検索結果 939 件中 1 件 〜 50 件 "うしょう"
  1. 2020011401914

    呉釗燮・資料  呉釗燮、台湾の外交部長、2020年1月11日、台北市で撮影(共同)

  2. 2020011603249

    「新華社」 異国の地で大人への第一歩中国人留学生らが日本の成人式を体験  13日、新宿区で開催された成人を祝う式典「はたちのつどい」に参加した湖南省出身の鄧少傑(とう・しょうけつ)さん。日本の「成人の日」の13日、各地で成人式が開催された。東京都新宿区でも新成人を祝福する「はたちのつどい」が行われ、さまざまな国・地域から来た留学生らも出席、国際色豊かに晴れの日を祝った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020011002053

    白鵬翔 大相撲力士、横綱、2019年11月24日撮影、福岡国際センター

  4. 2020011401566

    「新華社」 バド、桃田賢斗が4強入りマレーシア・マスターズ  10日、試合に臨む黄宇翔。バドミントンのマレーシア・マスターズは10日、クアラルンプールで男子シングルス準々決勝が行われ、日本の桃田賢斗が中国の黄宇翔(こう・うしょう)を2-1で下し、準決勝に進んだ。(クアラルンプール=新華社配信/張紋綜)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020011401570

    「新華社」 バド、桃田賢斗が4強入りマレーシア・マスターズ  10日、試合に臨む黄宇翔。バドミントンのマレーシア・マスターズは10日、クアラルンプールで男子シングルス準々決勝が行われ、日本の桃田賢斗が中国の黄宇翔(こう・うしょう)を2-1で下し、準決勝に進んだ。(クアラルンプール=新華社配信/張紋綜)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020011401572

    「新華社」 バド、桃田賢斗が4強入りマレーシア・マスターズ  10日、試合に臨む桃田賢斗。バドミントンのマレーシア・マスターズは10日、クアラルンプールで男子シングルス準々決勝が行われ、日本の桃田賢斗が中国の黄宇翔(こう・うしょう)を2-1で下し、準決勝に進んだ。(クアラルンプール=新華社配信/張紋綜)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020011401580

    「新華社」 バド、桃田賢斗が4強入りマレーシア・マスターズ  10日、試合に臨む桃田賢斗。バドミントンのマレーシア・マスターズは10日、クアラルンプールで男子シングルス準々決勝が行われ、日本の桃田賢斗が中国の黄宇翔(こう・うしょう)を2-1で下し、準決勝に進んだ。(クアラルンプール=新華社配信/張紋綜)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020011401568

    「新華社」 バド、桃田賢斗が4強入りマレーシア・マスターズ  10日、試合に臨む桃田賢斗。バドミントンのマレーシア・マスターズは10日、クアラルンプールで男子シングルス準々決勝が行われ、日本の桃田賢斗が中国の黄宇翔(こう・うしょう)を2-1で下し、準決勝に進んだ。(クアラルンプール=新華社配信/張紋綜)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020010802938

    資料A 16834 往年の名馬はいま…  ミスターシービーの父、トウショウボーイは今も調教に余念がない。1970年代半ばに活躍し「天馬」と称された。三冠馬ミスターシービーをはじめG1馬を多数輩出した=1984(昭和59)年2月24日、北海道・浦河町の日高軽種馬農業協同組合(運動10444) 

  10. 2020011005849

    「新華社」 中国で唯一現存、曜変天目茶碗の陶片が初公開浙江省杭州市  5日、来場者に曜変天目茶碗の陶片を説明する所有者の方肖鳴(ほう・しょうめい)さん(左から3人目)。中国浙江省杭州市の浄慈寺美術館で5日、宋代の茶器を展示する「慧日峰下-宋代僧家茶事」展が開幕した。同展では、中国に唯一現存する南宋時代の「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の陶片が初公開された。会場には茶碗や茶托、執壺(しっこ)、罐(かん)、渣斗(さとう)など宋代の茶道具114点が展示され、宋代の僧侶が行った茶事の歴史を余すことなく示している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019122700234

    白鵬翔  大相撲力士、横綱、2019年12月24日撮影、東京都墨田区

  12. 2019122401302

    「新華社」 2人の諸侯王の生活を垣間見る南京博物院で漢代王墓の特別展  左:大雲山漢墓から出土した「銅分格鼎(どうぶんかくてい)」。仕切りで五つに分かれていることから「漢代の火鍋」と呼ばれる。中央:大雲山漢墓から出土した青銅製釜と甑(こしき、蒸し器)。「漢代の蒸し器」と呼ばれる。右:満城漢墓から出土した「三熊足銅鼎(さんゆうそくどうてい)」。ふたが施錠でき、一定の密閉効果があることから「漢代の圧力鍋」と呼ばれる。中国前漢時代の2人の諸侯王、中山靖王劉勝(りゅう。しょう)と江都易王劉非(りゅう・ひ)の墓から出土した文化財を展示する特別展「兄弟王-満城漢墓と大雲山漢墓」が20日、江蘇省の南京博物院で開幕した。河北博物院が所蔵する河北省満城漢墓出土の「長信宮灯(ちょうしんきゅうとう)」「朱雀銜環杯(すざくがんかんはい)」など100点近くの文化財と、南京博物院が所蔵する江蘇省大雲山漢墓出土の青銅編鐘(へんしょう)や琉璃編磬(るりへんけい)などが、来場者を輝かしい漢代の文化へといざなった。(南京=新華社記者/邱氷清)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019122401295

    「新華社」 2人の諸侯王の生活を垣間見る南京博物院で漢代王墓の特別展  20日、特別展で展示された「長信宮灯」。貴重な造形芸術品で、宮女の姿は優美で眉と目は細長く、顔はふっくらとしている。頭巾と「曲裾深衣」と呼ばれる衣装をまとい、ひざを揃えはだしで座る造形は、端正で厳粛な漢代の儀礼を今に伝える。中国前漢時代の2人の諸侯王、中山靖王劉勝(りゅう。しょう)と江都易王劉非(りゅう・ひ)の墓から出土した文化財を展示する特別展「兄弟王-満城漢墓と大雲山漢墓」が20日、江蘇省の南京博物院で開幕した。河北博物院が所蔵する河北省満城漢墓出土の「長信宮灯(ちょうしんきゅうとう)」「朱雀銜環杯(すざくがんかんはい)」など100点近くの文化財と、南京博物院が所蔵する江蘇省大雲山漢墓出土の青銅編鐘(へんしょう)や琉璃編磬(るりへんけい)などが、来場者を輝かしい漢代の文化へといざなった。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019121110445

    「新華社」 中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明  河南省鞏義市の双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻。(資料写真)中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019121110363

    「新華社」 中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明  河南省鞏義市の双槐樹遺跡から出土した、イノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻とカイコを比較した図。(資料写真)中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120700586

    白鵬翔 大相撲力士、横綱、2019年11月24日撮影、福岡国際センター

  17. 2019121110289

    「新華社」 現代ダンス作品「挿銷」、上海で上演  7日、現代ダンス作品「挿銷」を披露するダンサー。中国の上海国際舞踏センターで7日、振付師の古佳妮(こ・かに)氏が創作した現代ダンス作品「挿銷(そうしょう)」が上演された。3人のダンサーがかんぬきの原理を基に、道具を使いながら力強い動作で人と人とのつながりを表現した。(上海=新華社記者/任瓏)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019121109965

    「新華社」 現代ダンス作品「挿銷」、上海で上演  7日、現代ダンス作品「挿銷」を披露するダンサー。中国の上海国際舞踏センターで7日、振付師の古佳妮(こ・かに)氏が創作した現代ダンス作品「挿銷(そうしょう)」が上演された。3人のダンサーがかんぬきの原理を基に、道具を使いながら力強い動作で人と人とのつながりを表現した。(上海=新華社記者/任瓏)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020010602764

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」のイチョウの木の下でくつろぐ観光客。(12月7日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/解宏偉)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019121110330

    「新華社」 現代ダンス作品「挿銷」、上海で上演  7日、現代ダンス作品「挿銷」を披露するダンサー。中国の上海国際舞踏センターで7日、振付師の古佳妮(こ・かに)氏が創作した現代ダンス作品「挿銷(そうしょう)」が上演された。3人のダンサーがかんぬきの原理を基に、道具を使いながら力強い動作で人と人とのつながりを表現した。(上海=新華社記者/任瓏)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019121110185

    「新華社」 現代ダンス作品「挿銷」、上海で上演  7日、現代ダンス作品「挿銷」を披露するダンサー。中国の上海国際舞踏センターで7日、振付師の古佳妮(こ・かに)氏が創作した現代ダンス作品「挿銷(そうしょう)」が上演された。3人のダンサーがかんぬきの原理を基に、道具を使いながら力強い動作で人と人とのつながりを表現した。(上海=新華社記者/任瓏)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020010602770

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」の民家の庭。(12月7日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/解宏偉)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020010602775

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」の地面を覆うイチョウの葉。(12月7日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/解宏偉)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019121110321

    「新華社」 現代ダンス作品「挿銷」、上海で上演  7日、現代ダンス作品「挿銷」を披露するダンサー。中国の上海国際舞踏センターで7日、振付師の古佳妮(こ・かに)氏が創作した現代ダンス作品「挿銷(そうしょう)」が上演された。3人のダンサーがかんぬきの原理を基に、道具を使いながら力強い動作で人と人とのつながりを表現した。(上海=新華社記者/任瓏)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019121200833

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展覧会に展示された「騎馬俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019121200863

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「鳥獣紋穿帯壺」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019121200771

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展覧会に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑の頭部。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019121200835

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された石の鎧(よろい)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019121200785

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された青銅製の虎の形をした割符(わりふ)、杜虎符(とこふ)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019121200814

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「双鹿紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019121200825

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展の会場に並ぶ展示品。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019121200864

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された車馬図壁画。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019121200836

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019121200829

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された中国春秋時代末期の呉王夫差矛(ごおうふさやり)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019121200830

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「双獾紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019121200840

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された正座した人の姿をした陶俑「跽坐俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019121201037

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された雑技をする芸人の姿をした陶俑「百戯俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019121200788

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019121200790

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「虎紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019121110454

    「新華社」 中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明  3日、汪溝遺跡から出土した炭化した絹織物。中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社配信)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019121110459

    「新華社」 中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明  3日、河南省鄭州市で開かれた仰韶文化期の絹織物発見に関する記者発表会。中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社記者/李文哲)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020010602732

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  イチョウの落ち葉が敷き詰められた「イチョウの村」でくつろぐ観光客。(12月3日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/劉正凡)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020010602753

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」の金色に色づいたイチョウの木。(12月3日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/劉正凡)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020010602744

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  イチョウの落ち葉が敷き詰められた「イチョウの村」でお茶を楽しむ観光客。(12月3日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/劉正凡)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020010602776

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」を散策する観光客。(12月3日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/劉正凡)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020010602735

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」のイチョウの木の下でくつろぐ観光客。(12月3日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/劉正凡)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019121110120

    「新華社」 中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明  3日、汪溝遺跡から出土した炭化した絹織物(右側の箱の中)と拡大写真。中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社記者/李文哲)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019121110014

    「新華社」 中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明  3日、記者発表会で説明する鄭州市文物考古研究院の顧万発院長。中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社配信)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020010602804

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」で体を鍛える人たち。(12月3日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/劉正凡)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020010602779

    「新華社」 イチョウの村が観光客を魅了雲南省騰衝市  「イチョウの村」で体を鍛える人たち。(12月3日撮影)中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮の江東社区(コミュニティー)には、3万本以上のイチョウが植えられている。イチョウは冬の訪れとともに金色に色づき、物語の中に入り込んだかのような風景が広がり、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/劉正凡)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像