検索結果 24 件中 1 件 〜 24 件 "せいしゅ"
  1. 2020071500827

    馳星周さん  第163回直木賞に決まった馳星周(はせ・せいしゅう)さん 「時の人」

  2. 2020052001516

    浙江省政府と浙江大学、共同で新時代自貿港研究院を設立  15日、中国の特色ある自由貿易港建設の新たな方法の模索など、自由貿易港研究院の今後の研究の方向性について語る浙江省商務庁の盛秋平(せい・しゅうへい)庁長。中国浙江大学と浙江省商務庁はこのほど、同大学経済学院内に浙江省新時代自貿港研究院を設立した。新時代自貿港研究院は、主に学術研究、政策決定コンサルティング、フォーラム開催や人材育成の四つの役割を担い、重要な政策決定コンサルティング拠点、影響力のある自由貿易区戦略的研究シンクタンク、未来に向けた自由貿易港のためのハイエンド研究プラットフォームの構築を目指していくという。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020031200795

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020031200798

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019100801403

    素朴な農民画がネットと結び付き産業化、国際化山東省青州市  青州農民画画院に展示された農民画と関連文化クリエーティブ作品。(8月7日撮影)農民画は通俗画の一種で、農民をクローズアップして主題とし、大胆に誇張した造形とカラフルな色彩で描いている。中国では1950年代以降、陝西省西安市戸県、上海市金山区、山東省青州(せいしゅう)市などの「農民画の郷」が次第に形成されてきた。青州の農民画は産業としてすでに一定の規模にまで発展しており、農民画産業で働く人は3万人余り、年間30万枚もの農民画が制作されている。また同画院は「農民画+電子商取引(EC)」モデルによって、コースター、ハンドバッグなどの農民画文化クリエーティブグッズをインターネット販売しており、農民画EC業者はすでに100社を上回り、農民画が青州市にもたらす収入は年間5千万元(1元=約15円)以上に達している。(青州=新華社記者/蘭恭来)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019100801354

    素朴な農民画がネットと結び付き産業化、国際化山東省青州市  青州農民画画院に展示された農民画文化クリエーティブ作品のコースター。(8月7日撮影)農民画は通俗画の一種で、農民をクローズアップして主題とし、大胆に誇張した造形とカラフルな色彩で描いている。中国では1950年代以降、陝西省西安市戸県、上海市金山区、山東省青州(せいしゅう)市などの「農民画の郷」が次第に形成されてきた。青州の農民画は産業としてすでに一定の規模にまで発展しており、農民画産業で働く人は3万人余り、年間30万枚もの農民画が制作されている。また同画院は「農民画+電子商取引(EC)」モデルによって、コースター、ハンドバッグなどの農民画文化クリエーティブグッズをインターネット販売しており、農民画EC業者はすでに100社を上回り、農民画が青州市にもたらす収入は年間5千万元(1元=約15円)以上に達している。(青州=新華社記者/蘭恭来)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019100801411

    素朴な農民画がネットと結び付き産業化、国際化山東省青州市  青州農民画画院に展示された農民画。(8月7日撮影)農民画は通俗画の一種で、農民をクローズアップして主題とし、大胆に誇張した造形とカラフルな色彩で描いている。中国では1950年代以降、陝西省西安市戸県、上海市金山区、山東省青州(せいしゅう)市などの「農民画の郷」が次第に形成されてきた。青州の農民画は産業としてすでに一定の規模にまで発展しており、農民画産業で働く人は3万人余り、年間30万枚もの農民画が制作されている。また同画院は「農民画+電子商取引(EC)」モデルによって、コースター、ハンドバッグなどの農民画文化クリエーティブグッズをインターネット販売しており、農民画EC業者はすでに100社を上回り、農民画が青州市にもたらす収入は年間5千万元(1元=約15円)以上に達している。(青州=新華社記者/蘭恭来)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019100801367

    素朴な農民画がネットと結び付き産業化、国際化山東省青州市  農民画を製作する地元の画家。(8月7日撮影)農民画は通俗画の一種で、農民をクローズアップして主題とし、大胆に誇張した造形とカラフルな色彩で描いている。中国では1950年代以降、陝西省西安市戸県、上海市金山区、山東省青州(せいしゅう)市などの「農民画の郷」が次第に形成されてきた。青州の農民画は産業としてすでに一定の規模にまで発展しており、農民画産業で働く人は3万人余り、年間30万枚もの農民画が制作されている。また同画院は「農民画+電子商取引(EC)」モデルによって、コースター、ハンドバッグなどの農民画文化クリエーティブグッズをインターネット販売しており、農民画EC業者はすでに100社を上回り、農民画が青州市にもたらす収入は年間5千万元(1元=約15円)以上に達している。(青州=新華社記者/蘭恭来)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019100801346

    素朴な農民画がネットと結び付き産業化、国際化山東省青州市  農民画を製作する地元の画家。(8月7日撮影)農民画は通俗画の一種で、農民をクローズアップして主題とし、大胆に誇張した造形とカラフルな色彩で描いている。中国では1950年代以降、陝西省西安市戸県、上海市金山区、山東省青州(せいしゅう)市などの「農民画の郷」が次第に形成されてきた。青州の農民画は産業としてすでに一定の規模にまで発展しており、農民画産業で働く人は3万人余り、年間30万枚もの農民画が制作されている。また同画院は「農民画+電子商取引(EC)」モデルによって、コースター、ハンドバッグなどの農民画文化クリエーティブグッズをインターネット販売しており、農民画EC業者はすでに100社を上回り、農民画が青州市にもたらす収入は年間5千万元(1元=約15円)以上に達している。(青州=新華社記者/蘭恭来)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019020815245

    馳星周 (はせ・せいしゅう)  作家、2019年1月30日撮影、東京都千代田区のKADOKAWA 「人物通信」

  11. 2019020124432

    元穀物倉庫がブックバーに変身浙江省湖州市  29日、借りた本を持って「漾西ブックバー」を出た地元住民。旧正月を間近に控え、中国浙江省湖州市織里鎮漾西集(ようせいしゅう)鎮にある「漾西ブックバー」が地元住民や帰省して年越しを過ごす大学生らの新たな勉強や集いの場となっている。同ブックバーは50年以上の歴史を持つ元穀物倉庫を改築した延べ面積約1千平方メートルの2階建ての建物で、各種書籍3千冊以上を備える。2018年末のオープン以来、住民の身近なくつろぎの場所になるとともに、地元の文化部門が新たな年越しの過ごし方を提唱し、農村の精神文明建設を推進するモデル事業ともなっている。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019020124433

    元穀物倉庫がブックバーに変身浙江省湖州市  29日、冬休みに帰省し「漾西ブックバー」で本を読む学生。旧正月を間近に控え、中国浙江省湖州市織里鎮漾西集(ようせいしゅう)鎮にある「漾西ブックバー」が地元住民や帰省して年越しを過ごす大学生らの新たな勉強や集いの場となっている。同ブックバーは50年以上の歴史を持つ元穀物倉庫を改築した延べ面積約1千平方メートルの2階建ての建物で、各種書籍3千冊以上を備える。2018年末のオープン以来、住民の身近なくつろぎの場所になるとともに、地元の文化部門が新たな年越しの過ごし方を提唱し、農村の精神文明建設を推進するモデル事業ともなっている。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019020124429

    元穀物倉庫がブックバーに変身浙江省湖州市  29日、「漾西ブックバー」で本を読む地元住民。旧正月を間近に控え、中国浙江省湖州市織里鎮漾西集(ようせいしゅう)鎮にある「漾西ブックバー」が地元住民や帰省して年越しを過ごす大学生らの新たな勉強や集いの場となっている。同ブックバーは50年以上の歴史を持つ元穀物倉庫を改築した延べ面積約1千平方メートルの2階建ての建物で、各種書籍3千冊以上を備える。2018年末のオープン以来、住民の身近なくつろぎの場所になるとともに、地元の文化部門が新たな年越しの過ごし方を提唱し、農村の精神文明建設を推進するモデル事業ともなっている。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019020124393

    元穀物倉庫がブックバーに変身浙江省湖州市  29日、「漾西ブックバー」で本を読む地元住民。旧正月を間近に控え、中国浙江省湖州市織里鎮漾西集(ようせいしゅう)鎮にある「漾西ブックバー」が地元住民や帰省して年越しを過ごす大学生らの新たな勉強や集いの場となっている。同ブックバーは50年以上の歴史を持つ元穀物倉庫を改築した延べ面積約1千平方メートルの2階建ての建物で、各種書籍3千冊以上を備える。2018年末のオープン以来、住民の身近なくつろぎの場所になるとともに、地元の文化部門が新たな年越しの過ごし方を提唱し、農村の精神文明建設を推進するモデル事業ともなっている。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019020124365

    元穀物倉庫がブックバーに変身浙江省湖州市  29日、「漾西ブックバー」で本を読む地元住民。旧正月を間近に控え、中国浙江省湖州市織里鎮漾西集(ようせいしゅう)鎮にある「漾西ブックバー」が地元住民や帰省して年越しを過ごす大学生らの新たな勉強や集いの場となっている。同ブックバーは50年以上の歴史を持つ元穀物倉庫を改築した延べ面積約1千平方メートルの2階建ての建物で、各種書籍3千冊以上を備える。2018年末のオープン以来、住民の身近なくつろぎの場所になるとともに、地元の文化部門が新たな年越しの過ごし方を提唱し、農村の精神文明建設を推進するモデル事業ともなっている。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018113000052

    「普通の田舎」が人気に 収穫する金其陽さんら  畑でニンジンを収穫する金其陽さん(右)。左は「信州せいしゅん村」の小林一郎社長=10月25日、長野県上田市 「スクランブル」

  17. 2018113000051

    「普通の田舎」が人気に 収穫する金其陽さんら  「信州せいしゅん村」の小林一郎社長(中央)とともに畑でピーマンを収穫する金其陽さん(右)ら=10月25日、長野県上田市 「スクランブル」

  18. 2014121900696

    牧野聖修 (まきの・せいしゅう) 第47回衆院選特別通信、重複、静岡1区、東海ブロック、民主、元経産副大臣(党副幹事長、静岡県議、市議)静岡市、中大、2014年11月17日撮影、顔

  19. 2012122300012

    牧野聖修 (まきの・せいしゅう)  第46回衆院選特別通信、重複、静岡1区、東海ブロック、民主、党副幹事長、静岡県会長(経産副大臣、県議)静岡市、中大、2012年8月24日撮影、顔

  20. 2009083100503

    牧野聖修 (まきの・せいしゅう)  第45回(2009年)衆院選特別通信、重複、静岡1区、東海ブロック、民主、元法務政務次官(党国対副委員長、静岡県議)静岡市、中大、2007年11月28日撮影、顔

  21. 2005092800083

    「カラー」【】 ◎牧野聖修、まきの・せいしゅう、第44回(2005年)衆院選特別通信、重複、静岡1区、東海ブロック、民主、党国対副委員長(法務政務次官、静岡県議)静岡市、中大、2005年8月22日撮影、顔

  22. 2003112600065

    「カラー」【】 ◎牧野聖修、まきの・せいしゅう、第43回(2003年)衆院選特別通信、重複候補、静岡1区、東海ブロック、民主、党選対委員(法務政務次官、静岡県議、市議)静岡市、中大

  23. 2000101000064

    「カラー」◎牧野聖修(まきの・せいしゅう)、00年衆院選静岡1区・比例代表重複立候補、民主党、元法務政務次官(党静岡県代表、県議、市議)静岡市、中大

  24. 1998030200092

    牧野聖修 (まきの・せいしゅう)  比例、東海ブロック重複立候補、衆議院議員、民主党、平成8年、衆院選立候補、静岡1区 人物 84659

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像