検索結果 315 件中 1 件 〜 50 件 "カルスト"
  1. 2020020511706

    「DPA」 Start of the state congress for pupils in Baden-Württemberg 31 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Pforzheim: Leandro Cerqueira Karst (2nd from left), Chairman of the 13th State Pupils‘ Advisory Council, Susanne Eisenmann (2nd from right, CDU), Minister for Culture, Youth and Sport of Baden-Württemberg, and Uschi Götz (right), State Correspondent of Deutschlandradio in Baden-Württemberg, take part in a panel discussion while pupils in the audience vote on a topic. Every two years, student representatives from Baden-Württemberg meet at the State Students‘ Congress for an exchange. Photo: Tom Weller/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  2. 2020020511903

    「DPA」 Start of the state congress for pupils in Baden-Württemberg 31 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Pforzheim: Leandro Cerqueira Karst (2nd from right), Chairman of the 13th State Pupils‘ Advisory Council, and Susanne Eisenmann (l, CDU), Minister for Culture, Youth and Sport of Baden-Württemberg, take part in a panel discussion. Every two years, student representatives from Baden-Württemberg meet at the State Students‘ Congress for an exchange. Photo: Tom Weller/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  3. 2020020511712

    「DPA」 Start of the state congress for pupils in Baden-Württemberg 31 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Pforzheim: Leandro Cerqueira Karst (l), Chairman of the 13th State Pupils‘ Advisory Council, and Susanne Eisenmann (CDU), Minister of Culture, Youth and Sport of Baden-Württemberg, take part in a panel discussion. Every two years, student representatives from Baden-Württemberg meet at the State Students‘ Congress for an exchange. Photo: Tom Weller/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  4. 2020020511921

    「DPA」 Start of the state congress for pupils in Baden-Württemberg 31 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Pforzheim: Leandro Cerqueira Karst (2nd from left), Chairman of the 13th State Pupils‘ Advisory Council, Susanne Eisenmann (2nd from right, CDU), Minister for Culture, Youth and Sport of Baden-Württemberg, and Uschi Götz (right), State Correspondent of Deutschlandradio in Baden-Württemberg, take part in a panel discussion. Every two years, student representatives from Baden-Württemberg meet at the State Students‘ Congress for an exchange. Photo: Tom Weller/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  5. 2020020511893

    「DPA」 Start of the state congress for pupils in Baden-Württemberg 31 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Pforzheim: Leandro Cerqueira Karst (M), Chairman of the 13th State Pupils‘ Advisory Council, and Susanne Eisenmann (r, CDU), Minister for Culture, Youth and Sport of Baden-Württemberg, will take part in a panel discussion. Every two years, student representatives from Baden-Württemberg meet at the State Students‘ Congress for an exchange. Photo: Tom Weller/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  6. 2020012215331

    「新華社」 壮大な絶景に圧倒!メコン川流域に広がる石灰岩の断崖ラオス  11日、ラオス・カムムアン県のプー・ヒンブン自然保護区に広がる石灰岩の絶景。ラオス・カムムアン県を流れるメコン川の中流域に広がる石灰岩の断崖絶壁は、カルスト地形の景観が美しい同県のプー・ヒンブン自然保護区にあり、同地で有名な絶景スポットの一つになっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020012215860

    「新華社」 壮大な絶景に圧倒!メコン川流域に広がる石灰岩の断崖ラオス  11日、ラオス・カムムアン県の石灰岩の断崖絶壁で、ジップラインを楽しむ観光客。ラオス・カムムアン県を流れるメコン川の中流域に広がる石灰岩の断崖絶壁は、カルスト地形の景観が美しい同県のプー・ヒンブン自然保護区にあり、同地で有名な絶景スポットの一つになっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020012215738

    「新華社」 壮大な絶景に圧倒!メコン川流域に広がる石灰岩の断崖ラオス  11日、ラオス・カムムアン県のプー・ヒンブン自然保護区に広がる石灰岩の絶景。ラオス・カムムアン県を流れるメコン川の中流域に広がる石灰岩の断崖絶壁は、カルスト地形の景観が美しい同県のプー・ヒンブン自然保護区にあり、同地で有名な絶景スポットの一つになっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020012215402

    「新華社」 壮大な絶景に圧倒!メコン川流域に広がる石灰岩の断崖ラオス  11日、ラオス・カムムアン県のプー・ヒンブン自然保護区に広がる石灰岩の絶景。ラオス・カムムアン県を流れるメコン川の中流域に広がる石灰岩の断崖絶壁は、カルスト地形の景観が美しい同県のプー・ヒンブン自然保護区にあり、同地で有名な絶景スポットの一つになっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020012215441

    「新華社」 壮大な絶景に圧倒!メコン川流域に広がる石灰岩の断崖ラオス  11日、ラオス・カムムアン県の石灰岩の断崖絶壁で、ジップラインを楽しむ観光客。ラオス・カムムアン県を流れるメコン川の中流域に広がる石灰岩の断崖絶壁は、カルスト地形の景観が美しい同県のプー・ヒンブン自然保護区にあり、同地で有名な絶景スポットの一つになっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020012215372

    「新華社」 壮大な絶景に圧倒!メコン川流域に広がる石灰岩の断崖ラオス  11日、ラオス・カムムアン県のプー・ヒンブン自然保護区に広がる石灰岩の絶景。ラオス・カムムアン県を流れるメコン川の中流域に広がる石灰岩の断崖絶壁は、カルスト地形の景観が美しい同県のプー・ヒンブン自然保護区にあり、同地で有名な絶景スポットの一つになっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020012215470

    「新華社」 壮大な絶景に圧倒!メコン川流域に広がる石灰岩の断崖ラオス  11日、ラオス・カムムアン県のプー・ヒンブン自然保護区に沈む夕日。ラオス・カムムアン県を流れるメコン川の中流域に広がる石灰岩の断崖絶壁は、カルスト地形の景観が美しい同県のプー・ヒンブン自然保護区にあり、同地で有名な絶景スポットの一つになっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020012321012

    「新華社」 雲南省と貴州省を結ぶ送電網、山岳地帯で進む架線作業  8日、カルスト地形のため送電線は高く険しい山々に沿って架設される。中国の雲南省と貴州省を結ぶ送電網の建設プロジェクト「雲貴相互通路工程」は現在、貴州省六盤水市水城県の発耳鎮と都格鎮で架線作業が進められている。送電線は同地で省境の山岳地帯を越える。施行は送電大手の中国南方電網の系列インフラ建設企業、貴州送変電が手掛ける。計画によると、プロジェクトは今年4月末に完成し送電条件が整う。雲貴相互通路は、豊水期に雲南省の水力発電で得た電気を貴州省へ送電し、渇水期には貴州省の火力発電で得た電気を雲南省へ送る。水力と火力という両省がそれぞれ持つ優位性の相互補完に役立つ。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020012321345

    「新華社」 雲南省と貴州省を結ぶ送電網、山岳地帯で進む架線作業  8日、カルスト地形のため送電線は高く険しい山々に沿って架設される。中国の雲南省と貴州省を結ぶ送電網の建設プロジェクト「雲貴相互通路工程」は現在、貴州省六盤水市水城県の発耳鎮と都格鎮で架線作業が進められている。送電線は同地で省境の山岳地帯を越える。施行は送電大手の中国南方電網の系列インフラ建設企業、貴州送変電が手掛ける。計画によると、プロジェクトは今年4月末に完成し送電条件が整う。雲貴相互通路は、豊水期に雲南省の水力発電で得た電気を貴州省へ送電し、渇水期には貴州省の火力発電で得た電気を雲南省へ送る。水力と火力という両省がそれぞれ持つ優位性の相互補完に役立つ。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020012321148

    「新華社」 雲南省と貴州省を結ぶ送電網、山岳地帯で進む架線作業  8日、カルスト地形のため送電線は高く険しい山々に沿って架設される。中国の雲南省と貴州省を結ぶ送電網の建設プロジェクト「雲貴相互通路工程」は現在、貴州省六盤水市水城県の発耳鎮と都格鎮で架線作業が進められている。送電線は同地で省境の山岳地帯を越える。施行は送電大手の中国南方電網の系列インフラ建設企業、貴州送変電が手掛ける。計画によると、プロジェクトは今年4月末に完成し送電条件が整う。雲貴相互通路は、豊水期に雲南省の水力発電で得た電気を貴州省へ送電し、渇水期には貴州省の火力発電で得た電気を雲南省へ送る。水力と火力という両省がそれぞれ持つ優位性の相互補完に役立つ。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020012324095

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Thyrahalle with the Thyra Lake in Heimkehle, one of the largest German karst caves. The lake has a depth of nine meters. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  17. 2020012324253

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Thyrahalle with the Thyra Lake in Heimkehle, one of the largest German karst caves. The lake has a depth of nine meters. The Heimkehle, first mentioned in a document in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  18. 2020011403540

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Heimkehle in Uftrungen (Harz), one of the largest German karst caves. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to hundreds of different bats. This year marks the one hundredth anniversary of the first tourist development as a show cave. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  19. 2020011403525

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour of the “Great Cathedral“ in Heimkehle in Uftrungen (Harz), one of the largest German karst caves. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to hundreds of different bats. This year marks the one hundredth anniversary of the first tourist development as a show cave. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  20. 2020012323983

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Thyrahalle with the Thyra Lake in Heimkehle, one of the largest German karst caves. The lake has a depth of nine meters. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  21. 2020012323860

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Thyrahalle with the Thyra Lake in Heimkehle, one of the largest German karst caves. The lake has a depth of nine meters. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  22. 2020012323868

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors walk in the gallery of Heimkehle, one of the largest German karst caves. The Heimkehle, first mentioned in a document in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  23. 2020012324256

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: The Thyrahalle with the Thyra Lake in the Heimkehle, one of the largest German karst caves. The floodlit lake in it has a depth of nine metres. The Heimkehle, first mentioned in a document in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  24. 2020011403546

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Heimkehle in Uftrungen (Harz), one of the largest German karst caves. The Heimkehle, first mentioned in a document in 1357, extends over a length of 2000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  25. 2020011403633

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour of the “Little Cathedral“ of Heimkehle in Uftrungen (Harz), one of the largest German karst caves. A memorial here commemorates 1500 prisoners of the Mittelbau Dora concentration camp who had to set up an armaments factory in the cave in 1944. The Heimkehle, first mentioned in a document in 1357, extends over a length of 2000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  26. 2020011403508

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Heimkehle in Uftrungen (Harz), one of the largest German karst caves. The Heimkehle, first mentioned in a document in 1357, extends over a length of 2000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  27. 2020012323990

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour of the “Great Cathedral“ in Heimkehle, one of the largest German karst caves. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  28. 2020012323993

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Wreaths lie in the “Little Cathedral“ of Heimkehle, one of the largest German karst caves. A memorial here commemorates 1,500 prisoners from Mittelbau Dora concentration camp who had to set up an armaments factory in the cave in 1944. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  29. 2020012324050

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors can take a guided tour in the Thyrahalle with the Thyra Lake in Heimkehle, one of the largest German karst caves. The illuminated lake has a depth of nine meters. The Heimkehle, first mentioned in a document in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  30. 2020012323968

    「DPA」 Heimkehle opened as a show cave 100 years ago 03 January 2020, Saxony-Anhalt, Uftrungen: Visitors enter Heimkehle, one of the largest German karst caves, through an open heavy wooden door. The Heimkehle, first documented in 1357, extends over a length of 2,000 metres as a gypsum cave under the state border between Saxony-Anhalt and Thuringia and is home to around a thousand different bats. This year the tourist development 100 years ago is celebrated. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  31. 2019120604595

    「新華社」 多国籍探検隊、広西チワン族自治区東蘭県で大型の天坑を発見  地下の鍾乳洞でカルストの形状を調べる探検隊員。(11月27日撮影)中国広西チワン族自治区東蘭県で、多国籍の隊員で構成された洞窟探検隊が7日間の探索の末、二カ所の大型天坑(陥没穴)と比較的小さな鍾乳洞十数個を発見した。東蘭県はカルスト地形が広がる地域で、この地を流れる紅水河の両岸は草木に覆われ、訪れる人はほとんどいない。探検隊が11月24日から30日にかけて、複数の洞窟に調査に入り測量を行った結果、「小弄坤(しょうろうこん)2号天坑」は深さ300メートル超、底部の幅約250メートル、長さ120メートルに達し、世界でトップ50に入る大型の天坑であることが確認された。(南寧=新華社配信/陳立新)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019120604604

    「新華社」 多国籍探検隊、広西チワン族自治区東蘭県で大型の天坑を発見  小型無人機がリアルタイムに撮影した「小弄坤2号天坑」の映像をスマホで見せる探検隊員。(11月26日撮影)中国広西チワン族自治区東蘭県で、多国籍の隊員で構成された洞窟探検隊が7日間の探索の末、二カ所の大型天坑(陥没穴)と比較的小さな鍾乳洞十数個を発見した。東蘭県はカルスト地形が広がる地域で、この地を流れる紅水河の両岸は草木に覆われ、訪れる人はほとんどいない。探検隊が11月24日から30日にかけて、複数の洞窟に調査に入り測量を行った結果、「小弄坤(しょうろうこん)2号天坑」は深さ300メートル超、底部の幅約250メートル、長さ120メートルに達し、世界でトップ50に入る大型の天坑であることが確認された。(南寧=新華社配信/陳立新)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019120604560

    「新華社」 多国籍探検隊、広西チワン族自治区東蘭県で大型の天坑を発見  ロープを使って「小弄坤2号天坑」に下りていく探検隊員。(11月26日撮影)中国広西チワン族自治区東蘭県で、多国籍の隊員で構成された洞窟探検隊が7日間の探索の末、二カ所の大型天坑(陥没穴)と比較的小さな鍾乳洞十数個を発見した。東蘭県はカルスト地形が広がる地域で、この地を流れる紅水河の両岸は草木に覆われ、訪れる人はほとんどいない。探検隊が11月24日から30日にかけて、複数の洞窟に調査に入り測量を行った結果、「小弄坤(しょうろうこん)2号天坑」は深さ300メートル超、底部の幅約250メートル、長さ120メートルに達し、世界でトップ50に入る大型の天坑であることが確認された。(南寧=新華社配信/陳立新)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019120604583

    「新華社」 多国籍探検隊、広西チワン族自治区東蘭県で大型の天坑を発見  鍾乳洞内に生息するコウモリの群れ。(11月25日撮影)中国広西チワン族自治区東蘭県で、多国籍の隊員で構成された洞窟探検隊が7日間の探索の末、二カ所の大型天坑(陥没穴)と比較的小さな鍾乳洞十数個を発見した。東蘭県はカルスト地形が広がる地域で、この地を流れる紅水河の両岸は草木に覆われ、訪れる人はほとんどいない。探検隊が11月24日から30日にかけて、複数の洞窟に調査に入り測量を行った結果、「小弄坤(しょうろうこん)2号天坑」は深さ300メートル超、底部の幅約250メートル、長さ120メートルに達し、世界でトップ50に入る大型の天坑であることが確認された。(南寧=新華社配信/陳立新)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019120604593

    「新華社」 多国籍探検隊、広西チワン族自治区東蘭県で大型の天坑を発見  天坑の底に生育する巨大な植物。(11月25日撮影)中国広西チワン族自治区東蘭県で、多国籍の隊員で構成された洞窟探検隊が7日間の探索の末、二カ所の大型天坑(陥没穴)と比較的小さな鍾乳洞十数個を発見した。東蘭県はカルスト地形が広がる地域で、この地を流れる紅水河の両岸は草木に覆われ、訪れる人はほとんどいない。探検隊が11月24日から30日にかけて、複数の洞窟に調査に入り測量を行った結果、「小弄坤(しょうろうこん)2号天坑」は深さ300メートル超、底部の幅約250メートル、長さ120メートルに達し、世界でトップ50に入る大型の天坑であることが確認された。(南寧=新華社配信/陳立新)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019120604592

    「新華社」 多国籍探検隊、広西チワン族自治区東蘭県で大型の天坑を発見  天坑の中に生育する植物。(11月25日撮影)中国広西チワン族自治区東蘭県で、多国籍の隊員で構成された洞窟探検隊が7日間の探索の末、二カ所の大型天坑(陥没穴)と比較的小さな鍾乳洞十数個を発見した。東蘭県はカルスト地形が広がる地域で、この地を流れる紅水河の両岸は草木に覆われ、訪れる人はほとんどいない。探検隊が11月24日から30日にかけて、複数の洞窟に調査に入り測量を行った結果、「小弄坤(しょうろうこん)2号天坑」は深さ300メートル超、底部の幅約250メートル、長さ120メートルに達し、世界でトップ50に入る大型の天坑であることが確認された。(南寧=新華社配信/陳立新)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019102905919

    「DPA」 After federal student conference 28 October 2019, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Leandro Cerqueira Karst, Chairman of the State Student Advisory Council of Baden-Württemberg, speaks during a press conference after the Federal Student Conference, which took place in Pforzheim this weekend. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  38. 2019102905887

    「DPA」 After federal student conference 28 October 2019, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Usamah Hammoud (l), Secretary General of the Bundesschülerkonferenz, speaks during a press conference after the Bundesschülerkonferenz, which took place this weekend in Pforzheim. Leandro Cerqueira Karst, Chairman of the State Student Advisory Council of Baden-Württemberg, sticks next to him. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  39. 2019102502637

    「DPA」 Pascal van der Straaten and Francesco Fragile HANDOUT - 17 October 2019, Hamburg: “Pascal van der Straaten“ alias Pascal Strehler (l) and “Francesco Fragile“ alias Robert Hauspurg stand in a recording studio. The two Hamburgers want to start with a trashy anthem for San Marino at the Eurovision Song Contest 2020. Pascal Strehler, author at NDR Kultur, and Robert Hauspurg, presenter at Bremen Zwei, have already finished their song entitled “San Mariyes - San Marino“, according to the homepage of the Eurovision Song Contest (ESC). Under their artist identities Pascal van der Straaten and Francesco Fragile they had applied to the San Marino channel SMRTV. (to dpa “Hamburgers want to compete at the Eurovision Song Contest for San Marino“) Photo: Claudius Hinzmann/---/dpa - ATTENTION: Only for editorial use in connection with the current reporting and only with complete mention of the above credit、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  40. 2019102502916

    「DPA」 Pascal van der Straaten and Francesco Fragile HANDOUT - 17 October 2019, Hamburg: “Pascal van der Straaten“ alias Pascal Strehler (l) and “Francesco Fragile“ alias Robert Hauspurg stand in a recording studio. The two Hamburgers want to start with a trashy anthem for San Marino at the Eurovision Song Contest 2020. Pascal Strehler, author at NDR Kultur, and Robert Hauspurg, presenter at Bremen Zwei, have already finished their song entitled “San Mariyes - San Marino“, according to the homepage of the Eurovision Song Contest (ESC). Under their artist identities Pascal van der Straaten and Francesco Fragile they had applied to the San Marino channel SMRTV. (to dpa “Hamburgers want to compete at the Eurovision Song Contest for San Marino“) Photo: Claudius Hinzmann/---/dpa - ATTENTION: Only for editorial use in connection with the current reporting and only with complete mention of the above credit、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  41. 2019101607970

    「DPA」 Investor Conference Hightech Venture Days 15 October 2019, Saxony, Dresden: Michael Karst from Alpha Szenszor at the Hightech Venture Days in the glass manufactory. The two-day meeting is the largest European investor conference. A total of 40 high-tech start-ups from Europe introduce themselves to 160 international investors. The average financing amount per company is stated by the organiser to be 3.6 million euros. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  42. 2019122101842

    「DPA」 Spain - La Mancha - Canada del Hoyo 04 October 2019, Spain, Cuenca: A round lake Laguna del Tejo in the lagoons of Canada del Hoyo. By microorganisms and the incident of the light their water is colored apparently from blue over green to black. They were formed by the collapse of large karst caves, which contain water due to an impermeable layer in the subsoil. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  43. 2019100302312

    「山陽新聞」 ソバの花が見頃 新見市の草間台地  岡山県内有数のソバ産地・新見市の草間台地で、ソバの花が見頃を迎えている。標高約400メートルのカルスト台地の畑では〝白いじゅうたん〞が一面に広がり、秋の訪れを告げている。=2019(令和元)年9月18日、岡山県新見市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  44. 2019092708713

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、莓茶基地で勢いよく育つ莓茶。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムーを超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019092708716

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、莓茶を乾燥させる合作社の社員。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019092708755

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、桑植県梯市村の竜三坑(りゅうさんこう)莓茶基地。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019092708652

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、空中から見た梯市村羊毛凹(ようもうおう)莓茶基地。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019092708710

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、茶園で莓茶を摘む栽培農家。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(約30ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019091901170

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  梯市村の村落は山あいにあり、深刻な貧困村とされる。(4日撮影)中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社記者/陳宇簫)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019091901128

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  地元農家の家の前に植えられた莓茶。(4日撮影)中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社記者/陳宇簫)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像