検索結果 151 件中 1 件 〜 50 件 "りゅうしょう"
  1. 2020070111188

    「千年古城」の文化と伝統をつなぐ民間博物館湖南省  23日、湖南省洪江市の黔陽古城にある根彫博物館で、収蔵品「鳳舞竜翔(ほうぶりゅうしょう)」について説明する同館の設立者、陳志明(ちん・しめい)さん。千年の歴史を持つ中国湖南省洪江市の黔陽(けんよう)古城は、「湘西(湖南省西部)第一古鎮」と称され、「五門「五門、十街、十二巷」と呼ばれる古い街並みが今も残されている。同地の最大の魅力は、昔から腕の良い職人が大勢暮らしていたことで、彼らは何十年にもわたって剪紙(切り絵)やシュロの葉細工、木彫りのなどの伝統工芸品を伝えるとともに、自ら民間博物館20余カ所を設立し、伝統文化の継承に努めている。(洪江=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052300920

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代の鶏をかたどった玉の装身具。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052300814

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「釉上彩観音造像(ゆうじょうさいかんのんぞうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052300863

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052300876

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「刻花玻璃瓶(こっかはりへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052300837

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「黄釉鶏冠壺(こうゆうけいかんこ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052300850

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「白釉菊弁文圈足碟(はくゆうきくべんもんけんそくせつ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052300871

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052300827

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「釈迦説法鍍金銅像(しゃかせっぽうときんどうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052300828

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代に竜泉窯で焼かれた「粉青釉盤口長頸磁瓶(ふんせいゆうばんこうちょうけいじへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052300815

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「白釉赭彩四系罐(はくゆうしゃさいしけいかん)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052300821

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、「合扎謀克之印」の文字が刻まれた金代の銅印。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020032425919

    若者3人、歴史文献から唐代の遺跡を発見四川省徳陽市  19日、亀勝山道場遺跡の地面に散乱する陶磁器片。中国四川省の徳陽市文物考古研究所は20日、同市の文化財保存ボランティア3人が、歴史文献の記載に基づき、市内で唐代の亀勝山道場遺跡を発見したと明らかにした。同研究所の劉章沢(りゅう・しょうたく)所長は今回の遺跡について、文献には唐代の名将高崇文(こう・すうぶん)が反乱を起こした西川節度副使の劉闢(りゅう・へき)を討伐後、戦死者を弔うため亀勝山道場(仏教や道教の祭祀を行う施設)を設けたとの記載があると紹介。遺物の類型や時代、位置から今回の調査地点がその道場の跡だと確認できたとの見方を示した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020032425896

    若者3人、歴史文献から唐代の遺跡を発見四川省徳陽市  19日、亀勝山道場遺跡で採集した陶磁器片の標本。中国四川省の徳陽市文物考古研究所は20日、同市の文化財保存ボランティア3人が、歴史文献の記載に基づき、市内で唐代の亀勝山道場遺跡を発見したと明らかにした。同研究所の劉章沢(りゅう・しょうたく)所長は今回の遺跡について、文献には唐代の名将高崇文(こう・すうぶん)が反乱を起こした西川節度副使の劉闢(りゅう・へき)を討伐後、戦死者を弔うため亀勝山道場(仏教や道教の祭祀を行う施設)を設けたとの記載があると紹介。遺物の類型や時代、位置から今回の調査地点がその道場の跡だと確認できたとの見方を示した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020032425915

    若者3人、歴史文献から唐代の遺跡を発見四川省徳陽市  19日、亀勝山道場遺跡から出土した磁器香炉。中国四川省の徳陽市文物考古研究所は20日、同市の文化財保存ボランティア3人が、歴史文献の記載に基づき、市内で唐代の亀勝山道場遺跡を発見したと明らかにした。同研究所の劉章沢(りゅう・しょうたく)所長は今回の遺跡について、文献には唐代の名将高崇文(こう・すうぶん)が反乱を起こした西川節度副使の劉闢(りゅう・へき)を討伐後、戦死者を弔うため亀勝山道場(仏教や道教の祭祀を行う施設)を設けたとの記載があると紹介。遺物の類型や時代、位置から今回の調査地点がその道場の跡だと確認できたとの見方を示した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020012320678

    収入増目指し、貧困世帯に子豚配給湖南省寧郷市  8日、湖南省寧郷市老糧倉鎮双藕村で、受け取った寧郷花豚を自宅の豚舎に入れる隆小良(りゅう・しょうりょう)さん。中国湖南省寧郷市老糧倉鎮で8日、地元政府の貧困支援部門が養豚企業を組織し、飼育の意欲と能力のある貧困世帯に子豚を無償配給した。豚の飼育を通じ、貧困世帯の収入増を目指す。配給は3月末まで行われる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020012320870

    収入増目指し、貧困世帯に子豚配給湖南省寧郷市  8日、湖南省寧郷市老糧倉鎮双藕村で、受け取った寧郷花豚を豚舎に運ぶ村民の隆小良(りゅう・しょうりょう)さん(左)。中国湖南省寧郷市老糧倉鎮で8日、地元政府の貧困支援部門が養豚企業を組織し、飼育の意欲と能力のある貧困世帯に子豚を無償配給した。豚の飼育を通じ、貧困世帯の収入増を目指す。配給は3月末まで行われる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019122401302

    2人の諸侯王の生活を垣間見る南京博物院で漢代王墓の特別展  左:大雲山漢墓から出土した「銅分格鼎(どうぶんかくてい)」。仕切りで五つに分かれていることから「漢代の火鍋」と呼ばれる。中央:大雲山漢墓から出土した青銅製釜と甑(こしき、蒸し器)。「漢代の蒸し器」と呼ばれる。右:満城漢墓から出土した「三熊足銅鼎(さんゆうそくどうてい)」。ふたが施錠でき、一定の密閉効果があることから「漢代の圧力鍋」と呼ばれる。中国前漢時代の2人の諸侯王、中山靖王劉勝(りゅう。しょう)と江都易王劉非(りゅう・ひ)の墓から出土した文化財を展示する特別展「兄弟王-満城漢墓と大雲山漢墓」が20日、江蘇省の南京博物院で開幕した。河北博物院が所蔵する河北省満城漢墓出土の「長信宮灯(ちょうしんきゅうとう)」「朱雀銜環杯(すざくがんかんはい)」など100点近くの文化財と、南京博物院が所蔵する江蘇省大雲山漢墓出土の青銅編鐘(へんしょう)や琉璃編磬(るりへんけい)などが、来場者を輝かしい漢代の文化へといざなった。(南京=新華社記者/邱氷清)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019122401295

    2人の諸侯王の生活を垣間見る南京博物院で漢代王墓の特別展  20日、特別展で展示された「長信宮灯」。貴重な造形芸術品で、宮女の姿は優美で眉と目は細長く、顔はふっくらとしている。頭巾と「曲裾深衣」と呼ばれる衣装をまとい、ひざを揃えはだしで座る造形は、端正で厳粛な漢代の儀礼を今に伝える。中国前漢時代の2人の諸侯王、中山靖王劉勝(りゅう。しょう)と江都易王劉非(りゅう・ひ)の墓から出土した文化財を展示する特別展「兄弟王-満城漢墓と大雲山漢墓」が20日、江蘇省の南京博物院で開幕した。河北博物院が所蔵する河北省満城漢墓出土の「長信宮灯(ちょうしんきゅうとう)」「朱雀銜環杯(すざくがんかんはい)」など100点近くの文化財と、南京博物院が所蔵する江蘇省大雲山漢墓出土の青銅編鐘(へんしょう)や琉璃編磬(るりへんけい)などが、来場者を輝かしい漢代の文化へといざなった。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019102801008

    中日の専門家、ハイテクイノベーションとデジタル経済の未来に向けた両国協力を探る  26日、分科会で発言するアリババ・グループの劉松(りゅう・しょう)副総裁(右)。第15回北京-東京フォーラムが26、27両日、北京市で開催された。26日午後に開かれた特別分科会には中日両国の科学技術分野の専門家や企業代表ら十数人が参加し、ハイテクイノベーションやデジタル経済分野における両国の発展の現状について討論するとともに、グローバルレベルでの両国の協力と新たなチャンスについて話し合った。(北京=新華社記者/陳雨寧)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019110500737

    中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  実験室で学生を指導する劉小鶴教授(右端)。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019110500739

    中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  中南大学で研究者と交流、協力を行う日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志氏。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019110500809

    中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  中南大学図書館前で記念撮影する研究チームの一部メンバー。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019110500720

    中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  酸化ニッケル(NiO)/窒化炭素(CN)材料のミクロ構造と電極触媒性能を対比した分析図。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019110500745

    中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  記念撮影する中南大学材料科学・工程学院の劉小鶴教授率いる原子力顕微鏡実験室チーム。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019061001385

    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市  8日、遼寧省無形文化遺産の景泰藍珀晶画を描く伝承者の劉晶(りゅう・しょう)さん。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019061001347

    中国武術や保養が人気の「ロシア村」安徽省天柱山  3日、中国武術を練習する天柱山武術院の劉少斌(りゅう・しょうひん)院長。中国安徽省潜山(せんざん)市にある天柱山は、中国の国家5A級(最高ランク)観光地で、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)にも認定されている。天柱山には「ロシア村」があり、毎年多くのロシア人観光客が、中国武術のレッスンや保養に訪れる。天柱山管理委員会の統計によると、昨年、天柱山を訪れた海外からの観光客は延べ10万5千人で、ロシア人観光客は約2万人だった。(安慶=新華社記者/劉方強)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019060200826

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  22日、清代の1736年に建てられた「禹王宮山門坊」。市内に現存する牌坊の中で最も美しいとされる。神話や戯曲伝説などが彫刻されている。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019060200863

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  22日、清代の1856年に陳先典(ちん・せんてん)と朱佐耀(しゅ・さよう)、劉騰竜(りゅう・とうりゅう)、華遠容(か・えんよう)、宴紹景(えん・しょうけい)5人の親孝行を称えるため建てられた「孝子総坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019060301578

    陶器に隠された白酒の香りの秘密四川省隆昌市  5月22日に撮影した陶製かめ作りに使われる粘土。中国四川省隆昌市(りゅうしょうし、内江市の管轄下にある県級市)は「陶器の里」として知られ、450年以上の陶器作りの歴史を持つ。同市の「大型陶製かめの伝統的制作技法」は、天然の粘土だけを使い、手作業のみで大型の陶製かめを作る技術を指す。最大2トンの白酒用のかめが作れることから「噸缸」(とんこう、容量1トン以上のかめ)とも呼ばれる。古い文献によると、中国では今から6~700年前の元代に、穀物を使った蒸留酒「白酒」の製造が始まったとされる。白酒の香りが熟成を経るごとに高くなる理由が、独特な醸造技術だけでなく、これまで注目されてこなかった陶器にもあることが分かった。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019060301693

    陶器に隠された白酒の香りの秘密四川省隆昌市  5月22日に撮影した大小さまざまな展示用の陶製かめ。中国四川省隆昌市(りゅうしょうし、内江市の管轄下にある県級市)は「陶器の里」として知られ、450年以上の陶器作りの歴史を持つ。同市の「大型陶製かめの伝統的制作技法」は、天然の粘土だけを使い、手作業のみで大型の陶製かめを作る技術を指す。最大2トンの白酒用のかめが作れることから「噸缸」(とんこう、容量1トン以上のかめ)とも呼ばれる。古い文献によると、中国では今から6~700年前の元代に、穀物を使った蒸留酒「白酒」の製造が始まったとされる。白酒の香りが熟成を経るごとに高くなる理由が、独特な醸造技術だけでなく、これまで注目されてこなかった陶器にもあることが分かった。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019060200894

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  22日、清代の1736年に建てられた「禹王宮山門坊」。市内に現存する牌坊の中で最も美しいとされる。神話や戯曲伝説などが彫刻されている。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019060200844

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  22日、清代の1845年に当時の隆昌県令(県の長官)牛樹梅(ぎゅう・じゅばい)の徳を称えるため現在の隆昌市北関観光区に建てられた「牛樹梅徳政坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019060200860

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  22日、清代の1846年に当時の官吏、劉光第(りゅう・こうてい)の徳を称えるため建てられた「劉光第徳政坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019060200830

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  22日、清代の1856年に当時の隆昌県令(県の長官)粛慶(しゅく・けい)の徳を称えるため建てられた「粛慶徳政坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019060301695

    陶器に隠された白酒の香りの秘密四川省隆昌市  5月22日、素地を打ち、陶製かめの成形をするベテラン職人。中国四川省隆昌市(りゅうしょうし、内江市の管轄下にある県級市)は「陶器の里」として知られ、450年以上の陶器作りの歴史を持つ。同市の「大型陶製かめの伝統的制作技法」は、天然の粘土だけを使い、手作業のみで大型の陶製かめを作る技術を指す。最大2トンの白酒用のかめが作れることから「噸缸」(とんこう、容量1トン以上のかめ)とも呼ばれる。古い文献によると、中国では今から6~700年前の元代に、穀物を使った蒸留酒「白酒」の製造が始まったとされる。白酒の香りが熟成を経るごとに高くなる理由が、独特な醸造技術だけでなく、これまで注目されてこなかった陶器にもあることが分かった。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019060301443

    陶器に隠された白酒の香りの秘密四川省隆昌市  5月22日、完成した大型陶製かめの品質検査をする職人。中国四川省隆昌市(りゅうしょうし、内江市の管轄下にある県級市)は「陶器の里」として知られ、450年以上の陶器作りの歴史を持つ。同市の「大型陶製かめの伝統的制作技法」は、天然の粘土だけを使い、手作業のみで大型の陶製かめを作る技術を指す。最大2トンの白酒用のかめが作れることから「噸缸」(とんこう、容量1トン以上のかめ)とも呼ばれる。古い文献によると、中国では今から6~700年前の元代に、穀物を使った蒸留酒「白酒」の製造が始まったとされる。白酒の香りが熟成を経るごとに高くなる理由が、独特な醸造技術だけでなく、これまで注目されてこなかった陶器にもあることが分かった。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019060200885

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、当時の隆昌県令(県の長官)国璋(こく・しょう)と隣県の富順県官吏の延少山(えん・しょうさん)の徳を称えるため建てられた「政通人和」(右)と「除暴安良」石牌。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019060200886

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1845年に当時の隆昌県令(県の長官)牛樹梅(ぎゅう・じゅばい)の徳を称えるため建てられた「憩棠留蔭」石碑。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019060200873

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1878年に孝行者や貞女など164人を記念するために建てられた「節孝総坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019060200852

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1887年に郭玉巒(かく・ぎょくらん)という人の徳を称えるため建てられた「郭玉巒功徳坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019060200842

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1871年に当時の県令(県知事)愛新覚羅・国歓(あいしんかくら・こくかん)の徳を称えるため建てられた「徳政坊」(南側)。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいろう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019060200893

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1802年に舒承湜(しょ・しょうしょく)という人の100歳の長寿を記念して建てられた「舒承湜百歳坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019060200872

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、四川省隆昌市南関石牌坊古鎮の入り口。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019060200808

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1855年に貞節を守った188人の女性を称え建てられた「節孝総坊」。全国の石牌坊の中でも一度に称えた人数が最も多い。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019060200817

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1871年に当時の隆昌県令(県の長官)愛新覚羅・国歓(あいしんかくら・こくかん)の徳を称えるため建てられた「徳政坊」(北側)人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019060200848

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1871年に当時の県令(県知事)愛新覚羅・国歓(あいしんかくら・こくかん)の徳を称えるため建てられた「徳政坊」(北側)人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019060200819

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1855年に当時の県令(県の長官)李吉寿(り・きつじゅう)の徳を称えるため建てられた「李吉寿徳政坊」。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019060200888

    隆昌石牌坊、千年の歴史をもつ古道の「立体史書」四川省  21日、清代の1871年に当時の隆昌県令(県の長官)愛新覚羅・国歓(あいしんかくら・こくかん)の徳を称えるため建てられた「徳政坊」(南側)。人々から「立体史書」と称される中国四川省隆昌(りゅうしょう)市の「石牌坊(はいぼう)群」は、千年の歴史をもつ巴蜀古道に立ち、数百年にわたり独特の魅力を放ち続けている。(隆昌=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019042503178

    山口隆祥 (やまぐち・たかよし)  ジャパンライフ元会長、2019年4月25日、東京都文京区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像