検索結果 93 件中 1 件 〜 50 件 "オリヒメ"
  1. 2020101705830

    分身ロボ介しカフェ店員に 分身ロボと生徒ら  カフェの注文を担当する岩田さんが操作する分身ロボ「オリヒメ」と鳥取県立米子西高の生徒ら(左側)=17日午後、鳥取県米子市

  2. 2020101705829

    分身ロボ介しカフェ店員に 分身ロボと生徒たち  筋ジストロフィー患者の岩田真帆さんが操作する分身ロボ「オリヒメ」と鳥取県立米子西高の生徒たち=17日午後、鳥取県米子市

  3. 2020090806113

    遠隔で「バリスタ」に テレバリスタ  難病などで外出困難な人でも遠隔操作により手先を使った接客ができる分身ロボット「テレバリスタ」のデモンストレーションが東京都内で行われた。「オリヒメ」(右上)を通じて、産業ロボ「ネクステージ」(中央)を操作し、客の好みに合わせたコーヒーをスムーズに入れて見せた。身体表現性障害を患い、埼玉県の自宅から遠隔操作した女性は「いずれはラテアートも描けるようになれれば」と話していた=8日

  4. 2020090806092

    遠隔で「バリスタ」に テレバリスタ  難病などで外出困難な人でも遠隔操作により手先を使った接客ができる分身ロボット「テレバリスタ」のデモンストレーションが東京都内で行われた。「オリヒメ」(右上)を通じて、産業ロボ「ネクステージ」を操作し、客の好みに合わせたコーヒーをスムーズに入れて見せた。身体表現性障害を患い、埼玉県の自宅から遠隔操作した女性は「いずれはラテアートも描けるようになれれば」と話していた=8日

  5. 2020081700617

    農村を美しく彩る水田アート浙江省杭州市  12日、空から見た杭州市富陽区紅旗村の水田アート。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区の紅旗村では8月中旬に入り、300ムー(約20ヘクタール)の水田アートが鑑賞シーズンを迎えた。「葡萄の美酒」「牛郎織女(織姫と彦星)」「水田の田植え」などの特色あるデザインが、地元の農村観光の目玉となっている。同区はここ数年、「美しい田園」建設を積極的に進めており、農村観光や収穫体験、農家民宿をテーマとする農村文化と観光の融合発展を目指している。(富陽=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081700461

    農村を美しく彩る水田アート浙江省杭州市  12日、空から見た杭州市富陽区紅旗村の水田アート「牛郎織女」。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区の紅旗村では8月中旬に入り、300ムー(約20ヘクタール)の水田アートが鑑賞シーズンを迎えた。「葡萄の美酒」「牛郎織女(織姫と彦星)」「水田の田植え」などの特色あるデザインが、地元の農村観光の目玉となっている。同区はここ数年、「美しい田園」建設を積極的に進めており、農村観光や収穫体験、農家民宿をテーマとする農村文化と観光の融合発展を目指している。(富陽=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081700471

    農村を美しく彩る水田アート浙江省杭州市  12日、空から見た杭州市富陽区紅旗村の水田アート。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区の紅旗村では8月中旬に入り、300ムー(約20ヘクタール)の水田アートが鑑賞シーズンを迎えた。「葡萄の美酒」「牛郎織女(織姫と彦星)」「水田の田植え」などの特色あるデザインが、地元の農村観光の目玉となっている。同区はここ数年、「美しい田園」建設を積極的に進めており、農村観光や収穫体験、農家民宿をテーマとする農村文化と観光の融合発展を目指している。(富陽=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081700607

    農村を美しく彩る水田アート浙江省杭州市  12日、空から見た杭州市富陽区紅旗村の水田アート「葡萄の美酒」。上に見えるのは葡萄栽培のハウス。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区の紅旗村では8月中旬に入り、300ムー(約20ヘクタール)の水田アートが鑑賞シーズンを迎えた。「葡萄の美酒」「牛郎織女(織姫と彦星)」「水田の田植え」などの特色あるデザインが、地元の農村観光の目玉となっている。同区はここ数年、「美しい田園」建設を積極的に進めており、農村観光や収穫体験、農家民宿をテーマとする農村文化と観光の融合発展を目指している。(富陽=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081700622

    農村を美しく彩る水田アート浙江省杭州市  12日、杭州市富陽区紅旗村の水田で除草や施肥をする農家。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区の紅旗村では8月中旬に入り、300ムー(約20ヘクタール)の水田アートが鑑賞シーズンを迎えた。「葡萄の美酒」「牛郎織女(織姫と彦星)」「水田の田植え」などの特色あるデザインが、地元の農村観光の目玉となっている。同区はここ数年、「美しい田園」建設を積極的に進めており、農村観光や収穫体験、農家民宿をテーマとする農村文化と観光の融合発展を目指している。(富陽=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072100763

    遠隔操作ロボで接客業務 モスバーガーのロボット  モスバーガー大崎店のレジに設置された分身ロボット「OriHime」=21日午後、東京都品川区

  11. 2020080101731

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  オリィ研究所の分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」と写る(左から)吉藤健太朗 オリィ研究所 代表取締役所長と金田泰明 モスフードサービス 執行役員 会長・社長室長。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  12. 2020080101742

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  13. 2020080101730

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  14. 2020080101736

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  15. 2020080101729

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  16. 2020080101740

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  17. 2020022023493

    遠隔操作ロボで来客案内 オリヒメDの実証実験  実証実験で病気や障害のある人が遠隔操作する「オリヒメD」=20日午前、東京都千代田区

  18. 2020022023492

    遠隔操作ロボで来客案内 来客案内するオリヒメD  遠隔操作を通じて来客役を案内する「オリヒメD」=20日午前、東京都千代田区

  19. 2020022811026

    NTTが活用する分身ロボ「オリヒメ―D」  NTTは20日、遠隔操作型の分身ロボットを活用した受け付け業務の実証実験を始めたと発表した。オリィ研究所(東京都港区)のロボット「オリヒメ―D」を活用する。身体に障がいを抱える人が遠隔地域でロボットを操作し、NTTの来訪者に会議室への案内をする受け付け業務を想定。来訪者が帰る際の声がけや、待ち時間における会話も行う。実証期間は3月31日まで。NTT本社の大手町ファーストスクエアビル(同千代田区)14階の受け付けで実証する。オリヒメ―Dを活用して身体に障がいを抱える人がオフィス勤務を行うのは初の試み。オリヒメ―Dは平日の13―16時に稼働する。オリヒメ―Dは相手の動きに応じて顔の向きを変えたり、出先に持ち運びしたりできる。NTTの池田円ダイバーシティ推進室長は「ロボットやITを活用して、多様な働き方を認めるダイバーシティ雇用を推進していきたい」と述べた。=2020(令和2)年2月20日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  20. 2020021600459

    分身ロボットでショー鑑賞 ステージ上のオリヒメ  ステージ上から映像を送るオリヒメ(手前)=16日、鳥取県境港市

  21. 2020021600458

    分身ロボットでショー鑑賞 映像を送るオリヒメ  ステージ上から映像を送るオリヒメ(右下)=16日、鳥取県境港市

  22. 2019100802140

    障害で分け隔てられぬ場を 舩後靖彦参院議員  分身ロボット「オリヒメ」と写真に写る舩後靖彦参院議員=8月、千葉県松戸市

  23. 2019090100250

    分身ロボで一緒に学ぼう 日吉津小の児童  分身ロボット「オリヒメ」を通して、石原音彩さんと会話する日吉津小の児童=7月、鳥取県日吉津村

  24. 2019081100947

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」 「12段用」

  25. 2019081100946

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」 「12段用」

  26. 2019081100945

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」

  27. 2019081100944

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」

  28. 2019073103446

    筋ジスの19歳、登山に挑戦 オリヒメ  分身ロボット「オリヒメ」を抱え鳥取県の大山を登り始める「コラボレーション・コンサルティング」の石原睦巳代表=31日

  29. 2019073103441

    筋ジスの19歳、登山に挑戦 岩田真帆さん  自宅にいながら分身ロボット「オリヒメ」から送られる映像や音を通じ大山登山を体験する岩田真帆さん=31日、鳥取県南部町

  30. 2019030602846

    遠隔操作の〝目〟で共感 母律子さんとオリヒメ  離れた場所にいる息子の巧大さんと、オリヒメを通して会話する母律子さん。花を見せると巧大さん側で端末を操作し、ロボットの左手を上げ喜びを表現した=大阪市 写真連載企画「カメラ目線」第1部「つながり」(6)

  31. 2018122123977

    幸福を織り出す「織姫」陝西省鳳翔県  19日、鳳翔恵闌民俗文化有限公司の工場で機織りをする女性。中国陝西省宝鶏市鳳翔(ほうしょう)県の県級無形文化遺産伝承者、寧卿恵(ねい・きょうけい)さんは2016年、同県で恵闌(けいらん)民俗文化有限公司を設立した。寧さんは陝西関中手織り布の技術を受け継ぐとともに、「企業+合作社+農家」の形式をとり、農村の女性たちを「招き入れ」て無償で技術を教え、織り機を無償で「提供」。地元女性200人余りが自宅近くで就職できるようにした。同公司の300余りの手織り製品が現在、フランスやインド、日本、韓国など多くの国と地域に輸出されている。(鳳翔=新華社記者/都紅剛)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018122123965

    幸福を織り出す「織姫」陝西省鳳翔県  19日、手織り生地で作られた衣料品を確認する鳳翔恵闌民俗文化有限公司の寧卿恵社長。中国陝西省宝鶏市鳳翔(ほうしょう)県の県級無形文化遺産伝承者、寧卿恵(ねい・きょうけい)さんは2016年、同県で恵闌(けいらん)民俗文化有限公司を設立した。寧さんは陝西関中手織り布の技術を受け継ぐとともに、「企業+合作社+農家」の形式をとり、農村の女性たちを「招き入れ」て無償で技術を教え、織り機を無償で「提供」。地元女性200人余りが自宅近くで就職できるようにした。同公司の300余りの手織り製品が現在、フランスやインド、日本、韓国など多くの国と地域に輸出されている。(鳳翔=新華社記者/都紅剛)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018112720023

    画面の先、広がる可能性 ⑭吉藤健太朗さん  オリィ研究所所長の吉藤健太朗さんと分身型ロボット「OriHime(オリヒメ)」 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  34. 2018112720018

    画面の先、広がる可能性 ⑬吉藤健太朗さん  オリィ研究所所長の吉藤健太朗さん。手前は分身型ロボット「OriHime(オリヒメ)」 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  35. 2018112720004

    画面の先、広がる可能性 ⑫オリヒメ  オリィ研究所が開発した分身型ロボット「OriHime(オリヒメ)」 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  36. 2018112719988

    画面の先、広がる可能性 ⑪オリヒメ  オリィ研究所が開発した分身型ロボット「OriHime(オリヒメ)」 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  37. 2018112719976

    画面の先、広がる可能性 ⑱店舗で働くオリヒメD  カフェで接客する「オリヒメD」。遠隔地から患者が操作している=東京都港区 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  38. 2018112719947

    画面の先、広がる可能性 ⑯店舗で働くオリヒメD  カフェで接客する「オリヒメD」。遠隔地から患者が操作している=東京都港区 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  39. 2018112719938

    画面の先、広がる可能性 ⑮店舗で働くオリヒメD  カフェで接客する「オリヒメD」。遠隔地から患者が操作している=東京都港区 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  40. 2018112719930

    画面の先、広がる可能性 ⑰店舗で働くオリヒメD  カフェで接客する「オリヒメD」。遠隔地から患者が操作している=東京都港区 「XY18」▽医療・情報技術「障害者の発信支えるICT」

  41. 2018112622857

    遠隔ロボの働くカフェ オリヒメD  在宅の四肢が不自由な身体障害者が遠隔操作ロボを通じ給仕するカフェが開店し、接客する「オリヒメD」=26日午後、東京都港区

  42. 2018112622435

    遠隔ロボの働くカフェ 店舗で働くオリヒメD  在宅の四肢が不自由な身体障害者が遠隔操作ロボを通じ給仕するカフェが開店し、接客する「オリヒメD」=26日午後、東京都港区の日本財団ビル

  43. 2018112622428

    遠隔ロボの働くカフェ 働くオリヒメD  在宅の四肢が不自由な身体障害者が遠隔操作ロボを通じ給仕するカフェが開店し、接客する「オリヒメD」=26日午後、東京都港区の日本財団ビル

  44. 2018110232852

    不自由超え自己表現 榊さんと吉藤さん  闘病生活を送る榊浩行さん(右)と分身ロボット「オリヒメ」を使ってコミュニケーションするオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  45. 2018110232849

    不自由超え自己表現 ロボットと吉藤代表  分身ロボット「オリヒメ」を手に、インタビューに答えるオリィ研究所の吉藤健太朗代表 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  46. 2018110232846

    不自由超え自己表現 吉藤健太朗さん  分身ロボット「オリヒメ」を前に、インタビューに答えるオリィ研究所の吉藤健太朗代表 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  47. 2018110232843

    不自由超え自己表現 分身ロボットと吉藤さん  分身ロボット「オリヒメ」と開発したオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  48. 2018110232839

    不自由超え自己表現 榊さんと分身ロボット  闘病生活を送る榊浩行さんと分身ロボット「オリヒメ」。右はオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  49. 2018091423198

    800人が「無形文化遺産」の機織り披露河北省沙河市  12日、「沙河四匹繒布」の機織りを披露する「織り姫」。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市沙河(さか)市(邢台市の管轄下にある県級市)で12日、塔子峪(とうしよく)村と周辺の村の「織り姫」801人が一斉に飛び杼(ひ)の織機で布を織り、河北省無形文化遺産「沙河四匹繒布(そうふ)」の機織り技術を披露した。「沙河四匹繒布」は沙河西部の山間部や丘陵地に広く伝わる民間の手織布。同イベントは、一斉に機織りをする人数のギネス記録を更新した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018091423161

    800人が「無形文化遺産」の機織り披露河北省沙河市  12日、「沙河四匹繒布」の機織りを披露する「織り姫」。中国河北省邢台(けいだい)市沙河(さか)市(邢台市の管轄下にある県級市)で12日、塔子峪(とうしよく)村と周辺の村の「織り姫」801人が一斉に飛び杼(ひ)の織機で布を織り、河北省無形文化遺産「沙河四匹繒布(そうふ)」の機織り技術を披露した。「沙河四匹繒布」は沙河西部の山間部や丘陵地に広く伝わる民間の手織布。同イベントは、一斉に機織りをする人数のギネス記録を更新した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像