検索結果 4,190 件中 1 件 〜 50 件 "ウイグル弾圧,ウイグル"
  1. 2020113000720

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県平西梁村の宿泊施設で、客室の寝具を点検するスタッフ。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020113000876

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県閑来小鎮の宿泊施設で客室を整えるスタッフ。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020113000728

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県のシルクロード国際リゾートで、山頂に登って記念写真を撮る観光客。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020113000783

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県のシルクロード国際リゾートで、スキーを楽しむ愛好家ら。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020113000847

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県のシルクロード国際リゾートで、インストラクターについてスキーを練習する子ども。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020113000730

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県閑来小鎮のグルメ街「寛窄巷子」を散策する観光客。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020113000733

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県の天山大峡谷風景区で、景色を撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020113000901

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県のシルクロード国際リゾートで、スノーボードを楽しむ愛好家。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020113000891

    冬の旅行シーズン到来、観光客続々新疆ウイグル自治区  26日、ウルムチ市ウルムチ県のシルクロード国際リゾートで、夕日を浴びながら運行するゴンドラ。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ウルムチ県では冬を迎え、県内のスキー場や天山大峡谷風景区などに多くの観光客が訪れている。同県はこのほど発表された「2020年中国県域観光総合競争力ランキング・トップ100」にランクインしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020112103535

    ウイグル弾圧、在日に波及 携帯に録画された男性  中国の国家安全局員を名乗る男性を録画した携帯電話の画面=7月、千葉県松戸市

  11. 2020112103525

    ウイグル弾圧、在日に波及 携帯を見るローズさん  携帯電話の録画でスパイ行為を要求する男性を見るハリマト・ローズさん=7月、千葉県松戸市

  12. 2020112103523

    ウイグル弾圧、在日に波及 ハリマト・ローズさんら  国会議員らに在日ウイグル人らの窮状を訴えるハリマト・ローズさん(左端)ら=18日、東京都千代田区

  13. 2020112601021

    天山北麓で古代の公共浴場跡を発見新疆ウイグル自治区  奇台県の唐朝墩(とうちょうとん)古城で見つかった浴場遺跡の見取り図。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の奇台県で、考古学研究者らが10世紀前後の高昌回鶻(天山ウイグル王国)時代に作られたとみられる公共浴場跡を発見した。同県は天山山脈の北麓に位置しており、発掘調査は3年に及んだ。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020112601367

    南疆地域医療センター着工新疆カシュガル地区疏附県  18日、カシュガル地区疏附県オグサク鎮で行われた南疆地域医療センター建設プロジェクト起工式。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県オグサク(吾庫薩克)鎮で18日、南疆地域医療センター建設プロジェクトが着工した。感染症院区、総合院区、肺科医院、職員宿舎の四つの機能区を建設する計画で、ベッド数は1300床。竣工後には南疆4地区・自治州(カシュガル、アクス、ホータン各地区とクズルス・キルギス自治州)の感染症医療サービスのレベル向上に寄与し、良質な医療資源をバランスの良く配置するよう促し、地元住民の医療ニーズによりしっかりと対応していく。(疏附=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020112600734

    南疆地域医療センター着工新疆カシュガル地区疏附県  18日、カシュガル地区疏附県オグサク鎮で行われた南疆地域医療センター建設プロジェクト起工式。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県オグサク(吾庫薩克)鎮で18日、南疆地域医療センター建設プロジェクトが着工した。感染症院区、総合院区、肺科医院、職員宿舎の四つの機能区を建設する計画で、ベッド数は1300床。竣工後には南疆4地区・自治州(カシュガル、アクス、ホータン各地区とクズルス・キルギス自治州)の感染症医療サービスのレベル向上に寄与し、良質な医療資源をバランスの良く配置するよう促し、地元住民の医療ニーズによりしっかりと対応していく。(疏附=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020112601365

    南疆地域医療センター着工新疆カシュガル地区疏附県  18日、カシュガル地区疏附県オグサク鎮で行われた南疆地域医療センター建設プロジェクト起工式。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県オグサク(吾庫薩克)鎮で18日、南疆地域医療センター建設プロジェクトが着工した。感染症院区、総合院区、肺科医院、職員宿舎の四つの機能区を建設する計画で、ベッド数は1300床。竣工後には南疆4地区・自治州(カシュガル、アクス、ホータン各地区とクズルス・キルギス自治州)の感染症医療サービスのレベル向上に寄与し、良質な医療資源をバランスの良く配置するよう促し、地元住民の医療ニーズによりしっかりと対応していく。(疏附=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020112601120

    南疆地域医療センター着工新疆カシュガル地区疏附県  18日、カシュガル地区疏附県オグサク鎮で行われた南疆地域医療センター建設プロジェクト起工式。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県オグサク(吾庫薩克)鎮で18日、南疆地域医療センター建設プロジェクトが着工した。感染症院区、総合院区、肺科医院、職員宿舎の四つの機能区を建設する計画で、ベッド数は1300床。竣工後には南疆4地区・自治州(カシュガル、アクス、ホータン各地区とクズルス・キルギス自治州)の感染症医療サービスのレベル向上に寄与し、良質な医療資源をバランスの良く配置するよう促し、地元住民の医療ニーズによりしっかりと対応していく。(疏附=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020112601047

    絶滅危惧種の扁吻魚4万2千匹を放流新疆ウイグル自治区  17日、扁吻魚の放流の様子。中国新疆ウイグル自治区のキジルダム管理局は17日、ダム地区で扁吻魚(学名:Aspiorhynchuslaticeps。新疆大頭魚とも呼ばれる)4万2千匹の増殖放流活動を行った。同自治区がキジルダムで扁吻魚の標識放流を実施するのはこれで3年連続となる。(ウルムチ=新華社配信/董成忠)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020112601459

    絶滅危惧種の扁吻魚4万2千匹を放流新疆ウイグル自治区  17日、放流前の扁吻魚。中国新疆ウイグル自治区のキジルダム管理局は17日、ダム地区で扁吻魚(学名:Aspiorhynchuslaticeps。新疆大頭魚とも呼ばれる)4万2千匹の増殖放流活動を行った。同自治区がキジルダムで扁吻魚の標識放流を実施するのはこれで3年連続となる。(ウルムチ=新華社配信/董成忠)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020112601258

    新疆の砂漠から日本市場へ、羊の小腸が貧困脱却に貢献  9日、ホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場で、羊の小腸を洗浄する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン市を流れる白玉河(ユルンカシュ河)。西岸の北京ホータン工業園区にあるホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場では、数十人の従業員が絡み合った羊の小腸を慣れた手つきで処理している。羊の小腸は洗浄や剥離、浸漬などの工程を経て、約25メートルの透明な腸線になる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020112600926

    新疆の砂漠から日本市場へ、羊の小腸が貧困脱却に貢献  9日、ホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場で、洗浄した羊の小腸を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン市を流れる白玉河(ユルンカシュ河)。西岸の北京ホータン工業園区にあるホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場では、数十人の従業員が絡み合った羊の小腸を慣れた手つきで処理している。羊の小腸は洗浄や剥離、浸漬などの工程を経て、約25メートルの透明な腸線になる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020112601262

    新疆の砂漠から日本市場へ、羊の小腸が貧困脱却に貢献  9日、ホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場で、羊の小腸を洗浄する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン市を流れる白玉河(ユルンカシュ河)。西岸の北京ホータン工業園区にあるホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場では、数十人の従業員が絡み合った羊の小腸を慣れた手つきで処理している。羊の小腸は洗浄や剥離、浸漬などの工程を経て、約25メートルの透明な腸線になる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020112601456

    新疆の砂漠から日本市場へ、羊の小腸が貧困脱却に貢献  9日、ホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場で、羊の小腸を洗浄する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン市を流れる白玉河(ユルンカシュ河)。西岸の北京ホータン工業園区にあるホータン秋実崑崙雪生物科技の作業場では、数十人の従業員が絡み合った羊の小腸を慣れた手つきで処理している。羊の小腸は洗浄や剥離、浸漬などの工程を経て、約25メートルの透明な腸線になる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020111309926

    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区  7日、ロプ(洛浦)県の食品会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒル肉を運ぶ従業員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020111104401

    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県  7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で忙しく働く従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020111104412

    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県  7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの砂嚢(さのう、胃の一部)を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020111104497

    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県  7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒルの肉を運ぶ従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020111104502

    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県  7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの肉を包装する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020111309892

    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区  7日、ロプ(洛浦)県の食品会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒル肉の重さを量る従業員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020111309957

    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区  7日、ロプ(洛浦)県の食品会社、利田香農食品で、アヒルを運ぶ従業員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020111104438

    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県  7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの舌を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020111104541

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメを運ぶ栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020111104533

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県にある新疆紅棗(和田)卸売り交易市場のナツメ生産加工区で忙しく働く作業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020111104518

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、ナツメを落とす栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020111104712

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメを運ぶ栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020111104468

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県にある新疆紅棗(和田)卸売り交易市場で、日にさらして乾燥させたナツメの仕分けをする栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020111104461

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収穫したナツメを見せる栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020111104722

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメを仕分けする農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020111104406

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、木から落としたナツメを集める栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020111104537

    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県  6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメをカゴに入れる栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020110904186

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パークの生産ラインで作業する従業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020110904482

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パークの生産ラインで作業する従業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020110904488

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パークの生産ラインで作業する従業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020110904377

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パーク。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020110904524

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パークの生産ラインで作業する従業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020110904249

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パークで、製品の梱包材を運ぶ従業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020110904309

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パークで展示されている製品。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020110904315

    砂漠のデジタル産業パーク新疆ウイグル自治区  4日、ホータン地区チラ県の天津工業パーク内にあるスマート製造産業パークの生産ラインで作業する従業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置するホータン地区チラ県は今年以降、大手企業を誘致しデジタル電子産業モデル区を建設している。モデル区の整備はホータン地区とチラ県、同地域でペアリング支援を行う天津市の新疆事業部門が共同で進めている。産業計画に重点を置き、自治区南部で最大規模のデジタル電子産業モデル区を目指す。これまでにスマート製造産業パークやデジタル教育セキュリティー産業パークなど七つの産業パークが基本的に形成されており、投資が確定したデジタル電子企業は13社ある。電子部品組立企業4社は既に操業を始めている。(チラ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020111104410

    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県  2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社のアヒル飼育場の一角。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。 同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020111309994

    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区  2日、ロプ(洛浦)県奮斗家禽養殖農民専業合作社(協同組合)で、アヒルが餌を食べる様子をチェックする飼育員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像