検索結果 104 件中 1 件 〜 50 件 "インバウンド"
  1. 2020062703983

    Guarding The Gateway June 15, 2020 - Ali Al Salem Air Base, Kuwait - Capt. Stephanie Kompoltowicz, 386th Expeditionary Medical Group nurse, performs COVID-19 screenings on an inbound jet transporting service members at Cargo City, Kuwait, June 16, 2020. The 386th EMDG screens service members from multiple branches including the U.S. Air Force, U.S. Army and Marine Corps that process through Cargo City. (Credit Image: © Kevin Tanenbaum/U.S. Air Force/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Kevin Tanenbaum/U.S. Air Force/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  2. 2020061801874

    Seoul approves remdesivir as virus treatment Seoul approves remdesivir as virus treatment Seoul approves remdesivir as virus treatment A medical worker checks bottles of the anti-viral drug remdesivir for patients infected with the new coronavirus at Seoul National University Hospital on June 3, 2020. South Korea the same day approved the use of the drug, developed by U.S. firm Gilead Sciences Inc., paving the way for the first inbound shipments of the new drug. (Yonhap)/2020-06-03 16:14:21/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos168598) [Photo via Newscom]、クレジット:YONHAPNEWS/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  3. 2020043003696

    「雇用守る」助成では限界 鎌倉の観光名所  店舗のシャッターが閉まったままの観光地、小町通り=4月9日、神奈川県鎌倉市 緊急連載「新型コロナ雇用危機」4回続きの(3)「インバウンドの経営者」

  4. 2020043003694

    「雇用守る」助成では限界 駐車したままの観光バス  成田国際空港近くのインバウンド向け観光バス会社前に並ぶ、出番がないままのバス=4月20日(画像の一部を加工しています) 緊急連載「新型コロナ雇用危機」4回続きの(3)「インバウンドの経営者」

  5. 2020042402100

    CHINA XINJIANG TRADE Policemen in protective gowns check inbound workers on a freight train on the railways connecting China and Khazakstan in the land port of Horgos in northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region Tuesday, April 21, 2020.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  6. 2020031607373

    Coronavirus - border with Poland 14 March 2020, Poland, Slubice: Polish police officers are standing with their vehicle at the border crossing Stadtbrücke and are monitoring the inbound traffic from Frankfurt (Oder) (Brandenburg). Poland will close the borders for all foreigners from Sunday because of the Corona crisis. Polish citizens will still be allowed to enter the country, but will have to go into quarantine. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020031607397

    Coronavirus - border with Poland 14 March 2020, Poland, Slubice: Polish police officers are standing with their vehicle at the border crossing Stadtbrücke and are monitoring the inbound traffic from Frankfurt (Oder). Poland will close the borders for all foreigners from Sunday because of the Corona crisis. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020031607070

    Coronavirus - border with Poland 14 March 2020, Poland, Slubice: Polish police officers are standing with their vehicle at the border crossing Stadtbrücke and are monitoring the inbound traffic from Frankfurt (Oder). Poland will close the borders for all foreigners from Sunday because of the Corona crisis. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020031607342

    Coronavirus - border with Poland dpatop - 14 March 2020, Poland, Slubice: Polish police officers are standing with their vehicle at the border crossing Stadtbrücke and are monitoring the inbound traffic from Frankfurt (Oder). Poland will close the borders for all foreigners from Sunday because of the Corona crisis. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  10. 2020031607230

    Coronavirus - border with Poland 14 March 2020, Poland, Slubice: Polish police officers are standing with their vehicle at the border crossing Stadtbrücke and are monitoring the inbound traffic from Frankfurt (Oder) (Brandenburg). Poland will close the borders for all foreigners from Sunday because of the Corona crisis. Polish citizens will still be allowed to enter the country, but will have to go into quarantine. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  11. 2020031607341

    Coronavirus - border with Poland 14 March 2020, Poland, Slubice: Polish police officers are standing with their vehicle at the border crossing Stadtbrücke and are monitoring the inbound traffic from Frankfurt (Oder). Poland will close the borders for all foreigners from Sunday because of the Corona crisis. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  12. 2020031607404

    Coronavirus - border with Poland 14 March 2020, Poland, Slubice: Polish police officers are standing with their vehicle at the border crossing Stadtbrücke and are monitoring the inbound traffic from Frankfurt (Oder) (Brandenburg). Poland will close the borders for all foreigners from Sunday because of the Corona crisis. Polish citizens will still be allowed to enter the country, but will have to go into quarantine. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  13. 2020032303085

    新型コロナウイルスの影響で観光客が大幅に減少した大阪・道頓堀  新型コロナウイルスの影響で入国規制が始まり、中国や韓国からの観光客が大幅に減少し。インバウンドに懸念がもたれる大阪・道頓堀の様子。=2020(令和2)年3月12日、大阪・道頓堀、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  14. 2020032302764

    新型コロナウイルスの影響で観光客が大幅に減少した大阪・道頓堀  新型コロナウイルスの影響で入国規制が始まり、中国や韓国からの観光客が大幅に減少し。インバウンドに懸念がもたれる大阪・道頓堀の様子。=2020(令和2)年3月12日、大阪・道頓堀、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  15. 2020032302712

    新型コロナウイルスの影響で観光客が大幅に減少した大阪・道頓堀  新型コロナウイルスの影響で入国規制が始まり、中国や韓国からの観光客が大幅に減少し。インバウンドに懸念がもたれる大阪・道頓堀の様子。=2020(令和2)年3月12日、大阪・道頓堀、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  16. 2020032303105

    新型コロナウイルスの影響で観光客が大幅に減少した大阪・道頓堀  新型コロナウイルスの影響で入国規制が始まり、中国や韓国からの観光客が大幅に減少し。インバウンドに懸念がもたれる大阪・道頓堀の様子。=2020(令和2)年3月12日、大阪・道頓堀、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  17. 2020032302720

    新型コロナウイルスの影響で観光客が大幅に減少した大阪・道頓堀  新型コロナウイルスの影響で入国規制が始まり、中国や韓国からの観光客が大幅に減少し。インバウンドに懸念がもたれる大阪・道頓堀の様子。=2020(令和2)年3月12日、大阪・道頓堀、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  18. 2020032302912

    新型コロナウイルスの影響で観光客が大幅に減少した大阪・道頓堀  新型コロナウイルスの影響で入国規制が始まり、中国や韓国からの観光客が大幅に減少し。インバウンドに懸念がもたれる大阪・道頓堀の様子。=2020(令和2)年3月12日、大阪・道頓堀、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  19. 2020030901393

    Coronavirus outbreak in Egypt 08 March 2020, Egypt, Cairo: Egyptians bound for Saudi Arabia gather in front of the Egyptian Central Public Health Laboratories as they wait to get tested for COVID-19 (coronavirus). Saudi Arabia demanded a compulsory medical examination for inbound travellers as well as obtaining a Polymerase chain reaction (PCR) certificate confirming that visitors are free from coronavirus, before entering the country. Photo: Omar Zoheiry/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  20. 2020030901225

    Coronavirus outbreak in Egypt 08 March 2020, Egypt, Cairo: Egyptians bound for Saudi Arabia gather in front of the Egyptian Central Public Health Laboratories as they wait to get tested for COVID-19 (coronavirus). Saudi Arabia demanded a compulsory medical examination for inbound travellers as well as obtaining a Polymerase chain reaction (PCR) certificate confirming that visitors are free from coronavirus, before entering the country. Photo: Omar Zoheiry/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  21. 2020030901404

    Coronavirus outbreak in Egypt 08 March 2020, Egypt, Cairo: Egyptians bound for Saudi Arabia gather in front of the Egyptian Central Public Health Laboratories as they wait to get tested for COVID-19 (coronavirus). Saudi Arabia demanded a compulsory medical examination for inbound travellers as well as obtaining a Polymerase chain reaction (PCR) certificate confirming that visitors are free from coronavirus, before entering the country. Photo: Omar Zoheiry/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2020030901281

    Coronavirus outbreak in Egypt 08 March 2020, Egypt, Cairo: Egyptians bound for Saudi Arabia gather in front of the Egyptian Central Public Health Laboratories as they wait to get tested for COVID-19 (coronavirus). Saudi Arabia demanded a compulsory medical examination for inbound travellers as well as obtaining a Polymerase chain reaction (PCR) certificate confirming that visitors are free from coronavirus, before entering the country. Photo: Omar Zoheiry/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  23. 2020030901296

    Coronavirus outbreak in Egypt 08 March 2020, Egypt, Cairo: Egyptians bound for Saudi Arabia gather in front of the Egyptian Central Public Health Laboratories as they wait to get tested for COVID-19 (coronavirus). Saudi Arabia demanded a compulsory medical examination for inbound travellers as well as obtaining a Polymerase chain reaction (PCR) certificate confirming that visitors are free from coronavirus, before entering the country. Photo: Omar Zoheiry/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  24. 2020030901279

    Coronavirus outbreak in Egypt 08 March 2020, Egypt, Cairo: Egyptians bound for Saudi Arabia gather in front of the Egyptian Central Public Health Laboratories as they wait to get tested for COVID-19 (coronavirus). Saudi Arabia demanded a compulsory medical examination for inbound travellers as well as obtaining a Polymerase chain reaction (PCR) certificate confirming that visitors are free from coronavirus, before entering the country. Photo: Omar Zoheiry/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2020030503890

    ANAと三菱地所の観光案内所でのアバター実証実験  ANAホールディングスと三菱地所が、東京都内の観光案内所で「アバター(分身ロボット)接客」の実証実験を進めている。外国人観光客への案内を遠隔操作の接客ロボットで担う。多言語対応ができるスタッフが複数の拠点を遠隔で掛け持ちできる。ANAはこのアバターを今春に製品化し、レンタルなどで提供を始める計画だ。実証実験は台風で観光案内所に従業員が出勤できなくなったシーンを想定した。遠隔でドアの鍵や照明を操作し、接客にアバター「newme」を用いる。複数の訪日客を相手にできるか、アバターからの指示で棚のガイドマップなど手に取ってもらえるかといった項目を検証する。newmeはパソコン1台で操作でき在宅勤務にも利用できる。災害時の対応だけでなく、柔軟な勤務環境をつくれる。実験は東京・丸の内の新東京ビル内にある日本政府観光局(JNTO)の「外国人観光客案内所」で行っており、期間は28日まで。地方など全国の観光案内所への展開を想定している。=2020(令和2)年2月26日、新東京ビル内の外国人観光案内所、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  26. 2020010602357

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  1日、竜華寺で鐘を鳴らして新年を迎える外国人観光客。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020010602475

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、白い湯気を立てる年越し麺。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020010602440

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、上海市の古刹、竜華寺で新年の到来を祝う国内外の観光客。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020010602594

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、上海市の各種文化クリエーティブ作品を鑑賞する外国人観光客。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020010602544

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、竜華寺の鐘つきイベントで越劇を披露する役者。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020010602526

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、上海で鐘を鳴らして新年を迎える日本人観光客。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020010602273

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、新年の幸せを祈る観光客。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020010602265

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、イベントで披露される竜舞と獅子舞。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020010602597

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、年越しのイベント会場で切り絵の実演をする手工芸家。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020010602429

    新年への祈りを込めて竜華寺で鐘つきイベント開催上海市  12月31日、年越し麺を味わう観光客。中国上海市の古刹(こさつ)、竜華寺で2019年12月31日夜から2020年1月1日未明にかけて年越しイベントが行われ、9千人近くの国内外観光客が新しい年の幕開けを祝った。人々は鐘を鳴らして幸せを祈り、年越しの麺を食べ、中国の伝統的な地方劇「越劇」や竜舞、獅子舞の鑑賞し、長江デルタの伝統的手工芸や文化クリエーティブ製品を楽しみ、思い思いに新年を迎えた。同寺は約1700年前に建立された上海の名刹。竜華寺で開催される年越しの鐘つきイベントは1989年に始まり、「上海新年第一遊(最初に訪ねる場所)」と呼ばれている。日本、ドイツ、イタリアなどから200人余りの観光客が訪れ年越しを祝い、中国の伝統文化を体験した。上海市文化・観光局の程梅紅(てい・ばいこう)副局長は、「上海新年第一遊」を始めた当初は主に日本人観光客を対象としたインバウンド向け観光プランだったが、今では日本人観光客だけでなく、欧米からの観光客もまた中国文化に対する深い興味を抱いて上海市やその他の長江デルタの都市を訪れて新年を迎えていると紹介した。今回の新年イベントでは、上海市の竜華寺と蘇州市の寒山寺が初めて「コラボレーション」し、両寺が同時に鐘を鳴らした。観光客らは竜華寺に設置された大型スクリーンを通して、寒山寺で行われた鐘つきイベントを鑑賞した。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019102500660

    国際インバウンド観光マーケティング大会、海口市で開幕  23日、国際インバウンド観光マーケティング大会の開幕式に出席した来賓。中国海南省海口市で23日、「2019中国(海口)国際インバウンド観光マーケティング大会」が開幕し、欧米などから参加した130社以上の観光業者と230以上の中国の観光地や観光関連企業が、中国インバウンド観光市場のさらなる開拓について話し合った。国際的なインバウンド観光マーケティングの大会が海南省で開かれたのは今回が初めて。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019102500659

    国際インバウンド観光マーケティング大会、海口市で開幕  23日、海口市で開かれた国際インバウンド観光マーケティング大会の開幕式。中国海南省海口市で23日、「2019中国(海口)国際インバウンド観光マーケティング大会」が開幕し、欧米などから参加した130社以上の観光業者と230以上の中国の観光地や観光関連企業が、中国インバウンド観光市場のさらなる開拓について話し合った。国際的なインバウンド観光マーケティングの大会が海南省で開かれたのは今回が初めて。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019102500715

    国際インバウンド観光マーケティング大会、海口市で開幕  23日、開幕式に出席した海南省人民政府の苻彩香(ふ・さいこう)副省長、同省観光文化ラジオテレビ体育庁の孫穎(そん・えい)庁長、海口市人民政府の竜衛東(りゅう・えいとう)副市長、太平洋アジア観光協会のマリオ・ハーディーCEO(最高経営責任者)、中国国際インバウンド観光マーケティング大会組織委員会の侯穎(こう・えい)主席。中国海南省海口市で23日、「2019中国(海口)国際インバウンド観光マーケティング大会」が開幕し、欧米などから参加した130社以上の観光業者と230以上の中国の観光地や観光関連企業が、中国インバウンド観光市場のさらなる開拓について話し合った。国際的なインバウンド観光マーケティングの大会が海南省で開かれたのは今回が初めて。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019102500630

    国際インバウンド観光マーケティング大会、海口市で開幕  23日、国際インバウンド観光マーケティング大会の開幕式に出席した来賓。中国海南省海口市で23日、「2019中国(海口)国際インバウンド観光マーケティング大会」が開幕し、欧米などから参加した130社以上の観光業者と230以上の中国の観光地や観光関連企業が、中国インバウンド観光市場のさらなる開拓について話し合った。国際的なインバウンド観光マーケティングの大会が海南省で開かれたのは今回が初めて。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020030203785

    雪舟が少年時代に修行した宝福寺 岡山県総社市  雪舟が少年時代に修行した総社市の宝福寺。室町時代の画僧・雪舟(1420~1506年?)ゆかりの総社、井原など中国地方の6市は26日、雪舟にまつわる各地の庭園をつなぎ観光ルート化して誘客を図る計画を、国が創設した「ガーデンツーリズム」登録制度に、共同で申請した。今年、生誕600年の節目を迎える雪舟を通じて、地域の魅力再発見やインバウンド(訪日外国人客)増につなげたい考え。6市の計画は「雪舟回廊」と名付け、涙でネズミを描いた逸話が残る宝福寺(総社市)、雪舟が築いた庭園がある仏通寺(三原市)や常栄寺(山口市)、「四季山水図(山水長巻)」が鑑賞できる毛利博物館・毛利氏庭園(山口県防府市)など、九つの庭園で構成。「生誕地や没地、伝承が残る場所を巡ることで、雪舟が見た風景や世界観を追体験できる」としている。=2019(令和元)年10月15日、岡山県総社市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  41. 2019101011778

    外国人旅行者拡大を議論 経済同友会のブロック会議  インバウンド拡大をテーマに札幌市で開かれた経済同友会のブロック会議=10日午後

  42. 2019100103365

    地方で外国語ガイドを育成 久保成人会長ら協会関係者  インバウンドガイド協会が発足し、記者会見する久保成人会長(左から2人目)ら関係者=1日午後、東京都千代田区

  43. 2019091700877

    三菱地所のロボットを活用した防災訓練  日本語がわからなくても安心です―。三菱地所は東京都千代田区の大手町パークビルや丸の内ビルなど複数のオフィスビルで、外国人を対象に警備ロボットを活用した総合防災訓練を実施した。ロボットは同社がシークセンス(東京都渋谷区)と共同開発した「SQ―2」で、自律走行が可能。搭載のカメラ、通話機能を通じて、現場でケガをした想定の外国人と遠隔ビルから英語でやりとりした。具体的には大手町パークビルで負傷した外国人にロボットが近づいた後、丸の内ビルにいる警備員が「どうされましたか?」などと英語で声かけ。外国人から病院の場所をたずねられて「ここから徒歩10分の場所にあります」などと説明し、安心させた。SQ―2は高さが1300ミリメートル、重量65キログラムで、独自開発の3次元レーザーセンサーや人工知能(AI)機能、高解像度カメラ、魚眼カメラを搭載している。負傷者がマークのついたタッチセンサーに手をかざすと離れた防災センターなどに音声と映像でつながり、やりとりできる。三菱地所は「インバウンドの増加や五輪開催などで、英語を話せる警備員を増強しているが限度がある。ロボットを活用して補いたい」と話した。=2019(令和元)年8月30日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  44. 2019082703161

    ソウル便利用急減 岡山桃太郎空港 岡山桃太郎空港=岡山市  岡山―ソウルを結ぶ大韓航空機。日韓対立の影響で利用客数が急減している=岡山桃太郎空港。輸出規制や軍事情報協定を巡り日韓の対立が深刻化する中、岡山県内の観光・レジャー産業にも徐々に影響が出てきた。岡山桃太郎空港を利用する韓国からの旅行者が今月に入って急減し、人気の高かったゴルフツアーは新規受注が全く見込めない状態に。インバウンド(海外からの誘客)に力を入れていただけに、関係企業は今後の情勢に気をもんでいる。=2019(令和元)年8月21日、岡山桃太郎空港=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  45. 2019073102545

    日本政府観光局、SIAと協力覚書を締結  18日、インバウンド(訪日外国人)誘致で協力覚書を締結した日本政府観光局(JNTO)の蜷川彰理事(左から3人目)とシンガポール航空(SIA)のキャンベル・ウィルソン上級副社長(同4人目)=2019(令和元)年7月18日、シンガポール、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  46. 2019062401655

    海外観光客にG20規制周知 G20情報提供カード  G20サミットに伴う情報を外国人旅行者に周知するため配布が始まった「インバウンド向けG20情報提供カード」=24日、関西空港

  47. 2019062401651

    海外観光客にG20規制周知 カード手渡す西尾氏  旅行者に「インバウンド向けG20情報提供カード」を手渡す関西エアポートの西尾裕専務執行役員(右)=24日、関西空港

  48. 2019062401650

    海外観光客にG20規制周知 説明受ける外国人旅行者  「インバウンド向けG20情報提供カード」の説明を受ける外国人旅行者(右)=24日、関西空港

  49. 2019051600125

    日本のキャッシュレス決済の環境整備を螞蟻金服が提言  13日、東京で開かれたパネルディスカッションの様子。日本における2次元バーコード決済やインバウンド、地方創生をテーマとしたセミナーが13日、東京で開かれた。セミナーには中国のアリババグループ傘下の金融関連会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)が招かれ、同社日本法人代表執行役員・CEOの香山誠氏が、日本では訪日客のキャッシュレス決済に対応できる環境が十分整っておらず、まずはこれを整備することが大切だと指摘した。(東京=新華社配信/橋口いずみ)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019051402383

    アリペイの日本加盟店数、30万店超に井賢棟CEOが東京で講演  13日、東京で開かれたセミナーで講演する、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)の井賢棟(エリック・ジン)取締役会長兼最高経営責任者(CEO)。支付宝(アリペイ)などを運営する螞蟻金服(アント・フィナンシャル)の井賢棟(エリック・ジン)取締役会長兼最高経営責任者(CEO)は13日、東京で行われた2次元バーコード決済に関するセミナーで、2015年10月に日本でアリペイのモバイル決済サービスを開始してから2019年初めまでで、加盟店数が30万店を超えたことを明らかにした。井氏はこの日開かれた2次元バーコード決済やインバウンド、地方創生をテーマとしたセミナーで、アリペイの代表として、同サービスのグローバル戦略や日本での発展状況、日本の今後のモバイル決済、地方創生などについて講演した。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像