検索結果 522 件中 1 件 〜 50 件 "やりとり"
  1. 2020060209518

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、製品の販売についてインターネットで取引先とやり取りする生活用品の製造メーカー、福建味家生活用品製造の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052301424

    一度も会わずに内定も 小田原福祉会のウェブ面接  ウェブ面接でやりとりする小田原福祉会の井口健一郎さん(左)と、大学4年の田淵さくらさん=18日 「表層深層」コロナ禍の就活

  3. 2020052602007

    先端技術企業とマッチング、日本とシンガポールからも参加浙江省  21日、浙江省杭州市で行われたオンラインのマッチング商談会。中国浙江省杭州市でこのほど、日本とシンガポールのハイテク・イノベーション企業を招いたマッチング商談会がオンライン形式で行われた。同省からは企業や大学、研究機関の関係者千人余りが参加した。日本とシンガポール企業の代表9人がスクリーンを通じて、製品の技術や特徴をそれぞれ紹介するなど、リアルタイムのやり取りが展開された。数時間にわたる商談会は全ての様子が省全域にライブ配信された。日本のベンチャー企業トリプル・ダブリュー・ジャパンの中西敦士代表取締役は「浙江省のみなさんとオンラインで技術交流ができて非常に光栄」と語った。同社の製品については「世界初となる排泄を予測するウエアラブル機器。出資者のほかにモニターとして製品を試してくれる介護施設も探している。浙江省の将来性のある提携パートナーと共に中国市場を開拓していきたい」と紹介した日本の京都など国内外でベンチャー支援などを手掛ける浙江秀洲科技創業発展の張旭(ちょう・きょく)シニアマネジャーはロボットアームに関心を示し「バックグラウンドで第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを利用して集中制御できるため、大型果樹園での実用化が見込まれる。1~2年以内にはロボットアームが収穫した果物が中国の消費者に届くだろう」と語った。今回紹介された製品の多くは、世界トップレベルの研究機関から注目されている。シンガポールの医療機器メーカー「FathomX」が開発した画像分析を行う人工知能(AI)アシスタントは、プロジェクトの立ち上げ段階にあるものの、シンガポール国立大学からシードラウンドで既に資金を調達している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052602110

    先端技術企業とマッチング、日本とシンガポールからも参加浙江省  21日、浙江省杭州市で行われたオンラインのマッチング商談会。中国浙江省杭州市でこのほど、日本とシンガポールのハイテク・イノベーション企業を招いたマッチング商談会がオンライン形式で行われた。同省からは企業や大学、研究機関の関係者千人余りが参加した。日本とシンガポール企業の代表9人がスクリーンを通じて、製品の技術や特徴をそれぞれ紹介するなど、リアルタイムのやり取りが展開された。数時間にわたる商談会は全ての様子が省全域にライブ配信された。日本のベンチャー企業トリプル・ダブリュー・ジャパンの中西敦士代表取締役は「浙江省のみなさんとオンラインで技術交流ができて非常に光栄」と語った。同社の製品については「世界初となる排泄を予測するウエアラブル機器。出資者のほかにモニターとして製品を試してくれる介護施設も探している。浙江省の将来性のある提携パートナーと共に中国市場を開拓していきたい」と紹介した日本の京都など国内外でベンチャー支援などを手掛ける浙江秀洲科技創業発展の張旭(ちょう・きょく)シニアマネジャーはロボットアームに関心を示し「バックグラウンドで第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを利用して集中制御できるため、大型果樹園での実用化が見込まれる。1~2年以内にはロボットアームが収穫した果物が中国の消費者に届くだろう」と語った。今回紹介された製品の多くは、世界トップレベルの研究機関から注目されている。シンガポールの医療機器メーカー「FathomX」が開発した画像分析を行う人工知能(AI)アシスタントは、プロジェクトの立ち上げ段階にあるものの、シンガポール国立大学からシードラウンドで既に資金を調達している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052602119

    先端技術企業とマッチング、日本とシンガポールからも参加浙江省  21日、浙江省杭州市で行われたオンラインのマッチング商談会。中国浙江省杭州市でこのほど、日本とシンガポールのハイテク・イノベーション企業を招いたマッチング商談会がオンライン形式で行われた。同省からは企業や大学、研究機関の関係者千人余りが参加した。日本とシンガポール企業の代表9人がスクリーンを通じて、製品の技術や特徴をそれぞれ紹介するなど、リアルタイムのやり取りが展開された。数時間にわたる商談会は全ての様子が省全域にライブ配信された。日本のベンチャー企業トリプル・ダブリュー・ジャパンの中西敦士代表取締役は「浙江省のみなさんとオンラインで技術交流ができて非常に光栄」と語った。同社の製品については「世界初となる排泄を予測するウエアラブル機器。出資者のほかにモニターとして製品を試してくれる介護施設も探している。浙江省の将来性のある提携パートナーと共に中国市場を開拓していきたい」と紹介した日本の京都など国内外でベンチャー支援などを手掛ける浙江秀洲科技創業発展の張旭(ちょう・きょく)シニアマネジャーはロボットアームに関心を示し「バックグラウンドで第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを利用して集中制御できるため、大型果樹園での実用化が見込まれる。1~2年以内にはロボットアームが収穫した果物が中国の消費者に届くだろう」と語った。今回紹介された製品の多くは、世界トップレベルの研究機関から注目されている。シンガポールの医療機器メーカー「FathomX」が開発した画像分析を行う人工知能(AI)アシスタントは、プロジェクトの立ち上げ段階にあるものの、シンガポール国立大学からシードラウンドで既に資金を調達している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051101814

    首相、低姿勢で追及回避  緊急事態宣言延長を巡る集中審議の主なやりとり 「表層深層」緊急事態宣言延長で本格論戦

  7. 2020051101812

    首相、低姿勢で追及回避  緊急事態宣言延長を巡る集中審議の主なやりとり 「表層深層」緊急事態宣言延長で本格論戦

  8. 2020051402346

    アリババ国際サイトでグローバルオンライン展示会開幕  11日、海外の企業とライブ配信でやりとりする出展企業の一つ、インテリア用品を扱う広州華師家居設備。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの国際サイトで11日、初のグローバルオンライン展示会が開幕した。24日までの会期中に世界各地から1日当たり20万人の良質な卸売業者の来場、引き合い、買い付けを見込む。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  9. 2020042805047

    布マスク受注「不透明」  衆院予算委員会での布マスクを巡る主なやりとり 「最前線」衆院予算委でコロナ審議

  10. 2020042805045

    布マスク受注「不透明」  衆院予算委員会での布マスクを巡る主なやりとり 「最前線」衆院予算委でコロナ審議

  11. 2020042805042

    布マスク受注「不透明」  衆院予算委員会での布マスクを巡る主なやりとり 「12段用」「最前線」衆院予算委でコロナ審議

  12. 2020042805040

    布マスク受注「不透明」  衆院予算委員会での布マスクを巡る主なやりとり 「12段用」「最前線」衆院予算委でコロナ審議

  13. 2020042707708

    はやる首相、不安解消急ぐ  国会審議の主なやりとり 「大型サイド」補正予算案審議入り

  14. 2020042707701

    はやる首相、不安解消急ぐ  国会審議の主なやりとり 「大型サイド」補正予算案審議入り

  15. 2020041101542

    オンライン、手探りで 名古屋商科大の吉井教授  講義を教員と学生がオンラインでやりとりする遠隔授業を行う、名古屋商科大の吉井哲教授=6日、愛知県日進市

  16. 2020041301140

    レジ前に設置されたビニールカーテン 岡山市北区錦町  新型コロナウイルス感染防止のため、コンビニのレジ前に設置されたビニールカーテン=セブン―イレブン岡山錦町店。天井からつり下げられた透明なビニールカーテン越しに、店員と客がやり取りする。コンビニのセブン―イレブン岡山錦町店(岡山市北区錦町)。会計時に新型コロナウイルスの飛沫感染を防ぐため、新たに導入した対策だ。=2020(令和2)年4月8日、岡山市北区錦町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  17. 2020040600202

    全授業オンラインで新学期 オンライン授業  講義を教員と学生がオンラインでやりとりする遠隔授業を行う、名古屋商科大の吉井哲教授=6日午前、愛知県日進市の同大

  18. 2020040600115

    全授業オンラインで新学期 名古屋商科大の吉井教授  講義を教員と学生がオンラインでやりとりする遠隔授業を行う、名古屋商科大の吉井哲教授=6日午前、愛知県日進市の同大

  19. 2020040902790

    モリックスの指紋認証付きICカード  モリックス(東京都千代田区)は、クラウドサーバーと連動して暗号資産(仮想通貨)を管理できる指紋認証機能付きICカード「モリックス・ウォレット・カード(MWC)」を開発した。独自開発の指紋センサーと認証アルゴリズムをICカードに実装した指紋認証カードで、6月から暗号資産の交換業者や所有者を対象に、代理店を通じて1枚2万円程度で販売する。年間の販売目標は50万枚。MWCは指をICカード上の指紋センサーに置くと、クラウドに登録したデータを通じて本人確認する。カード利用時に登録した指紋情報は、登録後に改ざんできない仕組みを採用。指紋データは暗号化してカード内に記録し、サーバー上では指紋情報をやりとりしない。厚さは約2ミリメートルで薄型バッテリーを内蔵し、USBを使用した充電で2週間程度利用可能。E―ink方式の電子ペーパーを使用したディスプレーに表示した2次元コード「QRコード」を利用し暗号資産を送ったり受け取ったりできる。ディスプレーには資産保有状況などの情報も表示可能。パソコンやスマートフォン、タブレット端末などにアプリケーション(応用ソフト)をダウンロードすることで、暗号資産を送金したり受け取ったりできる。ビットコインやイーサリアムなど7種類の仮想通貨で採用される見込みで、今後、ERC20規格トークンにも対応予定。久保田社長は「なりすましなどを除外して、安全性を高められる」としている。同社はクレジットカードなど金融分野向けの指紋認証センサー付き決済カードとして、バッテリーを搭載しない指紋認証機能付きICカードも開発中。年内に販売開始予定で、自動車分野のスマートキーやエンターテインメント分野の会員証などでも用途を開拓する。ICカードは右上に電子ペーパーディスプレー、左下に指紋センサーを配置している。=2020(令和2)年4月2日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  20. 2020040105261

    野党、首相追及抑え協調  参院決算委員会での首相と野党の主なやりとり 「最前線」参院決算委で新型コロナ審議

  21. 2020040105260

    野党、首相追及抑え協調  参院決算委員会での首相と野党の主なやりとり 「最前線」参院決算委で新型コロナ審議

  22. 2020032900398

    中国の農家、「ライブコマース」での直販に乗り出す  掘り出したばかりのタケノコを持ちながらライブ配信でファンとやり取りする農民ライブ配信者の葉軍生(よう・ぐんせい)さん。中国江西省上饒(じょうじょう)市万年県の山奥にある大源鎮大源村に住む葉さんは、広さ約100ムー(約6・7ヘクタール)の竹林を所有する。(資料写真)中国では、農家はこれまで生産に従事するだけだったが、サプライチェーンの川下に当たる販売にも進出するようになった。各地の政府は電子商取引(EC)の運営ノウハウを教える講座を開き、農家が新たな扉を開く手助けをしている。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020032322878

    火消しへ首相逃げの答弁  森友学園問題を巡る首相と野党の主なやりとり 「最前線」参院予算委で森友問題審議

  24. 2020032322875

    火消しへ首相逃げの答弁  森友学園問題を巡る首相と野党の主なやりとり 「最前線」参院予算委で森友問題審議

  25. 2020040302607

    5G技術を応用した武漢大学の花見動画、累計7億5千万回再生  3月23日、武漢大学で満開となった桜。今年は構内を閉鎖したため花見客はいない。中国湖北省武漢市にある武漢大学は桜が有名で、概算統計では花見のピーク時には外部から花見に来る人数を制限しなければ、1日に花見に訪れる人は延べ10万人を超える。新型コロナウイルスの影響で、今年、同大学は厳しい閉鎖管理を行い、構内の一般開放をしていない。桜を楽しみたいという人々の要望に応えるため、武漢大学は多くの媒体とやりとりし、共同でインターネットを通じた「オンライン花見」サービスを行った。(武漢=新華社記者/李偉)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020040302603

    5G技術を応用した武漢大学の花見動画、累計7億5千万回再生  3月23日、武漢大学構内を走る5Gの通信機能を備えた無人ライブ中継車。中国湖北省武漢市にある武漢大学は桜が有名で、概算統計では花見のピーク時には外部から花見に来る人数を制限しなければ、1日に花見に訪れる人は延べ10万人を超える。新型コロナウイルスの影響で、今年、同大学は厳しい閉鎖管理を行い、構内の一般開放をしていない。桜を楽しみたいという人々の要望に応えるため、武漢大学は多くの媒体とやりとりし、共同でインターネットを通じた「オンライン花見」サービスを行った。(武漢=新華社記者/李偉)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020040302612

    5G技術を応用した武漢大学の花見動画、累計7億5千万回再生  3月23日、武漢大学で満開となった桜。今年は構内を閉鎖したため花見客はいない。中国湖北省武漢市にある武漢大学は桜が有名で、概算統計では花見のピーク時には外部から花見に来る人数を制限しなければ、1日に花見に訪れる人は延べ10万人を超える。新型コロナウイルスの影響で、今年、同大学は厳しい閉鎖管理を行い、構内の一般開放をしていない。桜を楽しみたいという人々の要望に応えるため、武漢大学は多くの媒体とやりとりし、共同でインターネットを通じた「オンライン花見」サービスを行った。(武漢=新華社記者/李偉)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020040302522

    5G技術を応用した武漢大学の花見動画、累計7億5千万回再生  3月23日、武漢大学で満開となった桜。今年は構内を閉鎖したため花見客はいない。中国湖北省にある武漢大学は桜が有名で、概算統計では花見のピーク時には外部から花見に来る人数を制限しなければ、1日に花見に訪れる人は延べ10万人を超える。新型コロナウイルスの影響で、今年、同大学は厳しい閉鎖管理を行い、構内の一般開放をしていない。桜を楽しみたいという人々の要望に応えるため、武漢大学は多くの媒体とやりとりし、共同でインターネットを通じた「オンライン花見」サービスを行った。(武漢=新華社記者/李偉)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020031004426

    「オンライン授業」で学習を続行内モンゴル自治区フフホト市  5日、「オンライン授業」で生徒とやり取りをする、フフホト市第十六中学高等部3年(高3)の物理担当教師。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策のため、中国内モンゴル自治区フフホト市回民区では同区教育局が主導し、インターネットを利用した「オンライン授業」が行われている。生徒らはライブ配信や録画配信などの形式で、自宅で授業に出席し学習を続けている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020030205856

    高浜町18人、元助役と金品 調査委の報告書の一部  福井県高浜町の調査委が公表した報告書の写し。職員ら18人と元助役森山栄治氏との中元などのやりとりに関する記載がある

  31. 2020030203953

    職員ら18人金品やりとり 記者会見する高辻委員長ら  報告書を公表し、記者会見する調査委の高辻俊一委員長(左)ら=2日午後、福井県高浜町役場

  32. 2020030203952

    職員ら18人金品やりとり 記者会見する野瀬町長  調査委の報告書公表を受け、記者会見する福井県高浜町の野瀬豊町長=2日午後、高浜町役場

  33. 2020030203951

    職員ら18人金品やりとり 記者会見する高辻委員長  報告書を公表し、記者会見する調査委の高辻俊一委員長=2日午後、福井県高浜町役場

  34. 2020030203912

    職員ら18人金品やりとり 高辻委員長と野瀬町長  福井県高浜町の野瀬豊町長(右)に報告書を手渡す調査委の高辻俊一委員長=2日午後、高浜町役場

  35. 2020022604596

    政治責任の欠如課題に  集中審議での主なやりとり 「大型サイド」新型肺炎で衆院集中審議

  36. 2020022604594

    政治責任の欠如課題に  集中審議での主なやりとり 「大型サイド」新型肺炎で衆院集中審議

  37. 2020021703332

    首相、傲慢批判に渋々謝罪  衆院予算委員会での安倍首相と野党の主なやりとり 「大型サイド」

  38. 2020021703329

    首相、傲慢批判に渋々謝罪  衆院予算委員会での安倍首相と野党の主なやりとり 「大型サイド」

  39. 2020021201279

    桜、閣僚資質で野党攻勢  衆院予算委員会での野党と政府側の主なやりとり 「大型サイド」衆院予算委集中審議

  40. 2020021201278

    桜、閣僚資質で野党攻勢  衆院予算委員会での野党と政府側の主なやりとり 「大型サイド」衆院予算委集中審議

  41. 2020021405268

    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け  8日、飼い主とボランティアのチャット上でのやりとり。ボランティアが救助した犬の世話の状況を飼い主に伝えた。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020021405258

    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け  8日、飼い主とボランティアのチャット上でのやりとり。ボランティアが救助した犬の状況を動画で飼い主に伝えた。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020021001218

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通じて医療従事者とやりとりする立ち会い診察の専門家。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020021405141

    インターネット病院が診療現場を支援江蘇省南京市  7日、江蘇省人民医院インターネット医院の事務室で、患者とオンラインでやりとりする心血管外科医。中国江蘇省南京市の江蘇省人民医院インターネット医院はこのほど、従来のオンライン問診に加え、新型コロナウイルスによる肺炎向けの問診サービスを開設した。同サービスは対象を呼吸器疾患や重症医学、感染症、臨床心理など20余りの診療科に拡大し、初診の患者に無料でオンラインによる問診を実施している。これまでにハイリスクの疑いのある患者1人がオンライン問診で見つかっており、その濃厚接触者の中に確定診断された感染者がいたため、地元社区(コミュニティー)と連携を取り、速やかに適切な隔離と治療を受けるよう案内した。同院は1月30日以降、千件を超えるオンライン問診を行い、診療現場を力強く支援している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020021001136

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通して担当の医療従事者とやりとりする患者。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020021405167

    インターネット病院が診療現場を支援江蘇省南京市  7日、江蘇省人民医院インターネット医院の事務室で、患者とオンラインでやりとりする心血管外科医。中国江蘇省南京市の江蘇省人民医院インターネット医院はこのほど、従来のオンライン問診に加え、新型コロナウイルスによる肺炎向けの問診サービスを開設した。同サービスは対象を呼吸器疾患や重症医学、感染症、臨床心理など20余りの診療科に拡大し、初診の患者に無料でオンラインによる問診を実施している。これまでにハイリスクの疑いのある患者1人がオンライン問診で見つかっており、その濃厚接触者の中に確定診断された感染者がいたため、地元社区(コミュニティー)と連携を取り、速やかに適切な隔離と治療を受けるよう案内した。同院は1月30日以降、千件を超えるオンライン問診を行い、診療現場を力強く支援している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020012722385

    IR、桜で野党波状攻撃  安倍首相と野党の主なやりとり 「大型サイド」衆院予算委員会

  48. 2020012722387

    IR、桜で野党波状攻撃  安倍首相と野党の主なやりとり 「大型サイド」衆院予算委員会

  49. 2020012225770

    野党「疑惑まみれ」と糾弾  安倍首相と与野党幹部の主なやりとり 「表層深層」

  50. 2020012225768

    野党「疑惑まみれ」と糾弾  安倍首相と与野党幹部の主なやりとり 「表層深層」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像