検索結果 428 件中 1 件 〜 50 件 "イメージ図"
  1. 2020031004397

    「新華社」 自動車大手の吉利、AITセンター着工衛星事業へ布石  衛星のイメージ図。(資料写真)中国浙江省台州市でこのほど、吉利衛星プロジェクトスマートAIT(組み立て統合試験)センターが着工した。同センターは中国民間自動車大手、浙江吉利控股集団傘下の吉利科技集団が建設する中国初のモジュール生産対応の衛星スマートAITセンターで、衛星の研究開発センターや部品のスマート製造センター、計測・制御センター、クラウドコンピューティングによるビッグデータプラットフォームなどの施設を備える。自動車産業の先進的な組立工程を取り入れ、モジュール化とフレキシブル化、スマート化が実現された工場を造ることで、型番や規格の異なる衛星の組み立て・テストに柔軟に応じることが可能になる。(台州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020031201197

    「新華社」 中国の科学者、500キロメートル級の光ファイバー量子通信伝送を実現  光ファイバー量子通信伝送のイメージ図。中国科学院院士(アカデミー会員)で中国科学技術大学教授の潘建偉(はん・けんい)氏のチームはこのほど、清華大学や山東済南量子技術研究院などの機関と協力し、500キロメートル級のリアルな環境での光ファイバーを用いたツインフィールド量子鍵配送(TF-QKD)と位相整合量子鍵配送(PM-QKD)を実現させ、伝送距離が509キロメートルに達し、これまでの記録を塗り替えた。研究成果は国際的学術誌「フィジカルレビューレターズ」と「ネイチャーフォトニクス」に掲載された。(合肥=新華社配信/中国科学技術大学提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学技術大学/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020030901021

    「新華社」 中国スマホ大手OPPO、5G対応「FindX2」発表  6日、OPPOの5G対応スマホ「FindX2」シリーズのイメージ図。中国のスマートフォン大手OPPOは6日、第5世代移動通信システム(5G)対応の最新機種「FindX2」シリーズを発表した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、発表会はオンライン開催となった。同社は世界の通信事業者30社以上と5Gサービスで提携している。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020030900883

    「新華社」 中国スマホ大手OPPO、5G対応「FindX2」発表  6日、OPPOの5G対応スマホ「FindX2」シリーズのイメージ図。中国のスマートフォン大手OPPOは6日、第5世代移動通信システム(5G)対応の最新機種「FindX2」シリーズを発表した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、発表会はオンライン開催となった。同社は世界の通信事業者30社以上と5Gサービスで提携している。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020010602318

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」のイメージ図。中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010602698

    「新華社」 貴州茅台集団の重点プロジェクトが着工投資総額158億元  24日、貴州茅台集団の双竜スマート物流パークのイメージ図。中国の白酒製造大手、貴州茅台(マオタイ)集団は24日、貴州省内五つの市、区、県で12重点プロジェクトの着工式を同時に行った。これらのプロジェクトは包装や倉庫保管、原材料など多くの分野に関連し、投資総額は約158億元(1元=約15円)に上る。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019120200575

    「新華社」 中国の天文学者、最大級の恒星ブラックホールを発見  LAMOSTを使って発見した最大級の恒星ブラックホール「LB-1」のイメージ図。中国科学院国家天文台は28日、同天文台の研究チームが「郭守敬(かく・しゅけい)望遠鏡」(LAMOST)を使い、これまでで最も大きい質量を持つ恒星ブラックホール「LB-1」を発見したことを明らかにした。研究成果は同日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。「LB-1」は太陽の70倍の質量を持ち、従来の理論に基づいて考えられていた質量の上限をはるかに超えており、恒星ブラックホール形成についての一般的な認識を覆し、恒星の進化とブラックホール形成の理論を革新することが期待される。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019120200556

    「新華社」 中国の天文学者、最大級の恒星ブラックホールを発見  LAMOSTを使って発見した最大級の恒星ブラックホール「LB-1」のイメージ図。中央付近の黒い点がブラックホールを示している。中国科学院国家天文台は28日、同天文台の研究チームが「郭守敬(かく・しゅけい)望遠鏡」(LAMOST)を使い、これまでで最も大きい質量を持つ恒星ブラックホール「LB-1」を発見したことを明らかにした。研究成果は同日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。「LB-1」は太陽の70倍の質量を持ち、従来の理論に基づいて考えられていた質量の上限をはるかに超えており、恒星ブラックホール形成についての一般的な認識を覆し、恒星の進化とブラックホール形成の理論を革新することが期待される。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019120604609

    「新華社」 青枯病防除のための「カクテル療法」南京農業大のチームが最新研究成果を発表  青枯病菌のみに感染し除去するバクテリオファージの作用を示すイメージ図。中国南京農業大学の沈其栄(しん・きえい)教授らの研究チームが、土壌中のバクテリア群をコントロールして青枯病を予防、防除するバクテリオファージを用いた「カクテル療法」の最新の研究成果を3日付米科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」に発表した。(南京=新華社配信)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019110500740

    「新華社」 中国中車傘下のEVメーカー、ベルギーで新型電気バスを発表  中車時代電動汽車の新型EVバス「新巴客2・0」のイメージ図。(資料写真)中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は18日、ベルギー・ブリュッセルで開かれた世界最大のバスの展示会「バスワールドヨーロッパ2019」で、スマート電池を搭載した新型電気バス「新巴客2・0(SANBUSKING2・0)」を発表した。新車両は中国とハンガリーの企業が共同で開発した。中車時代電動汽車がコア部品を提供し技術指導を行い、ハンガリー企業が車両を製造した。ハンガリーの新エネルギー自動車(NEV)市場を育成し、欧州公共交通における温暖化ガスの「ゼロ排出」で新たなベンチマークの樹立を目指す。(長沙=新華社配信/中車時代電動汽車)=撮影日不明、クレジット:中車時代電動汽車/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019092500949

    「新華社」 広州港南沙港区で食糧および汎用埠頭のバース拡張工事が正式着工  20日、広州南沙港区の食糧および汎用埠頭のバース拡張工事のイメージ図。中国広東省広州市の南沙港区で食糧および汎用埠頭(ふとう)のバース拡張工事が20日、正式に着工した。同プロジェクトは約18億元(1元=約15円)を投じて進められる。完成後は、広州港南沙港区は9カ所の食糧および汎用バースを持つ大型深水港湾埠頭となり、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)食糧集散センターの中枢としての地位を向上させる。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019091806866

    「国際底流」 観光開発、軍事転用の疑念  カンボジア・コーコン州ダラサコルの国際空港建設地に掲げられた完成後のイメージ図(共同)

  13. 2019080211171

    「新華社」 「北理工1号」衛星打ち上げ成功「帆球」技術を検証  軌道上で「帆球」技術を利用してソーラーパネルを広げる「北理工1号」のイメージ図。(資料写真)中国の北京理工大学が開発を主導した衛星「北理工1号」が25日、民間ロケット企業の北京星際栄耀空間科技が製造した運搬ロケット「双曲線1号遥1」(SQX-1Y1)に搭載され、酒泉衛星発射センターからの打ち上げに成功した。同大学によると、この科学技術検証用マイクロ衛星は、宇宙で一連の科学研究検証任務を実施する。(北京=新華社配信/北京理工大学提供)=撮影日不明、クレジット:北京理工大学/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019072600272

    「新華社」 中国・シンガポール天津エコシティー、年内に5Gモデル区建設  中国・シンガポール天津エコシティーでの5G実用化のイメージ図。中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティー)管理委員会と中国移動通信(チャイナモバイル)集団天津有限公司はこのほど、戦略協力協定に調印した。双方は通信インフラや第5世代移動通信システム(5G)の推進、ビッグデータのプラットフォーム、モノのインターネット(IoT)の実用化などで協力を展開し、年末までにエコシティーで5G全域実用化モデル区の建設完了を目指す。(天津=新華社配信/中国・シンガポール天津エコシティー提供)=撮影日不明、クレジット:中国・シンガポール天津エコシティー/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019070100619

    「新華社」 世界の研究者が杭州市に集合、デジタル経済の10大問題を討論  25日、テクノロジーによるモビリティ(移動手段)進化の推進を示すイメージ図。中国浙江省杭州市で25日、アリババグループの提唱で設立された研究機関「羅漢堂」(LuohanAcademy)が招集した200人余りの研究者が、2019年「世界の未来にかかわる最も重要な10大問題」を共同発表し、各界の議論を大いに引き起こした。「羅漢堂」は2018年に杭州市で、技術革新に伴う社会・経済問題に焦点を合わせ、世界の社会学、経済学、心理学など多くの分野のトップレベルの研究者が共同発起して設立された。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019060403036

    「新華社」 中国の科学者、クモの巣のような超弾性硬質炭素エアロゲルの開発に成功  硬質炭素エアロゲルの製造イメージ図。(資料写真)中国科学技術大学の兪書宏(ゆ・しょこう)教授率いるプロジェクトチームはこのほど、自然界のクモの巣が高い強度と弾性を兼ね備えていることにヒントを得て、テンプレート法によるナノファイバーの網目構造を巧みに構築し、この構造を持つ硬質炭素エアロゲルを作り出すことに成功した。このエアロゲルには超弾性や耐疲労性、安定性などの特徴がある。(合肥=新華社配信/中国科学技術大学提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学技術大学/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019052400582

    「新華社」 長江の水面下40メートルにある1200年以上の歴史を持つ水文資料  白鶴梁水下博物館のイメージ図。中国重慶市涪陵(ふりょう)区城北の長江の水面から約40メートル下には、天然の石梁があり、そこには唐の広徳元年(763年)から20世紀初めに至る1200年余りの間に72回あった渇水年の長江の水文資料が記載されている。水文に関する文字が刻まれた石刻としては世界最大規模で、歴史的な存続年数も世界最長とされ、「水下碑林」と「世界第一の水文観測所」と呼ばれている。三峡ダムの貯水水位が175メートルに達することでこの天然の石梁である白鶴梁(はっかくりょう)が川底に沈んでしまうのを防ぐため、中国は2003年に保護工事を開始。2009年に水深40メートルの場所に白鶴梁水下博物館を建設した。(重慶=新華社配信/白鶴梁水下博物館提供)=撮影日不明、クレジット:白鶴梁水下博物館/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019052200267

    「新華社」 中独の科学者、千度の熱に耐えられる柔軟な材料を開発  中独の科学者が研究開発した超可とう性窒化ホウ素ナノベルトエアロゲルのイメージ図。この材料は圧縮やねじり、曲げ、せん断などの力を繰り返し加えても構造が破壊されず、速やかに元の形状に戻る。(資料写真)中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所の張学同(ちょう・がくどう)研究員のチームはこのほど、ドイツの科学者と協力し、超可とう性窒化ホウ素ナノベルトエアロゲルを新たに開発した。これはマイナス196度~プラス千度の広い範囲で使用でき、圧縮やねじりなどを加えても柔軟な可とう性を保つことができる。研究成果はこのほど、国際的科学誌「AdvancedFunctionalMaterials」に掲載された。(南京=新華社配信/中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019051600451

    「新華社」 36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者  重慶市合川区釣魚城の防御体制。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019051600421

    「新華社」 36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者  重慶市合川区釣魚城の南一字城。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019050901204

    「新華社」 アップル中国(貴安)データセンターの建設が加速  アップルデータセンターの俯瞰イメージ図。(資料写真)中国貴州省の貴安新区でアップル中国(貴安)データセンターの建設プロジェクトが今年の3月1日に正式に着工して以来、各種建設が加速している。現在は「データビル」の本体工事が進行している。工事現場では、数基のタワークレーンが材料を運搬し、作業員らは型枠の設置や鉄筋の結束を行っていた。また現場近くでは、データセンター専用の110キロボルト変電所の建設も同時進行している。アップルと貴州省は2017年7月、データセンターの共同建設に関する戦略的提携協定を結んだ。同センターはアップルが米国、デンマークに次いで建設する3番目のデータセンターで、投資規模は10億ドル(1ドル=約112円)を見込んでいる。2020年末の運用開始後は、データ遅延を減らし、製品の信頼性を高めることで、中国のアップルユーザーのiCloudサービス体験を向上させる。(貴安=新華社配信/貴安新区提供)=撮影日不明、クレジット:貴安新区/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019051600423

    「新華社」 新鴻基地産、広深港高速鉄道沿線で複合商業施設建設へ  新鴻基地産発展有限公司「南沙区慶盛ターミナル複合商業施設プロジェクト」の完成イメージ図。(資料写真)中国香港地区の新鴻基地産発展有限公司(サンフンカイプロパティーズ)は4月25日、広東省広州市でプロジェクト計画を発表し、広州市南沙区の広深高速鉄道慶盛駅北側の商業区画に、公共交通指向型開発(TransitOrientedDevelopment、TOD)モデルで大型複合商業施設を建設することを明らかにした。(広州=新華社配信/新鴻基地産発展有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:新鴻基地産発展有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019042300501

    「新華社」 蘇州市が「ロボットの未来科学技術都市」を建設江蘇省蘇州市  このほど着工した「未来科学技術都市プロジェクト」の完成イメージ図。(資料写真)中国ロボット企業大手、瀋陽新松機器人自動化股份有限公司のリードで建設する「未来科学技術都市プロジェクト」がこのほど、江蘇省蘇州市で着工した。蘇州市政府が明らかにした。同プロジェクトは建設完了後、スマート製造産業のイノベーションサービスプラットフォーム、ロボット産業の科学研究イノベーション拠点、ロボット設備と部品の生産拠点、スマート製造産業拠点、ロボット産業・都市融合サービス拠点を集約した協調型イノベーションセンターとなる。(南京=新華社記者/劉巍巍)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019042300504

    「新華社」 蘇州市が「ロボットの未来科学技術都市」を建設江蘇省蘇州市  このほど着工した「未来科学技術都市プロジェクト」の完成イメージ図。(資料写真)中国ロボット企業大手、瀋陽新松機器人自動化股份有限公司のリードで建設する「未来科学技術都市プロジェクト」がこのほど、江蘇省蘇州市で着工した。蘇州市政府が明らかにした。同プロジェクトは建設完了後、スマート製造産業のイノベーションサービスプラットフォーム、ロボット産業の科学研究イノベーション拠点、ロボット設備と部品の生産拠点、スマート製造産業拠点、ロボット産業・都市融合サービス拠点を集約した協調型イノベーションセンターとなる。(南京=新華社記者/劉巍巍)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019042601932

    「新華社」 「高品質低価格」の触媒開発、水の電気分解による水素製造の産業化を推進安徽省  中国科学技術大学の呉宇恩(ご・うおん)教授率いるチームが新たに開発した単原子ルテニウム触媒のイメージ図。この触媒によって、酸性酸素析出は低い過電位(220mV)だけ必要で、酸素析出時間を大幅に短縮することができる。「究極のエネルギー」である水素エネルギーの市場化にとって、水素の高効率で低コストの析出・製造は一つの鍵となり、水の電気分解はその最も有望な調製方法の一つ。安徽省合肥市にある中国科学技術大学の呉宇恩(ご・うおん)教授のチームはこのほど、全く新たな手法によって、酸素析出のための触媒を開発、水の電気分解による水素製造の産業化における一歩を進めた。(合肥=新華社配信/中国科学技術大学提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学技術大学/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019042300585

    「新華社」 「トンネル内のデータセンター」インフラ工事終える貴州市  18日、画面に写し出されたデータセンター完成後のイメージ図。中国貴州省貴安新区はこのほど、騰訊控股(テンセント)が同地で建設を進める「トンネルに隠れた」データセンターのインフラ工事がほぼ完了したと発表した。今後は業務ニーズに基づき、30~45日の間に機械や電力設備の配置業務を完了するという。この「貴安七星データセンター」は総敷地面積700ムー余り(約46・7ヘクタール)で、第1期のトンネルプロジェクト面積は3万平方メートルを超える。貴州省のカルスト地形を利用して建設され、サーバー5万台の設置が計画されている。周辺にはコンピュータールームや事務室が建設される予定で、全体のサーバーは30万台に達するという。同センターの朱華(しゅ・か)テクニカルディレクターによると、国内初の「特別ランク」の環境に優しく高効率で災害対策がされたデータセンターである。(貴州=新華社記者/向定傑)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019041809428

    「新華社」 中国の科学者ら、66億光年先から届いた「マグネター」の光を発見  遠く離れた宇宙にあるマグネターのイメージ図。(資料写真)中国科学技術大学の薛永泉(せつ・えいせん)教授らはこのほど、約7時間続く特殊なX線放射信号を発見し、この信号が約66億光年先から届いたことを解明した。研究成果は11日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。薛氏は、この信号がこれまで理論的推測の中でしか存在しなかった新しいX線放射信号だと説明。マグネターが連星中性子星の合体から直接誕生した可能性があることを世界で初めて実証したと述べた。(合肥=新華社配信/薛永泉氏提供)=撮影日不明、クレジット:薛永泉氏/新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019041809408

    「新華社」 不動産大手の碧桂園、ロボット事業を主要業務の一つに  広東省仏山市順徳区に建設される「博智林機器人(BrightDreamsRobotics)バレー」の完成イメージ図。(資料写真)飽和状態が一段と進む不動産市場に対応するため、中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)では、スマートロボット産業への業務転換に取り組んでおり、同社の今後の主要業務の一つとしている。計画によると、同社は今後5年間、ロボット分野、特に建築ロボット分野に少なくとも800億元(1元=約17円)の資金を投入する。(広州=新華社配信/碧桂園控股集団提供)=撮影日不明、クレジット:碧桂園控股集団/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019042600408

    「新華社」 中国産の大豆プロテイン、「一帯一路」沿線国に進出  10日に撮影した山松生物製品有限公司の大豆プロテイン生産プロセスイメージ図。中国山東省臨沂(りんぎ)市にある山松生物製品有限公司(以下「山松生物」という)は2002年に創設され、18本の大豆プロテイン生産ラインを持ち、毎日40トン、年間10万トンの大豆プロテインを生産している。2002年末からは余剰な大豆プロテインを輸出し始め、その製品はロシア、アルゼンチン、ウズベキスタン、米国、日本、インドネシア、ベトナム、シンガポールなど90余りの国と地域で販売されている。「一帯一路」構想が提起されてから、同社は販売ルートを積極的に拡大し、その業務利益は著しく増加した。特に中央アジアや東南アジア地域では、大豆プロテインの販売数量が60%以上増えた。(済南=新華社記者/呉書光)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019040500863

    「新華社」 西湖大学が本格着工民間主導の新しい研究型大学  3日、着工式典で紹介された西湖大学メインキャンパスのイメージ図。中国浙江省杭州市にある西湖大学のメインキャンパス「雲谷キャンパス」の建設工事が3日、本格着工した。同大学は民間が運営し国が重点的に支援する新しい形の研究型大学で、2018年10月20日に正式に発足した。大学運営を「スタート地点が高く、小規模だが優れた研究型」と位置付け、博士課程の学生の教育を起点に、高等教育と学術研究に力を注ぎ、突出して優れた複合型イノベーション人材の育成を目標としている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019040500883

    「新華社」 西湖大学が本格着工民間主導の新しい研究型大学  3日、着工式典で紹介された西湖大学正門のイメージ図。中国浙江省杭州市にある西湖大学のメインキャンパス「雲谷キャンパス」の建設工事が3日、本格着工した。同大学は民間が運営し国が重点的に支援する新しい形の研究型大学で、2018年10月20日に正式に発足した。大学運営を「スタート地点が高く、小規模だが優れた研究型」と位置付け、博士課程の学生の教育を起点に、高等教育と学術研究に力を注ぎ、突出して優れた複合型イノベーション人材の育成を目標としている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019031800415

    「新華社」 日産、5G環境で「I2V」技術の実験を開始  I2Vのイメージ図。(資料写真)日産(中国)投資有限公司は14日、日産自動車がこのほど、NTTドコモと共同で、見えないものを可視化する技術「インビジブル・トゥー・ビジブル(I2V)」の実証実験を5G環境下で行ったことを明らかにした。I2V技術は、バーチャルとリアルの世界を一体化し、車両内外のセンサーとクラウドのデータを統合することで、道路の前方や周囲の建物の裏側、曲がり角の状況等、ドライバーから見えない場所を映し出す。(天津=新華社配信/日産〈中国〉投資有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:日産〈中国〉投資有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019031801045

    「新華社」 清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作  3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋南東側のイメージ図。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019031801049

    「新華社」 清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作  3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋西側のイメージ図。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019010400521

    「新華社」 中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側への軟着陸に成功  3日、北京航天(宇宙)飛行管制センターで撮影した着陸プロセスのイメージ図。中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、月裏側の南極エイトケン盆地にあるフォン・カルマン・クレーターに着陸し、人類初となる月裏側への軟着陸に成功した。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019010400492

    「新華社」 中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側への軟着陸に成功  3日、北京航天(宇宙)飛行管制センターで撮影した、太陽光パネルを広げる「嫦娥4号」のイメージ図。中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、月裏側の南極エイトケン盆地にあるフォン・カルマン・クレーターに着陸し、人類初となる月裏側への軟着陸に成功した。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019010400412

    「新華社」 中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側への軟着陸に成功  3日、北京航天(宇宙)飛行管制センターで撮影した着陸プロセスのイメージ図。中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、月裏側の南極エイトケン盆地にあるフォン・カルマン・クレーターに着陸し、人類初となる月裏側への軟着陸に成功した。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019010400476

    「新華社」 中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側への着陸に成功  3日、北京航天(宇宙)飛行管制センターで撮影した着陸プロセスのイメージ図。中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、月裏側の予定エリアに無事着陸した。中国国家航天(宇宙)局が明らかにした。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019010400537

    「新華社」 中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側への軟着陸に成功  3日、北京航天(宇宙)飛行管制センターで撮影した着陸プロセスのイメージ図。中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、月裏側の南極エイトケン盆地にあるフォン・カルマン・クレーターに着陸し、人類初となる月裏側への軟着陸に成功した。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019010400558

    「新華社」 中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側への軟着陸に成功  3日、北京航天(宇宙)飛行管制センターで撮影した着陸プロセスのイメージ図。中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、月裏側の南極エイトケン盆地にあるフォン・カルマン・クレーターに着陸し、人類初となる月裏側への軟着陸に成功した。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019040805315

    「DPA」 Borussia Monchengladbach: Change from coach Rose as good as perfect. FOTOMONTAGE: As a Hecking successor - Borussia Menchengladbach: Change from coach Rose as good as perfect. Image: Marco ROSE, coach (Salzburg), jubilation, joy, enthusiasm, single image, single image, half figure. Soccer Europa League, Group stage, Group B, 5th matchday, Salzburg (SL) -RB Leipzig (L) 1-0, at 29.11.2018 Stadion Salzburg. | Usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  42. 2018112632759

    「DPA」 Soccer 1. Bundesliga / FC Bayern Munich- Fortuna Dusseldorf 3-3. goaljubel Dodi LUKEBAKIO (Fortuna Dusseldorf), jubilation, joy, enthusiasm, action, single image, single cut motive, half figure, half figure. Soccer 1. Bundesliga, 12.matchday, matchday12, Bayern München M) - Fortuna Dusseldorf (D) 3-3, on 24/11/2018 in Munich ALLIANZARENA, DFL REGULATIONS PROHIBIT ANY USE OF PHOTOGRAPH AS IMAGE SEQUENCES AND / OR QUASI VIDEO , | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  43. 2018111527940

    来季は収容人数3万3千人  改修後の横浜スタジアムのイメージ図

  44. 2018111527904

    来季は収容人数3万3千人  横浜スタジアムに新設される屋上テラス席のイメージ図

  45. 2018081900337

    石山さん「復興の象徴に」  2019年ラグビーW杯開催時のスタジアムのイメージ図を手にする石山次郎さん=7日、岩手県釜石市

  46. 2018072401271

    初のポッキー専門店開設へ  江崎グリコが成田空港に開設する「ポッキー」専門店のイメージ図

  47. 2019030714759

    「新華社」 最も正確なヒトRNA分子m6A修飾地図中国科学者が作成  RNA分子のイメージ図。中国西安交通大学と英リバプール大学の提携による新しいタイプの国際大学、西交利物浦大学(所在地:江蘇省蘇州市)生物科学部の孟佳(もう・か)博士が率いる研究チームはこのほど全トランスクリプトームのRNA分子m6A修飾に対する最も正確な予測を実現させた。これはヒトのこれまでで最も正確なm6Aエピトランスクリプトーム修飾地図が作成されたことを意味する。同大学への取材で分かったもので、さらに研究が進めば遺伝子の性状とヒトの幾つかの重大疾病の関連が明らかになるかもしれないという。この研究成果は先ごろ生物情報分野の有名な定期刊行物「核酸研究」(NucleicAcidsResearch)に発表された。(蘇州=新華社配信/西交利物浦大学提供)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:西交利物浦大学/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018021100534

    「課題解決に取り組む」  11日のシンポジウムで映し出された、道立真駒内公園に移転した場合の日本ハム新球場のイメージ図

  49. 2018020300649

    日ハム新球場、市民に説明  シンポジウムで示された北広島市の日本ハム新球場のイメージ図=3日午後、北広島市

  50. 2017103000713

    USJに夜のパレード登場  「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード」のイメージ図前でポーズをとる、USJ運営会社のジャン・ルイ・ボニエCEO=30日、大阪市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像