検索結果 108 件中 1 件 〜 50 件 "クロヅル"
  1. 2020080303589

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市延慶区の松山国家級自然保護区で、赤外線カメラが捉えたイノシシ。(6月10日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303715

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市延慶区の松山国家級自然保護区で、赤外線カメラが捉えたノロジカ。(6月9日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051102731

    鳥類の楽園、野鴨湖北京市  北京市の野鴨湖湿地自然保護区で活動する鳥類観察チームの方春(ほう・しゅん)さん。(4月30日撮影)中国北京市北部の延慶区に位置する野鴨湖湿地自然保護区は同市内で初めての、かつ最大の面積を持つ湿地自然保護区で、湿地面積は4千ヘクタール近くに上る。長年にわたり湿地の回復と保護の取り組みが続けられた結果、さまざまな鳥類が繁殖するようになり、北京および華北地域の重要な鳥類生息地の一つとなった。5月9日は「世界渡り鳥の日」に定められている。野鴨湖に飛来する渡り鳥は今春、さらに増え、1日当たりの最高観測数は1万羽に達し、そのうち数千羽がクロヅル、ヒシクイだった。渡り鳥が増加した背景には近年の生態環境の改善があり、鳥類保護に関わる人々の努力のたまものと言える。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303435

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市頤和園の昆明湖で羽を休めるコクチョウ。(4月11日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303633

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市延慶区の松山国家級自然保護区で、赤外線カメラが捉えたブタハナアナグマ。(3月23日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080303481

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市亜運村にある小さな湿地で撮影したマガモ。(3月23日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信/何建勇)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102774

    鳥類の楽園、野鴨湖北京市  北京市の野鴨湖湿地自然保護区で撮影した渡り鳥の群れ。(1月31日撮影)中国北京市北部の延慶区に位置する野鴨湖湿地自然保護区は同市内で初めての、かつ最大の面積を持つ湿地自然保護区で、湿地面積は4千ヘクタール近くに上る。長年にわたり湿地の回復と保護の取り組みが続けられた結果、さまざまな鳥類が繁殖するようになり、北京および華北地域の重要な鳥類生息地の一つとなった。5月9日は「世界渡り鳥の日」に定められている。野鴨湖に飛来する渡り鳥は今春、さらに増え、1日当たりの最高観測数は1万羽に達し、そのうち数千羽がクロヅル、ヒシクイだった。渡り鳥が増加した背景には近年の生態環境の改善があり、鳥類保護に関わる人々の努力のたまものと言える。(北京=新華社配信/方春)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102786

    鳥類の楽園、野鴨湖北京市  北京市の野鴨湖湿地自然保護区で撮影したクロヅルの群れ。(1月12日撮影)中国北京市北部の延慶区に位置する野鴨湖湿地自然保護区は同市内で初めての、かつ最大の面積を持つ湿地自然保護区で、湿地面積は4千ヘクタール近くに上る。長年にわたり湿地の回復と保護の取り組みが続けられた結果、さまざまな鳥類が繁殖するようになり、北京および華北地域の重要な鳥類生息地の一つとなった。5月9日は「世界渡り鳥の日」に定められている。野鴨湖に飛来する渡り鳥は今春、さらに増え、1日当たりの最高観測数は1万羽に達し、そのうち数千羽がクロヅル、ヒシクイだった。渡り鳥が増加した背景には近年の生態環境の改善があり、鳥類保護に関わる人々の努力のたまものと言える。(北京=新華社配信/方春)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102827

    鳥類の楽園、野鴨湖北京市  北京市の野鴨湖湿地自然保護区で撮影した渡り鳥の群れ。(1月12日撮影)中国北京市北部の延慶区に位置する野鴨湖湿地自然保護区は同市内で初めての、かつ最大の面積を持つ湿地自然保護区で、湿地面積は4千ヘクタール近くに上る。長年にわたり湿地の回復と保護の取り組みが続けられた結果、さまざまな鳥類が繁殖するようになり、北京および華北地域の重要な鳥類生息地の一つとなった。5月9日は「世界渡り鳥の日」に定められている。野鴨湖に飛来する渡り鳥は今春、さらに増え、1日当たりの最高観測数は1万羽に達し、そのうち数千羽がクロヅル、ヒシクイだった。渡り鳥が増加した背景には近年の生態環境の改善があり、鳥類保護に関わる人々の努力のたまものと言える。(北京=新華社配信/方春)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019121803918

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  13日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019121803917

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガンとアカツクシガモ。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019121803919

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019121803892

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬する渡り鳥。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019121803891

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019121803885

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガンとアカツクシガモ。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019121803849

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬する渡り鳥。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019121803898

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガン。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019121803920

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019121803914

    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省  11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120200830

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月23日、草海国家級自然保護区で羽を休めるオグロヅル。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/劉広恵)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120200763

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月23日、草海国家級自然保護区で羽を休めるオグロヅル。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/劉広恵)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120200846

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月23日、草海国家級自然保護区で餌を探すオグロヅル。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/劉広恵)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120200842

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区で餌を探すオグロヅル。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120200756

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区の上空を舞うオグロヅルの群れ。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120200721

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区の上空を舞うオグロヅル。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019120200728

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区に飛来したオグロヅルの群れ。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120200738

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区に飛来したオグロヅルの群れ。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019120200759

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区で餌を探すオグロヅル。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019120200829

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区に飛来したオグロヅルの群れ。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019120200847

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区の上空を舞うコハクチョウ。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019120200840

    この冬最初の渡り鳥が飛来貴州省草海自然保護区  11月17日、草海国家級自然保護区に飛来したオグロヅル。中国貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、冬の渡り鳥のオグロヅルが今季初めて飛来した。1300羽余りが確認できたほか、クロヅルやインドガンなども次々と飛来し、25日までに5万3千羽余りの渡り鳥が保護区に降り立った。(貴陽=新華社配信/何歓)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019110701320

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のムラサキサギの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019110701235

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをしたノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019110701237

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のノガンの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019110701353

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをした国家1級保護動物のノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019110701313

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、トラフズクを検診するボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020081301985

    Crane (Grus grus) calling and running on ice rink Crane (Grus grus) calling and running on ice rink, Hamra National Park, Sweden, Scandinavia, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Wolfgang J臾el/共同通信イメージズ 「imageBROKER」

  38. 2019041701389

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地を舞う数羽のツル。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロツルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019041701400

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019041701363

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019041701399

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶツルの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019041701343

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019041701344

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶツルの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019041701372

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶツルの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019041701322

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019041701324

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す数羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019041701384

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019041701368

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地を舞う渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019041701359

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す数羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019041701374

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶハイイロガンの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像