検索結果 46 件中 1 件 〜 46 件 "ショート動画共有"
  1. 2020060908077

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、仕事後の気分転換に夫とダンスを踊るため、三輪トラックからスピーカーを取り出す彭小英さん(右)。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060907778

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、音楽に合わせて楽しそうに踊る彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060907787

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、ダンスを踊る彭小英さん(左端)、范得多さん(左から2人目)と子どもたち。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060908111

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、自宅の庭でダンスのステップについて相談する彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060908248

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、トウモロコシの苗に肥料をやる彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060907919

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、自宅前の空き地で自ら創作したダンスを踊る彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060907914

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、自宅の庭でトウモロコシの苞葉をむいて夕飯の支度をする彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060907773

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、農作業を終え、夫の范得多さん(左)の汗を拭く彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060908085

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、あぜ道で自ら創作したダンスを踊る彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060908104

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、自宅でライブ配信を行う彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060907933

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、トウモロコシの苗に肥料をやる彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060907917

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、ライブ配信でダンスを披露する彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060907924

    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省  1日、トウモロコシの苗に肥料をやる范得多さん(左)と彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020042709525

    世界読書デー、出版社23社が「抖音」で書籍をライブ販売  23日、「都来読書」イベントの宣伝画像。25回目の「世界図書・著作権デー」に当たる23日、1日当たりの利用者数が4億人に上る中国のショート動画共有アプリ「抖音」やニュースアプリ「今日頭条」、電子書籍アプリ「番茄小説」、出版社などが合同で読書イベント「都来読書」を開催した。「全国民の読書活動を推進する」というコンセプトの下、出版社23社が抖音で書籍のライブ販売を行った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020042709399

    世界読書デー、出版社23社が「抖音」で書籍をライブ販売  23日、「都来読書」イベントの宣伝画像。25回目の「世界図書・著作権デー」に当たる23日、1日当たりの利用者数が4億人に上る中国のショート動画共有アプリ「抖音」やニュースアプリ「今日頭条」、電子書籍アプリ「番茄小説」、出版社などが合同で読書イベント「都来読書」を開催した。「全国民の読書活動を推進する」というコンセプトの下、出版社23社が抖音で書籍のライブ販売を行った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020042709497

    世界読書デー、出版社23社が「抖音」で書籍をライブ販売  23日、「都来読書」イベントの宣伝画像。25回目の「世界図書・著作権デー」に当たる23日、1日当たりの利用者数が4億人に上る中国のショート動画共有アプリ「抖音」やニュースアプリ「今日頭条」、電子書籍アプリ「番茄小説」、出版社などが合同で読書イベント「都来読書」を開催した。「全国民の読書活動を推進する」というコンセプトの下、出版社23社が抖音で書籍のライブ販売を行った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020022603096

    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」  20日、中国国家博物館のライブ配信画面のスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020022503598

    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」  20日、中国国家博物館オンラインVR(仮想現実)展示室のスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020022503608

    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」  20日、「在宅クラウド博物館巡り」のトップページのスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019110500838

    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長  「DOU知計画2・0」の始動式でスピーチを行うBytedanceの張羽副総裁。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019110500841

    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長  「DOU知計画2・0」始動式のポスター。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019110500927

    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長  数人の「抖音知識達人」を「DOU知大使」に任命するTikTokの張楠(ちょう・なん)総裁(右から1人目)。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019110500835

    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長  「DOU知計画2・0」の始動式。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019100801410

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市内にある漢服体験店で顧客にメイクを施す店長(左)。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  25. 2019100801353

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市内にある漢服体験店の店内。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  26. 2019101101895

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  27. 2019101101904

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」の様子。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  28. 2019101101912

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  29. 2019101101909

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で漢服姿を披露する米国人留学生。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  30. 2019101101902

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て街を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  31. 2019101101877

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を披露する愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  32. 2019082800542

    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」  北京の古い伝統的家屋建築、四合院の庭で世間話をする「おしゃれなおばあさん」。(8月12日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019082800587

    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」  街を歩く「おしゃれなおばあさん」。(8月12日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019082800567

    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」  「おしゃれなおばあさん」の4人。(7月28日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/陳振仁)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019072301235

    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山  黄山風景区にある玉屏楼ホテルの「網紅」(ネットインフルエンサー)バルコニーで軽食を味わい、風景を眺める観光客。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019072503312

    烏孫古道の宿場がショートビデオで人気の観光地に新疆瓊庫什台村  17日、瓊庫什台村周辺の風景。天山山脈を貫く烏孫古道は古代、天山山脈南北交通の要路だった。烏孫古道の北の入口にあ中国新疆ウイグル自治区の天山山脈を貫く烏孫古道は古代、同山脈の南北交通の要路で、その北の入口となるイリ・カザフ自治州伊犁(イリ)河谷の瓊庫什台村は、冬と夏に牧畜民が放牧地を移動する際に立ち寄る重要な宿場だった。現在、同村を訪れる観光客は連日3千人を超え、58軒の民宿は満室が続いている。観光客はカザフ族の伝統的な生活様式をインターネットにアップロードし、この雪山や川、森林、牧場に囲まれた移牧民の村落は中国のショート動画共有アプリで多くのアクセスを稼ぐ注目の村となっている。(ウルムチ=新華社記者/張嘯誠)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019072301174

    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山  黄山風景区にある「網紅」(ネットインフルエンサー)バルコニーで披露される茶芸の様子。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019072503178

    烏孫古道の宿場がショートビデオで人気の観光地に新疆瓊庫什台村  16日、瓊庫什台村の木造家屋。中国新疆ウイグル自治区の天山山脈を貫く烏孫古道は古代、同山脈の南北交通の要路で、その北の入口となるイリ・カザフ自治州伊犁(イリ)河谷の瓊庫什台村は、冬と夏に牧畜民が放牧地を移動する際に立ち寄る重要な宿場だった。現在、同村を訪れる観光客は連日3千人を超え、58軒の民宿は満室が続いている。観光客はカザフ族の伝統的な生活様式をインターネットにアップロードし、この雪山や川、森林、牧場に囲まれた移牧民の村落は中国のショート動画共有アプリで多くのアクセスを稼ぐ注目の村となっている。(ウルムチ=新華社記者/張嘯誠)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019072503284

    烏孫古道の宿場がショートビデオで人気の観光地に新疆瓊庫什台村  16日、瓊庫什台村の風景。中国新疆ウイグル自治区の天山山脈を貫く烏孫古道は古代、同山脈の南北交通の要路で、その北の入口となるイリ・カザフ自治州伊犁(イリ)河谷の瓊庫什台村は、冬と夏に牧畜民が放牧地を移動する際に立ち寄る重要な宿場だった。現在、同村を訪れる観光客は連日3千人を超え、58軒の民宿は満室が続いている。観光客はカザフ族の伝統的な生活様式をインターネットにアップロードし、この雪山や川、森林、牧場に囲まれた移牧民の村落は中国のショート動画共有アプリで多くのアクセスを稼ぐ注目の村となっている。(ウルムチ=新華社記者/杜剛)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019072301244

    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山  雲や霧が立ちこめる黄山。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社記者/汪海月)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019072301226

    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山  黄山風景区の石段道の途中にあるSNSで人気の撮影用パネル。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社記者/汪海月)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019072301229

    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山  黄山風景区の西海大渓谷の谷底にある人気の撮影用パネルで写真を撮る観光客。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社記者/汪海月)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019072301234

    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山  黄山風景区の西海大渓谷を走る「ネットで人気のミニ列車」。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社記者/汪海月)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019072301208

    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山  黄山風景区にある「網紅」(ネットインフルエンサー)バルコニーで披露される「功夫扇」パフォーマンスの様子。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社配信)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019082800583

    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」  公園にたたずむ「おしゃれなおばあさん」。(3月19日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(平成元)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019082800584

    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」  北京で行われた「ファッション女性盛典」第1シーズンに出席した「おしゃれなおばあさん」。(3月19日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/陳振仁)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像