検索結果 124 件中 1 件 〜 50 件 "ちょうしょう"
  1. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020030203470

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020030203549

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020030203369

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  22日、山東省済南市の自宅でパン作りを楽しむ趙小羽記者。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020022503898

    営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020022503877

    営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019112701765

    温泉も楽しめるマラソン大会開催湖北省咸寧市  24日、女子フルマラソン部門の表彰式。中国湖北省咸寧(かんねい)市で24日、2019咸寧国際温泉マラソン大会が行われ国内外から1万人以上のランナーが参加した。男子フルマラソンの部ではケニア出身のEyanaePaul選手が、女子の部では同じくケニア出身のKipronoBrendaJerotich選手が激戦を制し優勝した。男子ハーフマラソンでは中国の張淞琳(ちょう・しょうりん)選手が会心の走りを見せて1位となり、女子ではケニアのJelagatLilian選手が優勝した。同大会は中国陸上協会によりマラソンのA類スポーツ大会に認定されており、温泉も楽しめることが大会の特色の一つとなっている。フルマラソンの参加者全員に、大会組織委員会から無料入浴券1枚が贈られるという。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019112701710

    温泉も楽しめるマラソン大会開催湖北省咸寧市  24日、男子フルマラソン部門の表彰式。中国湖北省咸寧(かんねい)市で24日、2019咸寧国際温泉マラソン大会が行われ国内外から1万人以上のランナーが参加した。男子フルマラソンの部ではケニア出身のEyanaePaul選手が、女子の部では同じくケニア出身のKipronoBrendaJerotich選手が激戦を制し優勝した。男子ハーフマラソンでは中国の張淞琳(ちょう・しょうりん)選手が会心の走りを見せて1位となり、女子ではケニアのJelagatLilian選手が優勝した。同大会は中国陸上協会によりマラソンのA類スポーツ大会に認定されており、温泉も楽しめることが大会の特色の一つとなっている。フルマラソンの参加者全員に、大会組織委員会から無料入浴券1枚が贈られるという。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019112701713

    温泉も楽しめるマラソン大会開催湖北省咸寧市  24日、レースに参加する選手ら。中国湖北省咸寧(かんねい)市で24日、2019咸寧国際温泉マラソン大会が行われ国内外から1万人以上のランナーが参加した。男子フルマラソンの部ではケニア出身のEyanaePaul選手が、女子の部では同じくケニア出身のKipronoBrendaJerotich選手が激戦を制し優勝した。男子ハーフマラソンでは中国の張淞琳(ちょう・しょうりん)選手が会心の走りを見せて1位となり、女子ではケニアのJelagatLilian選手が優勝した。同大会は中国陸上協会によりマラソンのA類スポーツ大会に認定されており、温泉も楽しめることが大会の特色の一つとなっている。フルマラソンの参加者全員に、大会組織委員会から無料入浴券1枚が贈られるという。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019112701641

    温泉も楽しめるマラソン大会開催湖北省咸寧市  24日、レースに参加する選手ら。中国湖北省咸寧(かんねい)市で24日、2019咸寧国際温泉マラソン大会が行われ国内外から1万人以上のランナーが参加した。男子フルマラソンの部ではケニア出身のEyanaePaul選手が、女子の部では同じくケニア出身のKipronoBrendaJerotich選手が激戦を制し優勝した。男子ハーフマラソンでは中国の張淞琳(ちょう・しょうりん)選手が会心の走りを見せて1位となり、女子ではケニアのJelagatLilian選手が優勝した。同大会は中国陸上協会によりマラソンのA類スポーツ大会に認定されており、温泉も楽しめることが大会の特色の一つとなっている。フルマラソンの参加者全員に、大会組織委員会から無料入浴券1枚が贈られるという。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019102800700

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅう職人と夏布刺しゅう作品の創作に適した布地を選ぶ張小紅さん(右)。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019102800834

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅうの図案を描く張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019102800923

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、張小紅さんが「第9回中国民間文芸山花賞」を受賞した夏布刺しゅう作品「清明上河図」の一部。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019102800995

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅうをする張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019102800999

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅう職人を指導する張小紅さん(左)。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019102801001

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅうをする張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019102800996

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、張小紅さんの私設博物館内に飾られた、張さんの手による夏布刺しゅう作品。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019102800900

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、張小紅さんの私設博物館内に飾られた、張さんの手による夏布刺しゅう作品。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019102800912

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅうをする張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019102800936

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、張小紅さんの私設博物館に展示された民間の夏布刺しゅう作品。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019102800998

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅう職人を指導する張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019102800925

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、自身の工房で刺しゅう糸を選ぶ張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019072301216

    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催  20日、国家級無形文化遺産となっている「聚春園菜館」が元祖とされる著名な福建料理「仏跳牆」(ぶっちょうしょう、フカヒレ、アワビ、ナマコ、金華ハムなど高級素材をじっくりと煮込んだ料理)の制作技術を紹介する福建「聚春園菜館」仏跳牆制作技術第7代継承者、羅世偉(ら・せいい)さん(右から2人目)。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019071706614

    「中朝友好協力互助条約」締結58周年記念行事平壌で開催  11日、朝鮮(北朝鮮)平壌で開催された「中朝友好協力互助条約」締結58周年記念祝宴であいさつする朝鮮最高人民会議常任委員会の太亨徹副委員長。「中朝友好協力互助条約」締結58周年を記念する祝宴が11日、在朝鮮中国大使館で開催された。在朝鮮中国大使館の張承剛(ちょう・しょうごう)臨時代理大使と大使館の外交官、朝鮮最高人民会議常任委員会の太亨徹(テ・ヒョンチョル)副委員長と朝鮮労働党・政府・軍隊各部門の高官など、中朝双方から100人近くが出席した。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019041812101

    Prime Minister Söder visits Ethiopia 17 April 2019, Ethiopia, Addis Abeba: Markus Söder (CSU), Prime Minister of Bavaria, takes part in the opening of the FC Bayern Football School in the capital. In the background (l) is a mascot who has caused mockery and malice on the Internet because of his costume. Söder visits the country on the Horn of Africa until 18 April. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  26. 2019041812097

    Prime Minister Söder visits Ethiopia 17 April 2019, Ethiopia, Addis Abeba: Markus Söder (CSU, r), Prime Minister of Bavaria, attends the opening of the FC Bayern Football School in the capital. In the background (l) is a mascot who has caused mockery and malice on the Internet because of his costume. Söder visits the country on the Horn of Africa until 18 April. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  27. 2019041812052

    Prime Minister Söder visits Ethiopia 17 April 2019, Ethiopia, Addis Abeba: Markus Söder (CSU, r), Prime Minister of Bavaria, attends the opening of the FC Bayern Football School in the capital. In the background (l) is a mascot who has caused mockery and malice on the Internet because of his costume. Söder visits the country on the Horn of Africa until 18 April. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  28. 2019041811992

    Prime Minister Söder visits Ethiopia 17 April 2019, Ethiopia, Addis Abeba: (l-r) Markus Söder (CSU), Prime Minister of Bavaria, Jörg Wacker (FC Bayern) and Giovane Elber take part in the opening of the FC Bayern Football School in the capital. In the background (l) is a mascot who has caused mockery and malice on the Internet because of his costume. Söder visits the country on the Horn of Africa until 18 April. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2019041812002

    Yellow mascot at FC Bayern school inauguration 17 April 2019, Ethiopia, Addis Abeba: Two fantasy figures stand side by side during the opening of the FC Bayern Football School in the capital of Ethiopia. The right mascot had caused mockery and malice on the Internet because of his costume. (To dpa “Naked “Bernie“ in Africa? mockery for alleged “Bavarian mascot“) Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2019041811895

    Prime Minister Söder visits Ethiopia 17 April 2019, Ethiopia, Addis Abeba: Markus Söder (CSU, r), Prime Minister of Bavaria, attends the opening of the FC Bayern Football School in the capital. In the background (l) is a mascot who has caused mockery and malice on the Internet because of his costume. Söder visits the country on the Horn of Africa until 18 April. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2019041809409

    南京農業大学の研究者、多収で病害抵抗性の高いイネの新品種を開発  11日、海南省のイネ育種基地で病害抵抗性と収量を確認する南京農業大学博士課程生の劉明明(りゅう・めいめい)さん(左)と張笑寒(ちょう・しょうかん)さん。中国の南京農業大学はこのほど、同校の楊東雷(よう・とうらい)研究室が多収性遺伝子IdealPlantArchitecture1(IPA1)を利用することで、イネの白葉枯病への抵抗性を高め、多収で病害抵抗性が高いイネの新品種を開発することに成功したと発表した。研究成果は英科学誌「NaturePlants」に掲載された。(南京=新華社配信/南京農業大学提供)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:南京農業大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019032904400

    Collective bargaining for state employees in Hesse 28 March 2019, Hessen, Dietzenbach: With a helmet with the inscription “6% more wage. Anything else is a mockery“ protests a member of IG BAU before the start of the second round of negotiations for the approximately 45,000 public sector employees in Hesse. The unions are demanding six percent more money for employees. Hessen is the only federal state to have withdrawn from the Tarifgemeinschaft der L舅der (TdL) and has been negotiating on its own since then. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2019040200265

    夏布刺しゅう復興への道江西省  3月26日に撮影した張小紅チームの刺しゅう工房の様子。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019040200276

    夏布刺しゅう復興への道江西省  3月26日、刺しゅうをする張小紅さん(左)と呉婉菁(ご・えんせい)さん。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019040200278

    夏布刺しゅう復興への道江西省  3月26日、刺しゅうをする張小紅チームの刺しゅう娘。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019031800625

    香港大学と日本の東北大学、新しい科学技術の応用促進で提携  16日、協定調印式に臨む香港大学学長の張翔(ちょう・しょう)教授(前列左)と日本の東北大学総長の大野英男教授(前列右)。中国香港特別行政区の香港大学は16日、日本の東北大学と協力協定を調印し、人工知能(AI)やロボット技術の日常生活への応用の促進などで協力することを発表した。(香港=新華社配信)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019031302919

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Alexander Dobrinth (CSU, l), chairman of the CSU regional group in the Bundestag, and Wolfgang Kubicki (FDP), vice-president of the German Bundestag, taken at the strong beer tapping on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2019031302924

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Maximilian Schafroth gives the fasting sermon at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2019031302955

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Luise Kinseher, actress and former preacher of fasting, recorded at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2019031302985

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Maximilian Schafroth gives the fasting sermon at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2019031302978

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Maximilian Schafroth gives the fasting sermon at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2019031303028

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Maximilian Schafroth gives the fasting sermon at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  43. 2019031303030

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Maximilian Schafroth gives the fasting sermon at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  44. 2019031303411

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: The musician duo Marianne and Michael perform the Singspiel at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  45. 2019031303412

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Christoph Zrenner in the role of the Federal Minister of the Interior Seehofer and Antonia von Romatowski in the role of the Federal Chancellor Merkel appear at the Singspiel on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2019031303478

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Hubert Aiwanger (Free Voters, 2nd from left), Deputy Prime Minister of Bavaria, his double Florian Fischer and Markus Söder (CSU, 2nd from right), Bavarian Prime Minister and his double Stephan Zinner (r), stand next to each other at the Strongbier tapping on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2019031501056

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: The musician duo Marianne and Michael perform the Singspiel at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2019031303394

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Stephan Murr (l) in the role of the Federal Minister of Transport Scheuer and Stephan Zinner in the role of the Bavarian Prime Minister Söder appear at the Singspiel on the Nockherberg with a strong beer tapping. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2019031303318

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: Andreas Scheuer (CSU, l-r), Federal Minister of Transport, Katharina Barley (SPD), Federal Minister of Justice, and Thomas Oppermann (SPD), Vice-President of the German Bundestag, taken at the strong beer tapping on Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2019031501084

    Strong beer tapping on the Nockherberg 12 March 2019, Bavaria, München: The musician duo Marianne and Michael perform the Singspiel at the Starkbieranstich on the Nockherberg. The traditional mockery, the “derblecken“ of politicians at Munich‘s Nockherberg, traditionally opens the strong beer season in Bavaria. Photo: Tobias Hase/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像