッグデータ管理などの技術が使われ、これまでで最も厳格な法執行活動が行われた。(海口=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020082100875

    南中国海の禁漁期終了、新技術で厳格管理  16日、海南省陵水リー族自治県新村鎮から出漁する船。(小型無人機から)南中国海で16日、夏の禁漁期が終了した。禁漁期は5月1日からで、今年は衛星測位システムや監視カメラ、ビッグデータ管理などの技術が使われ、これまでで最も厳格な法執行活動が行われた。(海口=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020090104497

    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市  13日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブ。(小型無人機から)中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020081204208

    四川省成都発の「中欧班列」、運行本数が大幅な伸び  5日、成都国際鉄路港(小型無人機から)。中国四川省の成都国際鉄路港管理委員会はこのほど、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の成都市発の運行本数が、1~7月に前年同期比58・6%増の1200本近くに達したことを明らかにした。7月までに同貨物列車は7891・7トンの医療物資を海外に向けて輸送し、世界の新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に寄与してきた。同貨物列車は新型コロナ流行後も安定して運行しているため、多くの貿易企業が輸出手段をこれまでの空運や海運などから鉄道輸送に切り替えた。また、製造業、電子製品メーカーも鉄道輸送を選択し始めたことで、成都発の「中欧班列」は感染の流行という逆境の中でも輸送量を伸ばしてきているという。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020080602225

    中国のネットで人気の古鎮、芙蓉鎮が観光客でにぎわう  2日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州芙蓉鎮の滝の周囲に建てられた住宅。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県の芙蓉鎮は夏を迎え、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底しながら観光客を迎え入れている。ここ1カ月ほどは1日平均約4千人が訪れており、観光客数は引き続き回復傾向にあるという。芙蓉鎮はもともと王村という名の2千年以上の歴史を持つ古鎮で、至る所に滝があるため、「滝の上に掛かる千年の古鎮」とも呼ばれている。1987年に公開された映画『芙蓉鎮』のロケ地として有名になったことから、「芙蓉鎮」と改名された。(永順=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020080303457

    中国のアンコールワット修復支援、研究は継続中  カンボジアのシェムリアップにあるアンコール遺跡群の王宮遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国がカンボジアで進める「アンコールワット王宮遺跡修復プロジェクト」が休むことなく続けられている。同プロジェクトは、中国がアンコール遺跡群で進めている3番目の保護修復プロジェクトで、2030年修了を予定している。中国文化遺産研究院は19年11月に同プロジェクトの応急処置と考古学調査を開始。中国側の考古スタッフとカンボジアのアンコール遺跡群の保護管理を担うアプサラ機構の考古スタッフによる合同調査チームが、遺跡に駐在し研究を進めている。新型コロナウイルス感染症の発生後、遺跡の発掘作業は中断されたが、調査チームはこれまでに出土した文化財の研究に急ピッチで取り組んでいる。出土した器物の中には中国の磁器片も含まれており、クメールの歴史における中国カンボジア両国の緊密な文化交流を裏付けている。(プノンペン=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020080303521

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020080303491

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020081204220

    四川省成都発の「中欧班列」、運行本数が大幅な伸び  成都鉄路口岸(通関地)検査センターに置かれた検査待ちのコンテナ。(7月17日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都国際鉄路港管理委員会はこのほど、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の成都市発の運行本数が、1~7月に前年同期比58・6%増の1200本近くに達したことを明らかにした。7月までに同貨物列車は7891・7トンの医療物資を海外に向けて輸送し、世界の新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に寄与してきた。同貨物列車は新型コロナ流行後も安定して運行しているため、多くの貿易企業が輸出手段をこれまでの空運や海運などから鉄道輸送に切り替えた。また、製造業、電子製品メーカーも鉄道輸送を選択し始めたことで、成都発の「中欧班列」は感染の流行という逆境の中でも輸送量を伸ばしてきているという。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020071304287

    2020世界人工知能大会、上海市で開幕  3日、上海臨港インテリジェント・コネクテッド車総合テストモデル区を走る車。(小型無人機から)中国上海市で9日、2020世界人工知能大会(WAIC2020)が開幕した。今回初めてオンライン形式で開かれた同大会には、世界各地から500人が参加。実況中継やホログラム、第5世代移動通信システム(5G)などにより、世界中から見られるようになった。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020070611490

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、蔣金春さんが暮らす早田村。(小型無人機から)中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020070600202

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地の中を歩く米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020070600189

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする早然木・吐爾遜(下)さんとパートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020070600186

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、農作業に励む人米爾扎提・吾馬爾やスタッフたち。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020070600207

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする米爾扎提・吾馬爾さん(左)と妻の早然木・吐爾遜さん(中)、パートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020061503246

    ファーウェイ、廊坊基地のデータセンター第1期が運用開始  3日、ファーウェイ廊坊基地の組み立て式モジュラー型データセンタービル。(小型無人機から)中国河北省廊坊市政府はこのほど、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が同社廊坊基地で建設を進めるクラウドデータセンター第1期プロジェクトのデータセンターとコントロールセンターが竣工し、運用を開始したと明らかにした。(廊坊=新華社配信)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020061503262

    ファーウェイ、廊坊基地のデータセンター第1期が運用開始  3日、ファーウェイ廊坊基地の組み立て式モジュラー型データセンタービル。(小型無人機から)中国河北省廊坊市政府はこのほど、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が同社廊坊基地で建設を進めるクラウドデータセンター第1期プロジェクトのデータセンターとコントロールセンターが竣工し、運用を開始したと明らかにした。(廊坊=新華社配信)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020061102877

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  空から見た五台山の寺院群。(小型無人機から、資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/劉永平)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052903530

    医療者に敬意、都心を飛行 上空からブルーインパルス  新型コロナウイルス対応の医療従事者に敬意を示すため、東京都庁(左)上空を飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=29日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像