検索結果 33 件中 1 件 〜 33 件 "アカツクシガモ"
  1. 2020061504006

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  6日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061503932

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で羽ばたくアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061504007

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区の湿地にすむ水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503929

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区で巣の上にうずくまる水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061503909

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区で餌をついばむ水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061504041

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区にすむ水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061504049

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区で戯れる水鳥。(5月23日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020030203621

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地を泳ぐアカツクシガモ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019121803917

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガンとアカツクシガモ。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019121803885

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガンとアカツクシガモ。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019060600909

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河を泳ぐアカツクシガモの親子。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019060600931

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河を泳ぐアカツクシガモの親子。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019060600883

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河を泳ぐアカツクシガモの親子。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019060600889

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河の川面で餌を探すアカツクシガモの子ども。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019060600906

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河の川面で餌を探すアカツクシガモの親子。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019060600908

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河を泳ぐアカツクシガモの親子。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019060600894

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河を泳ぐアカツクシガモの親子。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019060600876

    心癒すアカツクシガモの親子遼寧省大連市  自由河の川面で餌を探すアカツクシガモの親子。(5月11日撮影)中国遼寧省大連市を流れる自由河にこのほど、野生のアカツクシガモの親子が現れた。家族みんなで川面を気持ち良さそうに泳ぐ姿が、訪れた人々の心を癒やしている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019032000172

    ラサにも春の訪れチベット自治区  14日、ラサ市にある竜王潭公園の水面を飛ぶ2羽のアカツクシガモ。中国チベット自治区のラサ市では3月も半ばを迎え、桃の花も咲き始め、人々がポタラ宮付近の竜王潭公園を散策するなど、うららかな春を大いに楽しんでいる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019032000169

    ラサにも春の訪れチベット自治区  13日、ラサ市にある竜王潭公園の水面に浮かぶユリカモメやアカツクシガモ。中国チベット自治区のラサ市では3月も半ばを迎え、桃の花も咲き始め、人々がポタラ宮付近の竜王潭公園を散策するなど、うららかな春を大いに楽しんでいる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019011624123

    空から見た冬の青海湖  12月31日、凍結した青海湖の湖面に立つアカツクシガモ。(小型無人機から)冬の青海湖の凍結した湖面は銀色の鏡のように見える。青空や真っ白な雪山、チョコレート色の枯れ草が青海湖を引き立て、まるで一幅の美しい絵画のようだ。(西寧=新華社記者/呉剛)=2018(平成30)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018121721684

    湿地が渡り鳥の楽園に江西省鄱陽湖  13日、鄱陽湖都昌湿地の上空を飛ぶアカツクシガモ。中国江西省にある鄱陽湖(はようこ)湿地はここ数日、多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、渡り鳥の楽園になっている。(都昌=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018121721841

    湿地が渡り鳥の楽園に江西省鄱陽湖  13日、鄱陽湖都昌湿地の上空を飛ぶアカツクシガモ。中国江西省にある鄱陽湖(はようこ)湿地はここ数日、多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、渡り鳥の楽園になっている。(都昌=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018121721832

    湿地が渡り鳥の楽園に江西省鄱陽湖  13日、鄱陽湖都昌湿地から飛び立つアカツクシガモ。中国江西省にある鄱陽湖(はようこ)湿地はここ数日、多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、渡り鳥の楽園になっている。(都昌=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018111429506

    江蘇省盱眙県の湿地に多くの渡り鳥が飛来  12日、江蘇省盱眙県の猫耳湖から飛び立つハクチョウ。中国淮河の下流、江蘇省北西部にある洪沢湖の南岸に位置する同省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県内の多くの湿地ではこのところ、越冬するハクチョウなど多くの渡り鳥が飛来している。生態の総合ガバナンスプロジェクトがここ数年進むに連れ、淮河、洪沢湖の全体的な水質は持続的に良い方向へと向かっており、猫耳湖、竜廟湖(りゅうびょうこ)、七里湖などの湿地はハクチョウ、オオカリ、アカツクシガモなどの渡り鳥の理想的な中継点、生息地となっており、毎年ここで越冬する渡り鳥の種類と数は年々増加している。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018111429514

    江蘇省盱眙県の湿地に多くの渡り鳥が飛来  12日、江蘇省盱眙県にある竜廟湖に飛来した渡り鳥の群れ。中国淮河の下流、江蘇省北西部にある洪沢湖の南岸に位置する同省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県内の多くの湿地ではこのところ、越冬するハクチョウなど多くの渡り鳥が飛来している。生態の総合ガバナンスプロジェクトがここ数年進むに連れ、淮河、洪沢湖の全体的な水質は持続的に良い方向へと向かっており、猫耳湖、竜廟湖(りゅうびょうこ)、七里湖などの湿地はハクチョウ、オオカリ、アカツクシガモなどの渡り鳥の理想的な中継点、生息地となっており、毎年ここで越冬する渡り鳥の種類と数は年々増加している。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018111429408

    江蘇省盱眙県の湿地に多くの渡り鳥が飛来  12日、江蘇省盱眙県の猫耳湖で羽を休めるハクチョウ。中国淮河の下流、江蘇省北西部にある洪沢湖の南岸に位置する同省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県内の多くの湿地ではこのところ、越冬するハクチョウなど多くの渡り鳥が飛来している。生態の総合ガバナンスプロジェクトがここ数年進むに連れ、淮河、洪沢湖の全体的な水質は持続的に良い方向へと向かっており、猫耳湖、竜廟湖(りゅうびょうこ)、七里湖などの湿地はハクチョウ、オオカリ、アカツクシガモなどの渡り鳥の理想的な中継点、生息地となっており、毎年ここで越冬する渡り鳥の種類と数は年々増加している。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018111429229

    江蘇省盱眙県の湿地に多くの渡り鳥が飛来  12日、江蘇省盱眙県の七里湖に飛来したオオカリ。中国淮河の下流、江蘇省北西部にある洪沢湖の南岸に位置する同省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県内の多くの湿地ではこのところ、越冬するハクチョウなど多くの渡り鳥が飛来している。生態の総合ガバナンスプロジェクトがここ数年進むに連れ、淮河、洪沢湖の全体的な水質は持続的に良い方向へと向かっており、猫耳湖、竜廟湖(りゅうびょうこ)、七里湖などの湿地はハクチョウ、オオカリ、アカツクシガモなどの渡り鳥の理想的な中継点、生息地となっており、毎年ここで越冬する渡り鳥の種類と数は年々増加している。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018111428934

    江蘇省盱眙県の湿地に多くの渡り鳥が飛来  12日、江蘇省盱眙県にある竜廟湖の上空を舞うオオカリ。中国淮河の下流、江蘇省北西部にある洪沢湖の南岸に位置する同省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県内の多くの湿地ではこのところ、越冬するハクチョウなど多くの渡り鳥が飛来している。生態の総合ガバナンスプロジェクトがここ数年進むに連れ、淮河、洪沢湖の全体的な水質は持続的に良い方向へと向かっており、猫耳湖、竜廟湖(りゅうびょうこ)、七里湖などの湿地はハクチョウ、オオカリ、アカツクシガモなどの渡り鳥の理想的な中継点、生息地となっており、毎年ここで越冬する渡り鳥の種類と数は年々増加している。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018111917166

    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖  9日、江西省・鄱陽湖都昌湿地で撮影したアカツクシガモの群れ。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018071200446

    中国の湿地面積、5千3百万ヘクタールで世界第4位に  チベット自治区ナクチュ市ニマ県にある那若塘湿地を飛ぶ1羽のアカツクシガモ(上)とインドガンの群れ。(2017年9月19日撮影)中国貴州省貴陽市でこのほど開催された「生態文明貴陽国際フォーラム2018年年次総会」のテーマ別フォーラム「湿地回復と世界の生態安全」において、現在の中国の湿地面積が8億4百万ムー(約5360万ヘクタール)でアジア第1位、世界第4位となったことが明らかになった。国家林業・草原局の統計によると、中国が保有する国際的に重要な湿地は57カ所、湿地自然保護区は602カ所、国家湿地公園は898カ所で、湿地生態系に生息する植物は4220種、動物は2312種にのぼり、湿地保護率は49・03%に達している。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)=2017(平成29)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2015111900320

    秋ファッションのような色 アカツクシガモ  石の上に立つアカツクシガモ。まわりのことは、あまり気にしないように見える=神戸市の神戸どうぶつ王国 「生きもの大好き」(393)「アカツクシガモ」

  33. 1994071400001

    良母ぶりが話題に カナダガンとひな  親に捨てられたアカツクシガモのひなと親代わりのカナダガン(左)=愛媛県・砥部町の県立とべ動物園 平6国内 8872

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像