検索結果 431 件中 1 件 〜 50 件 "シンコー"
  1. 2020032314014

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、曽雨芬さんの家で授業で使う黒板を準備する黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020032314019

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、曽雨芬さんの家で授業をする黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020032314067

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、オートバイに乗り児童の家に向かう黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020032313851

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、曽雨芬さんと一緒に畑で絵を描く黄申根さん(右)。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020032314339

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、曽雨芬さんの家で目覚まし時計に授業終了時間をセットする黄申根さん。学校で授業ができないため、目覚まし時計が授業終了を告げるチャイムの役割を果たしている。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020032313391

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、放課後、家の中で手作りの「ボウリング」をして遊ぶ黄申根さん(左)と曽雨芬さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020032313894

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、授業に必要な教材をオートバイにくくり付け、出発の準備をする黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020032313906

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、黄申根さん(左)を出迎える曽雨芬さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020032315066

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、授業が終わり、別れのあいさつをする黄申根さんと曽雨芬さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020032313965

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  18日、自宅で授業の準備をする黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020031007868

    「DPA」 VfB Stuttgart - Arminia Bielefeld 09 March 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Football: 2nd Bundesliga, VfB Stuttgart - Arminia Bielefeld, 25th matchday, Mercedes-Benz Arena. Mario Gomez cheers after beheading VfB Stuttgart 1-0. The teams separated 1:1. Photo: Gregor Bauernfeind/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  12. 2020031000420

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  13. 2020031000237

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  14. 2020031000241

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  15. 2020031000064

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  16. 2020031000423

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  17. 2020031000131

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  18. 2020031000331

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  19. 2020031000219

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  20. 2020031000040

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  21. 2020031000050

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 06 March 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  22. 2020022902741

    イカナゴ漁解禁も収穫ゼロ  イカナゴの稚魚「シンコ」の収穫ができず、林崎漁港で空のまま片付けられたかご=29日午前、兵庫県明石市

  23. 2020030400844

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 28 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  24. 2020030401307

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 28 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  25. 2020030401310

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 28 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  26. 2020030400851

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 28 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  27. 2020022902316

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 21 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Andrzej Cibis, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  28. 2020022901454

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 21 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  29. 2020022900721

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 21 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  30. 2020022902620

    「DPA」 Dance show “Let‘s Dance“ 21 February 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: Ilka Bessin, comedian, and Erich Klann, professional dancer, dance in the RTL dance show “Let‘s Dance“ at the Coloneum. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  31. 2020021002296

    サイレン響き防護服で対応  横浜・大黒ふ頭に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に掲げられた「情報不足 しんこく」などと書かれた日の丸=10日午後

  32. 2020012703065

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020012703059

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020012703283

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020012703307

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、しんこ細工を作る王さん。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020012703103

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020012703092

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020012703308

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020012703310

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012703311

    「新華社」 巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020012322772

    「新華社」 白銀の世界を走る「送水列車」吉林省長白山風景区  17日、出発前の定例点検を行う運転士の杜洪峰(と・こうほう)さん(右)と副運転士の謝振国(しゃ・しんこく)さん。中国吉林省長白山風景区では40年来、送水のための1両編成の列車が往復運行され続けている。渾白線(吉林省白山市-安図県二道白河鎮)沿線の辺ぴな火炬溝、影壁山、砬子河など17の作業区や18の駅の従業員と家族500人余り、沿線の2100世帯余りの住民のために生活用水を輸送している。この「送水列車」は40年余りの間に計160万キロを走り、地元の人から森林の中の「命の舟」と呼ばれている。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020012320486

    「新華社」 「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市  8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「晋侯作師氏姞簋(しんこうさくししきつき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020012320440

    「新華社」 「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市  8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「晋公盤(しんこうばん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020010704113

    「CTK」 VLADIMIR SHLYCHKOV, LUIS SCHINKO L-R VLADIMIR SHLYCHKOV of Kazakhstan and LUIS SCHINKO of Germany in action during the 2020 IIHF World Junior Ice Hockey Championships 3rd game for relegation: Germany vs Kazakhstan in Ostrava, Czech Republic, on January 5, 2020. (CTK Photo/Vladimir Prycek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  45. 2020010901879

    「新華社」 孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市  1日、孔府大堂前に展示された菓子。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020010901800

    「新華社」 孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市  1日、曲阜市にある孔府の門前で観光客を迎える役者。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020010901808

    「新華社」 孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市  1日、孔府内で自ら制作したしんこ細工を並べる職人の張震(ちょう・しん)さん。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020010901801

    「新華社」 孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市  1日、曲阜市にある孔府の門前で観光客を迎える役者。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020010901909

    「新華社」 孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市  1日、手作りの弓矢を観光客に見せる無形文化遺産の弓矢作りの伝承者、徐坤明(じょ・こんめい)さん。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020010901797

    「新華社」 孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市  1日、曲阜孔府の門前で観光客を迎える役者。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像