検索結果 2,377 件中 1 件 〜 50 件 "お茶"
  1. 2020080400215

    India: 3rd day of bi-weekly lockdown July 29, 2020, Howrah, West Bengal, India: A tea maker boy making tea at howrah station during 3rd day of bi-weekly lockdown in the city. (Credit Image: © Anubrata Mondal/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Anubrata Mondal/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  2. 2020072206372

    お茶に合うパンを開発 お茶に合うパン  老舗茶舗と地元パン工房が共同開発したお茶に合うパンと冷たい煎茶=22日、鳥取県米子市

  3. 2020072206371

    お茶に合うパンを開発 試食会の参加者  お茶に合うパンと冷たい煎茶の組み合わせを楽しむ、試食会の参加者ら=22日、鳥取県米子市

  4. 2020072100526

    分担協議し、見える化を お茶の水女子大の永瀬教授   インタビューに答えるお茶の水女子大の永瀬伸子教授  1㌻特集「新型コロナ雇用危機 女性取りまく厳しい現実」

  5. 2020072100512

    分担協議し、見える化を 永瀬伸子教授  インタビューに答えるお茶の水女子大の永瀬伸子教授 1㌻特集「新型コロナ雇用危機 女性取りまく厳しい現実」

  6. 2020072100511

    分担協議し、見える化を 永瀬伸子氏  お茶の水女子大の永瀬伸子教授 1㌻特集「新型コロナ雇用危機 女性取りまく厳しい現実」

  7. 2020080505582

    California News - July 21, 2020 July 21, 2020, Oceanside, California, USA: Kevin Wilson, an associate pastor at The Oceanside Seventh-Day Adventist Church, has over 100,000 followers on his TikTok account that talks about chai (tea) along with race, religion and social justice. .He is photographed with some of his tea making supplies in Oceanside, CA on Tuesday, July 21, 2020. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  8. 2020072700565

    夜間経済が消費を後押し河北省石家荘市  21日、石家荘市裕華区「火車頭歩行街」のレストランでお茶を飲む市民。中国河北省石家荘市は、夜間の消費活動に着目した夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を4月15日に導入して以降、長期化する新型コロナウイルス感染対策を徹底しつつ、その活動を飲食や観光、買い物、娯楽など多岐にわたる業態に広めている。消費クーポンの配布や各種キャンペーンを通じ、夜間消費の利便性と注目度を高め、消費活力の増進に努めている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020073006271

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の薬茶文化体験館で、茶葉を炒る村の人。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020073006218

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントの会場。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020073006277

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントで、茶葉を炒る選手。闘茶とは茶の種類や産地を当てるゲームのこと。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072702451

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、通行人に酸梅湯を配るため前童鎮の古街道に向かう童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072702407

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、完成した酸梅湯を容器に移す胡亜蓮さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072702399

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、前童鎮の古街道で通行人に酸梅湯を配る童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072702408

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、当日分の酸梅湯を配り終え、オート三輪で帰宅の途につく童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020072702411

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、近隣の住人に酸梅湯を配る童松達さん(右)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020072702397

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、童松達さん(右)が火を起こす様子をそばで見つめるひ孫の周予童(しゅう・よどう)さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020072702457

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、自宅でくつろぐ童松達さん夫妻。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020072702471

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、酸梅湯配りが一段落し、一息つく童松達さん(右)とひ孫の周予童(しゅう・よどう)さん(中央)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020072702449

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、通行人に酸梅湯を渡す童松達さんのひ孫、周予童(しゅう・よどう)さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072702412

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、前童鎮にある石臼。「咸豊七年七月」と刻まれており、史料によると童松達さんの先祖がお茶を煮出すのに用いたという。中にはお茶を煮出すかまどが入っている。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072702414

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、通行人に配る酸梅湯を入れた容器を荷台付き三輪車に乗せる胡亜蓮さん(右)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072702404

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、酸梅湯を作るため火を起こす童松達さん(左)と湯を沸かす胡亜蓮さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072702405

    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県  17日、酸梅湯を作るため火を起こす童松達さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020071314500

    Supermarket in Kyiv July 10, 2020, Kyiv, Ukraine: KYIV, UKRAINE - JULY 10, 2020 - A man pours a cup of Ceylon tea at the Silpo supermarket opened with the support of the Sri Lankan government on Bahhovutivska Street, Kyiv, capital of Ukraine. (Credit Image: © Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  26. 2020071314482

    Supermarket in Kyiv July 10, 2020, Kyiv, Ukraine: KYIV, UKRAINE - JULY 10, 2020 - A man in a face mask pours a cup of Ceylon tea as part of a tea ceremony at the Silpo supermarket opened with the support of the Sri Lankan government on Bahhovutivska Street, Kyiv, capital of Ukraine. (Credit Image: © Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  27. 2020071307417

    Supermarket in Kyiv July 10, 2020, Kyiv, Ukraine: KYIV, UKRAINE - JULY 10, 2020 - A man in a face mask brews Ceylon tea as part of a tea ceremony at the Silpo supermarket opened with the support of the Sri Lankan government on Bahhovutivska Street, Kyiv, capital of Ukraine. (Credit Image: © Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  28. 2020071307441

    Supermarket in Kyiv July 10, 2020, Kyiv, Ukraine: KYIV, UKRAINE - JULY 10, 2020 - Customers sample tea at the Silpo supermarket opened with the support of the Sri Lankan government on Bahhovutivska Street, Kyiv, capital of Ukraine. (Credit Image: © Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  29. 2020072803334

    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市  9日、茶芸クラスでお茶の入れ方を練習をする潙山九年制学校の児童たち。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072803330

    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市  9日、茶芸クラスでお茶の入れ方を練習をする潙山九年制学校の児童たち。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072803269

    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市  9日、茶芸クラスでお茶の入れ方を練習をする潙山九年制学校の児童。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020070900222

    特色ある産業で農村振興を後押し河北省邯鄲市  3日、お茶にするブンカンカの葉を摘む村民。中国が農村振興戦略を実施して以来、各地では特色ある産業が大いに発展した。河北省邯鄲市邱県では、「企業+合作社(協同組合)+農家」のビジネスモデルでブンカンカ、シメンボク、サツマイモ、カイドウなど特産農産物栽培を進め、多くの農民に地元での就業機会と増収をもたらし、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062804923

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020062804918

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020062804873

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020062804782

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020062804937

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020062804946

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020062804874

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062804796

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020062804783

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062804876

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062804916

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062804925

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020062804948

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062705971

    An underage boy is selling tea and drinking water during the COVID-19 pandemic. June 21, 2020, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: An underage boy is selling tea and drinking water for his and his familiy‘s living during the COVID-19 pandemic. ..He didn‘t want to show his face as he is afraid if police sees the photo somewhere than they won‘t let him enter the park. (Credit Image: © Md. Rakibul Hasan/ZUMA Wire)、クレジット:©Md. Rakibul Hasan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  48. 2020062705914

    An underage boy is selling tea and drinking water during the COVID-19 pandemic. June 21, 2020, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: An underage boy is selling tea and drinking water for his and his familiy‘s living during the COVID-19 pandemic. ..He didn‘t want to show his face as he is afraid if police sees the photo somewhere than they won‘t let him enter the park. (Credit Image: © Md. Rakibul Hasan/ZUMA Wire)、クレジット:©Md. Rakibul Hasan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  49. 2020062508594

    障害者の青年、テコンドーでパラリンピック出場を目指す  21日、自宅の客間で中国茶道を披露する張意隆さん。中国福建省連城県林坊鎮張坊村に暮らす農民の張意隆(ちょう・いりゅう)さん(27)は、22歳の時に感電事故で両腕を失った。張さんは地元政府の職員や家族からの励ましと支援により、この5年で自立した生活が送れるようになっただけでなく、自らの脚を利用した「武術の技能」で新たな人生の道を切り開いた。武術の愛好家だった趙さんは昨年テコンドーを始めると、懸命な訓練によりめきめきと力をつけ、国内外の大会で輝かしい成績を収めるまでになった。現在、国家パラテコンドー強化訓練チームのメンバーとなった張さんは「目標はパラリンピックの舞台に立つことだ」と力強く語った。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020062006039

    空の不安に細心サービス ギャレーでの作業  機内のギャレーで紙パックのお茶を用意する日航の客室乗務員=17日

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像