検索結果 26 件中 1 件 〜 26 件 "せいきん"
  1. 2019120201122

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  3日、試合中の野中生萌。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019120201119

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  3日、表彰台で記念撮影するコンバインド女子で上位3位に入賞した選手と関係者。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  3. 2019120201125

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  2日、試合中の土肥圭太。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019120201131

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  2日、試合中の土肥圭太。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019100102007

    「新華社」 モクセイの香りが観光客を魅了上海市  30日、上海桂林公園で販売されている桂花酒(モクセイ酒)。中国上海市では、モクセイの花が満開を迎えている。モクセイで有名な桂林公園では、ウスギモクセイやギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上がたくさんの花をつけ、甘い香りに誘われて訪れた多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019100102069

    「新華社」 モクセイの香りが観光客を魅了上海市  30日、上海市の桂林公園で販売されているモクセイのドライフラワー。中国上海市では、モクセイの花が満開を迎えている。モクセイで有名な桂林公園では、ウスギモクセイやギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上がたくさんの花をつけ、甘い香りに誘われて訪れた多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019100102017

    「新華社」 モクセイの香りが観光客を魅了上海市  30日、上海市の桂林公園で満開のモクセイを撮影する観光客。中国上海市では、モクセイの花が満開を迎えている。モクセイで有名な桂林公園では、ウスギモクセイやギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上がたくさんの花をつけ、甘い香りに誘われて訪れた多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019100101998

    「新華社」 モクセイの香りが観光客を魅了上海市  30日、上海桂林公園で満開のキンモクセイを撮影する観光客。中国上海市では、モクセイの花が満開を迎えている。モクセイで有名な桂林公園では、ウスギモクセイやギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上がたくさんの花をつけ、甘い香りに誘われて訪れた多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019100102024

    「新華社」 モクセイの香りが観光客を魅了上海市  30日、満開となった桂林公園のモクセイ。中国上海市では、モクセイの花が満開を迎えている。モクセイで有名な桂林公園では、ウスギモクセイやギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上がたくさんの花をつけ、甘い香りに誘われて訪れた多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019100102020

    「新華社」 モクセイの香りが観光客を魅了上海市  30日、上海市の桂林公園で満開となったキンモクセイ。中国上海市では、モクセイの花が満開を迎えている。モクセイで有名な桂林公園では、ウスギモクセイやギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上がたくさんの花をつけ、甘い香りに誘われて訪れた多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019080903945

    「新華社」 赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、「赤クルミ栽培モデル基地」の見学者に赤クルミを見せる子ども。秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019080903974

    「新華社」 赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県景村鎮八一村にある千ムー(約66・7ヘクタール)の「赤クルミ栽培モデル基地」。(小型無人機から)秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019080903941

    「新華社」 赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、赤クルミの苗を植える土をほぐす盛鑫紅赤クルミ専門合作社の職員。秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019080903977

    「新華社」 赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、洛南県で採れた赤クルミ。秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019012919109

    「新華社」 青海チベット高原を駆け抜ける「動くレストラン」で舌鼓  21日、食堂車の調理場で有機野菜を洗う「唐竺古道号」のシェフ、孫生金(そん・せいきん)さん。世界最高所を走る青蔵鉄道(青海省西寧ー西蔵チベット自治区ラサ)が運営する独特な地域色と民族風情を持つブランド列車「唐竺古道号(とうじくこどうごう)」の食堂車では、新鮮な料理のほか、ヨーグルトやバター茶、甜茶などの特色ある食品が供される。乗客は西寧からシガツェまでの2千キロに及ぶ「天の道」において、青海チベット高原の美しい眺めを楽しみながら「動くレストラン」の美食を味わうことができる。(ゴルムド=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018101517787

    「新華社」 モクセイの花香る上海  13日、桂林公園の満開のキンモクセイ。中国上海市ではこのほど、各公園のモクセイの花が満開の時期を迎えた。モクセイで有名な桂林(けいりん)公園では、ウスギモクセイ、ギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上が花でいっぱいになった。辺りに甘い香りが漂い、多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉頴)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018101517819

    「新華社」 モクセイの花香る上海  13日、桂林公園内で販売されている季節商品、モクセイのドライフラワー。中国上海市ではこのほど、各公園のモクセイの花が満開の時期を迎えた。モクセイで有名な桂林(けいりん)公園では、ウスギモクセイ、ギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上が花でいっぱいになった。辺りに甘い香りが漂い、多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉頴)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018101517496

    「新華社」 モクセイの花香る上海  13日、桂林公園のモクセイの木の下に置かれた鳥籠。中国上海市ではこのほど、各公園のモクセイの花が満開の時期を迎えた。モクセイで有名な桂林(けいりん)公園では、ウスギモクセイ、ギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上が花でいっぱいになった。辺りに甘い香りが漂い、多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉頴)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018101517796

    「新華社」 モクセイの花香る上海  13日、桂林公園でモクセイの花を楽しむ観光客。中国上海市ではこのほど、各公園のモクセイの花が満開の時期を迎えた。モクセイで有名な桂林(けいりん)公園では、ウスギモクセイ、ギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上が花でいっぱいになった。辺りに甘い香りが漂い、多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉頴)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018101517813

    「新華社」 モクセイの花香る上海  13日、桂林公園内で観光客らに提供されたモクセイで作られたスイーツ。中国上海市ではこのほど、各公園のモクセイの花が満開の時期を迎えた。モクセイで有名な桂林(けいりん)公園では、ウスギモクセイ、ギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上が花でいっぱいになった。辺りに甘い香りが漂い、多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉頴)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018101517409

    「新華社」 モクセイの花香る上海  13日、桂林公園内で販売されている季節商品、桂花酒(モクセイ酒)。中国上海市ではこのほど、各公園のモクセイの花が満開の時期を迎えた。モクセイで有名な桂林(けいりん)公園では、ウスギモクセイ、ギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上が花でいっぱいになった。辺りに甘い香りが漂い、多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉頴)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018091216417

    「新華社」 中国·ネパール、環ヒマラヤ「一帯一路」協力巡り協議  10日、2018年中国チベット環ヒマラヤ国際経済協力フォーラムで基調演説を行う中国人民銀行国際司の張正鑫(ちょう・せいきん)司長。2018年中国チベット環ヒマラヤ国際経済協力フォーラム(2018CHINATIBETTRANS-HIMALAYAINTERNATIONALECONOMICCOOPERATIONFORUM)が10日、中国チベット自治区の林芝(ニンティ)市で開催された。中国とネパールから政府役員、専門家および企業家代表100人余りが、「一帯一路」構想がもたらすチャンスを巡り、両国の経済貿易協力の見通しについて協議した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2006041200154

    人物通信 2689 富山清琴(初代)  本名・八田清治(はった・きよはる)、箏、三絃、地唄、人間国宝、芸術院賞受賞、芸術院会員、文化功労者、2000年に「清琴」名を長男に譲り「清翁・せいおう」を名乗る=1964(昭和39)年3月1日撮影(富山清翁)

  24. 2003110400019

    人物通信 23048 富山清琴  本名・八田清治(はった・きよはる)、箏、三絃、地唄、人間国宝、芸術院賞受賞、芸術院会員、文化功労者=19876年3月27日撮影、2000年に「清琴」名を長男に譲り「清翁・せいおう」を名乗る(富山清翁)

  25. 1998082500038

    人物通信 29416 富山清琴  文化功労者、邦楽(地唄、箏曲)、2000年に「清琴」名を長男に譲り「清翁、せいおう」を名乗る(富山清翁)

  26. 1995072600042

    ユニバーシアード企画「お国事情いろいろ」5回続きの(3)  派遣費用の工面に苦心  派遣費用の確保に苦労するロシア学生スポーツ連盟のエリセイキン事務総長

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像