検索結果 26,126 件中 1 件 〜 50
  1. 2019081800584

    ブータン王国・資料  ブータン王国のパロ国際空港=2019年8月16日撮影(共同)

  2. 2019081900584

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日に撮影した再建中のノートルダム大聖堂。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019081900718

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日、再建中のノートルダム大聖堂を眺める人々。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019081900720

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日に撮影した再建中のノートルダム大聖堂。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019081900684

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日に撮影した再建中のノートルダム大聖堂。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019081900739

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日、再建中のノートルダム大聖堂を眺める人々。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019081900542

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日に撮影した再建中のノートルダム大聖堂。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019081900625

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日、再建中のノートルダム大聖堂付近を航行するセーヌ川遊覧船。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019081900721

    「新華社」 再建中の仏ノートルダム大聖堂  16日、再建中のノートルダム大聖堂を眺める人々。仏パリのノートルダム大聖堂は4月15日に起きた火災により屋根や尖塔が失われたが、主要な構造は焼失を免れた。マクロン仏大統領は5年以内の再建を目指す方針を示している。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019081900671

    「新華社」 長江三峡の「雲の中の空港」が開港重慶市  15日、夕日の中の巫山空港ターミナル。中国重慶市の江北国際空港を出発した華夏航空G52685便が16日午前9時15分、同市の巫山空港に着陸し、標高1771・48メートルに位置し、長江の有名な景勝地「三峡」の「雲の中の空港」と呼ばれる同空港が正式に開港した。巫山空港は年間の旅客輸送量28万人、貨物取扱量1200トン、航空機の離着陸回数3333回を達成できるよう設計されている。2015年10月17日に正式に着工し、2019年7月に竣工した。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019082001824

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  15日、空から見た昆明市の滇池国際コンベンション・アンド・エキシビションセンター。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019081900472

    「新華社」 スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、クエンカ大聖堂。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019081900545

    「新華社」 壮麗な黄河「乾坤湾」の姿  14日、陝西省延川県の乾坤湾観光エリアにある紅軍東征革命紀念館。(小型無人機から)中国の黄河には、曲がりくねった流れがダイナミックな景観を作り出している場所がある。陝西省延川県と山西省永和県の境に位置する晋陜大峡谷にある「乾坤(けんこん)湾」もその一つ。太極図のような形をしており、雄大で壮麗な姿を見せる。地元政府はここ数年、乾坤湾の自然景観や周辺の人文・歴史、民俗・風習を整理、活用し、観光客誘致を図っている。(延川=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019081900627

    「新華社」 壮麗な黄河「乾坤湾」の姿  13日、乾坤湾観光エリアにある、地元公務員のための研修施設「清水衙門」。中国の黄河には、曲がりくねった流れがダイナミックな景観を作り出している場所がある。陝西省延川県と山西省永和県の境に位置する晋陜大峡谷にある「乾坤(けんこん)湾」もその一つ。太極図のような形をしており、雄大で壮麗な姿を見せる。地元政府はここ数年、乾坤湾の自然景観や周辺の人文・歴史、民俗・風習を整理、活用し、観光客誘致を図っている。(延川=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019081000763

    竜ケ岩洞  竜ケ岩洞=2019年7月31日、静岡県浜松市

  16. 2019081504088

    「新華社」 空から見たラサチベット自治区  10日、チベット自治区ラサ市のポタラ宮。(小型無人機から)中国チベット自治区の区都ラサは、青海チベット高原の中部、標高3650メートルに位置する。中国の歴史文化名城にも選ばれた国際的な観光都市であり、美しい景観と悠久の歴史を持つ。(ラサ=新華社記者/王益亮)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019081504107

    「新華社」 空から見たラサチベット自治区  10日、チベット自治区ラサ市のポタラ宮。(小型無人機から)中国チベット自治区の区都ラサは、青海チベット高原の中部、標高3650メートルに位置する。中国の歴史文化名城にも選ばれた国際的な観光都市であり、美しい景観と悠久の歴史を持つ。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019081504079

    「新華社」 空から見たラサチベット自治区  10日、チベット自治区ラサ市のポタラ宮。(小型無人機から)中国チベット自治区の区都ラサは、青海チベット高原の中部、標高3650メートルに位置する。中国の歴史文化名城にも選ばれた国際的な観光都市であり、美しい景観と悠久の歴史を持つ。(ラサ=新華社記者/侯東濤)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019080904204

    関西電力美浜原発・資料  関西電力美浜原発3号機の蒸気噴出事故の慰霊碑=2019年8月9日、福井県美浜町

  20. 2019080904202

    ボート世界ジュニア選手権・資料  2020年東京五輪のテスト大会を兼ねて行われたボートの世界ジュニア選手権=9日、海の森水上競技場

  21. 2019080900517

    米大リーグ球場・資料  米大リーグ、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パーク=2019年8月8日、ボストン(共同)

  22. 2019080800903

    「新華社」 広島原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかける  6日、原爆ドームの前を流れる元安川に灯籠(とうろう)を流す女性。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。同市では市民らによるさまざまな平和関連行事も行われ、世界各地から訪れた人々が原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかけた。(広島=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019080800905

    「新華社」 広島原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかける  6日、原爆ドームの前を流れる元安川を漂う灯籠(とうろう)。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。同市では市民らによるさまざまな平和関連行事も行われ、世界各地から訪れた人々が原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかけた。(広島=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019080800955

    「新華社」 広島原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかける  6日、広島平和記念公園で、原爆ドームの前を流れる元安川に灯籠(とうろう)を流し、平和を願う人たち。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。同市では市民らによるさまざまな平和関連行事も行われ、世界各地から訪れた人々が原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかけた。(広島=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019080607604

    「新華社」 福島あづま球場を訪ねて東京五輪野球・ソフト会場  3日、福島あづま球場の内観。福島あづま球場は福島県福島市に位置し、福島駅から車で約20分。2020年東京五輪の野球、ソフトボール競技の一部試合が行われる。五輪開催を前に、球場は人工芝を敷設し、スタジアム内の旧設備の改修、車椅子席の増設などリニューアル工事を進めている。責任者によると、主要な工事は今年9月に完了する。(福島=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019080607654

    「新華社」 福島あづま球場を訪ねて東京五輪野球・ソフト会場  3日、福島あづま球場に向かう市民。福島あづま球場は福島県福島市に位置し、福島駅から車で約20分。2020年東京五輪の野球、ソフトボール競技の一部試合が行われる。五輪開催を前に、球場は人工芝を敷設し、スタジアム内の旧設備の改修、車椅子席の増設などリニューアル工事を進めている。責任者によると、主要な工事は今年9月に完了する。(福島=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019080607676

    「新華社」 福島あづま球場を訪ねて東京五輪野球・ソフト会場  3日、福島あづま球場の外観。福島あづま球場は福島県福島市に位置し、福島駅から車で約20分。2020年東京五輪の野球、ソフトボール競技の一部試合が行われる。五輪開催を前に、球場は人工芝を敷設し、スタジアム内の旧設備の改修、車椅子席の増設などリニューアル工事を進めている。責任者によると、主要な工事は今年9月に完了する。(福島=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019080607605

    「新華社」 福島あづま球場を訪ねて東京五輪野球・ソフト会場  3日、福島あづま球場の外観。福島あづま球場は福島県福島市に位置し、福島駅から車で約20分。2020年東京五輪の野球、ソフトボール競技の一部試合が行われる。五輪開催を前に、球場は人工芝を敷設し、スタジアム内の旧設備の改修、車椅子席の増設などリニューアル工事を進めている。責任者によると、主要な工事は今年9月に完了する。(福島=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019080607634

    「新華社」 福島あづま球場を訪ねて東京五輪野球・ソフト会場  3日、福島あづま球場の内観。福島あづま球場は福島県福島市に位置し、福島駅から車で約20分。2020年東京五輪の野球、ソフトボール競技の一部試合が行われる。五輪開催を前に、球場は人工芝を敷設し、スタジアム内の旧設備の改修、車椅子席の増設などリニューアル工事を進めている。責任者によると、主要な工事は今年9月に完了する。(福島=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019081507655

    「日刊工業新聞」 サムスン日本研究所の外観  日本政府が「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定。日本政府による韓国への輸出規制の強化によって主要製品に対して影響が懸念される、サムスン日本研究所=2019(令和元)年8月2日、横浜市鶴見区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  31. 2019080501334

    「新華社」 空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019080501372

    「新華社」 空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019080501329

    「新華社」 空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019082100742

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  敷地内にある方城の隆恩門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019082100705

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  方城の東側に建つ配殿(左)と正門、隆恩門(右)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019080501441

    「新華社」 空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019080501368

    「新華社」 空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019080501392

    「新華社」 空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019082100715

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  順治6年(1649年)に建てられた正紅門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019082100725

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  方城の正門、隆恩門の裏側。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い古代皇帝の陵墓の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019082100791

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  敷地内に建つ方城。中央に進むと隆恩殿、四隅に角楼、東西に配殿が建つ。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019080100409

    「新華社」 ブリュッセル王宮、夏の一般公開始まる  30日、ベルギー・ブリュッセルの王宮の外観。ベルギー・ブリュッセルの中心部に位置する王宮は、ベルギー国王が執務する場所で、公式行事や王室の式典に使用されている。王宮は毎年夏の時期に無料で一般公開され、今年は8月25日までとなっている。(ブリュッセル=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019080100382

    「新華社」 ブリュッセル王宮、夏の一般公開始まる  30日、ベルギー・ブリュッセルの王宮の外観。ベルギー・ブリュッセルの中心部に位置する王宮は、ベルギー国王が執務する場所で、公式行事や王室の式典に使用されている。王宮は毎年夏の時期に無料で一般公開され、今年は8月25日までとなっている。(ブリュッセル=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019072903219

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎(中央白枠)。周囲には住宅や小学校が建つ=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時11分、共同通信社ヘリから

  45. 2019072903204

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎(中央)。周囲には住宅や小学校が建つ=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時11分、共同通信社ヘリから

  46. 2019072903191

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎(中央)。周囲には住宅や小学校が建つ=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時11分、共同通信社ヘリから

  47. 2019072903114

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎。周囲には住宅や小学校が建つ=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時4分、共同通信社ヘリから

  48. 2019072903101

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時4分、共同通信社ヘリから

  49. 2019072903086

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時3分、共同通信社ヘリから

  50. 2019072903066

    国立感染症研究所村山庁舎 国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像