検索結果 1,124 件中 1 件 〜 50 件 "ちょうし"
  1. 2020062913998

    Hong Kong News - June 25, 2020 June 25, 2020, Hong Kong, CHINA: A view of Skyhigh, 12 Pollock‘s Path on The Peak. 25JUN20 Photo: SCMP/Sam Tsang (Credit Image: © Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  2. 2020062710741

    Hong Kong News - June 18, 2020 June 18, 2020, Hong Kong, CHINA: Herbert Chow Siu-lung, Chief Executive Officer of Chickeeduck Group, photographed next to the Lady Liberty Hong Kong statue at the Chickeeduck store at Discovery Park in Tsuen Wan. The Lady Liberty Hong Kong statue was spotted yesterday at the Discovery Park store, where the shopping mall has asked the store to remove the statue and as a result, supporters have come to the store to purchase items to support the store. 18JUN20 SCMP / Edmond So (Credit Image: © Edmond So/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Edmond So/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  3. 2020070211439

    Hong Kong News - June 18, 2020 June 18, 2020, Hong Kong, CHINA: Lady Liberty Hong Kong statue seen at a Chickeeduck store at Discovery Park in Tsuen Wan. The shopping mall of where the store is located has asked the store to remove the statue, as a result, supporters have come to the store to purchase items to support the store. Chickeeduckツ。Hツ。H founder Herbert Chow Siu-lung expressed that he had no intention of removing the statue honouring those involved in the anti-government protest movement. 18JUN20 SCMP / Edmond So (Credit Image: © Edmond So/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Edmond So/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  4. 2020062204820

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、古琴を制作する張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062204778

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、古琴の半製品の検査を行う張濤さん。古琴1面を制作するには少なくとも1年を要するという。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062204750

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、使用する木材を選ぶ張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062204883

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、琴の胴の部分に当たる板を削る張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061503278

    北京市で新たに2人の感染を確認新型コロナ  12日、記者会見する北京市豊台区の張婕副区長。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国北京市豊台区の張婕(ちょう・しょう)副区長は12日の新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見で、同区で新たに確認された感染者2人について、いずれも中国肉類食品総合研究センターに勤務する男性で、北京出身だと説明した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060209044

    一発、大当たり   (1)「女性専門店」 「調子良さそうね」「きょうのお土産は何にしようかしら」昼下がり女性専門店でパチンコに挑戦する女性たち=高知市 出稿日1989(平成元)年8月12日 元年国内 11459 通年企画「日本探訪ハイテクの風景(22)「電子パチンコ」

  10. 2020052300769

    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市  19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」の歴史を紹介するガイドの張真禎(ちょう・しんてい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104797

    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県  17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104669

    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県  17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052104707

    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県  17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052104646

    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県  17日、ろくろを回す張志忠さん(左)の様子をライブ配信する邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052104783

    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県  17日、学生に邢窯陶磁の施釉について説明する張志忠さん(右から2人目)を撮影する邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員(右)。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052104660

    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県  17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104697

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮周圏村の盆栽市場。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104672

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地で顧客にコウシンバラの説明をする楊婷婷さん(左)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104757

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮で育てたコウシンバラを見せる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104704

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗の手入れをする楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104650

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を運ぶ楊婷婷さん(左)と夫の陳武(ちん・ぶ)さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052104643

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を手入れする楊婷婷さん。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104710

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗に水をやる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052104698

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村に広がる花木栽培用のビニールハウス。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052104648

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、母親の趙紅霞(ちょう・こうか)さんから花木の手入れについて学ぶ趙紫瑄さん(右)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052104693

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、淘宝のライブ配信でフォロワーに花木の手入れについて紹介する趙紫瑄さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051502183

    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省  10日、「福漆」作品展に展示された彫漆(ちょうしつ)の獅子像。彫漆とは、漆を塗り重ねた厚い層を彫刻して文様を表わす技法を指す。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042906517

    小笠原は調子上向き キャッチボールの小笠原  キャッチボールする中日・小笠原=ナゴヤ球場

  29. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020050104652

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020032504433

    「この調子で横綱も」 大関誕生に沸く地元富山  朝乃山の大関昇進が正式に決まり横断幕と万歳で祝う、出身地区富山市呉羽の小学生ら=25日午前

  32. 2020032314513

    小学校で健康ロボットの導入進む子どもたちの感染防止に一役  20日、蘇州市の幼稚園で健康チェックロボットを利用する子ども。新型コロナウイルス感染症の発生から一定期間が過ぎ、中国各地で学校再開の動きが加速している。「人との接触をできる限り減らす」という感染防止策の下、一部の幼稚園や小学校では子どもたちの安全を守るため、健康チェックロボットが導入された。わずか数秒で体温、口腔、手、目の4項目をチェックする他、体温の異常や紅斑(こうはん)、ヘルペス、喉の炎症、目の充血など、子どもがかかりやすい感染症の疑いのある症状を自動で識別する。データを記録し、リアルタイムで園長や教員、保護者の携帯電話に送信できるため、連絡の効率も向上する。ロボットを開発した蘇州沃柯雷克智能系統有限公司の張子洋(ちょう・しよう)総経理は、健康チェックロボットの注文が殺到しており、2月の販売台数は前年同月の10倍に達したと語った。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020032313402

    小学校で健康ロボットの導入進む子どもたちの感染防止に一役  19日、蘇州沃柯雷克智能系統有限公司で健康チェックロボットのテスト・調整を行う作業員。新型コロナウイルス感染症の発生から一定期間が過ぎ、中国各地で学校再開の動きが加速している。「人との接触をできる限り減らす」という感染防止策の下、一部の幼稚園や小学校では子どもたちの安全を守るため、健康チェックロボットが導入された。わずか数秒で体温、口腔、手、目の4項目をチェックする他、体温の異常や紅斑(こうはん)、ヘルペス、喉の炎症、目の充血など、子どもがかかりやすい感染症の疑いのある症状を自動で識別する。データを記録し、リアルタイムで園長や教員、保護者の携帯電話に送信できるため、連絡の効率も向上する。ロボットを開発した蘇州沃柯雷克智能系統有限公司の張子洋(ちょう・しよう)総経理は、健康チェックロボットの注文が殺到しており、2月の販売台数は前年同月の10倍に達したと語った。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020032314140

    小学校で健康ロボットの導入進む子どもたちの感染防止に一役  19日、蘇州沃柯雷克智能系統有限公司の工場で出荷を待つ健康チェックロボット。新型コロナウイルス感染症の発生から一定期間が過ぎ、中国各地で学校再開の動きが加速している。「人との接触をできる限り減らす」という感染防止策の下、一部の幼稚園や小学校では子どもたちの安全を守るため、健康チェックロボットが導入された。わずか数秒で体温、口腔、手、目の4項目をチェックする他、体温の異常や紅斑(こうはん)、ヘルペス、喉の炎症、目の充血など、子どもがかかりやすい感染症の疑いのある症状を自動で識別する。データを記録し、リアルタイムで園長や教員、保護者の携帯電話に送信できるため、連絡の効率も向上する。ロボットを開発した蘇州沃柯雷克智能系統有限公司の張子洋(ちょう・しよう)総経理は、健康チェックロボットの注文が殺到しており、2月の販売台数は前年同月の10倍に達したと語った。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020032313962

    小学校で健康ロボットの導入進む子どもたちの感染防止に一役  19日、蘇州沃柯雷克智能系統有限公司の工場で出荷を待つ健康チェックロボット。新型コロナウイルス感染症の発生から一定期間が過ぎ、中国各地で学校再開の動きが加速している。「人との接触をできる限り減らす」という感染防止策の下、一部の幼稚園や小学校では子どもたちの安全を守るため、健康チェックロボットが導入された。わずか数秒で体温、口腔、手、目の4項目をチェックする他、体温の異常や紅斑(こうはん)、ヘルペス、喉の炎症、目の充血など、子どもがかかりやすい感染症の疑いのある症状を自動で識別する。データを記録し、リアルタイムで園長や教員、保護者の携帯電話に送信できるため、連絡の効率も向上する。ロボットを開発した蘇州沃柯雷克智能系統有限公司の張子洋(ちょう・しよう)総経理は、健康チェックロボットの注文が殺到しており、2月の販売台数は前年同月の10倍に達したと語った。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020030900844

    最前線でウイルスと闘う母親に手作りの贈り物国際婦人デー  6日、母親にメッセージを書く趙錫(ちょう・しゃく)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の錫林南路小学校4年生、趙錫(ちょう・しゃく)さんは、8日の国際婦人デーを前に母親へのプレゼントを手作りし、ビデオ通話で思いを伝えた。内モンゴル人民病院呼吸器科の看護師として働く母親の閆雪敏(えん・せつびん)さんは、湖北省への医療支援隊として1月28日、同省に派遣された。現在も湖北省の病院で、新型コロナウイルスによる肺炎と最前線で闘っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020030901026

    最前線でウイルスと闘う母親に手作りの贈り物国際婦人デー  6日、ビデオ通話で母親に思いを伝える趙錫(ちょう・しゃく)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の錫林南路小学校4年生、趙錫(ちょう・しゃく)さんは、8日の国際婦人デーを前に母親へのプレゼントを手作りし、ビデオ通話で思いを伝えた。内モンゴル人民病院呼吸器科の看護師として働く母親の閆雪敏(えん・せつびん)さんは、湖北省への医療支援隊として1月28日、同省に派遣された。現在も湖北省の病院で、新型コロナウイルスによる肺炎と最前線で闘っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020030901064

    最前線でウイルスと闘う母親に手作りの贈り物国際婦人デー  6日、ビデオ通話で母親に思いを届ける趙錫(ちょう・しゃく)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の錫林南路小学校4年生、趙錫(ちょう・しゃく)さんは、8日の国際婦人デーを前に母親へのプレゼントを手作りし、ビデオ通話で思いを伝えた。内モンゴル人民病院呼吸器科の看護師として働く母親の閆雪敏(えん・せつびん)さんは、湖北省への医療支援隊として1月28日、同省に派遣された。現在も湖北省の病院で、新型コロナウイルスによる肺炎と最前線で闘っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020031704861

    花粉症に悩まされるニホンザル 香川県・小豆島(香川県土庄町)  花粉症に悩まされるニホンザル。目をこすったり、涙を流したり…。鼻水の症状も見られた=銚子渓自然動物園「お猿の国」。僕たちだってつらいんです―。春の花粉シーズンが本格化し、香川県・小豆島の銚子渓自然動物園「お猿の国」(土庄町)で、一部のニホンザルが花粉症に悩まされている。=2020(令和2)年3月2日、香川県・小豆島(香川県土庄町)、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  40. 2020030203470

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020030203549

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020030203369

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  22日、山東省済南市の自宅でパン作りを楽しむ趙小羽記者。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020022503898

    営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020022503877

    営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020021405636

    92nd Annual Academy Awards - Arrivals  キーワード:ポン・ジュノ、奉俊昊、パラサイト、半地下の家族、受賞、09 February 2020 - Hollywood, California - Cast of Parasite, Ha-jun Lee, Yang-kwon Moon, Kang-ho Song, Yeo-jeong Jo, Sun-kyun Lee, and Bong Joon Ho, Kwak Sin-ae, Han Jin-won, Lee Sun-kyun, Cho Yeo-jeong, Choi Woo-shik, Park So-dam. 92nd Annual Academy Awards presented by the Academy of Motion Picture Arts and Sciences held at Hollywood & Highland Center. Photo Credit: AdMedia (Newscom TagID: admphotostwo687561) [Photo via Newscom]、クレジット:AdMedia/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」「海外セレブ」

  46. 2020012500394

    ぎゅっとくっつき暖を取る 体をくっつけ合うサル  小豆島銚子渓自然動物園お猿の国の「サル団子」=25日、香川県土庄町

  47. 2020012500393

    ぎゅっとくっつき暖を取る お猿の国の「サル団子」  小豆島銚子渓自然動物園お猿の国の「サル団子」=25日、香川県土庄町

  48. 2020012500392

    ぎゅっとくっつき暖を取る サル団子  小豆島銚子渓自然動物園お猿の国の「サル団子」=25日、香川県土庄町

  49. 2020012322566

    福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館で書画を鑑賞する芸術愛好家。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020012322568

    福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館に展示された旧蔵の散氏盤(さんしばん)の拓本。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像