検索結果 84 件中 1 件 〜 50
  1. 2020010500303

    東京五輪開幕まで200日  東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場。奥上は富士山=5日午後(共同通信社ヘリから)

  2. 2020010500302

    東京五輪開幕まで200日  東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場=5日午後(共同通信社ヘリから)

  3. 2020010500301

    東京五輪開幕まで200日  東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場=5日午後(共同通信社ヘリから)

  4. 2020010500300

    東京五輪開幕まで200日  東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場=5日午後(共同通信社ヘリから)

  5. 2019113001791

    新国立競技場が完成  30日完成し、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。36カ月の工期が終了し、56年ぶりに東京で開かれるスポーツの祭典の舞台が整った。掛け合わせ写真は(左上から右下に)2014年7月から19年11月15日まで記録した解体・建設工程(共同通信社ヘリから)

  6. 2019113002107

    新国立競技場が完成  完成し、夕闇にうっすらと浮かび上がる新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックでは、開閉会式や陸上競技などが行われるメインスタジアムとなる=30日夕(共同通信社ヘリから)

  7. 2019113002075

    新国立競技場が完成  完成した、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場(手前)。奥は富士山=30日夕(共同通信社ヘリから)

  8. 2019113002074

    新国立競技場が完成  完成した、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場(手前)。奥は富士山=30日夕(共同通信社ヘリから)

  9. 2019113002071

    新国立競技場が完成  完成し、夕闇にうっすらと浮かび上がる新国立競技場(手前)。2020年東京五輪・パラリンピックでは、開閉会式や陸上競技などが行われる=30日夕(共同通信社ヘリから)

  10. 2019113002022

    新国立競技場が完成  完成し明かりがともる、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。グラウンドでは芝生を養生するために特別なライトが当てられていた=30日夕(共同通信社ヘリから)

  11. 2019113002015

    新国立競技場が完成  完成し明かりがともる、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。グラウンドでは芝生を養生するために特別なライトが当てられていた=30日夕(共同通信社ヘリから)

  12. 2019113001856

    新国立競技場が完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして完成した新国立競技場(左下)。日本のスポーツの「聖地」として3代目となる=30日午後(共同通信社ヘリから)

  13. 2019113001806

    新国立競技場が完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして完成した新国立競技場。日本のスポーツの「聖地」として3代目となる。奥中央に見えるのは東京スカイツリー=30日午後(共同通信社ヘリから)

  14. 2019113001805

    新国立競技場が完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして完成した新国立競技場=30日午後(共同通信社ヘリから)

  15. 2019113001804

    新国立競技場が完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして完成した新国立競技場=30日午後(共同通信社ヘリから)

  16. 2019113001803

    新国立競技場が完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして完成した新国立競技場=30日午後(共同通信社ヘリから)

  17. 2019113001801

    新国立競技場が完成  完成した、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。高さを抑えた屋根の下は風が通り抜ける構造となっている=30日午後(共同通信社ヘリから)

  18. 2019113001798

    新国立競技場が完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして30日に完成した新国立競技場=30日午後(共同通信社ヘリから)

  19. 2019113001630

    新国立競技場が完成  東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場(手前)が完成した。56年ぶりに東京で開かれるスポーツの祭典の舞台が整った=30日午後0時11分(共同通信社ヘリから)

  20. 2019113001621

    新国立競技場が完成  完成した新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=30日午後0時10分(共同通信社ヘリから)

  21. 2019113001618

    新国立競技場が完成  完成した新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=30日午後0時9分(共同通信社ヘリから)

  22. 2019113001617

    新国立競技場が完成  完成した新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=30日午後0時10分(共同通信社ヘリから)

  23. 2019113001517

    新国立競技場が完成  完成の日を迎えた新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=30日午前6時29分(共同通信社ヘリから)

  24. 2019113001516

    新国立競技場が完成  完成の日を迎えた新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=30日午前6時57分(共同通信社ヘリから)

  25. 2019113001515

    新国立競技場が完成  完成の日を迎えた新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=30日午前6時56分(共同通信社ヘリから)

  26. 2019112901923

    新国立競技場きょう完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。新たな聖地として30日、いよいよ完成を迎える=29日(共同通信社ヘリから)

  27. 2019112901454

    新国立競技場きょう完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。新たな聖地として30日、いよいよ完成を迎える。奥は雪化粧した富士山=29日(共同通信社ヘリから)

  28. 2019112901451

    新国立競技場きょう完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場(下)。新たな聖地として30日、いよいよ完成を迎える。奥は雪化粧した富士山=29日(共同通信社ヘリから)

  29. 2019112901444

    新国立競技場きょう完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。新たな聖地として30日、いよいよ完成を迎える。奥は雪化粧した富士山=29日(共同通信社ヘリから)

  30. 2019112901440

    新国立競技場きょう完成  2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場。新たな聖地として30日、いよいよ完成を迎える。奥は雪化粧した富士山=29日(共同通信社ヘリから)

  31. 2019111501943

    大型対談「国立競技場完成」 自然の風、世界迎える  東京五輪・パラリンピックの開閉会式や陸上競技などの会場となる国立競技場。奥には神宮外苑や赤坂御所の森が広がる=11月5日(共同通信社ヘリから)

  32. 2019111501941

    大型対談「国立競技場完成」 自然の風、世界迎える  東京五輪・パラリンピックの開閉会式や陸上競技などの会場となる国立競技場。奥には神宮外苑や赤坂御所の森が広がる=11月5日(共同通信社ヘリから)

  33. 2019111907296

    新国立、祭典の舞台整う  全工事が完了した新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=19日午後(共同通信社ヘリから)

  34. 2019111907751

    新国立、祭典の舞台整う  全工事が完了した新国立競技場。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=19日午後(共同通信社ヘリから)

  35. 2019111501668

    「XY14」▽五輪・開催「みんなが知りたい10の質問」⑩ 五輪パラを基礎から学ぼう  整備が着々と進む、五輪・パラリンピックの選手村(手前)。大会期間中、世界中のアスリートが生活する(共同通信社ヘリから)

  36. 2019100102107

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラ張家口選手村、本体構造が完成  30日、本体構造が完成した張家口選手村。(小型無人機から)中国河北省張家口市に建設中の2022年北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村の本体構造が、このほど完成した。(張家口=新華社記者/楊帆)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019100102066

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラ張家口選手村、本体構造が完成  30日、本体構造が完成した張家口選手村。(小型無人機から)中国河北省張家口市に建設中の2022年北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村の本体構造が、このほど完成した。(張家口=新華社記者/楊帆)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019100102071

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラ張家口選手村、本体構造が完成  30日、本体構造が完成した張家口選手村。(小型無人機から)中国河北省張家口市に建設中の2022年北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村の本体構造が、このほど完成した。(張家口=新華社記者/楊帆)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019072601935

    増収分、半額を都に追納  建設の進む2020年東京五輪・パラリンピックの選手村=23日、東京都中央区(共同通信社ヘリから)

  40. 2019051703394

    新国立競技場の屋根完成   屋根が完成した2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場(手前)=17日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

  41. 2019051703392

    新国立競技場の屋根完成   屋根が完成した2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場=17日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

  42. 2019051703390

    新国立競技場の屋根完成   屋根が完成した2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場=17日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

  43. 2019051100313

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019051100451

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019051100307

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月18日、小型無人機から撮影した北京園芸博の会場。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/陳曄華)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019041220550

    パラ、共生へ道筋示せるか  2020年東京パラリンピックでボッチャの会場となる有明体操競技場=12日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

  47. 2019051100311

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した八達嶺長城の麓にある100年の歴史を持つ青竜橋駅。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019051100450

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した花が満開になった八達嶺長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019051100309

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月18日、小型無人機から撮影した九眼楼長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019051100422

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月17日、小型無人機から撮影した太陽に照らされる北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像