検索結果 131 件中 1 件 〜 50 件 "オンラインショップ"
  1. 2020091609235

    菅内閣が発足 スガちゃん瓦割りせんべい  16日、菅新首相の誕生を祝い、国会内の売店などで販売が始まった「スガちゃん瓦割りせんべい」。菅氏が大学時代に空手部だったことにちなみ、パッケージには胴着姿で正拳突きを笑顔で決めるイラストが描かれている。材料には出身地・秋田県産の米粉を使用。税別700円、16枚入りでオンラインショップでも購入が可能

  2. 2020073008849

    「グランスタ東京」披露 技わざオンラインショップ  「技わざオンラインショップ」が期間限定で設ける実店舗=30日午後、JR東京駅

  3. 2020070900020

    ネット販売で作家ら支援 出品された伝統工芸品  センターが開設したオンラインショップに出品された伝統工芸品 「北陸カレント」

  4. 2020070900015

    ネット販売で作家ら支援 小皿を研磨する佐野専務  オンラインショップに出品する鉄の小皿を研磨する佐野政製作所の佐野秀充専務=富山県高岡市 「北陸カレント」

  5. 2020070900003

    ネット販売で作家ら支援 五十嵐研究員と伝統工芸品  オンラインショップに出品された伝統工芸品を紹介する富山県総合デザインセンターの五十嵐瞳研究員=富山県高岡市 「北陸カレント」

  6. 2020052104697

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮周圏村の盆栽市場。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104672

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地で顧客にコウシンバラの説明をする楊婷婷さん(左)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104757

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮で育てたコウシンバラを見せる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052104704

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗の手入れをする楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052104650

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を運ぶ楊婷婷さん(左)と夫の陳武(ちん・ぶ)さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104643

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を手入れする楊婷婷さん。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104710

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗に水をやる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052104698

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村に広がる花木栽培用のビニールハウス。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052104648

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、母親の趙紅霞(ちょう・こうか)さんから花木の手入れについて学ぶ趙紫瑄さん(右)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052104693

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、淘宝のライブ配信でフォロワーに花木の手入れについて紹介する趙紫瑄さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050803804

    Coronavirus - Karlsruhe 06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: People go to the Karlsruhe Zoo, which has reopened. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  17. 2020050803755

    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again 06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: Visitors to the Karlsruhe Zoo, which has reopened, stand by an enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2020050803669

    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again 06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: Visitors to the Karlsruhe Zoo, which has reopened, stand at the sea lion enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2020050803808

    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again 06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: People go to the Karlsruhe Zoo, which has reopened. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  20. 2020050803752

    Coronavirus - Karlsruhe 06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: Visitors of the Karlsruhe Zoo, which has reopened, stand at the penguin enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  21. 2020050803941

    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again 06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: In the Karlsruhe Zoo, which has reopened, distance markings are placed on the floor in front of an enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2020050902045

    HSV protective masks 04 May 2020, Hamburg: A mouth-nose protection mask in the colours of the Hamburger SV is lying on a stone football in the car park in front of the Volkspark Stadium. Second division football club Hamburger SV has started sending 57,000 protective masks in the club colours. The blue-white-black mouth-nose protection had been offered in the online shop in mid-April and sold out after a few days. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  23. 2020050901761

    HSV protective masks 04 May 2020, Hamburg: An employee of Hamburger SV holds a mouth-and-nose protection mask in the colours of HSV in front of the Volkspark Stadium. Second division football club Hamburger SV has started sending 57,000 protective masks in the club colours. The blue, white and black mouth-nose protection was offered in the online shop in mid-April and sold out after a few days. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  24. 2020050901838

    HSV protective masks 04 May 2020, Hamburg: Three mouth-nose protection masks in the colours of Hamburger SV are in a shipping box. Second division football club Hamburger SV has started shipping 57,000 protective masks in the club colours. The blue-white-black mouth-nose protectors were offered in the online shop in mid-April and sold out after a few days. Photo: Christian Charisius/dpa - IMPORTANT NOTE: In accordance with the regulations of the DFL Deutsche Fußball Liga and the DFB Deutscher Football-Bund, it is prohibited to exploit or have exploited in the stadium and/or from the game taken photographs in the form of sequence images and/or video-like photo series.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2020050901828

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  26. 2020050901962

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus holds a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  27. 2020050902163

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  28. 2020050803712

    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards 28 April 2020, Berlin: Designer Sophie Oemus selects fabrics for the mouth and nose masks of her label Maisonnoee in the fabric warehouse. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2020050803551

    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus holds a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2020050901990

    EXCLUSIVE - designer Sophie Oemus 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus from the Maisonnoee label. Currently she offers mouth and nose masks in different patterns in her online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2020050901985

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2020050902149

    EXCLUSIVE - designer Sophie Oemus 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus from the Maisonnoee label. Currently she offers mouth and nose masks in different patterns in her online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020050902092

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2020050902124

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus holds a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2020050902127

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020050901788

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020050902018

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: A mouth and nose mask from the Maisonnoee label. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, the charity sweatshirt is sold, 60 percent of the proceeds of which are donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2020050902043

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: A mouth and nose mask from the Maisonnoee label. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of which will be donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2020050902172

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: A mouth and nose mask from the Maisonnoee label. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, the charity sweatshirt is sold, 60 percent of the proceeds of which are donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2020050803597

    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards 28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio in different patterns and are offered in the online shop. In addition, a charity sweatshirt is sold, 60 percent of the proceeds of which are donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2020050901816

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2020050901758

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  43. 2020050901959

    EXCLUSIVE - designer Sophie Oemus 28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus from the Maisonnoee label. Currently she offers mouth and nose masks in different patterns in her online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  44. 2020050901871

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  45. 2020050902158

    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label 28 April 2020, Berlin: Designer Sophie Oemus selects fabrics for the mouth and nose masks of her label Maisonnoee imStofflager. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2020050802652

    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask 27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2020050802719

    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask 27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2020050802396

    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask 27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2020050802626

    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask 27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2020050803605

    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards 27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像