検索結果 28 件中 1 件 〜 28 件 "つづら折り"
  1. 2019102800680

    「新華社」 高低差1500メートルチベット「怒江72曲がり」の壮大な風景  23日、川蔵道路のチベット自治区パシュー県内にある「怒江72曲がり」の高標高部分の風景。中国の四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路は、同自治区パシュー県内に約12キロのつづら折りの区間があり「怒江72曲がり」と呼ばれている。同区間は標高4658メートルの業拉山を越え、蛇行しながら約3100メートルの怒江渓谷まで下る。高低差は1500メートル近くあり、雄大で美しい景色が広がる。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102800646

    「新華社」 高低差1500メートルチベット「怒江72曲がり」の壮大な風景  23日、業拉山の鞍部(あんぶ)から見た風景。中国の四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路は、同自治区パシュー県内に約12キロのつづら折りの区間があり「怒江72曲がり」と呼ばれている。同区間は標高4658メートルの業拉山を越え、蛇行しながら約3100メートルの怒江渓谷まで下る。高低差は1500メートル近くあり、雄大で美しい景色が広がる。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019102800669

    「新華社」 高低差1500メートルチベット「怒江72曲がり」の壮大な風景  23日、川蔵道路のチベット自治区パシュー県内にある「怒江72曲がり」の低標高部分の風景。中国の四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路は、同自治区パシュー県内に約12キロのつづら折りの区間があり「怒江72曲がり」と呼ばれている。同区間は標高4658メートルの業拉山を越え、蛇行しながら約3100メートルの怒江渓谷まで下る。高低差は1500メートル近くあり、雄大で美しい景色が広がる。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019102800674

    「新華社」 高低差1500メートルチベット「怒江72曲がり」の壮大な風景  23日、川蔵道路のチベット自治区パシュー県内にある「怒江72曲がり」の低標高部分の風景。中国の四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路は、同自治区パシュー県内に約12キロのつづら折りの区間があり「怒江72曲がり」と呼ばれている。同区間は標高4658メートルの業拉山を越え、蛇行しながら約3100メートルの怒江渓谷まで下る。高低差は1500メートル近くあり、雄大で美しい景色が広がる。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019102800621

    「新華社」 高低差1500メートルチベット「怒江72曲がり」の壮大な風景  23日、川蔵道路のチベット自治区パシュー県内にある「怒江72曲がり」の高標高部分の風景。中国の四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路は、同自治区パシュー県内に約12キロのつづら折りの区間があり「怒江72曲がり」と呼ばれている。同区間は標高4658メートルの業拉山を越え、蛇行しながら約3100メートルの怒江渓谷まで下る。高低差は1500メートル近くあり、雄大で美しい景色が広がる。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102800642

    「新華社」 高低差1500メートルチベット「怒江72曲がり」の壮大な風景  23日、川蔵道路のチベット自治区パシュー県内にある「怒江72曲がり」の低標高部分の風景。中国の四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路は、同自治区パシュー県内に約12キロのつづら折りの区間があり「怒江72曲がり」と呼ばれている。同区間は標高4658メートルの業拉山を越え、蛇行しながら約3100メートルの怒江渓谷まで下る。高低差は1500メートル近くあり、雄大で美しい景色が広がる。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102407242

    「新華社」 壮観!パミール高原を貫くつづら折りの道新疆ウイグル自治区  20日、空から見た「吾格亜提盤山公路」。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区西部のパミール高原には、タシュクルガン・タジク自治県の県政府所在地とワカ郷を結ぶ「つづら折りの道」がある。標高が4200メートル以上、全長が36キロ、最大落差が千メートル近くあることから、地元の人々に「高原天路(高原の天に続く道)」と呼ばれている。周囲に広がる雄大な自然と曲がりくねった道が織りなす光景には、壮大なスケール感を感じることができる。7月に「吾格亜提盤山公路」と名づけられたこの道路が開通してから、山間部の農牧民の移動がより便利になったという。(タシュクルガン=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019102406990

    「新華社」 壮観!パミール高原を貫くつづら折りの道新疆ウイグル自治区  20日、空から見た「吾格亜提盤山公路」。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区西部のパミール高原には、タシュクルガン・タジク自治県の県政府所在地とワカ郷を結ぶ「つづら折りの道」がある。標高が4200メートル以上、全長が36キロ、最大落差が千メートル近くあることから、地元の人々に「高原天路(高原の天に続く道)」と呼ばれている。周囲に広がる雄大な自然と曲がりくねった道が織りなす光景には、壮大なスケール感を感じることができる。7月に「吾格亜提盤山公路」と名づけられたこの道路が開通してから、山間部の農牧民の移動がより便利になったという。(タシュクルガン=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102407071

    「新華社」 壮観!パミール高原を貫くつづら折りの道新疆ウイグル自治区  20日、空から望む「吾格亜提盤山公路」。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区西部のパミール高原には、タシュクルガン・タジク自治県の県政府所在地とワカ郷を結ぶ「つづら折りの道」がある。標高が4200メートル以上、全長が36キロ、最大落差が千メートル近くあることから、地元の人々に「高原天路(高原の天に続く道)」と呼ばれている。周囲に広がる雄大な自然と曲がりくねった道が織りなす光景には、壮大なスケール感を感じることができる。7月に「吾格亜提盤山公路」と名づけられたこの道路が開通してから、山間部の農牧民の移動がより便利になったという。(タシュクルガン=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102407085

    「新華社」 壮観!パミール高原を貫くつづら折りの道新疆ウイグル自治区  20日、空から見た「吾格亜提盤山公路」。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区西部のパミール高原には、タシュクルガン・タジク自治県の県政府所在地とワカ郷を結ぶ「つづら折りの道」がある。標高が4200メートル以上、全長が36キロ、最大落差が千メートル近くあることから、地元の人々に「高原天路(高原の天に続く道)」と呼ばれている。周囲に広がる雄大な自然と曲がりくねった道が織りなす光景には、壮大なスケール感を感じることができる。7月に「吾格亜提盤山公路」と名づけられたこの道路が開通してから、山間部の農牧民の移動がより便利になったという。(タシュクルガン=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019102407128

    「新華社」 壮観!パミール高原を貫くつづら折りの道新疆ウイグル自治区  20日、空から望む「吾格亜提盤山公路」。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区西部のパミール高原には、タシュクルガン・タジク自治県の県政府所在地とワカ郷を結ぶ「つづら折りの道」がある。標高が4200メートル以上、全長が36キロ、最大落差が千メートル近くあることから、地元の人々に「高原天路(高原の天に続く道)」と呼ばれている。周囲に広がる雄大な自然と曲がりくねった道が織りなす光景には、壮大なスケール感を感じることができる。7月に「吾格亜提盤山公路」と名づけられたこの道路が開通してから、山間部の農牧民の移動がより便利になったという。(タシュクルガン=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019102407520

    「新華社」 壮観!パミール高原を貫くつづら折りの道新疆ウイグル自治区  20日、空から望む「吾格亜提盤山公路」。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区西部のパミール高原には、タシュクルガン・タジク自治県の県政府所在地とワカ郷を結ぶ「つづら折りの道」がある。標高が4200メートル以上、全長が36キロ、最大落差が千メートル近くあることから、地元の人々に「高原天路(高原の天に続く道)」と呼ばれている。周囲に広がる雄大な自然と曲がりくねった道が織りなす光景には、壮大なスケール感を感じることができる。7月に「吾格亜提盤山公路」と名づけられたこの道路が開通してから、山間部の農牧民の移動がより便利になったという。(タシュクルガン=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101003208

    「新華社」 四つの世界記録矮寨鎮の特大吊り橋湖南省  6日、矮寨鎮のつづら折りの道路を通行する車両。(小型無人機から)矮寨(わいさい)特大吊り橋は、中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の州都、吉首市の中心部から約20キロ離れた場所にある。2層構造の高速道路と観光用歩道を持つ両用橋で、双方向4車線の高速道路特大橋として建設された。鋼製桁と補剛桁による単径間構造を採用しており、全長1073・65メートル、主径間は1176メートル。同橋は四つの世界記録を達成した橋として知られる。一つ目は主径間距離。1176メートルの主径間は現在、峡谷をまたぐものとしては、世界最大の径間を持つ鋼製トラス梁の吊り橋になる。二つ目は塔と梁の構造。同橋は初めて塔と梁が完全に分離した構造プランを採用している。三つ目は索張り。初めてロックアンカーによる索張りを取り入れ、炭素繊維をプレストレス補強材として採用している。四つ目は架設工法。鋼製トラス梁の架設に初めて「ロープウエー方式」を採用した。同橋が湖南省と重慶市間のアクセスを飛躍的に向上させたことは、これら二つの省と市、さらには中国中西部の都市間の接続に極めて重要な意義を持つ。今では湘西(湖南省西部)地域を代表する建造物の一つとなっている。(吉首=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019101003186

    「新華社」 四つの世界記録矮寨鎮の特大吊り橋湖南省  矮寨鎮で改修中のつづら折りの道路。(9月24日撮影、小型無人機から)矮寨(わいさい)特大吊り橋は、中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の州都、吉首市の中心部から約20キロ離れた場所にある。2層構造の高速道路と観光用歩道を持つ両用橋で、双方向4車線の高速道路特大橋として建設された。鋼製桁と補剛桁による単径間構造を採用しており、全長1073・65メートル、主径間は1176メートル。同橋は四つの世界記録を達成した橋として知られる。一つ目は主径間距離。1176メートルの主径間は現在、峡谷をまたぐものとしては、世界最大の径間を持つ鋼製トラス梁の吊り橋になる。二つ目は塔と梁の構造。同橋は初めて塔と梁が完全に分離した構造プランを採用している。三つ目は索張り。初めてロックアンカーによる索張りを取り入れ、炭素繊維をプレストレス補強材として採用している。四つ目は架設工法。鋼製トラス梁の架設に初めて「ロープウエー方式」を採用した。同橋が湖南省と重慶市間のアクセスを飛躍的に向上させたことは、これら二つの省と市、さらには中国中西部の都市間の接続に極めて重要な意義を持つ。今では湘西(湖南省西部)地域を代表する建造物の一つとなっている。(吉首=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019080800923

    「新華社」 雅江の夏景色、観光客を魅了四川省カンゼ・チベット族自治州  4日、国道318号線雅江県剪子弯(せんし)区間の展望台でつづら折りの道路を眺める観光客。夏真っ盛りのこの時期、中国四川省雅江(がこう)県が最も美しい季節を迎えた。青い空と白い雲の下、森林や川、草原、牛、羊が織り成す風景は、まるで絵に描いたような美しさで、多くの観光客を魅了している。(雅江県=新華社記者/江宏景)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019030605507

    「新華社」 山腹を縫うつづら折りの道湖北省恩施  4日、霧の立ち込めた白奉道路の「十曲がり」区間を走る車。(小型無人機から)中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州の恩施市内に、急カーブが続くことから「十曲がり」と呼ばれる道路がある。それは同自治州の白楊坪鎮と重慶市奉節県を結ぶ白奉道路の一部で、一帯には独特の風景が形成されている。(恩施=新華社配信/楊順丕)=2019(平成31)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019030605605

    「新華社」 山腹を縫うつづら折りの道湖北省恩施  4日、霧の立ち込めた白奉道路の「十曲がり」区間を走る車。(小型無人機から)中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州の恩施市内に、急カーブが続くことから「十曲がり」と呼ばれる道路がある。それは同自治州の白楊坪鎮と重慶市奉節県を結ぶ白奉道路の一部で、一帯には独特の風景が形成されている。(恩施=新華社配信/楊順丕)=2019(平成31)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019030605570

    「新華社」 山腹を縫うつづら折りの道湖北省恩施  4日、霧の立ち込めた白奉道路の「十曲がり」区間を走る車。(小型無人機から)中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州の恩施市内に、急カーブが続くことから「十曲がり」と呼ばれる道路がある。それは同自治州の白楊坪鎮と重慶市奉節県を結ぶ白奉道路の一部で、一帯には独特の風景が形成されている。(恩施=新華社配信/楊順丕)=2019(平成31)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019030605506

    「新華社」 山腹を縫うつづら折りの道湖北省恩施  4日、霧の立ち込めた白奉道路の「十曲がり」区間を走る車。(小型無人機から)中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州の恩施市内に、急カーブが続くことから「十曲がり」と呼ばれる道路がある。それは同自治州の白楊坪鎮と重慶市奉節県を結ぶ白奉道路の一部で、一帯には独特の風景が形成されている。(恩施=新華社配信/楊順丕)=2019(平成31)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019030605475

    「新華社」 山腹を縫うつづら折りの道湖北省恩施  4日、白奉道路の「十曲がり」区間を走る車。(小型無人機から)中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州の恩施市内に、急カーブが続くことから「十曲がり」と呼ばれる道路がある。それは同自治州の白楊坪鎮と重慶市奉節県を結ぶ白奉道路の一部で、一帯には独特の風景が形成されている。(恩施=新華社配信/楊順丕)=2019(平成31)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018040500124

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  2日、広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷の「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018040500135

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月30日、広西チワン族自治区凌雲県の弄福道路。(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018040500123

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月18日、広西チワン族自治区那坡県百省郷の那孟村各酬屯にある「1里10カーブ」。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018040500149

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月18日、広西チワン族自治区那坡県の百省郷那孟村にある「つづら折りの道」の一区間。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土、雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018040500109

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月14日、広西チワン族自治区那坡県の百南郷上保屯にある「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2014060500587

    「アジア発」 あつい信仰、今も息づく  インド北東部アルナチャルプラデシュ州のタワングとボンディラを結ぶ山道(共同)

  27. 2012110200439

    秋に色づく「つづら折り」  赤やオレンジに色づき、見ごろを迎えたいろは坂周辺の紅葉=2日、栃木県日光市で共同通信社ヘリから

  28. 2001020600079

     国際通年企画「遺産との対話」(6)「クスコ・マチュピチュ」(ペルー)  相互に助け合う心を )、企画70S、14日付朝刊以降使用、解禁厳守、字句を差し替えた修正電文  クスコから列車で3時間余り、さらにバスに乗り換え険しいつづら折りの道をたどる。標高約2400メートル、インカのマチュピチュ遺跡はウルバンバ川の渓谷にそそり立つ峰の鞍部(あんぶ)にある。米国の考古学者ハイラム・ビンガムが発見した遺跡は多くのなぞに包まれたままだ。石組みの遺跡を見下ろすと独特の浮遊感…。空を飛ぶ鳥の視線はこんな感じだろうか(撮影・小堀美津子)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像