検索結果 60 件中 1 件 〜 50 件 "もうかい"
  1. 2020061201866

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061201839

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061201869

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061201833

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。(小型無人機から)中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/王安浩維)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061201834

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061201837

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。(小型無人機から)中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/王安浩維)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061201841

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061201907

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。(小型無人機から)中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/王安浩維)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061201868

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061201832

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、景真八角亭を見学する観光客。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060409887

    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県  5月28日、自身が管理する生態茶園で茶の木の分布特性について説明する勐海県格朗和郷向陽寨村の村民。。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060409969

    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県  5月28日、勐海県南糯山村の生態茶園で顔を出した茶の新芽。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060409953

    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県  5月28日、自身が管理する生態茶園で茶葉を摘む勐海県格朗和郷向陽寨村の村民。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060409885

    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県  5月28日、勐海県南糯山村の生態茶園。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060409940

    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県  5月28日、自身が管理する生態茶園で茶葉を摘む勐海県格朗和郷向陽寨村の村民。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051103113

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  12日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県で貧困救済幹部の指導を受けるナスさん。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051103104

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  12日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県布朗山郷曼囡村曼班三隊に暮らすナスさん(右)、ナスさんの父(中)と妹。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051103100

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  12日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県で妹と集落を歩くナスさん(左)。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051103102

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  11日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県で茶摘みをするナスさん。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051103117

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  10日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県で夜間教室に通うナスさん。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051103157

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  10日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県で村人と一緒に踊るナスさん(中央)。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051103106

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  10日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県で夜間教室に通うナスさん。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051103125

    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現  9日、雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県布朗山郷曼囡村曼班三隊の夕暮れ。(小型無人機から)雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020032900394

    野生の象を追う観察員雲南省勐海県  雲南省西双版納ダイ族自治州勐海県で、同僚と象の群れを観察する趙平さん(中央)。(資料写真)中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県では、象の群れが活動するところには趙平(ちょう・へい)さんの姿がある。趙さんは野生象観察員で、2011年から現地で野生のアジアゾウの観察に従事している。同県では最近、14頭のアジアゾウが勐満鎮から勐阿鎮に入ったが、趙さんは40キロ近くの道のりを群れの後を追って歩き、群れが村に近づくたび、同僚たちと共に村民に知らせ、象と人が遭遇するのを避けるよう注意を促してきた。(勐海=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020032900386

    野生の象を追う観察員雲南省勐海県  20日、野生の象を追う趙平さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県では、象の群れが活動するところには趙平(ちょう・へい)さんの姿がある。趙さんは野生象観察員で、2011年から現地で野生のアジアゾウの観察に従事している。同県では最近、14頭のアジアゾウが勐満鎮から勐阿鎮に入ったが、趙さんは40キロ近くの道のりを群れの後を追って歩き、群れが村に近づくたび、同僚たちと共に村民に知らせ、象と人が遭遇するのを避けるよう注意を促してきた。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020032900412

    野生の象を追う観察員雲南省勐海県  20日、野生の象が活動した痕跡を観察する趙平さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県では、象の群れが活動するところには趙平(ちょう・へい)さんの姿がある。趙さんは野生象観察員で、2011年から現地で野生のアジアゾウの観察に従事している。同県では最近、14頭のアジアゾウが勐満鎮から勐阿鎮に入ったが、趙さんは40キロ近くの道のりを群れの後を追って歩き、群れが村に近づくたび、同僚たちと共に村民に知らせ、象と人が遭遇するのを避けるよう注意を促してきた。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020032900413

    野生の象を追う観察員雲南省勐海県  20日、野外で同僚と休憩する趙平さん(右)。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県では、象の群れが活動するところには趙平(ちょう・へい)さんの姿がある。趙さんは野生象観察員で、2011年から現地で野生のアジアゾウの観察に従事している。同県では最近、14頭のアジアゾウが勐満鎮から勐阿鎮に入ったが、趙さんは40キロ近くの道のりを群れの後を追って歩き、群れが村に近づくたび、同僚たちと共に村民に知らせ、象と人が遭遇するのを避けるよう注意を促してきた。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020032900407

    野生の象を追う観察員雲南省勐海県  20日、同僚と象の群れを観察する趙平さん(左)。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県では、象の群れが活動するところには趙平(ちょう・へい)さんの姿がある。趙さんは野生象観察員で、2011年から現地で野生のアジアゾウの観察に従事している。同県では最近、14頭のアジアゾウが勐満鎮から勐阿鎮に入ったが、趙さんは40キロ近くの道のりを群れの後を追って歩き、群れが村に近づくたび、同僚たちと共に村民に知らせ、象と人が遭遇するのを避けるよう注意を促してきた。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020033004396

    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県  17日、サトウキビ畑に入ったアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020033004411

    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県  17日、民家に入り込んだアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020033004421

    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県  17日、民家に入り込んだアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020033004477

    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県  16日、サトウキビ畑に侵入したアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020033004369

    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県  14日、サトウキビ畑に入ったアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020033004488

    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県  13日、サトウキビ畑に入ったアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020021700568

    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、プーアル茶の生産現場で働く工場従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020021700643

    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、スマートフォンで2次元バーコードを読み取ってから工場に入る従業員ら。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020021700517

    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、検温を受ける製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020021700592

    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、プーアル茶の生産状況を確認する工場の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020021700590

    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、プーアル茶の生産現場で働く工場従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020021700356

    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、プーアル茶の成型状況を確認する製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020021700684

    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、検温を受ける製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019041223641

    中国の科学研究者が新種「メンハイトケイソウ」を発見  新種の「メンハイトケイソウ」。(資料写真)中国の科学研究者がこのほど、雲南省勐海(もうかい)でトケイソウ科の新種「メンハイトケイソウ」を発見したと発表した。見つかった6株は近絶滅種で、研究の成果はオンライン上の学術誌「Taiwania」に掲載された。(昆明=新華社配信/中国科学院提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019041700514

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、野生ゾウの身長を測る中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターのスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019041700520

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、野生ゾウの体温を冷ますスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019041700302

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、野生ゾウを鉄のおりに入れるための準備作業をするスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019041700463

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、吹き矢筒で特製の麻酔薬を注入される野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019041700346

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、鉄のおりに入れられて運搬される野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019041700410

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、野生ゾウに気付け薬を注射するスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019041700416

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、捕獲のタイミングを確認するため、近距離で野生ゾウを観察する小型無人機。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019041700487

    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ  5日、野生ゾウの体長を測る中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターのスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像