検索結果 9 件中 1 件 〜 9 件 "オンライン事業"
  1. 2020031702402

    フードデリバリー品目に見る中国経済復活のサイン  出発の準備をする美団点評の配達員。(資料写真)中国ネット出前・生活サービス大手の美団点評の配達員、張海林(ちょう・かいりん)さん(43)は、遼寧省瀋陽市鉄西区の鉄西広場周辺を業務範囲としている。新型コロナウイルスの流行で張さんはこの仕事を始めて以降、最も辛い1カ月間を過ごし、収入も半分以下になった。ただ3月に入ると、配達ボックスに変化が表れた。注文件数に回復の兆しが見え、生鮮食品やマスク、薬品など単一だった品目が多岐にわたるようになり、食材配達より出来立て料理の出前が増えた。美団点評のビッグデータ統計によると、2月17日から3月1日までに全国の飲食業事業者の55%以上が営業を再開。3割のオンライン事業者で出前件数が感染発生前の件数を上回った。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020031702394

    フードデリバリー品目に見る中国経済復活のサイン  料理を届ける美団点評の配達員。(資料写真)中国ネット出前・生活サービス大手の美団点評の配達員、張海林(ちょう・かいりん)さん(43)は、遼寧省瀋陽市鉄西区の鉄西広場周辺を業務範囲としている。新型コロナウイルスの流行で張さんはこの仕事を始めて以降、最も辛い1カ月間を過ごし、収入も半分以下になった。ただ3月に入ると、配達ボックスに変化が表れた。注文件数に回復の兆しが見え、生鮮食品やマスク、薬品など単一だった品目が多岐にわたるようになり、食材配達より出来立て料理の出前が増えた。美団点評のビッグデータ統計によると、2月17日から3月1日までに全国の飲食業事業者の55%以上が営業を再開。3割のオンライン事業者で出前件数が感染発生前の件数を上回った。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020031702441

    フードデリバリー品目に見る中国経済復活のサイン  勤務中の美団点評の配達員。(資料写真)中国ネット出前・生活サービス大手の美団点評の配達員、張海林(ちょう・かいりん)さん(43)は、遼寧省瀋陽市鉄西区の鉄西広場周辺を業務範囲としている。新型コロナウイルスの流行で張さんはこの仕事を始めて以降、最も辛い1カ月間を過ごし、収入も半分以下になった。ただ3月に入ると、配達ボックスに変化が表れた。注文件数に回復の兆しが見え、生鮮食品やマスク、薬品など単一だった品目が多岐にわたるようになり、食材配達より出来立て料理の出前が増えた。美団点評のビッグデータ統計によると、2月17日から3月1日までに全国の飲食業事業者の55%以上が営業を再開。3割のオンライン事業者で出前件数が感染発生前の件数を上回った。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020030503852

    楽天のロゴマーク  2月28日に公正取引委員会が出店者への「送料込み」の料金体系について16年ぶりに緊急停止命令を申立て、2月13日の決算会見で8年振りの最終赤字を発表した楽天のロゴマーク。=2020(令和2)年2月29日、東京都世田谷区の楽天本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  5. 2020030503855

    楽天のロゴマーク  2月28日に公正取引委員会が出店者への「送料込み」の料金体系について16年ぶりに緊急停止命令を申立て、2月13日の決算会見で8年振りの最終赤字を発表した楽天のロゴマーク。=2020(令和2)年2月29日、東京都世田谷区の楽天本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  6. 2020030503857

    楽天のロゴマーク  2月28日に公正取引委員会が出店者への「送料込み」の料金体系について16年ぶりに緊急停止命令を申立て、2月13日の決算会見で8年振りの最終赤字を発表した楽天のロゴマーク。=2020(令和2)年2月29日、東京都世田谷区の楽天本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  7. 2020030503869

    楽天のロゴマーク  2月28日に公正取引委員会が出店者への「送料込み」の料金体系について16年ぶりに緊急停止命令を申立て、2月13日の決算会見で8年振りの最終赤字を発表した楽天のロゴマーク。=2020(令和2)年2月29日、東京都世田谷区の楽天本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  8. 2020031702444

    フードデリバリー品目に見る中国経済復活のサイン  顧客と連絡を取る美団点評の配達員。(資料写真)中国ネット出前・生活サービス大手の美団点評の配達員、張海林(ちょう・かいりん)さん(43)は、遼寧省瀋陽市鉄西区の鉄西広場周辺を業務範囲としている。新型コロナウイルスの流行で張さんはこの仕事を始めて以降、最も辛い1カ月間を過ごし、収入も半分以下になった。ただ3月に入ると、配達ボックスに変化が表れた。注文件数に回復の兆しが見え、生鮮食品やマスク、薬品など単一だった品目が多岐にわたるようになり、食材配達より出来立て料理の出前が増えた。美団点評のビッグデータ統計によると、2月17日から3月1日までに全国の飲食業事業者の55%以上が営業を再開。3割のオンライン事業者で出前件数が感染発生前の件数を上回った。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019061100198

    イオンマレーシア、需要拡大でオンライン事業拡張へ  イオンマレーシアは今年、オンライン販売を強化していく方針を明らかにした。「オンライン事業は顧客の利便性を高めて、好評を得ている」と話すイオンマレーシアの鷲澤忍マネジング・ディレクター(中央)=2019(令和元)年5月30日、マレーシア・クアラルンプール、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像