検索結果 456 件中 1 件 〜 50 件 "りゅうせい"
  1. 2020080507813

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ祖師殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080507713

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ天王殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080507743

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ地蔵殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080507767

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ山門殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080507711

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ倓虚法師紀念堂。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080507789

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ鼓楼。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080507841

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ釈迦宝殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080507741

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の入り口。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080507720

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ鐘楼。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080507783

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ念仏堂。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080507815

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ大雄宝殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080507812

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の一角。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080605408

    Comet Neowise July 21, 2020, Alberta, Canada: Comet NEOWISE (C/2020 F3) reflected in the still waters this night of Crawling Lake in southern Alberta. A dim aurora at right colours the sky magenta. Lingering twilight colours the sky blue. A meteor or more likely a flaring satellite appears at right and is also reflected in the water. Even in this short exposure, the two tails — dust and ion — are visible. This was July 20, 2020...The main image content is a single untracked exposure of 25 seconds at f/2.8 and ISO 3200 with the 35mm Canon lens and Canon 6D MkII. The distant clouds, horizon, and water in the distance and in the immediate foreground without stars is from an average stack of 7 exposures, all at the above settings, to smooth noise...I shot this from Crawling Lake in southern Alberta on a near perfect night, though distant clouds are lit by yellow light pollution. (Credit Image: © Alan Dyer/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Alan Dyer/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  14. 2020072904988

    NEOWISE COMET Comet Neowise Visible over Shenandoah National Park The Comet Neowise is visible in the sky as a meteor streaks by in this six second exposure over Shenandoah National Park near Front Royal, Virginia on Sunday, July 19, 2020. The three-mile-wide Neowise is closest to Earth on Wednesday, July 22, 2020 when it is 64 million miles away, closer than the Sun. It‘s next visit will be in 6,500 years. Photo by Pat Benic/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  15. 2020072905009

    NEOWISE COMET Comet Neowise Visible over Shenandoah National Park The Comet Neowise is visible in the sky over Shenandoah National Park near Front Royal, Virginia on Sunday, July 19, 2020. The three-mile-wide Neowise is closest to Earth on Wednesday, July 22, 2020 when it is 64 million miles away, closer than the Sun. It‘s next visit will be in 6,500 years. At bottom is a a meteor streak on this six-second exposure. Photo by Pat Benic/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  16. 2020072802142

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の流星錘(りゅうせいすい、中国の武器の一つ)。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070206952

    Stormy Weather Over Munich, Germany July 1, 2020, Munich, Bavaria, Germany: Dark, ominous storm clouds hover over Munich bringing thunder, lighting, and rain behind. (Credit Image: © Sachelle Babbar/ZUMA Wire)、クレジット:©Sachelle Babbar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  18. 2020061203169

    地元開発の米で酒造り隆盛  主な酒米の品種と開発地 「スクランブル」

  19. 2020061203165

    地元開発の米で酒造り隆盛  主な酒米の品種と開発地 「スクランブル」

  20. 2020061203074

    地元開発の米で酒造り隆盛 福乃香で醸造した日本酒  福島県が開発した酒米「福乃香」で醸造した日本酒 「スクランブル」

  21. 2020061203071

    地元開発の米で酒造り隆盛 福乃香で醸造した日本酒  福島県が開発した酒米「福乃香」で醸造した日本酒=5月、福島市 「スクランブル」

  22. 2020051102673

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが作品の制作に取りかかっている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051102604

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051102622

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051102623

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、美しい図案が描かれた伝統的な紙工芸「粉蝋箋」。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051102613

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、染色作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051102670

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051102522

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な紙工芸「粉蝋箋」を制作する劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051102527

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業に取りかかる劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051102532

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、作品の制作に取りかかる劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051102625

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051102626

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2期国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051102615

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な手工芸「粉蝋箋」の作品を手に取る劉靖(りゅう・せい)さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051102609

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な紙工芸「粉蝋箋」を制作する劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042307000

    Shooting star shower Lyrides 22 April 2020, Schleswig-Holstein, Neukirchen: The starry sky shines over the Baltic Sea. Mostly starry skies currently allow a clear view of the shooting stars of the Lyrids. Every year in April the earth crosses the rest of a comet‘s tail. This is when the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Daniel Reinhardt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020042306970

    Shooting star shower Lyrides dpatop - 22 April 2020, Schleswig-Holstein, Neukirchen: The starry sky shines over the Baltic Sea. Mostly starry skies currently allow a clear view of the shooting stars of the Lyrids. Every year in April the earth crosses the rest of a comet‘s tail. This is when the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Daniel Reinhardt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020042307091

    Shooting star shower Lyrides 22 April 2020, Schleswig-Holstein, Neukirchen: The starry sky shines over a field of rape. Mostly starry skies currently allow a clear view of the shooting stars of the Lyrides. Every year in April, the earth crosses the rest of a comet‘s tail. During this time the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Daniel Reinhardt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2020042307067

    Shooting star shower Lyrides 22 April 2020, Schleswig-Holstein, Neukirchen: The starry sky shines above a tree and a windmill. Mostly starry skies currently allow a clear view of the shooting stars of the Lyrides. Every year in April the earth crosses the rest of a comet‘s tail. During this time the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Daniel Reinhardt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2020042307089

    Shooting star shower Lyrides 22 April 2020, Schleswig-Holstein, Neukirchen: The starry sky shines over a field of rape. Mostly starry skies currently allow a clear view of the shooting stars of the Lyrides. Every year in April, the earth crosses the rest of a comet‘s tail. During this time the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Daniel Reinhardt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2020042307082

    Shooting stars 21 April 2020, North Rhine-Westphalia, Eckenhagen: A shooting star can be seen in the northeastern starry sky above the Bergisches Land. The annual meteor stream of the Lyrids reaches its maximum on 22 April. Photo: Henning Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2020042203994

    Shooting stars 20 April 2020, North Rhine-Westphalia, Schleiden: A shooting star can be seen in the sky above the Eifel National Park. Mostly starry skies currently allow a clear view of the shooting stars of the Lyrides. Every year in April the earth crosses the rest of a comet‘s tail. This is when the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Marius Becker/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2020042203976

    Shooting stars dpatop - 20 April 2020, North Rhine-Westphalia, Schleiden: Shooting stars can be seen in the sky above the Eifel National Park. Most of the time the sky is starry and allows a free view of the shooting stars of the Lyrides. Every year in April the earth crosses the rest of a comet‘s tail. This is when the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Marius Becker/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  43. 2020042203991

    Shooting stars 20 April 2020, North Rhine-Westphalia, Schleiden: Shooting stars can be seen in the sky above the Eifel National Park. Most of the time the sky is starry and allows a free view of the shooting stars of the Lyrides. Every year in April the earth crosses the rest of a comet‘s tail. This is when the Lyrid meteor shower appears in the night sky. Photo: Marius Becker/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  44. 2020040104159

    第4次国家中医医療チームが最後の勤務武漢雷神山医院  29日、武漢雷神山医院で、隔離病棟の汚染区へ向かう第4次国家中医医療チームの隊員(左)と、その隊員をチェックする同僚の劉青(りゅう・せい)さん(右)。中国上海市から武漢へ派遣されていた第4次国家中医医療チームが29日、雷神山医院で最後の勤務を終えた。31日に全隊員が上海へ帰還する。医療チームは上海中医薬大学付属竜華医院と同付属上海市中医医院の医療従事者122人で構成され、2月15日に武漢市に到着、雷神山医院感染三科の第五病棟を担当していた。(武漢=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020031202314

    常に齟齬を来す感覚 吉本隆明さん  島尾敏雄さんの文学について取材を受ける吉本隆明さん。「島尾さんにはノーベル賞をもらってほしかった。それほどの作家だと思っている」と吉本さんは語っていた=2004年、東京・本駒込の吉本家 文芸企画「文学流星群」(50)完「吉本隆明」

  46. 2020040902799

    7年ぶりにベアを見送ったトヨタ自動車  トヨタ自動車の2020年春闘は、7年ぶりとなるベースアップ(ベア)の見送りで幕を閉じた。トヨタの賃金水準はすでに国内トップレベルで「雇用をしっかり守り、持続的成長に向けた原資を確保する」(河合満副社長〈当時〉)ための決断だった。半面、3月24日時点でトヨタグループ労組の8割超がベアを獲得するなど、トヨタを軸に横並びで決着していた春闘の構図が崩れつつある。豊田章男社長はベアゼロの回答に至った理由を「皆さんにとって何が本当の幸せなのか。悩み、考え抜いた結果だ」と総括した。すでに高い賃金を上げ続ければ、競争力はたちまち失われる。「トヨタで働く人たちの雇用は何としても守り抜く」(豊田社長)ことを第一義とした。賃上げの総額は組合員平均で月8600円を回答。トヨタ自動車労働組合が要求した同1万100円を下回る。従業員のがんばりに対しては「(10年連続となる)一時金の満額回答で報いる」(桑田正規総務・人事本部副本部長〈当時〉)格好となった。自動車産業はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の隆盛で、100年に一度の大変革期を迎えた。海外の巨大IT企業など異業種の参入も相次ぎ、開発・投資競争でしのぎを削る。「熾烈(しれつ)な競争の中で将来の飯の種について、先の見えない危機感が相当大きい」と桑田副本部長。開発原資を盤石にするためにも、右肩上がりの賃金抑制が不可欠だった。回答を受けたトヨタ労組の西野勝義執行委員長は「ベアゼロは執行部として大変申し訳ない」としつつ、「豊田社長の思いと覚悟を改めて感じた」と理解を示した。トヨタ労組は今春闘で、ベアの原資を5段階の評価に応じて個人に分配する新たな仕組みを提案した。評価に応じて給料に差をつける手法をこれまで以上に強化し、努力した組合員に報いる賃金体制の確立を求めた。新たな分配制度はベアゼロで先送りとなったが、評価制度の変革は労使の共通認識となっている。会社側は今春闘で、定期昇給など賃金制度維持分にも傾斜をつけたい意向を表明。これに対し西野委員長は「労使で議論を重ねていく」と前向きな姿勢をみせた。トヨタの賃金制度改革の行方を産業界全体が注視している。写真は3月11日の春闘回答後の記者会見に臨む河合副社長(右、当時)。=2020(令和2)年3月11日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  47. 2020031000136

    Meteor crater Nördlinger Ries 06 March 2020, Bavaria, Nördlingen: A hill rises at the edge of the meteorite crater Nördlinger Ries. Scientists have analysed samples from the area in order to obtain data for a NASA mission to Mars (to dpa-KORR: “Bavarian rock should help in the search for life on Mars“ of 07.03.2020). Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2020031000086

    Meteor crater Nördlinger Ries 06 March 2020, Bavaria, Nördlingen: The bell tower “Daniel“ of the church Sankt Georg rises from the centre of the town, which is located in the meteorite crater Nördlinger Ries. Scientists have analysed samples from the area in order to obtain data for a NASA mission to Mars (to dpa-KORR: “Bavarian rock should help in the search for life on Mars“ of 07.03.2020). Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2020031000090

    Meteor crater Nördlinger Ries 06 March 2020, Bavaria, Mönchsdeggingen: View of the southern wooded rim of the meteorite crater Nördlinger Ries (aerial photo taken with a drone). Scientists have analysed samples from the area in order to obtain data for a NASA mission to Mars (to dpa-KORR: “Bavarian rocks should help in the search for life on Mars“ of 07.03.2020). Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2020031000120

    Meteor crater Nördlinger Ries 06 March 2020, Bavaria, Mönchsdeggingen: View over the southern wooded crater rim to the meteorite crater Nördlinger Ries (aerial photo taken with a drone). Scientists have analysed samples from the area in order to obtain data for a NASA mission to Mars (to dpa-KORR: “Bavarian rocks should help in the search for life on Mars“ of 07.03.2020). Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像