検索結果 706 件中 1 件 〜 50 件 "インフルエンサー"
  1. 2020052701159

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で、徐々に以前のにぎわいを取り戻す夜市。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701098

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市の岳麓山から撮影した市内の夜景。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701089

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で食事を楽しむ市民ら。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701155

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で、風景を楽しみながら夜食を味わう市民。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020050804643

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020050804629

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020050804543

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020050804683

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020050804637

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020050804652

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020050804667

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020050804665

    ライブ配信で茶葉の販売を後押し貴州省余慶県  4月30日、遵義市余慶県春景村郊外の茶園でライブ配信をするインフルエンサー。中国貴州省遵義市余慶県ではこのところ、製茶企業や茶農家が茶摘みや加工などの茶文化をライブ配信でネットユーザーや顧客に紹介する取り組みを行い、山あいの地域で生産される茶葉の販売を後押ししている。(遵義=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051801039

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅近くの山で湧き水をくむ徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051801056

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日に撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051800878

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅近くの畑で、野菜の生育状況を確認する徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051801032

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日に撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051801035

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051801036

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051801046

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事を作る徐艶(じょ・えん)さんを撮影する周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日に撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051102783

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月25日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、ミャオ族の刺繍を学ぶ施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051102756

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村でポーズを取る施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051102788

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を下ゆでして炒め物の準備をする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051102789

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を炒める施林嬌さん(左)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051102825

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、友人と共にスタジオ前の土地を耕して草花を植える施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051102826

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、スタジオで臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)炒めのライブ配信を行う施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051102775

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を切る施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051102778

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村のスタジオで化粧をする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051102830

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、スタジオ内で、施康(し・こう)さん(左)、施志春(し・ししゅん)さん(右)とライブ配信の打ち合わせをする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051102787

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、山道を歩いてしば刈りに向かう施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051102770

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村の山の中でしば刈りのライブ配信をするため、スマートフォンを設置する施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051102773

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、先生にミャオ族の歌を教わる施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051102780

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に炒めた臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を施志春(し・ししゅん)さん(左)、施康(し・こう)さん(右)と分け合う施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051102709

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村の山の中で、ライブ配信中に視聴者にあいさつする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020042302004

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、ライブ配信で中国ブランドのスカーフを紹介するインフルエンサー。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042301957

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、ライブ配信で上海の老舗の美食を紹介するインフルエンサー。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020042301964

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、調理用刃物の老舗、張小泉の店舗でタンブラーを紹介するインフルエンサー(左)。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020042301958

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、ライブ配信でインフルエンサーが中国ブランドのスカーフを紹介する様子。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020042301974

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、ライブ配信で中国ブランドのスカーフを試着するインフルエンサー。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020042301947

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、ライブ配信で上海の老舗の美食を紹介するインフルエンサー(左)。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020042301996

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、ライブ配信で中国ブランドのスカーフを紹介するインフルエンサー(左)。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020042301885

    上海豫園の老舗がライブ配信で商店街の復活を後押し  17日、スポーツウエアブランド安踏(ANTA)の店舗で、デザイン理念を紹介するインフルエンサー。中国上海市で最も代表的な商業文化スポットの一つ、豫園商城が17日、短編動画配信プラットフォームと協力し、大規模なライブ配信イベントを実施した。老舗および中国伝統の要素を取り入れたブランドショップ計13軒が参加した。インフルエンサーがお薦め商品のオンライン販売をライブ配信することで、豫園商城一帯の商店街の復活を後押しした。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020050804386

    ライブコマースで「ロケット」が特売品に中国の商業宇宙ビジネスに注目集まる  1日、ライブ配信で小型固体運搬ロケット「快舟1号A」を紹介する中国の人気インフルエンサー。中国では新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされた湖北省の企業を支援しようと、複数のライブコマースサイトが「湖北製品特別セール」を開催している。中でも注目を集めたのが、武漢の企業が開発した小型固体運搬ロケット「快舟1号A」。今月初め、人気インフルエンサーがライブ配信で紹介したところ、あっという間に成約に至った。(長春=新華社配信/航天科工火箭技術提供)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:航天科工火箭技術/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020042709199

    中国の消費市場に活気戻る銀聯カード決済額は2月中旬から6割増  上海市南京東路にあるデパート「新世界大丸百貨」の化粧品売り場でライブコマースを配信するインフルエンサー。(左から2人目、3月20日撮影)新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた中国の消費市場に活気が戻りつつある。アリババグループの通販サイト「天猫(Tモール)」にはこの2カ月の間に米電気自動車(EV)メーカーのテスラやスウェーデン家具大手のイケア、イタリアの高級ファッションブランド、ジョルジオ・アルマーニなど1万2千のブランドが続々と出店。オフラインでの開催ができなかった上海ファッションウイークも、天猫と世界初の「クラウドファッションウイーク」を3月末に開催し、5億元(1元=約15円)を超える売り上げを記録した。実店舗にも客足が戻っている。中国のカード決済サービス大手、中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)の消費に関するビッグデータによると、8日までの1週間の銀聯カード決済額は2月中旬に比べ6割増えた。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020042709300

    中国の消費市場に活気戻る銀聯カード決済額は2月中旬から6割増  上海市南京東路にあるデパート「新世界大丸百貨」の化粧品売り場でライブコマースを配信するインフルエンサー。(3月20日撮影)新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた中国の消費市場に活気が戻りつつある。アリババグループの通販サイト「天猫(Tモール)」にはこの2カ月の間に米電気自動車(EV)メーカーのテスラやスウェーデン家具大手のイケア、イタリアの高級ファッションブランド、ジョルジオ・アルマーニなど1万2千のブランドが続々と出店。オフラインでの開催ができなかった上海ファッションウイークも、天猫と世界初の「クラウドファッションウイーク」を3月末に開催し、5億元(1元=約15円)を超える売り上げを記録した。実店舗にも客足が戻っている。中国のカード決済サービス大手、中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)の消費に関するビッグデータによると、8日までの1週間の銀聯カード決済額は2月中旬に比べ6割増えた。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020040104073

    「教授兼県長」が茶葉販売のインフルエンサーに変身湖南省安化県  19日、湖南省安化県の黒茶の販売店内で、「抖音」のライブキャスターで安化県第二中学校教師の劉珩華(りゅう・こうか)さんとライブ配信を行う陳燦平氏。(左)。今年に入り突如猛威を振るった新型コロナウイルスの流行が、茶葉の販売に試練を与えている。3月1日午後9時半、中国湖南省安化県副県長、西南民族大学教授の陳燦平(ちん・さんへい)氏が、人生初のライブ配信を行った。陳氏が中国の短編動画共有アプリ「抖音」上に開設したアカウント「陳県長説安化黒茶(陳県長、安化産黒茶を語る)」の人気は上昇を続け、フォロワー数は現在13万人を超えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020040104117

    「教授兼県長」が茶葉販売のインフルエンサーに変身湖南省安化県  19日、湖南省安化県の褒家沖茶場(茶畑)でライブ配信を行う陳燦平氏。(小型無人機から)今年に入り突如猛威を振るった新型コロナウイルスの流行が、茶葉の販売に試練を与えている。3月1日午後9時半、中国湖南省安化県副県長、西南民族大学教授の陳燦平(ちん・さんへい)氏が、人生初のライブ配信を行った。陳氏が中国の短編動画共有アプリ「抖音」上に開設したアカウント「陳県長説安化黒茶(陳県長、安化産黒茶を語る)」の人気は上昇を続け、フォロワー数は現在13万人を超えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020040104157

    「教授兼県長」が茶葉販売のインフルエンサーに変身湖南省安化県  19日、湖南省安化県の褒家沖茶場(茶畑)で、ライブ配信を行う陳燦平氏。今年に入り突如猛威を振るった新型コロナウイルスの流行が、茶葉の販売に試練を与えている。3月1日午後9時半、中国湖南省安化県副県長、西南民族大学教授の陳燦平(ちん・さんへい)氏が、人生初のライブ配信を行った。陳氏が中国の短編動画共有アプリ「抖音」上に開設したアカウント「陳県長説安化黒茶(陳県長、安化産黒茶を語る)」の人気は上昇を続け、フォロワー数は現在13万人を超えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020040104065

    「教授兼県長」が茶葉販売のインフルエンサーに変身湖南省安化県  19日、湖南省安化県の黒茶の販売店内で、ライブ配信を行う陳燦平氏。今年に入り突如猛威を振るった新型コロナウイルスの流行が、茶葉の販売に試練を与えている。3月1日午後9時半、中国湖南省安化県副県長、西南民族大学教授の陳燦平(ちん・さんへい)氏が、人生初のライブ配信を行った。陳氏が中国の短編動画共有アプリ「抖音」上に開設したアカウント「陳県長説安化黒茶(陳県長、安化産黒茶を語る)」の人気は上昇を続け、フォロワー数は現在13万人を超えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020040104087

    「教授兼県長」が茶葉販売のインフルエンサーに変身湖南省安化県  19日、湖南省安化県の褒家沖茶場(茶畑)で、ライブ配信を行う陳燦平氏。今年に入り突如猛威を振るった新型コロナウイルスの流行が、茶葉の販売に試練を与えている。3月1日午後9時半、中国湖南省安化県副県長、西南民族大学教授の陳燦平(ちん・さんへい)氏が、人生初のライブ配信を行った。陳氏が中国の短編動画共有アプリ「抖音」上に開設したアカウント「陳県長説安化黒茶(陳県長、安化産黒茶を語る)」の人気は上昇を続け、フォロワー数は現在13万人を超えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020040104086

    「教授兼県長」が茶葉販売のインフルエンサーに変身湖南省安化県  19日、湖南省安化県の黒茶の販売店内で、ライブ配信を行う陳燦平氏。今年に入り突如猛威を振るった新型コロナウイルスの流行が、茶葉の販売に試練を与えている。3月1日午後9時半、中国湖南省安化県副県長、西南民族大学教授の陳燦平(ちん・さんへい)氏が、人生初のライブ配信を行った。陳氏が中国の短編動画共有アプリ「抖音」上に開設したアカウント「陳県長説安化黒茶(陳県長、安化産黒茶を語る)」の人気は上昇を続け、フォロワー数は現在13万人を超えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像