検索結果 134 件中 1 件 〜 50 件 "アジサシ"
  1. 2020072807270

    firo: 22.07.2020 Baltic Sea,, Alt-Hohwacht, Feature ... firo: 22.07.2020 Baltic Sea,, Alt-Hohwacht, Feature, nature reserve Sehlendorfer See in common tern with feed, fish in its beak Alt-Hohwacht Schleswig-Holstein, Kvコste, Hohwachter Bucht,, sunrise travel, vacation in Germany, depository, background, | usage worldwide、クレジット:firo Sportphoto/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020072801837

    When the beach was off-limits to humans, a rare colony of seabirds found a place to nest July 15, 2020, Deerfield Beach, Florida, USA: A sign alerts beachgoers to be aware of federally protected least terns, which are nesting in Deerfield Beach, July 14, 2020. A large section of the beach has been closed off due to the formation of a colony by the seabirds. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  3. 2020070906635

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A snowy plover walks on the sand where the Santa Ana River empties into the ocean on the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  4. 2020070906553

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: Two snowy plovers walk in the sand where the Santa Ana River empties into the ocean on the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  5. 2020070906695

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A snowy plover walks on the sand where the Santa Ana River empties into the ocean on the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  6. 2020070906616

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A snowy plover walks through beach debris where the Santa Ana River empties into the ocean on the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  7. 2020070906691

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A least tern hunts for lunch over the area where the Santa Ana River empties into the ocean on the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  8. 2020070906617

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A least tern flies with a fish from the Santa Ana River at the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  9. 2020070906618

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: People and dogs play in the water, as seen from PCH, where the Santa Ana River empties into the ocean at the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  10. 2020070906610

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: Sand dunes are seen where the Santa Ana River empties into the ocean at the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. The dunes are on the Newport Beach side. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  11. 2020070906637

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A least tern dives for a fish as people swim in the Santa Ana River at the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  12. 2020070906621

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A least tern flies over the area where the Santa Ana River empties into the ocean on the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  13. 2020070906658

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: Dogs and people play fetch where the Santa Ana River empties into the ocean at the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. They were on the Newport Beach side. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  14. 2020070906696

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: A dog runs near where the Santa Ana River empties into the ocean at the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. The dog was on the Newport Beach side. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  15. 2020070906681

    California News - July 8, 2020 July 8, 2020, Newport Beach, California, USA: People and dogs play on the forbidden side of a no trespassing sign where the Santa Ana River empties into the ocean at the coastal border of Huntington Beach and Newport Beach, CA on Wednesday, July 8, 2020. .While the Coastal Commission on Wednesday, considered two measures intended to discourage dogs and their owners from the stretch of sand, environmentalists said the modest proposals would have little effect in protecting the threatened snowy plover and endangered least tern. (Credit Image: © Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Bersebach/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out 「ZUMA Press」

  16. 2020041403118

    鳥たちの楽園、閩江口湿地  7日、閩江口湿地で戯れるヒガシチュウゴクアジサシ。中国福建省福州市長楽区の閩江河口国家湿地公園は渡り鳥の重要な飛行ルートに位置しており、絶滅が危惧される希少な鳥類の生息地にもなっている。湿地には1084種の動植物が生息・生育し、毎年5万羽を超える水鳥が飛来する。(福州=新華社記者/梅永存)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019073006771

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥を持つボランティア。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019073006779

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの付蹠骨(ふしょこつ)の長さを測るスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019073006767

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥に足環を装着するスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019073006810

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、足環を装着したヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019073006763

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、海上を飛ぶヒガシチュウゴクアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019073006794

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、ヒガシチュウゴクアジサシ(くちばしの先端が黒)と近縁種のオオアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019073006756

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日に撮影したヒガシチュウゴクアジサシの卵。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020073105913

    Waterfowl turf war 18 July 2019, Estonia, ---: The picture shows a flying tern at sunset, claiming the seat of a seagull. The picture was taken in Lahemaa National Park in the north of Estonia. Estonia is making extensive efforts for nature conservation. Photo: Ingolf König-Jablonski/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2019070304819

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月28日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島の上空を舞うアジサシ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019070304835

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月28日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島の上空を飛ぶアジサシ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019070304798

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月28日、大豊麋鹿国家級自然保護区の上空を舞うアジサシ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019070304820

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島で、卵からかえったばかりのアジサシのひな。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019070304824

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島で、ひなのために餌を運ぶアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/王毓国)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019070304780

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区で魚を捕るアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019070304783

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の上空で戯れるアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019070304787

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区で、魚をくわえて巣に戻るアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019070304832

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島で、ひなに餌をやるアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/王毓国)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019070304789

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島で、卵からかえったばかりのアジサシのひな。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019070304848

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島で、ひなを見守るアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/王毓国)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019070304831

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島で、よちよち歩くアジサシのヒナ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019070304874

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島に集まるアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019070304875

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区の小島で、巣から飛び立つアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/王毓国)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019070304815

    アジサシの「家」江蘇省塩城市  6月26日、大豊麋鹿国家級自然保護区で、魚をくわえて巣に戻るアジサシ。中国江蘇省塩城市の黄海湿地に位置する大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区の小島では300羽余りのアジサシが生活している。同湿地の生物圏はここ数年で一段と拡大し、湿地の地理的優位性や豊富な食物資源は鳥類の生息と繁殖のための良好な基盤となっており、同保護区に生息する鳥類は現在214種に達している。(塩城=新華社記者/王毓国)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019070901260

    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録  中国江蘇省塩城(えんじょう)市東部の沿岸に位置する大豊麋鹿国家級自然保護区の湿地で、よちよち歩くアジサシのヒナ。(6月26日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019073006809

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  飛んでいるヒガシチュウゴクアジサシ。(6月22日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019073006793

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  ヒガシチュウゴクアジサシ。(6月16日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019061108202

    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区  9日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探すハジロクロハラアジサシ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019061805745

    広東省の渡り鳥自然保護区に「新住民」オオアジサシが飛来  5日、南澳渡り鳥省級自然保護区で群れを成すオオアジサシ。中国広東省林業局は13日、同省南東部の汕頭(スワトウ)市にある南澳渡り鳥省級自然保護区の烏嶼(おしょ)島に先月、1万羽近い「新住民」、オオアジサシが飛来したと明らかにした。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019061805734

    広東省の渡り鳥自然保護区に「新住民」オオアジサシが飛来  5日、南澳渡り鳥省級自然保護区で群れを成すオオアジサシ。中国広東省林業局は13日、同省南東部の汕頭(スワトウ)市にある南澳渡り鳥省級自然保護区の烏嶼(おしょ)島に先月、1万羽近い「新住民」、オオアジサシが飛来したと明らかにした。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019061805777

    広東省の渡り鳥自然保護区に「新住民」オオアジサシが飛来  5日、南澳渡り鳥省級自然保護区のオオアジサシ。中国広東省林業局は13日、同省南東部の汕頭(スワトウ)市にある南澳渡り鳥省級自然保護区の烏嶼(おしょ)島に先月、1万羽近い「新住民」、オオアジサシが飛来したと明らかにした。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019061805797

    広東省の渡り鳥自然保護区に「新住民」オオアジサシが飛来  5日、南澳渡り鳥省級自然保護区で群れを成すオオアジサシ。中国広東省林業局は13日、同省南東部の汕頭(スワトウ)市にある南澳渡り鳥省級自然保護区の烏嶼(おしょ)島に先月、1万羽近い「新住民」、オオアジサシが飛来したと明らかにした。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019052903908

    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省  23日、閩江口湿地で戯れる2羽のオオアジサシ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019052903822

    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省  23日、閩江口湿地で戯れる2羽のオオアジサシ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019052903793

    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省  23日、閩江口湿地で戯れる2羽のオオアジサシ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像