検索結果 30 件中 1 件 〜 30 件 "ちょうちゅ"
  1. 2020013100535

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020013100603

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、赤ちゃんモモンガの飼育状況を確認する洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020013100543

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020013100525

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、飼育小屋でモモンガの糞を集める洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020013100555

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんの自宅で飼育されているモモンガ。(組み合わせ写真)貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020013100556

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんが飼育するモモンガ。張さんは2019年、赤ちゃんモモンガとモモンガの糞を売ることで30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020013100596

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020013100530

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村にある張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんの自宅の飼育小屋で飼われている赤ちゃんモモンガ。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020013100532

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんが飼育する赤ちゃんモモンガ。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020013100553

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019111803398

    すだれが対日輸出の大産業に山東省浜州市  山東省無棣県水湾鎮の西谷劉村の自宅でヨシを束ねる謝長忠(しゃ・ちょうちゅう)さん。(10月28日撮影)中国山東省浜州市無棣(むてい)県の水湾鎮では、地元農家が農閑期を利用して30年以上前からすだれの加工を手掛けている。生産したすだれは日本市場で好調な売れ行きを続けており、つるすタイプの「掛けすだれ」では日本市場で80%のシェアを誇る。県内ですだれの加工と輸出を手掛ける主な企業は現在17社に上り、関連就業者数は約3万人、年間生産高は4億元(1元=約15円)に達している。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019070304602

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  2019年の元宵節(旧暦1月15日)に竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2月19日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019010700621

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で30年以上前に植えた木の成育状況を確認する張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/韓賢普)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019010700644

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で森林を守るため、山を巡視する張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019010700624

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場の巡視中、休憩する張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019010700661

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で森林を守るため、山を巡視する張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/韓賢普)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019010700666

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で森林を守るため、山を巡視する張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/韓賢普)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019010700772

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場の展望台から営林場を眺める張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019010700638

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で森林を守るため、山を巡視する張建さんと張忠さん、張華さん。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019010700771

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で森林を守るため、山を巡視する張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019010700677

    森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で倒木を片付ける張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018101801486

    「中日交流標準日本語」出版30周年中日文化交流に貢献  16日、座談会であいさつする中国文化・観光部国際交流協力局の張忠志(ちょう・ちゅうし)参事官。中国の人民教育出版社が主催する「『中日交流標準日本語』発行30周年座談会・シンポジウム」が16日、北京で行われた。同社が日本の光村図書出版と共同で出版した「中日交流標準日本語」は中国で日本語を独学する若者の間で最も人気の高い教科書とされる。会場には両国の出版関係者や日本語教育界の代表、読者らが一堂に会し、30年間の交流の成果について懇談した。(北京=新華社記者/江小舟)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019071005909

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019071005979

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019071006066

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019071006067

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019071005907

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019071005910

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  竜の体部分の図案を描く張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さん。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019071005980

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  手作業で竜の骨組みを作る張家の人たち。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  30. 2019071005981

    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技  竜の胴体部分の図案を描く張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さん。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像