検索結果 24 件中 1 件 〜 24 件 "シャインマスカット"
  1. 2020091606692

    支援者歓喜、祝福ムード 地元の990円のぶどう  菅氏の第99代首相就任を祝い、選挙区の商店街の果物店で990円の値段が付けられた「シャインマスカット」=16日午後0時28分、横浜市南区

  2. 2020090906870

    出荷が本格化している露地栽培のピオーネ  岡山県産の出荷が本格化している露地栽培のピオーネ=岡山県吉備中央町。岡山県の果物を代表するブドウの出荷が最盛期に入った。JA全農おかやま(岡山市)によると、長梅雨の影響は少なく品質は上々で、全体の出荷量は前年並みの5700トン、主力のピオーネやシャインマスカットは前年を1割ほど上回る見通し。新型コロナウイルス感染症による「巣ごもり」需要の拡大と堅調な輸出に支えられ、単価も前年プラスと好調に推移している。=2020(令和2)年8月31日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  3. 2020090906874

    高級シャインマスカット「煌乃」  「煌乃」の糖度をチェックする生産者。岡山県赤磐市山陽地区で主に栽培されている高級シャインマスカット「煌乃(きらめきの)」の出荷が本格化している。JA晴れの国岡山・岡山東統括本部(岡山市)の独自ブランドで、大粒で高糖度といった厳しい基準を満たした果実を厳選。主に香港や台湾に輸出されており、赤磐産ブドウの知名度を高めている。=2020(令和2)年8月17日、岡山県赤磐市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  4. 2020082400760

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、1房約750グラムあるブドウを手にする労働者。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020082400735

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020082400762

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、広東省南雄市の黄金香印葡萄貧困支援産業パーク。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020082400761

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020082400728

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、黄金香印葡萄貧困支援産業パークで収穫期を迎えたブドウ。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020082400729

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、広東省南雄市の黄金香印葡萄貧困支援産業パークのブドウ畑。ブドウ棚を「H型」に仕立てる栽培方法を採用し、全ての葉に十分な日当たりを確保している。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020082400698

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020082400750

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、収穫期を迎えた黄金香印葡萄貧困扶助産業パークのブドウ。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020082400765

    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市  15日、ブドウを選別・梱包する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081300069

    岡山県産フルーツかき氷  真っ白な氷の上で、岡山県産シャインマスカットがエメラルドのようにきらめいている。おまち堂&FRUTAS(岡山市北区問屋町)で、今の一押しという「シャインマスカットミルミルクスペシャル」(1280円)をいただいた。=2020(令和2)年7月31日、岡山市北区問屋町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  14. 2020042709421

    日本の経験を取り入れた中国の農村振興の道  14日、シャインマスカット栽培基地でブドウの生育状況を説明する福建省南平市麻沙鎮水南村村民委員会の黄寿平(こう・じゅへい)主任。中国が打ち出した郷村振興戦略を背景に、富閩(ふびん)基金会は福建省の農家が日本などの国や地域から経験を学ぶための資金援助を開始した。昨年日本で学んだ農家は、2018年に同省の「夢をかなえる村」郷村実験計画の第1弾のモデルケースに認定された南平市水南村、西郊村、大渚村の3カ村の出身者だった。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019121002895

    輸出と生産基盤拡大目指す シャインマスカット  シャインマスカット

  16. 2019121003824

    冷蔵シャインマスカット本格出荷 岡山市  出荷に向け箱詰めされる冷蔵シャインマスカット。JA全農おかやま(岡山市北区磨屋町)は、低温で約1カ月半貯蔵した冷蔵シャインマスカットの本格出荷を今年から始めた。大半は輸出向けで、オフシーズンに高値で販売することで農家の所得向上を目指す。=2019(令和元)年11月30日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  17. 2019111201750

    大嘗祭で供える特産品届く 山形のマスカット  「大嘗宮の儀」で供えられる山形のシャインマスカット=12日午前、宮内庁(代表撮影)

  18. 2019102500960

    商品ニュース マスカットの缶酎ハイ  キリンビールの缶酎ハイ「キリン 氷結 信州産シャインマスカット(限定出荷)」

  19. 2018101302100

    赤いブドウ、相次ぎ開発 山梨の新品種ブドウ  山梨県が開発した新品種のブドウ。奥は通常のシャインマスカット 「NEWSパーク」

  20. 2018091900085

    ピオーネ 岡山県内ブドウ出荷最盛期  出荷が最盛期を迎えている露地栽培のピオーネ=真庭市。岡山県を代表する果物・ブドウの出荷が最盛期を迎えている。JA全農おかやま(岡山市)によると、主力のピオーネは梅雨明け後の猛暑で房が小ぶりとなり、年間出荷量は約4100トンと2年ぶりに前年を下回る見通し。生産拡大が進むシャインマスカットは1000トンと前年比1割増を見込んでいる。西日本豪雨については一部で被害が見られた。=2018(平成30)年9月10日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  21. 2018090418001

    山梨県がブドウ新品種開発 新品種のブドウ  山梨県が開発した新品種のブドウ。奥は通常のシャインマスカット

  22. 2018090418039

    山梨県がブドウ新品種開発 ブドウ手にする山梨県知事  新品種のブドウ(左)と、シャインマスカットを手にする山梨県の後藤斎知事=4日、山梨県庁

  23. 2018091900087

    特産ブドウで星空のパフェ  寺岡さんが考案した「お腹いっぱい・おほしさまパフェ」。井原高校(井原市井原町)の生徒が地元特産のブドウをふんだんに使い、同市美星町地区の星空をイメージしたフルーツパフェを考案した。その名も「お腹いっぱい・おほしさまパフェ」。レストラン「星の郷」(同市美星町西水砂)で販売している。考案したのは家政科2年寺岡桜咲さん。パフェは色鮮やかなピオーネやシャインマスカット、安芸クイーンをトッピング。星形のチョコレートをあしらい、夜空に輝く星々をイメージしたシャインマスカット入りのゼリーもちりばめている。=2018(平成30)年8月27日、岡山県井原市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ  「山陽新聞」

  24. 2016071300019

    ブドウ農家助ける道具続々 収穫期を判別できる色見本  シャインマスカットの最適な収穫期を判別できる色見本=山梨県山梨市 「NEWSパーク」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像