検索結果 61 件中 1 件 〜 50 件 "ゅうぶん"
  1. 2020061503690

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産百メートル絵巻」の一部、西安秦始皇帝陵と兵馬俑坑を紹介する周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061503730

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、女性の従業員に紙織画の織り方を教える周文虎さん(左端)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061503592

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、織り機に張られた料紙の縦糸をチェックする周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503552

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、永春紙織画の制作に取り組む周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061503647

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、紙織画作品の絵画部分を描く周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061503323

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、女性の従業員に紙織画の織り方を教える周文虎さん(中央)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061503692

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、永春紙織画の作品「高山流水」を見せる周文虎さん(左から2人目)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061503662

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産の百メートル絵巻」を紹介する周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061503696

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、永春紙織画の作品「松鶴延年」を見せる周文虎さん(中央)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061503427

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産百メートル絵巻」の一部、西安秦始皇帝陵と兵馬俑坑。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061503571

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、永春紙織画の作品。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020061503718

    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県  4日、永春紙織画の作品「山高水長」。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052601942

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052601926

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場で文化層の区分を説明する山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052601813

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)で見つかった唐代の馬蹄形墓室。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052601823

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、小清河北岸にある胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052601825

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)から出土した副葬品の一部。唐代後期の磁器鉢(左から2番目)との戦国時代の矢尻(手前)以外はいずれも竜山文化期の器物。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052601946

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文涛(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020042301903

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、リアルタイムで動画を配信しながらアヒルの塩漬け卵を販売する劉文芳さん。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042301919

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、高郵市通郵EC産業パーク内の倉庫で、スタッフと一緒に発送する農産物を梱包する劉文芳さん(中央)。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042301924

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、入居企業にリアルタイムで研修動画を配信する同パークの責任者、卞盛潔(べん・せいけつ)さん。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042301911

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、リアルタイムで動画を配信しながらアヒルの塩漬け卵を販売する劉文芳さん。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020042301879

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、リアルタイムで動画を配信しながらアヒルの塩漬け卵を販売する劉文芳さん。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020042301923

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、入居企業にリアルタイムで研修動画を配信する同パークの責任者、卞盛潔(べん・せいけつ)さん。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020042301925

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、高郵市通郵EC産業パーク内の倉庫で、スタッフと一緒に発送する農産物を梱包する劉文芳さん(中央)。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042301927

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、スマホ画面に表示されたライブ動画のアカウントを見せる劉文芳さん。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020042301928

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、高郵市通郵EC産業パークのサービスセンターで、スタッフと地元特産物の販売計画について話し合う同パーク責任者、卞盛潔(べん・せいけつ)さん(中央奥)。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042301894

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、リアルタイムで動画を配信しながらアヒルの塩漬け卵を販売する劉文芳さん。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042301908

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、江蘇省の高郵市通郵EC産業パークで、アヒルの塩漬け卵の販売用動画を撮影する劉文芳さんとスタッフ。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042301918

    地元の農産物のオンライン販売が好調江蘇省高郵市  15日、高郵市通郵EC産業パーク内の倉庫で、発送する地元の特産物を梱包するスタッフ。中国江蘇省高郵市に住む劉文芳(りゅう・ぶんほう)さん(45)は、2013年に地元企業「揚州小白兎網絡科技」を設立し、地元の特色ある農産物のオンライン販売を始めた。数年前に同市の通郵EC(電子商取引)産業パークに入居。専門家の支援を受けながらオンライン販売の経験を積み、市場を広げて収入を増やした。昨年の売り上げは1300万元(1元=約15円)に上る。通郵EC産業パーク内には現在、126社が入居しており、市内450余りの企業にインターネットによるワンストップサービスを提供し、創業から4年間の累計売上高は30億元を超えたという。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019111902703

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  13日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮のにある「悠然居」という名の民宿。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019111902766

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  13日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮の風景。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019111902682

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  13日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮にある民宿「悠然居」の内部。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019111902699

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  13日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮の風景。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019111902724

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  13日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮では、今も渡し船が人々の重要な交通機関。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019111902729

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  13日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮にある観光サービスセンターのチケット売り場で仕事をするスタッフ。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019111902720

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  12日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮の夜景。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019111902771

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  12日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮の風景。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019111902772

    文化と観光の融合で走り始めた美しい村湖南省辺城  12日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣県辺城鎮の夜景。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州の花垣(かえん)県辺城鎮(旧称:茶洞鎮)は、湖南省、貴州省、重慶市の3省・直轄市の境界に位置する。風光明媚で山と水が寄り添う同鎮は、同自治州出身の作家、沈従文(しん・じゅうぶん)の代表作「辺城」にちなんで改称した。同鎮はここ数年、豊かな観光資源を大いに活用、「蚩尤(しゆう、中国古代の伝説に登場する九黎の首長)のふるさと、世界の辺城」の観光ブランドを打ち出し、文化と観光の融合に力を入れ、知名度と世評を高めるよう進めている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019081406938

    香港各界人士、「暴力と混乱から抜け出さなければならない」と呼びかけ  7日、取材を受ける香港の嶺南大学中国経済研究部の周文港(しゅう・ぶんこう)副総監。中国国務院香港マカオ事務弁公室と中央人民政府駐香港特別行政区連絡弁公室(中連弁)は7日、広東省深圳市で香港情勢に関する座談会を開いた。出席した香港各界の人々は取材に対し、座談会では両機関の責任者が当面の香港情勢を安定させるための中央政府の重要精神を通達し、その精神の実行について希望を表明したと説明。また香港各界が団結して香港を守り、混乱を安定に向かわせるための方向性を指し示し、各界の自信を深めたと述べ、香港社会が手を携えて力を結集し、大きな声を上げ、一刻も早く香港を暴力と混乱から抜け出させなければならないとの見方を示した。(深圳=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019072600117

    東京五輪1年前セレモニー開催  24日、中国オリンピック委員会(COC)の苟仲文(こう・ちゅうぶん)会長(右)に東京五輪への招待状を手渡す国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長。東京五輪の開幕まで1年となった24日、東京で「東京2020オリンピック1年前セレモニー」が行われた。同五輪は来年7月24日~8月9日の日程で開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019052903828

    海峡両岸が協力、媽祖文化観光生活圏建設へ福建省湄州島  26日、文化観光提携協定に署名する莆田市湄州島観光協会の林細妹(りん・さいまい)会長(中央)と台湾台中市大肚永和宮の劉文芳(りゅう・ぶんほう)代表(右端)。媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化発祥の地である中国福建省莆田(ほでん)市の湄州島は26日、台湾中華媽祖懇親会の張偉東(ちょう・いとう)会長が率いる高雄市、嘉義(かぎ)県、新北(しんほく)市などの媽祖廟(媽祖を祭る道教寺院)の代表100人近くを迎えた。湄州島管理委員会、湄州媽祖祖廟の代表と台湾の来賓は「両岸(中国の大陸と台湾)同願林」の共同植樹を行い、協力協定を締結した。今後、媽祖文化観光生活圏を共同で建設していく。(莆田=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019032700513

    誠実な弟、亡き兄の借金45万元を返済河北省  20日、義理姉の劉文芳(りゅう・ぶんほう)さんと言葉を交わす程運景さん(右)。程運景(てい・うんけい)さんと兄の程運其(てい・うんき)さんは中国河北省隆堯(りゅうぎょう)県隆堯鎮義豊村の村民で、兄の運其さんは村で小さな製粉工場を経営しており、弟の運景さんはその工場を時々手伝っていた。運其さんは2017年5月、突然、心臓病の発作に見舞われ、そのまま帰らぬ人となった。彼は製粉工場を経営するため、工場設立、設備購入、小麦の買い付け等、同級生や友人たちから45万元(1元=約17円)を借りていたのだ。弟の運景さんは、亡き兄の借金を少しずつ貸主に返済することを承諾した。2年間にわたる苦労を経て、運景さんは兄が遺した借金45万元の「穴埋め」を終えることができた。運景さんは今では、隆堯鎮の「道徳的善人」と評され、村民から称賛を受けている。(石家荘=新華社配信/河北省隆堯県委宣伝部提供)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:河北省隆堯県委宣伝部/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019032602666

    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の敷地内に建つ「延慶園」の様子。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019032602733

    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019031101353

    第13期全人代第2回会議第2次全体会議の「部長通路」取材  8日、「部長通路」で取材を受ける国家体育総局の苟仲文(こう・ちゅうぶん)局長。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議は8日、北京の人民大会堂で第2次全体会議を開催した。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019020411711

    音楽家譚盾氏、ブリュッセルで広州交響楽団を指揮  1月29日、ブリュッセルで行われたニューイヤーコンサートで指揮する譚盾氏(手前右)とチャルメラ奏者の劉雯雯(りゅう・ぶんぶん)氏(手前左)。著名音楽家の譚盾(タン・ドゥン)氏はこのほど、ベルギーのブリュッセルにある芸術センター、フラジェで広州交響楽団の指揮を執り、交響楽、京劇、チャルメラやデジタル音までも融合した華々しい音楽のうたげを催し、聴衆を新しい音楽の世界にいざなった。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018121109987

    中国オリンピック委員会·駐ローザンヌ連絡事務局、正式に運営開始  7日、式典であいさつするIOCのバッハ会長。中国オリンピック委員会(COC)の駐スイス・ローザンヌ連絡事務局が7日、正式に運営を開始した。国家体育総局局長で中国オリンピック委員会会長の苟仲文(こう・ちゅうぶん)氏、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長、于再清(う・さいせい)副会長らが連絡事務局設立のテープカットを行った。同事務局の設立は、COCが国際的なスポーツ組織との連携を強化し、中国スポーツの海外進出を進めるための重要な措置となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018121109719

    中国オリンピック委員会·駐ローザンヌ連絡事務局、正式に運営開始  7日、式典であいさつする国家体育総局局長で中国オリンピック委員会会長の苟仲文氏。中国オリンピック委員会(COC)の駐スイス・ローザンヌ連絡事務局が7日、正式に運営を開始した。国家体育総局局長で中国オリンピック委員会会長の苟仲文(こう・ちゅうぶん)氏、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長、于再清(う・さいせい)副会長らが連絡事務局設立のテープカットを行った。同事務局の設立は、COCが国際的なスポーツ組織との連携を強化し、中国スポーツの海外進出を進めるための重要な措置となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018121110071

    中国オリンピック委員会·駐ローザンヌ連絡事務局、正式に運営開始  7日、連絡事務局設立のテープカットを行う国家体育総局局長で中国オリンピック委員会会長の苟仲文氏(左から2人目)、IOCのバッハ会長(右から2人目)、于再清副会長(左端)とIOC委員で中国オリンピック委員会副会長の李玲蔚(り・れいい)氏。中国オリンピック委員会(COC)の駐スイス・ローザンヌ連絡事務局が7日、正式に運営を開始した。国家体育総局局長で中国オリンピック委員会会長の苟仲文(こう・ちゅうぶん)氏、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長、于再清(う・さいせい)副会長らが連絡事務局設立のテープカットを行った。同事務局の設立は、COCが国際的なスポーツ組織との連携を強化し、中国スポーツの海外進出を進めるための重要な措置となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像