検索結果 44 件中 1 件 〜 44 件 "かくえん"
  1. 2020012322390

    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県  10日、甘谷県の麻鞋工場で、仕上がった麻鞋を手にする工場責任者の郭娟(かく・えん)さん(左)とその夫。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020012321060

    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県  10日、甘谷県の麻鞋工場で、陳列棚を整理する工場責任者の郭娟(かく・えん)さん。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020012322536

    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県  10日、甘谷県の麻鞋工場で、ライブ動画(生放送)で商品を紹介する工場責任者の郭娟(かく・えん)さん(右)。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020012322460

    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県  10日、甘谷県の麻鞋工場で、麻鞋の「千層底」を整理する工場責任者の郭娟(かく・えん)さん。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020012322385

    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県  10日、甘谷県の麻鞋工場で、従業員と麻鞋を作る工場責任者の郭娟(かく・えん)さん(右から2人目)。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020012322459

    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県  10日、甘谷県の麻鞋工場で、麻ひもをよる工場責任者の郭娟(かく・えん)さん。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019120900669

    第1回中日観光代表者フォーラム、山梨で開催  5日、フォーラムで宣言を発表する実行委員会の田川博己実行委員長。第1回中日観光代表者フォーラムが5日、山梨県北杜市で開かれた。中国文化・観光部の李金早(り・きんそう)副部長や在日中国大使館の郭燕(かく・えん)公使、日本の二階俊博自民党幹事長、赤羽一嘉国土交通相、山梨県の長崎幸太郎知事など、両国の政府・観光業界の関係者ら300人余りが出席。両国観光業の発展・協力の推進、青少年交流や地方交流の拡大などの議題について意見を交わし、今後の両国の観光交流を深める方法について検討した。(北杜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019120900656

    第1回中日観光代表者フォーラム、山梨で開催  5日、山梨県北杜市で開かれた第1回中日観光代表者フォーラム。第1回中日観光代表者フォーラムが5日、山梨県北杜市で開かれた。中国文化・観光部の李金早(り・きんそう)副部長や在日中国大使館の郭燕(かく・えん)公使、日本の二階俊博自民党幹事長、赤羽一嘉国土交通相、山梨県の長崎幸太郎知事など、両国の政府・観光業界の関係者ら300人余りが出席。両国観光業の発展・協力の推進、青少年交流や地方交流の拡大などの議題について意見を交わし、今後の両国の観光交流を深める方法について検討した。(北杜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019120900634

    第1回中日観光代表者フォーラム、山梨で開催  5日、フォーラムであいさつする日本の二階俊博自民党幹事長。第1回中日観光代表者フォーラムが5日、山梨県北杜市で開かれた。中国文化・観光部の李金早(り・きんそう)副部長や在日中国大使館の郭燕(かく・えん)公使、日本の二階俊博自民党幹事長、赤羽一嘉国土交通相、山梨県の長崎幸太郎知事など、両国の政府・観光業界の関係者ら300人余りが出席。両国観光業の発展・協力の推進、青少年交流や地方交流の拡大などの議題について意見を交わし、今後の両国の観光交流を深める方法について検討した。(北杜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019120900643

    第1回中日観光代表者フォーラム、山梨で開催  5日、フォーラムであいさつする中国文化・観光部の李金早副部長。第1回中日観光代表者フォーラムが5日、山梨県北杜市で開かれた。中国文化・観光部の李金早(り・きんそう)副部長や在日中国大使館の郭燕(かく・えん)公使、日本の二階俊博自民党幹事長、赤羽一嘉国土交通相、山梨県の長崎幸太郎知事など、両国の政府・観光業界の関係者ら300人余りが出席。両国観光業の発展・協力の推進、青少年交流や地方交流の拡大などの議題について意見を交わし、今後の両国の観光交流を深める方法について検討した。(北杜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019120900637

    第1回中日観光代表者フォーラム、山梨で開催  5日、山梨県北杜市で開かれた第1回中日観光代表者フォーラム。第1回中日観光代表者フォーラムが5日、山梨県北杜市で開かれた。中国文化・観光部の李金早(り・きんそう)副部長や在日中国大使館の郭燕(かく・えん)公使、日本の二階俊博自民党幹事長、赤羽一嘉国土交通相、山梨県の長崎幸太郎知事など、両国の政府・観光業界の関係者ら300人余りが出席。両国観光業の発展・協力の推進、青少年交流や地方交流の拡大などの議題について意見を交わし、今後の両国の観光交流を深める方法について検討した。(北杜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019110500847

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、最優秀監督賞のプレゼンターを務めた日本映画監督協会理事長の崔洋一氏(左)と同賞を受賞した郭帆(グォ・ファン)監督。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」「海外セレブ」

  13. 2019110500848

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、最優秀主演女優賞プレゼンターを務めた女優の藤原紀香さん(左)と同賞を受賞した姚晨(ヤオ・チェン)さん。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」「海外セレブ」

  14. 2019110500816

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、閉幕式で越劇「紅楼夢」を演じる俳優。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」「海外セレブ」

  15. 2019110500912

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、閉幕式であいさつする日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019110500916

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、閉幕式で記念撮影する中日映画界の関係者ら。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」「海外セレブ」

  17. 2019110500869

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、芸術貢献賞のプレゼンターを務めた元宝塚歌劇団星組トップスターの稔幸さん(左から2人目)と同賞を受賞した越劇映画「西廂記」の関係者。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」「海外セレブ」

  18. 2019110500908

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、閉幕式であいさつする中国の郭燕駐日首席公使。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019110500874

    日本の観客を魅了した1週間、東京·中国映画週間が閉幕  29日、最優秀作品賞のプレゼンターを務めた滝田洋二郎監督(左端)と同賞を受賞した「高度一万メートルの奇跡」の関係者。第32回東京国際映画祭の提携企画として22日から開催されていた「2019東京・中国映画週間」が29日、閉幕した。最終日には千代田区・朝日ホールで第4回ゴールドクレイン賞の授賞式とクロージング映画の上映が行われた。ゴールドクレイン賞には今回の映画週間で上映された中国映画10作品の中から最優秀作品賞や最優秀監督賞など13の部門賞が選ばれた。閉幕式には、中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使、日本の片山さつき前地方創生担当相、日中文化交流協会副会長の栗原小巻さん、および中日両国の映画界の代表者らが出席した。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」「海外セレブ」

  20. 2019070304761

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、長崎県興福寺で行われた隠元東渡365周年の記念大法要に出席し、発言する上田裕司長崎県副知事(手前)。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019070304763

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、中日の仏教界や黄檗文化の関係者と記念撮影する中村法道長崎県知事(前列右から5人目)。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019070304814

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウム会場で、隠元が日本に伝えた黄檗山由来の煎茶道の点前を披露する日本の茶道家。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019070304863

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウムであいさつする中村法道長崎県知事。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019070304807

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウムに出席した中日各界の関係者。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019070304809

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウム終了後に記念撮影する隠元の故郷、福建省福清市福清黄檗文化促進会の関係者。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/周立強)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019070304774

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウムであいさつする中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019070304781

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウムであいさつする中国仏教協会副会長・福建省仏教協会常務副会長の普法大和尚。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019070304775

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウムで行われた黄檗山由来の煎茶道の献茶式。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019070304805

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、長崎県興福寺で隠元東渡365周年を祝う中日各界の関係者。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019070304811

    中日の黄檗宗関係者、隠元東渡365周年を記念し長崎に集う  6月30日、シンポジウムで于偉国(う・いこく)中国共産党福建省委員会書記のスピーチ原稿を代読する福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任。日本の長崎県や在長崎中国総領事館など中日双方の関連部門が共同で主催する日中シンポジウム「隠元(いんげん)禅師と黄檗(おうばく)文化」が6月30日、長崎県で開かれた。中国の郭燕(かく・えん)駐日首席公使や劉亜明(りゅう・あめい)駐長崎総領事、福建省外事弁公室の王天明(おう・てんめい)主任、日本の中村法道長崎県知事など、中日の文化界や学術界、宗教界、在日華僑界の関係者500人以上が関連イベントに出席した。(長崎=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019060301474

    陳幸同、加藤美優を破り2回戦へ卓球中国OP  30日、試合の合間に郭焱(かく・えん)コーチの指導を受ける中国の陳幸同(右から2人目)。2019国際卓球連盟(ITTF)ワールドツアープラチナ・中国オープンは30日、広東省深圳市で女子シングルス1回戦が行われ、中国の陳幸同(ちん・こうどう)が日本の加藤美優を4-2で下し、2回戦に進出した。(深圳=新華社記者/陳宇軒)=2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019042501179

    丁寧、3回戦進出卓球世界選手権  23日、試合後、郭焱(かく・えん)コーチ(左)の指導を受ける中国の丁寧。卓球の世界選手権は23日、ハンガリー・ブダペストで女子シングルス2回戦が行われ、中国の丁寧(てい・ねい)がルクセンブルクのデヌッテを4-1で下し、3回戦に進んだ。(ブダペスト=新華社記者/陶希夷)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019042201999

    中国卓球チーム、ブダペストで最終調整世界卓球  18日、丁寧(てい・ねい、左)と郭焱(かく・えん)コーチ。2019年世界卓球選手権ブダペスト大会の開幕を目前に控え、中国卓球チームは18日、ハンガリー・ブダペストに到着後、初めての練習を行った。同大会は21〜28日に開催される。(ブダペスト=新華社記者/陶希夷)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019032502050

    中日観光トップフォーラム、新潟で開催  23日、中日観光トップフォーラムであいさつする在日本中国大使館の郭燕(かく・えん)公使。新潟県と中国の在新潟総領事館、中国旅行社協会が共催する中日観光トップフォーラムが23日、新潟市で開催された。両国政府や観光業界の関係者が出席し、あいさつした。(新潟=新華社記者/馬曹冉)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018101930204

    中日メディア交流会、新潟で開催  18日、「中日メディア交流会」の冒頭にあいさつする在新潟中国総領事館の孫大剛(そん・たいごう)総領事(左から2人目)。在新潟中国総領事館の主催による「中日メディア交流会」が18日、日本新潟県新潟市で開催された。在日本中国大使館の郭燕(かく・えん)首席公使、在新潟中国総領事館の孫大剛(そん・たいごう)総領事、新潟県副知事の益田浩氏および中日両国のメディア代表者、関係者ら44人が出席した。(新潟=新華社記者/馬曹冉)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018101930198

    中日メディア交流会、新潟で開催  18日、「中日メディア交流会」で基調演説をする在日中国大使館の郭燕(かく・えん)首席公使(左から2人目)。在新潟中国総領事館の主催による「中日メディア交流会」が18日、日本新潟県新潟市で開催された。在日本中国大使館の郭燕(かく・えん)首席公使、在新潟中国総領事館の孫大剛(そん・たいごう)総領事、新潟県副知事の益田浩氏および中日両国のメディア代表者、関係者ら44人が出席した。(新潟=新華社記者/馬曹冉)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018101930212

    中日メディア交流会、新潟で開催  18日、「中日メディア交流会」で発言する新潟日報社の小田敏三社長(左から2人目)。在新潟中国総領事館の主催による「中日メディア交流会」が18日、日本新潟県新潟市で開催された。在日本中国大使館の郭燕(かく・えん)首席公使、在新潟中国総領事館の孫大剛(そん・たいごう)総領事、新潟県副知事の益田浩氏および中日両国のメディア代表者、関係者ら44人が出席した。(新潟=新華社記者/馬曹冉)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018101930210

    中日メディア交流会、新潟で開催  18日に撮影した「中日メディア交流会」の会場。在新潟中国総領事館の主催による「中日メディア交流会」が18日、日本新潟県新潟市で開催された。在日本中国大使館の郭燕(かく・えん)首席公使、在新潟中国総領事館の孫大剛(そん・たいごう)総領事、新潟県副知事の益田浩氏および中日両国のメディア代表者、関係者ら44人が出席した。(新潟=新華社記者/馬曹冉)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2012060200184

    持ち方身に付く鉛筆  筆育もんちゃんのちゃんともてるさんかくえんぴつ ネットワーク経済情報(関西)

  40. 2008071500187

    三角縁神獣鏡などが出土 権現山51号墳の石室  三角縁神獣鏡(さんかくえんしんじゅうきょう)などが出土した権現山51号墳の石室=1989(平成元)年3月11日、兵庫県・御津町 元年国内 2981

  41. 2008071500186

    三角縁神獣鏡などが出土 権現山51号墳全景  三角縁神獣鏡(さんかくえんしんじゅうきょう)と特殊器台がセットで出土した権現山51号墳(手前の山の中央付近)。中央は揖保川(いぼがわ)=1989(平成元)年3月11日、兵庫県・御津町 元年国内 2980

  42. 2018112935632

    「瓷娃娃(磁器の人形)」福原愛選手、現役引退を宣言  2005年5月3日、第48回世界卓球選手権女子シングルスの3回戦で中国の郭焱(かく・えん)選手と対戦する福原選手。当時16歳。日本の卓球選手、福原愛さんは21日、ブログを通じて現役引退を表明した。これは2020年の東京五輪に参加しないことを意味する。福原選手はブログで、この2年余りで結婚や出産を経験したことや日本の卓球界で次世代の選手たちが大きく成長していることに触れ、安心して引退できると心境をつづった。今後も選手とは異なる形で卓球に携わり続け、卓球界とスポーツ界に引き続き貢献していきたいとしている。福原選手は1988年、日本の宮城県に生まれた。3歳で卓球を始め10歳でプロデビューした。日本メディアからは「天才卓球少女」と呼ばれてきた。流暢な中国語を話し、かつては中国卓球クラブ超級リーグでも活躍した。2004年から2016年にかけて日本代表として4大会連続で五輪に出場。チームメイトと共に2012年ロンドン五輪で女子団体銀メダル、2016年リオ五輪で女子団体銅メダルを獲得した。(北京=新華社記者/陳小鷹)=2005(平成17)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020031606085

    Piero della Francesca (Borgo San Sepolcro (Sansepolcro), ca. Piero della Francesca (Borgo San Sepolcro (Sansepolcro), ca. 1415-1492). Portrait of a Boy. (Guidobaldo Da Montefeltro) (ca. 1483). Tempera on panel. 41 x 27.5 cm. Museum: Museo Nacional Thyssen-Bornemisza, Madrid.、クレジット:Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。 「ALBUM」「アート」

  44. 2019081605729

    CUENCOS DE CERAMICA ROMANA, TERRAS SIGILLATAS HISPANICAS. PROCEDENTES DE LA VILLA ROMANA DE VILLAVERDE BAJO. (DEPOSITO: MUSEO MU CUENCOS DE CERAMICA ROMANA, TERRAS SIGILLATAS HISPANICAS. PROCEDENTES DE LA VILLA ROMANA DE VILLAVERDE BAJO. (DEPOSITO: MUSEO MUNICIPAL DE MADRID).、クレジット:Album/ASF/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。 「ALBUM」「アート」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像