検索結果 48 件中 1 件 〜 48 件 "した倉敷市"
  1. 2020051101202

    閑散とした倉敷市美観地区 GW 岡山県倉敷市  閑散とした倉敷市美観地区。川舟の運航も休止されている。緊急事態宣言の延長が示される中、ゴールデンウイークは2日から後半に入った。5連休初日の岡山県内の観光地はどこも人影がまばらで、新型コロナウイルス感染拡大の影響で引き続き閑散とした雰囲気に包まれた。岡山県内最大の観光地・倉敷市美観地区。大原美術館など大半の施設や店舗が休業、近隣にある市の駐車場も閉鎖され、一帯は人少な。ゴールデンウイーク中の恒例行事「ハートランド倉敷」も中止になり、観光客でにぎわう倉敷川の川舟は運航が休止され、静かに川面に浮かんでいた。=2020(令和2)年5月2日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  2. 2020041501694

    豪雨被害、6億円賠償請求 浸水した倉敷市真備町地区  2018年7月、浸水した岡山県倉敷市真備町地区

  3. 2019102903032

    真備復興願い ランタン350個放つ 岡山県倉敷市  倉敷市真備町地区の復興を願い、夜空に放たれたランタン=26日午後7時8分。昨年の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の復興を願い、メッセージ入りの和紙製ランタンで夜空を彩るイベントが26日、倉敷芸術科学大(同市連島町西之浦)であった。「頑張ろう真備」「ファイト」「笑顔」。同地区をはじめ、市内外から参加した家族連れらがそれぞれの思いを記した約350個のランタン(高さ50センチ、幅・奥行き各35センチ)。約600人が同大グラウンドに集まり、午後7時すぎ、カウントダウンの後、一斉に放った。=2019(令和元)年10月26日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  4. 2019071601350

    プラモ聖地 エラヤ復活 岡山県矢掛町  営業を再開した店舗で商品を整理する団迫さん=矢掛町矢掛。昨年7月の西日本豪雨により、プラモデルなど10万点の商品が水没、閉店した倉敷市真備町川辺の模型販売店「エラヤ」が、矢掛町内で営業を再開した。豊富な品ぞろえから「プラモの聖地」と呼ばれた店の復活を望む常連客らの思いに応え、店長の団迫敬郎さん(63)が準備を進めてきた。=2019(令和元)年7月2日、岡山県矢掛町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  5. 2019070800816

    少しずつ家に明かり戻る 真備町地区 岡山県倉敷市真備町地区  日が暮れた倉敷市真備町地区。少しずつ家に明かりが戻ってきた。日が暮れるにつれ、ぽつり、ぽつりと家に明かりがともる。西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区。濁流が家屋をのみ込み、多くの住民の日常を奪った豪雨から6日で1年。少しずつだが、地域に人と暮らしが戻りつつある。=2019(令和元)年6月28日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  6. 2019061700694

    真備町地区産のピオーネ出荷 JA岡山西真備西支店の選果場=岡山県倉敷市真備町有井  選果場に運ばれた倉敷市真備町地区産のピオーネ。昨夏の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区で16日、特産ブドウ・ピオーネの出荷が始まった。ハウスの浸水被害が相次いだ未曽有の災害後の初出荷を迎え、生産者らは「復興を目指す真備の元気をアピールしたい」と意気込んでいる。=2019(令和元)年6月16日、JA岡山西真備西支店の選果場=岡山県倉敷市真備町有井、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  7. 2019040302913

    「体力は限界のはず」 冠水した倉敷市真備町地区  2018年7月、冠水した岡山県倉敷市真備町地区。手前は決壊した堤防 天皇陛下退位特集「両陛下の軌跡・被災地」

  8. 2019040200406

    真備支所全面復旧 西日本豪雨で浸水被害 岡山県倉敷市真備町箭田  改修した倉敷市真備支所1階で手続きをする市民。西日本豪雨で浸水被害を受け、改修を進めていた倉敷市真備支所(同市真備町箭田)1階で1日、約9カ月ぶりに業務が再開された。これまで真備公民館などで行っていた公費解体の申請を受け付けるなど被災前とレイアウトを変更。真備町地区の復興に向けた最前線の拠点として、被災者支援などを担う。=2019(平成31)年4月1日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  9. 2019032501040

    真備町地区の復興計画公表 説明する伊東市長  西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の復興計画について説明する伊東香織市長=25日午前、岡山県倉敷市

  10. 2018122624002

    真備の夕暮れ 日はまた昇る 西日本豪雨  暮れゆく町並みの中を、井原鉄道井原線の車両が走る。24日、小型無人機ドローンで空撮した倉敷市真備町地区。鉄橋を越え前に向かって進む車体が、復興へ歩む被災地の姿と重なる。真備町地区では面積の約3割が浸水し、51人が亡くなってから5カ月半が過ぎた。小田川など4河川には決壊の爪痕が残る一方、夕闇が迫ると営業を再開した店舗の明かりが浮かび上がった。住宅街の灯は少なく復興の険しさを伝えるが、明けない夜はない。「日はまた昇る」。平成最後の年の瀬に、夕日がそっと語り掛けているようだ。=2018(平成30)年12月24日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  11. 2018120727215

    事前に調べ、身を守ろう ⑮冠水した倉敷市真備町  2018年7月の西日本豪雨で小田川などの堤防が決壊し、広範囲が浸水した岡山県倉敷市真備町地区 「XY16」▽防災・気象「水害に備える」

  12. 2018103125766

    倉敷市美観地区 小型無人機から  川舟が往来し、風情あふれる白壁の町並み=26日午前10時32分、倉敷市美観地区(小型無人機から)。秋晴れに白壁の町並みが輝く。倉敷川を舟が行き交い、屋根瓦の色から「緑御殿」と呼ばれる有隣荘、柳並木も彩り豊か。小型無人機ドローンで空撮した倉敷市美観地区は、一段と魅力的に映る。=2018(平成30)年10月26日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  13. 2018100321368

    早期の発表、自治体模索 浸水した倉敷市真備町地区  西日本豪雨で広範囲が浸水した岡山県倉敷市真備町地区=7月7日

  14. 2018100203573

    被災した井原鉄道 全線再開の歩み  被災した倉敷市真備町地区を走る井原線の車両。西日本豪雨で約2カ月にわたって部分運休を余儀なくされた井原鉄道(井原市東江原町)の井原線。倉敷市真備町地区にある信号や通信設備が冠水によって故障し、総社(総社市)―三谷(矢掛町)間が不通となっていたが、「被災地復興の一助に」と作業を急ぎ、9月3日に全線での運行再開にこぎ着けた。=2018(平成30)年9月26日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  15. 2018100203558

    復興願い竹筒に明かり 西日本豪雨  復興願い竹筒に明かり。西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の小学校で、地域特産の竹の筒にろうそくを入れた明かりがともされ、住民らが集う月見会の会場を柔らかな光で照らした。=2018(平成30)年9月25日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  16. 2018092620958

    サンマで恩返し 岩手・大船渡から真備に  岩手県大船渡市から持ち込んだサンマを炭火にかける「焼き師」ら。西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区を応援しようと、交流のある岩手県大船渡市から24日、本州一の水揚げ量を誇るサンマ600匹が真備公民館岡田分館(同町岡田)に届けられ、避難生活を送る市民らが旬の味覚を楽しんだ。真備町地区と大船渡市の交流は、2005年の岡山国体で軟式野球チームの民泊を受け入れた縁で始まった。東日本大震災で倉敷市が応援職員を派遣したこともあり、今年7月には同市に55万円の義援金が大船渡市から贈られた。サンマの提供は、同市と市民有志でつくる「さかなグルメのまち大船渡実行委員会」が企画した。=2018(平成30)年9月24日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  17. 2018090616190

    真備の小学校再開 避難所と〝共存〞模索  避難所の段ボールベッドが並ぶ体育館で始業式に臨む薗小の児童ら=3日午前9時20分。西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区で、避難所になっている市立岡田小(同町岡田)、薗小(同町市場)、二万小(同町上二万)も3日、2学期を迎えた。児童らは、避難者が生活する体育館や代わりの音楽室などで始業式に臨み、各校では避難所との〝共存〞を模索しながらの学校生活が始まった。=2018(平成30)年9月3日、倉敷市立薗小学校(倉敷市真備町市場)、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  18. 2018091900079

    元山琉希、岡朱里、斉藤翼 ボクシング  全日本アンダージュニア王座決定戦を制した(左から)斉藤翼君、元山琉希君、岡朱里君。ボクシングの第5回全日本アンダージュニア王座決定戦(8月・大阪)で、倉敷市の中学生と岡山市の小学生が優勝した。倉敷市立南中学校3年元山琉希(りゅうき)君(15)、同市立郷内中学校2年岡朱里君(14)、岡山市立灘崎小学校6年斉藤翼君(11)。男子の岡山勢が頂点に立つのは初めてで、玉野市の同じジムでトレーニングに励む3人は「もっと強くなりたい」と思いを新たにしている。=2018(平成30)年8月29日、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  19. 2018090616169

    のぼり 西日本豪雨 被災地の光景  町に彩りと元気を―。面積の3割が水没した倉敷市真備町地区をエリアとする「真備ガス販売」(同町箭田)の敷地内には「がんばろう真備」と書かれたカラフルなのぼりが並ぶ。会社も2階まで漬かったが、「再建には地域が元気を取り戻さないと」との思いから8月中旬までに55本を製作。被災小学校や近隣企業などにも貸し出しており、木村治貴専務(35)は「泥や土に覆われた町を明るくしたいと配色にもこだわった。のぼりを〝旗印〞に地域一丸となって復興を目指したい」。=2018(平成30)年8月6日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  20. 2018080101425

    経験通じぬ異常気象 冠水した倉敷市真備町  西日本豪雨で冠水した岡山県倉敷市真備町=7月7日 「大型サイド」豪雨、猛暑、逆走台風

  21. 2018072700600

    台風接近 作業急ピッチ 倉敷・真備  台風接近に備え、小田川に合流する用水路の斜面に積み重なったごみを運び出す自衛隊員=27日午前9時11分、倉敷市真備町川辺。台風12号の接近に伴い、西日本豪雨の被災地では警戒を強めている。堤防が決壊し、面積の約3割が浸水した倉敷市真備町地区では27日午前、2次被害を防ぐため、自衛隊が用水路にたまったごみの撤去作業を開始した。堤防の復旧工事も急ピッチで進められている。同市は28~30日の災害ボランティア活動の休止を決めた。=2018(平成30)年7月27日、岡山県倉敷市真備町川辺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  22. 2018073100495

    倉敷・大橋家住宅 文化庁が視察  解体された土塀の資材を調べる文化庁の調査官(左)ら。西日本豪雨で米蔵の土壁が剥落し、約2週間後には土塀が長さ約30メートルにわたり倒壊した倉敷市阿知の国重要文化財・大橋家住宅を24日、文化庁の担当者が訪れ、被害の状況を視察した。=2018(平成30)年7月24日、岡山県倉敷市阿知、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  23. 2018072000987

    倉敷市真備町 西日本豪雨2週間  濁流で水没した倉敷市真備町地区。決壊した堤防にブルーシートがかけられ、修復が進む末政川付近の住宅地には現在も大きな水たまりが残り、浸水被害の爪痕の深さをうかがわせる=19日午前11時18分。=2018(平成30)年7月19日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  24. 2018072000986

    上空から倉敷市真備町 西日本豪雨2週間  上空から撮影した倉敷市真備町地区。土砂が残る中で復旧作業が進められている=19日午前11時2分=2018(平成30)年7月19日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  25. 2018071700022

    豪雨、小中270校被災 浸水した箭田小学校  豪雨による川の堤防決壊で浸水した倉敷市立箭田小(画面左)=8日、岡山県倉敷市真備町地区(共同通信社ヘリから)

  26. 2018071700021

    豪雨、小中270校被災 浸水した川辺小  豪雨による川の堤防決壊で浸水した倉敷市立川辺小(中央)=8日、岡山県倉敷市真備町地区(共同通信社ヘリから)

  27. 2018071700020

    豪雨、小中270校被災 浸水した真備東中  豪雨による川の堤防決壊で浸水した倉敷市立真備東中=8日、岡山県倉敷市真備町地区(共同通信社ヘリから)

  28. 2018071700013

    豪雨、小中270校被災 浸水した真備中  豪雨による川の堤防決壊で浸水した倉敷市立真備中(画面右側中央)=8日、岡山県倉敷市真備町地区(共同通信社ヘリから)

  29. 2018071800283

    残る2カ所盛り土完了 真備・決壊堤防  盛り土工事が終わった小田川の支流・末政川の堤防=17日午前8時44分、倉敷市真備町地区。岡山県は17日、西日本豪雨で決壊した倉敷市真備町地区の河川堤防のうち、小田川の支流・末政川2カ所の盛り土工事が完了したと明らかにした。国管理の小田川を含め、決壊が確認された8カ所全てで緊急対策の第一段階を終えたことになり、今後、国と県が補強工事を急ぐ。倉敷市は同日、同町地区の被災者で水島地区に避難している人が自宅の片付けに行き来しやすいよう、両地区を結ぶ無料臨時バスの運行を始めた。=2018(平成30)年7月17日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  30. 2018071800285

    6カ所で盛り土完了 倉敷・真備  決壊部分に元の高さまで土のうが積まれた小田川の堤防=16日午後5時23分、倉敷市真備町箭田。西日本豪雨で河川の堤防8カ所が決壊し、面積の3割が水没した倉敷市真備町地区で16日午後9時現在、決壊部分6カ所の盛り土工事が完了した。国土交通省と岡山県が明らかにした。堤防は元の高さに戻り、残る2カ所も同日中の工事終了を目指し作業が進められた。断水が続いている真備町地区では同日、水道が一部地域で復旧。被災後初めて飲用水が供給されるようになった。=2018(平成30)年7月16日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  31. 2018071101463

    安否不明なお60人超  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者 「12段用」

  32. 2018071101462

    安否不明なお60人超  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者

  33. 2018071101461

    安否不明なお60人超  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者

  34. 2018071101460

    安否不明なお60人超  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者 「12段用」

  35. 2018071101257

    安否不明87人に大幅増  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者38人の内訳

  36. 2018071101256

    安否不明87人に大幅増  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者38人の内訳

  37. 2018071101255

    安否不明87人に大幅増  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者38人の内訳 「12段用」

  38. 2018071101254

    安否不明87人に大幅増  岡山県が氏名を公表した倉敷市真備町の安否不明者38人の内訳 「12段用」

  39. 2018071900357

    広範囲が冠水している倉敷市真備町地区  水は引きつつあるものの、依然として広範囲が冠水している倉敷市真備町地区=9日午前10時8分。河川の氾濫や土砂流入などで岡山県内各地で被害が相次いでいる豪雨災害で、県内では9日午前11時半までに、新たに13人の遺体が見つかった。小田川の決壊で中心部が水没した倉敷市真備町地区で男女11人、笠岡、総社市内で男性各1人を発見。いずれも豪雨災害の被害者とみられ、身元の確認を急いでいる。県内の死者は16人となった。行方不明者は7人。浸水地域では水が引き始めており、被害の状況が徐々に明らかになってきている。=2018(平成30)年7月9日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  40. 2018070700861

    西日本豪雨被害 冠水した倉敷市の住宅地  冠水した岡山県倉敷市の住宅地=7日午後

  41. 2018070700703

    西日本豪雨被害 冠水した倉敷市真備町  冠水した岡山県倉敷市真備町=7日午後(共同通信社ヘリから)

  42. 2018070700426

    西日本で大雨 冠水した倉敷市真備町  冠水した岡山県倉敷市真備町=7日午後(共同通信社ヘリから)

  43. 2018070700355

    西日本で大雨 冠水した倉敷市内  冠水した岡山県倉敷市内=7日午前

  44. 2018070700348

    西日本で大雨 冠水した倉敷市  冠水した岡山県倉敷市で救助活動する自衛隊員=7日午前

  45. 2018041700396

    倉敷市役所が落成    完成した倉敷市役所=1980(昭和55)年6月2日、岡山県倉敷市 55年内地 5037

  46. 2013090600107

    岡山・倉敷で民家全焼 全焼した倉敷市の民家  新たに遺体が発見された、岡山県倉敷市の全焼した民家=6日午前

  47. 1993100100019

    芸術文化の発信拠点に 倉敷市芸文館  オープンした倉敷市芸文館=1日午前、岡山県倉敷市中央 平5国内 12023

  48. 2019032502227

    甲子園作戦  岡山県倉敷市   センバツ高校野球の開幕まで10日余り。郷土代表の倉敷工チームは例年とは違った〝甲子園作戦〞で試合に臨むことにした。倉敷市内で行った合宿ではギターを持ち込んでリラックス。練習後の夜のひと時、選手たちはフォークや歌謡曲を歌うなど畳の上のトレーニングで英気を養っていた。=1975(昭和50)年3月12日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像