検索結果 27 件中 1 件 〜 27 件 "オンライン方式"
  1. 2020112103805

    コロナ危機下の経済協議 オンライン出席の菅首相ら  21日、菅首相(上段右から2人目)ら各国首脳がオンライン方式で参加し、開催されたG20サミット

  2. 2020112103804

    コロナ危機下の経済協議 オンライン開催の会議  21日、オンライン方式で開催されたG20サミット

  3. 2020110201899

    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応  10月30日、北京建築大学で、オンラインを通じて海外の大学責任者による講演を視聴する教員。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020110201900

    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応  10月30日、総会終了後に記念撮影する参加者の代表。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020110201791

    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応  10月30日、スピーチをする「一帯一路」建築系大学国際連盟主席で、北京建築大学校長の張愛林(ちょう・あいりん)氏。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020110201885

    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応  10月30日、北京建築大学で開かれた「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020102903747

    中国パキスタン経済回廊協力によるラホール軌道交通、運行開始  25日、パキスタン・パンジャブ州のラホール市と中国北京市で、オンライン方式によって開催されたラホール軌道交通オレンジラインの開通式。中国企業が建設を請け負った、パキスタン・パンジャブ州ラホール市の軌道交通オレンジラインプロジェクトの開通式が25日、北京市とラホール市でオンライン方式によって開催された。これによりパキスタンは「地下鉄の時代」に入った。(ラホール=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020102903882

    中国パキスタン経済回廊協力によるラホール軌道交通、運行開始  25日、パキスタン・ラホール軌道交通オレンジラインの開通式に出席する中国とパキスタンの来賓。中国企業が建設を請け負った、パキスタン・パンジャブ州ラホール市の軌道交通オレンジラインプロジェクトの開通式が25日、北京市とラホール市でオンライン方式によって開催された。これによりパキスタンは「地下鉄の時代」に入った。(ラホール=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020102903849

    中国パキスタン経済回廊協力によるラホール軌道交通、運行開始  24日、試運転中のラホール軌道交通オレンジライン。中国企業が建設を請け負った、パキスタン・パンジャブ州ラホール市の軌道交通オレンジラインプロジェクトの開通式が25日、北京市とラホール市でオンライン方式によって開催された。これによりパキスタンは「地下鉄の時代」に入った。(ラホール=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020102601659

    第13回多言語全国通訳コンテスト、北京で開催  24日、オンライン方式で日本語部門の決勝に臨む参加者。中国北京市の北京第二外国語学院で24日、中国翻訳協会と同学院が共催する「イオン杯」第13回多言語全国通訳コンテストの決勝が開催された。日本語、フランス語、ロシア語、ドイツ語、朝鮮・韓国語、スペイン語、アラビア語の7部門に国内外43大学の選手が参加した。今回のコンテストは新型コロナウイルスの影響により、オンラインとオフラインを組み合わせた形式で行われた。(北京=新華社記者/邱虹)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020092505640

    ファーウェイの「未来の種プログラム」、ブルネイで始動  21日、「未来の種プログラム」の開始式でブルネイの学生と記念撮影する同国教育省のハジ・ロマイザ次官(前列右から2人目)、于紅(う・こう)駐ブルネイ中国大使(前列左から2人目)。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のブルネイ法人、華為ブルネイは21日、首都バンダルスリブガワン市で2020年度「未来の種プログラム」の開始式を行った。同国の情報通信技術(ICT)人材の育成や、中国とブルネイの意思疎通と交流の促進を目的としている。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、今年は初めてオンライン方式を採用。研修生35人が第5世代移動通信システム(5G)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの技術を重点的に学んでいく。(バンダルスリブガワン=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020092505594

    ファーウェイの「未来の種プログラム」、ブルネイで始動  21日、「未来の種プログラム」の開始式に出席するブルネイ教育省のハジ・ロマイザ次官(前列右から2人目)、于紅(う・こう)駐ブルネイ中国大使(前列左から2人目)。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のブルネイ法人、華為ブルネイは21日、首都バンダルスリブガワン市で2020年度「未来の種プログラム」の開始式を行った。同国の情報通信技術(ICT)人材の育成や、中国とブルネイの意思疎通と交流の促進を目的としている。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、今年は初めてオンライン方式を採用。研修生35人が第5世代移動通信システム(5G)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの技術を重点的に学んでいく。(バンダルスリブガワン=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020092505532

    ファーウェイの「未来の種プログラム」、ブルネイで始動  21日、「未来の種プログラム」の開始式に出席するブルネイ教育省のハジ・ロマイザ次官(中央)、于紅(う・こう)駐ブルネイ中国大使(右)、ファーウェイブルネイ法人の張建華(ちょう・けんか)総経理。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のブルネイ法人、華為ブルネイは21日、首都バンダルスリブガワン市で2020年度「未来の種プログラム」の開始式を行った。同国の情報通信技術(ICT)人材の育成や、中国とブルネイの意思疎通と交流の促進を目的としている。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、今年は初めてオンライン方式を採用。研修生35人が第5世代移動通信システム(5G)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの技術を重点的に学んでいく。(バンダルスリブガワン=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020092505606

    ファーウェイの「未来の種プログラム」、ブルネイで始動  21日、「未来の種プログラム」の開始式であいさつするブルネイ教育省のハジ・ロマイザ次官(右)。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のブルネイ法人、華為ブルネイは21日、首都バンダルスリブガワン市で2020年度「未来の種プログラム」の開始式を行った。同国の情報通信技術(ICT)人材の育成や、中国とブルネイの意思疎通と交流の促進を目的としている。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、今年は初めてオンライン方式を採用。研修生35人が第5世代移動通信システム(5G)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの技術を重点的に学んでいく。(バンダルスリブガワン=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020092505542

    ファーウェイの「未来の種プログラム」、ブルネイで始動  21日、「未来の種プログラム」の開始式であいさつするファーウェイブルネイ法人の張建華(ちょう・けんか)総経理。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のブルネイ法人、華為ブルネイは21日、首都バンダルスリブガワン市で2020年度「未来の種プログラム」の開始式を行った。同国の情報通信技術(ICT)人材の育成や、中国とブルネイの意思疎通と交流の促進を目的としている。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、今年は初めてオンライン方式を採用。研修生35人が第5世代移動通信システム(5G)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの技術を重点的に学んでいく。(バンダルスリブガワン=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020092505887

    ファーウェイの「未来の種プログラム」、ブルネイで始動  21日、「未来の種プログラム」の一環でファーウェイブルネイ法人が展開する教育施設を見学するブルネイ教育省のハジ・ロマイザ次官(前列右から1人目)。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のブルネイ法人、華為ブルネイは21日、首都バンダルスリブガワン市で2020年度「未来の種プログラム」の開始式を行った。同国の情報通信技術(ICT)人材の育成や、中国とブルネイの意思疎通と交流の促進を目的としている。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、今年は初めてオンライン方式を採用。研修生35人が第5世代移動通信システム(5G)やビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの技術を重点的に学んでいく。(バンダルスリブガワン=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020090104384

    第3回中国中医薬産業博覧会を開催甘粛省隴西県  28日、第3回中国中医薬産業博覧会のフォーラムで講演する中国工程院院士の張伯礼氏。中国甘粛省隴西(ろうせい)県で28、29両日、第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会が開催された。博覧会の一環として開かれたフォーラムには、中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏や張伯礼(ちょう・はくれい)氏など著名な専門家が会場またはオンライン方式で参加。中医薬産業の発展状況を分析し、人類の健康を守り新型コロナウイルス感染症対策を推進する「中医薬処方」の在り方を模索した。(蘭州=新華社記者/梁軍)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020090104525

    第3回中国中医薬産業博覧会を開催甘粛省隴西県  28日、甘粛省隴西県で開かれた第3回中国中医薬産業博覧会。中国甘粛省隴西(ろうせい)県で28、29両日、第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会が開催された。博覧会の一環として開かれたフォーラムには、中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏や張伯礼(ちょう・はくれい)氏など著名な専門家が会場またはオンライン方式で参加。中医薬産業の発展状況を分析し、人類の健康を守り新型コロナウイルス感染症対策を推進する「中医薬処方」の在り方を模索した。(蘭州=新華社記者/梁軍)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020090104483

    第3回中国中医薬産業博覧会を開催甘粛省隴西県  28日、第3回中国中医薬産業博覧会の会場で上演された中国医薬文化プログラム。中国甘粛省隴西(ろうせい)県で28、29両日、第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会が開催された。博覧会の一環として開かれたフォーラムには、中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏や張伯礼(ちょう・はくれい)氏など著名な専門家が会場またはオンライン方式で参加。中医薬産業の発展状況を分析し、人類の健康を守り新型コロナウイルス感染症対策を推進する「中医薬処方」の在り方を模索した。(蘭州=新華社記者/梁軍)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020090104479

    第3回中国中医薬産業博覧会を開催甘粛省隴西県  28日、第3回中国中医薬産業博覧会で展示された甘粛省産の生薬。中国甘粛省隴西(ろうせい)県で28、29両日、第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会が開催された。博覧会の一環として開かれたフォーラムには、中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏や張伯礼(ちょう・はくれい)氏など著名な専門家が会場またはオンライン方式で参加。中医薬産業の発展状況を分析し、人類の健康を守り新型コロナウイルス感染症対策を推進する「中医薬処方」の在り方を模索した。(蘭州=新華社記者/梁軍)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020090104512

    第3回中国中医薬産業博覧会を開催甘粛省隴西県  28日、第3回中国中医薬産業博覧会で展示された甘粛省産の生薬「当帰」。中国甘粛省隴西(ろうせい)県で28、29両日、第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会が開催された。博覧会の一環として開かれたフォーラムには、中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏や張伯礼(ちょう・はくれい)氏など著名な専門家が会場またはオンライン方式で参加。中医薬産業の発展状況を分析し、人類の健康を守り新型コロナウイルス感染症対策を推進する「中医薬処方」の在り方を模索した。(蘭州=新華社記者/梁軍)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020090104456

    第3回中国中医薬産業博覧会を開催甘粛省隴西県  28日、第3回中国中医薬産業博覧会で甘粛省産の生薬を紹介する製薬会社の社員。中国甘粛省隴西(ろうせい)県で28、29両日、第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会が開催された。博覧会の一環として開かれたフォーラムには、中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏や張伯礼(ちょう・はくれい)氏など著名な専門家が会場またはオンライン方式で参加。中医薬産業の発展状況を分析し、人類の健康を守り新型コロナウイルス感染症対策を推進する「中医薬処方」の在り方を模索した。(蘭州=新華社記者/梁軍)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020082705496

    孫春蘭副総理、ロシア副首相と中ロ科学技術イノベーション年開幕式に出席  中ロ科学技術イノベーション年が26日、スタートした。オンライン方式で行われた開幕式には、中国の孫春蘭(そん・しゅんらん)国務院副総理とロシアのゴリコワ副首相が出席した。(北京=新華社記者/岳月偉)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051402521

    中国ブランドデー、北京市がクラウドパピリオンを公開  10日公開された「2020年中国ブランドデー」北京クラウドパピリオンの疑似空間のエントランス。(資料写真)中国独自ブランドを推進する全国的なイベント「中国ブランドデー」を迎えた10日、北京市はインターネット上で同市の国産ブランドを紹介する「クラウドパビリオン」を公開した。パビリオンの「開館式」は同市通州区の北京城市副センター行政弁公区で行われた。製薬会社の北京科興生物製品や北京以嶺薬業、電子商取引(EC)大手の京東集団(JDドットコム)、スマートフォン大手の小米集団(シャオミ)など同市の自主ブランド企業48社が出展し、北京ブランドの魅力を余すことなく披露した。北京市発展改革委員会の林恩全(りん・おんぜん)副主任はクラウドパビリオンについて、同市の科学技術イノベーションの優位性を強く打ち出したと紹介。新型コロナウイルスの感染防止対策が恒常化するなかで、初めてオンライン方式によるバーチャルパビリオンを構築したと説明した。(北京=新華社配信=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  25. 2020051402542

    中国ブランドデー、北京市がクラウドパピリオンを公開  10日公開された「2020年中国ブランドデー」北京クラウドパピリオンの疑似空間。(資料写真)中国独自ブランドを推進する全国的なイベント「中国ブランドデー」を迎えた10日、北京市はインターネット上で同市の国産ブランドを紹介する「クラウドパビリオン」を公開した。パビリオンの「開館式」は同市通州区の北京城市副センター行政弁公区で行われた。製薬会社の北京科興生物製品や北京以嶺薬業、電子商取引(EC)大手の京東集団(JDドットコム)、スマートフォン大手の小米集団(シャオミ)など同市の自主ブランド企業48社が出展し、北京ブランドの魅力を余すことなく披露した。北京市発展改革委員会の林恩全(りん・おんぜん)副主任はクラウドパビリオンについて、同市の科学技術イノベーションの優位性を強く打ち出したと紹介。新型コロナウイルスの感染防止対策が恒常化するなかで、初めてオンライン方式によるバーチャルパビリオンを構築したと説明した。(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  26. 2020032603901

    今年の大学卒業予定者、「クラウド」就職活動が主流に  22日、就職情報を求める太原理工大学の学生が閲覧したウェブページ。中国の今年の大学新卒者は前年比40万人増の874万人に達する見込み。新型コロナウイルスの感染による肺炎の流行で、多くの企業が大学新卒者の春季採用活動を、従来の対面型からオンライン方式に変更、「クラウド求人」と「クラウド求職」が主流になっている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020032603902

    今年の大学卒業予定者、「クラウド」就職活動が主流に  22日、大学新卒者向け求人サイトで情報を探す太原理工大学の学生。中国の今年の大学新卒者は前年比40万人増の874万人に達する見込み。新型コロナウイルスの感染による肺炎の流行で、多くの企業が大学新卒者の春季採用活動を、従来の対面型からオンライン方式に変更、「クラウド求人」と「クラウド求職」が主流になっている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像