検索結果 338 件中 1 件 〜 50 件 "しょうゆ"
  1. 2020053003183

    在日ベトナム人にコメ配布 配布された食料  ベトナム人らの支援のため配布されたコメやベトナムのしょうゆなど=30日午前、JR名古屋駅前

  2. 2020032100289

    川越芋のしょうゆ  埼玉県川越市周辺で取れる特産のサツマイモ、川越芋を使った「時の鐘しょうゆ」 「列島・北から南から」(関東)

  3. 2020032601592

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020032601571

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020032601572

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、運動靴の材料を運ぶ黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020032601563

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村にある貧困支援住宅の自宅で、テレビを見る黄章友さん(左から2人目)と妻、娘。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020032601568

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、靴の製造技法について話し合う黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020032601626

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村の貧困支援住宅と社区にある工場。(小型無人機から)中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020032601614

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、革靴の品質をチェックする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020032601579

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、作業に励む黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020032601574

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、運動靴の縫製作業をする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031004329

    内モンゴル自治区ウランホト市の企業、順調に操業再開  5日、内モンゴル科沁万佳食品の生産ラインで、しょうゆ容器のふたにコーティングを施す従業員。みそやしょうゆなどの商品は日本や米国など40カ国・地域に輸出される。中国内モンゴル自治区ウランホト市は最近、多くの措置を打ち出し、企業の操業再開を全力で後押ししている。同市経済開発区内で操業・生産再開した一定規模(年商2千万元、1元=約15円)以上の工業企業は5日現在で26社となり、全体の81%に達した。(ウランホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020031004343

    内モンゴル自治区ウランホト市の企業、順調に操業再開  5日、内モンゴル科沁万佳食品のしょうゆ醸造場で働く従業員。みそやしょうゆなどの商品は日本や米国など40カ国・地域に輸出される。中国内モンゴル自治区ウランホト市は最近、多くの措置を打ち出し、企業の操業再開を全力で後押ししている。同市経済開発区内で操業・生産再開した一定規模(年商2千万元、1元=約15円)以上の工業企業は5日現在で26社となり、全体の81%に達した。(ウランホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020030600505

    上海老舗店舗の営業再開が加速新商品買い求める市民も  3日、上海市南京路の老舗食料品店で醤肉(肉のしょうゆ漬け)を購入する顧客。新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制が続く中、中国上海市の経済活動は3月に入り回復の兆しを強めている。多くの老舗店舗は営業再開を加速、今後の市場を見据え、消費者に人気の新作季節商品を次々と打ち出している。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020030300104

    醤油ぷりん 中津市諸町の「むろや醤油」  むろや醤油と武蔵屋総本店がコラボレーションした「醤油ぷりん」=2020(令和2)年02月27日、中津市諸町の「むろや醤油」、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  16. 2020022200751

    有田病院、人もまばら 観光客の夫婦と飼い犬  しょうゆ醸造所が立ち並ぶ地区を歩く観光客=18日、和歌山県湯浅町

  17. 2020021500622

    町民「風評被害が心配」 「角長」の加納社長  取材に応じる老舗のしょうゆ蔵元「角長」の加納誠社長=15日午後、和歌山県湯浅町

  18. 2020021500621

    町民「風評被害が心配」 閑散とするしょうゆ醸造所  閑散とする、老舗「角長」などしょうゆ醸造所が立ち並ぶ国の重要伝統的建造物群保存地区=15日午後、和歌山県湯浅町

  19. 2020021200827

    おいしく、楽しく学ぶ レストラン外観  蔵造りのレストラン=埼玉県川島町の金笛しょうゆパーク 「おしごとミュージアム」(24)の(ア)

  20. 2020021200826

    おいしく、楽しく学ぶ レストラン  レストランでは、埼玉県特産のうどんや、さまざまなしょうゆ商品を食べ比べできるメニューを味わえる=埼玉県川島町の金笛しょうゆパーク 「おしごとミュージアム」(24)の(ア)

  21. 2020021200824

    おいしく、楽しく学ぶ 仕込み蔵  もろみが入った木おけが並ぶ「仕込み蔵」。見学者は窓から眺めることができる=埼玉県川島町の金笛しょうゆパーク 「おしごとミュージアム」(24)の(ア)

  22. 2020021200688

    おいしく、楽しく学ぶ  埼玉県川島町・金笛しょうゆパーク 「おしごとミュージアム」(24)

  23. 2020021200686

    おいしく、楽しく学ぶ  埼玉県川島町・金笛しょうゆパーク 「12段用」「おしごとミュージアム」(24)

  24. 2020021200684

    おいしく、楽しく学ぶ  埼玉県川島町・金笛しょうゆパーク 「12段用」「おしごとミュージアム」(24)

  25. 2020021200682

    おいしく、楽しく学ぶ  埼玉県川島町・金笛しょうゆパーク 「おしごとミュージアム」(24)

  26. 2020020704306

    商品ニュース うどんに合うだししょうゆ  イチビキの「卓上しょうゆ だし醤油むろあじ」

  27. 2020020300334

    商品ニュース 66%減塩のしょうゆ  キッコーマン食品の「キッコーマン いつでも新鮮 超減塩しょうゆ 食塩分66%カット」

  28. 2019122401124

    佐野ラーメン店主になろう 佐野ラーメン  しょうゆベースの澄んだスープと竹を使う伝統製法による手打ち麺が基本の佐野ラーメン

  29. 2019120604216

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で天日干しされているさまざまな手作りの臘味。(小型無人機から)初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019120604220

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、臘味を運ぶ作業員。手前の甕に入っているのは、醤油や味噌などで味付けされた伝統的な臘味を作るための調味料。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019120604272

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、さまざまな手作りの臘味を天日干しする作業員。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019120604260

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で天日干しされているさまざまな手作りの臘味。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020011401939

    パクチーしょうゆ発売  撮影場所不明  アーチファームが発売したパクチーしょうゆ。農業法人アーチファーム(岡山市北区牟佐)は、自社農場で生産したパクチーを使った「パクチーしょうゆ」を発売した。とら醤油(倉敷市酒津)との共同開発。刻んだパクチーをコンブ、シイタケ、カツオのだしを利かせたしょうゆに漬け込んだ。和洋中とメニューを選ばずに使え、卵かけご飯や冷ややっこにかけて食べると独特の爽やかな香りがほんのりと口に広がる。=2019(令和元)年12月3日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  34. 2019120604215

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、さまざまな手作りの臘味を天日干しする作業員。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019120604211

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、天日干しされているさまざまな手作りの臘味。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019120604209

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で天日干しされているさまざまな手作りの臘味。(小型無人機から)初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019120604252

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、さまざまな手作りの臘味を天日干しする作業員。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019120604257

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、さまざまな手作りの臘味を天日干しする作業員。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019120604279

    千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、さまざまな手作りの臘味を天日干しする作業員。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019110608462

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、嵐谷郷にあるガチョウの養殖場。嵐谷郷ではガチョウの養殖が盛んに行われている。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019110608464

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油が入った鍋に、唐辛子の粉をまぶした白ガチョウの肉を入れる徐麗妹(じょ・れいまい)さん。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019110608502

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、「嵐谷燻鵝」に使う白ガチョウを選ぶ徐麗妹(じょ・れいまい)さん(左端)。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019110608542

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、スタッフが下茹でした白ガチョウの肉をタレにつけこんで味を染み込ませている。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019110608469

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、出来上がり、切り分けられた「嵐谷燻鵝」。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019110608472

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、調味料を塗り込んだ白ガチョウの肉に唐辛子の粉をまぶす様子。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019110608489

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、鍋のふたを開け、いぶしたガチョウ肉の仕上がりを見る徐麗妹(じょ・れいまい)さん(左端)。あたりには独特な芳香がたちこめる。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019110608424

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、下茹でした白ガチョウの肉をタレにつけ込むスタッフ。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019110608465

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、調味料を塗り込んだ白ガチョウの肉に唐辛子の粉をまぶす南平市の無形文化遺産「嵐谷燻鵝技法」の伝承者、徐麗妹(じょ・れいまい)さん(中央)とアシスタント。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019110608468

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、白ガチョウの肉を下茹でし、7~8割火が通ったところで取り出すスタッフ。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019110608547

    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、出来上がった「嵐谷燻鵝」を切り分ける様子。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像