検索結果 132 件中 1 件 〜 50 件 "スクリーンショット"
  1. 2020073006224

    中国の研究者、南中国海でマッコウクジラの群れを2回続けて発見  24日、南中国海で撮影したマッコウクジラ。(動画のスクリーンショット)中国の研究者が24日、南中国海のある海域でマッコウクジラの群れを2回続けて発見した。その際に母子のペアの存在も確認した。中国の研究者は昨年も南中国海で同種を目撃、記録した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020073006132

    中国の研究者、南中国海でマッコウクジラの群れを2回続けて発見  24日、南中国海で撮影したマッコウクジラ。(動画のスクリーンショット)中国の研究者が24日、南中国海のある海域でマッコウクジラの群れを2回続けて発見した。その際に母子のペアの存在も確認した。中国の研究者は昨年も南中国海で同種を目撃、記録した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020073006141

    中国の研究者、南中国海でマッコウクジラの群れを2回続けて発見  24日、南中国海で撮影したマッコウクジラ。(動画のスクリーンショット)中国の研究者が24日、南中国海のある海域でマッコウクジラの群れを2回続けて発見した。その際に母子のペアの存在も確認した。中国の研究者は昨年も南中国海で同種を目撃、記録した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020073006118

    中国の研究者、南中国海でマッコウクジラの群れを2回続けて発見  24日、南中国海で撮影したマッコウクジラ。(動画のスクリーンショット)中国の研究者が24日、南中国海のある海域でマッコウクジラの群れを2回続けて発見した。その際に母子のペアの存在も確認した。中国の研究者は昨年も南中国海で同種を目撃、記録した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070208538

    Pope‘s brother Georg Ratzinger has died SCREENSHOT - 01 July 2020, Bavaria, Regensburg: A coffin is carried into the house of Georg Ratzinger, the former Regensburg Cathedral Kapellmeister, leader of the Regensburger Domspatzen and older brother of the emeritus Pope Benedict XVI, by employees of a funeral director. Georg Ratzinger has died. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020070208041

    Pope‘s brother Georg Ratzinger has died SCREENSHOT - 01 July 2020, Bavaria, Regensburg: A coffin is carried into the house of Georg Ratzinger, the former Regensburg Cathedral Kapellmeister, leader of the Regensburger Domspatzen and older brother of the emeritus Pope Benedict XVI, by employees of a funeral director. Georg Ratzinger has died. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020070705295

    中国在住の日本人監督、武漢密着ドキュメンタリーが話題に  「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」に登場した居酒屋経営者の頼韻(らい・いん)さん。初対面の第一声は「私はPCR検査をしています」だった。(スクリーンショット)中国南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんによる中国湖北省武漢市の人々に密着した作品「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」の配信がこのほど始まり、好評を博している。作品は同市の人々が新型コロナウイルスと闘った日々や闘いを終えた現在の生活状況をリアルに表現した。竹内監督は今月初め、1月下旬から2カ月半にわたり都市封鎖(ロックダウン)されていた武漢を訪れ、現地の10人に話を聞いた。「武漢のありのままの姿を世界に伝えたい。一方で、武漢に行くのが怖い。そんな思いから始まったこの作品を通じて、多くの人に今の武漢を知ってもらいたい」と話す。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070705314

    中国在住の日本人監督、武漢密着ドキュメンタリーが話題に  「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」で紹介された武漢長江大橋。(スクリーンショット)中国南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんによる中国湖北省武漢市の人々に密着した作品「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」の配信がこのほど始まり、好評を博している。作品は同市の人々が新型コロナウイルスと闘った日々や闘いを終えた現在の生活状況をリアルに表現した。竹内監督は今月初め、1月下旬から2カ月半にわたり都市封鎖(ロックダウン)されていた武漢を訪れ、現地の10人に話を聞いた。「武漢のありのままの姿を世界に伝えたい。一方で、武漢に行くのが怖い。そんな思いから始まったこの作品を通じて、多くの人に今の武漢を知ってもらいたい」と話す。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070705340

    中国在住の日本人監督、武漢密着ドキュメンタリーが話題に  「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」の一場面。長江を泳いできたばかりの取材対象者。(スクリーンショット)中国南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんによる中国湖北省武漢市の人々に密着した作品「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」の配信がこのほど始まり、好評を博している。作品は同市の人々が新型コロナウイルスと闘った日々や闘いを終えた現在の生活状況をリアルに表現した。竹内監督は今月初め、1月下旬から2カ月半にわたり都市封鎖(ロックダウン)されていた武漢を訪れ、現地の10人に話を聞いた。「武漢のありのままの姿を世界に伝えたい。一方で、武漢に行くのが怖い。そんな思いから始まったこの作品を通じて、多くの人に今の武漢を知ってもらいたい」と話す。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070705296

    中国在住の日本人監督、武漢密着ドキュメンタリーが話題に  「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」で取材に応じるマスク生産工場の部門責任者、李嘉威(り・かい)さん(右)。(スクリーンショット)中国南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんによる中国湖北省武漢市の人々に密着した作品「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」の配信がこのほど始まり、好評を博している。作品は同市の人々が新型コロナウイルスと闘った日々や闘いを終えた現在の生活状況をリアルに表現した。竹内監督は今月初め、1月下旬から2カ月半にわたり都市封鎖(ロックダウン)されていた武漢を訪れ、現地の10人に話を聞いた。「武漢のありのままの姿を世界に伝えたい。一方で、武漢に行くのが怖い。そんな思いから始まったこの作品を通じて、多くの人に今の武漢を知ってもらいたい」と話す。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070705325

    中国在住の日本人監督、武漢密着ドキュメンタリーが話題に  「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」で店を続ける決意を語るタピオカミルクティー店のオーナー、郭一婷(かく・いつてい)さん。(スクリーンショット)中国南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんによる中国湖北省武漢市の人々に密着した作品「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」の配信がこのほど始まり、好評を博している。作品は同市の人々が新型コロナウイルスと闘った日々や闘いを終えた現在の生活状況をリアルに表現した。竹内監督は今月初め、1月下旬から2カ月半にわたり都市封鎖(ロックダウン)されていた武漢を訪れ、現地の10人に話を聞いた。「武漢のありのままの姿を世界に伝えたい。一方で、武漢に行くのが怖い。そんな思いから始まったこの作品を通じて、多くの人に今の武漢を知ってもらいたい」と話す。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060209610

    遼寧省、「クラウド商談」で中国とタイの貿易を橋渡し  28日、クラウド商談会に参加した中国とタイの企業関係者。(スクリーンショット)中国遼寧省商務庁とアジア国際貿易投資商会(AITIA)は28日、「遼寧輸出商品(タイ)クラウド商談会」を開催し、遼寧省の企業26社とタイの22社が「1対1」の商談を82回行った。同庁によると、今回の商談会は農産物や食品、農業機械、日用品、医療物資などさまざまな商品を網羅。タイ側のバイヤー1社に同省のサプライヤー1~2社をマッチングさせる方式を採用し、同省企業のタイや東南アジア市場への進出を無償で支援した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060209517

    遼寧省、「クラウド商談」で中国とタイの貿易を橋渡し  28日、クラウド商談会であいさつする遼寧省商務庁の宋彦麟(そう・げんりん)庁長。(スクリーンショット)中国遼寧省商務庁とアジア国際貿易投資商会(AITIA)は28日、「遼寧輸出商品(タイ)クラウド商談会」を開催し、遼寧省の企業26社とタイの22社が「1対1」の商談を82回行った。同庁によると、今回の商談会は農産物や食品、農業機械、日用品、医療物資などさまざまな商品を網羅。タイ側のバイヤー1社に同省のサプライヤー1~2社をマッチングさせる方式を採用し、同省企業のタイや東南アジア市場への進出を無償で支援した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051402368

    上海市、「マスクダンス」動画発表感染症と闘う自信と希望伝える  11日、チャリティー動画「マスクダンス」のスクリーンショット。「一枚一枚のマスクは、ウイルスとの接触を断ったが、人々の気持ちや絆が途絶えることはなかった」。これは中国人民対外友好協会の指導の下、上海市人民対外友好協会と上海文広演芸集団がこのほど、共同で制作した新型コロナウイルス感染症との闘いを支援するダンスチャリティー動画「譲世界充満愛(世界を愛で満たそう)」に登場するキーワードだ。チャリティー動画では、上海歌舞団の俳優らが新型コロナ流行時期の生活状態を「本来の姿で演じる」ことで、一人ひとりの新型コロナに対する認識を表現し、世界の観客に向け、「世界は一つの家族、共に新型コロナに立ち向かおう」という自信と希望を伝えた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051402328

    上海市、「マスクダンス」動画発表感染症と闘う自信と希望伝える  11日、チャリティー動画「マスクダンス」のスクリーンショット。「一枚一枚のマスクは、ウイルスとの接触を断ったが、人々の気持ちや絆が途絶えることはなかった」。これは中国人民対外友好協会の指導の下、上海市人民対外友好協会と上海文広演芸集団がこのほど、共同で制作した新型コロナウイルス感染症との闘いを支援するダンスチャリティー動画「譲世界充満愛(世界を愛で満たそう)」に登場するキーワードだ。チャリティー動画では、上海歌舞団の俳優らが新型コロナ流行時期の生活状態を「本来の姿で演じる」ことで、一人ひとりの新型コロナに対する認識を表現し、世界の観客に向け、「世界は一つの家族、共に新型コロナに立ち向かおう」という自信と希望を伝えた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051402283

    上海市、「マスクダンス」動画発表感染症と闘う自信と希望伝える  11日、チャリティー動画「マスクダンス」のスクリーンショット。「一枚一枚のマスクは、ウイルスとの接触を断ったが、人々の気持ちや絆が途絶えることはなかった」。これは中国人民対外友好協会の指導の下、上海市人民対外友好協会と上海文広演芸集団がこのほど、共同で制作した新型コロナウイルス感染症との闘いを支援するダンスチャリティー動画「譲世界充満愛(世界を愛で満たそう)」に登場するキーワードだ。チャリティー動画では、上海歌舞団の俳優らが新型コロナ流行時期の生活状態を「本来の姿で演じる」ことで、一人ひとりの新型コロナに対する認識を表現し、世界の観客に向け、「世界は一つの家族、共に新型コロナに立ち向かおう」という自信と希望を伝えた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051402322

    上海市、「マスクダンス」動画発表感染症と闘う自信と希望伝える  11日、チャリティー動画「マスクダンス」のスクリーンショット。「一枚一枚のマスクは、ウイルスとの接触を断ったが、人々の気持ちや絆が途絶えることはなかった」。これは中国人民対外友好協会の指導の下、上海市人民対外友好協会と上海文広演芸集団がこのほど、共同で制作した新型コロナウイルス感染症との闘いを支援するダンスチャリティー動画「譲世界充満愛(世界を愛で満たそう)」に登場するキーワードだ。チャリティー動画では、上海歌舞団の俳優らが新型コロナ流行時期の生活状態を「本来の姿で演じる」ことで、一人ひとりの新型コロナに対する認識を表現し、世界の観客に向け、「世界は一つの家族、共に新型コロナに立ち向かおう」という自信と希望を伝えた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020042003161

    米テスラ、天猫に公式旗艦店を初出店  16日、「天猫(Tモール)」に出店したテスラ公式旗艦店のスクリーンショット。米電気自動車(EV)大手テスラは16日、電子商取引(EC)大手アリババグループの通販サイト「天猫(Tモール)」に、同社として中国初の第三者プラットフォーム公式旗艦店を出店すると発表した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020042003747

    AR技術で敦煌莫高窟を見る技術と文化の結合で文化財保護を後押し  スマートフォンのカメラを通じて見た莫高窟の実景に表れた飛天。(スクリーンショット、資料写真)中国の世界文化遺産、甘粛省敦煌市の莫高窟に拡張現実(AR)技術を活用した観光サービスが登場した。スマートフォンをかざすと洞窟の実景とデジタル壁画が融合した映像を見ることができる。九色鹿や飛天(天人・天女)などが壁画の中を飛び回り、記念撮影をすることもできるという。(敦煌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042003751

    AR技術で敦煌莫高窟を見る技術と文化の結合で文化財保護を後押し  スマートフォンのカメラを通じて見た莫高窟の実景に表れた案内標識。(スクリーンショット、資料写真)中国の世界文化遺産、甘粛省敦煌市の莫高窟に拡張現実(AR)技術を活用した観光サービスが登場した。スマートフォンをかざすと洞窟の実景とデジタル壁画が融合した映像を見ることができる。九色鹿や飛天(天人・天女)などが壁画の中を飛び回り、記念撮影をすることもできるという。(敦煌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042003781

    AR技術で敦煌莫高窟を見る技術と文化の結合で文化財保護を後押し  スマートフォンのカメラを通じて見た莫高窟の実景に表れた九色鹿。(スクリーンショット、資料写真)中国の世界文化遺産、甘粛省敦煌市の莫高窟に拡張現実(AR)技術を活用した観光サービスが登場した。スマートフォンをかざすと洞窟の実景とデジタル壁画が融合した映像を見ることができる。九色鹿や飛天(天人・天女)などが壁画の中を飛び回り、記念撮影をすることもできるという。(敦煌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042003857

    AR技術で敦煌莫高窟を見る技術と文化の結合で文化財保護を後押し  スマートフォンを使い莫高窟の実景とデジタル壁画を重ね合わせる観光客。(スクリーンショット、資料写真)中国の世界文化遺産、甘粛省敦煌市の莫高窟に拡張現実(AR)技術を活用した観光サービスが登場した。スマートフォンをかざすと洞窟の実景とデジタル壁画が融合した映像を見ることができる。九色鹿や飛天(天人・天女)などが壁画の中を飛び回り、記念撮影をすることもできるという。(敦煌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040800631

    ジャック・マー公益基金会、再度アフリカへ医療物資を寄付  6日、アリババグループの創業者、馬雲氏のSNS「微博(ウェイボー)」に行った寄付関連投稿のスクリーンショット。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」は6日、医療物資をアフリカ54カ国へ再び寄付すると発表した。呼吸器500台、検査キット100万セット、防護服と防護マスク20万枚、非接触型体温計2千個、手袋50万双が含まれる物資はすでにアフリカに向かっており、迅速に届けられるという。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020031104733

    新型肺炎と闘う、湖南省張家界市に響く「ウクライナの歌声」  新型肺炎と闘う中国への応援歌「相信(ビリーブ)」のミュージック・ビデオのスクリーンショット。中国湖南省張家界市で「相信(ビリーブ)」というタイトルの歌を耳にするようになった。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いをテーマにした楽曲で、張家界フィルハーモニー管弦楽団に所属するウクライナ人音楽家らが共同で制作し、歌っている。(張家界=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020031104724

    新型肺炎と闘う、湖南省張家界市に響く「ウクライナの歌声」  新型肺炎と闘う中国への応援歌「相信(ビリーブ)」のミュージック・ビデオのスクリーンショット。中国湖南省張家界市で「相信(ビリーブ)」というタイトルの歌を耳にするようになった。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いをテーマにした楽曲で、張家界フィルハーモニー管弦楽団に所属するウクライナ人音楽家らが共同で制作し、歌っている。(張家界=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020030900764

    山西省晋中市のボランティア、医療関係者子女にネット指導  2月6日、小学校2年生の宋馨宇(そう・しんう)さんにオンラインで英語を教える山西伝媒学院のボランティア、許婧(きょ・せい)さんのスマホ画面。(ウィーチャットからのスクリーンショット)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が発生してから、山西省晋中市は大学生と教師のボランティア196人を招集。新型肺炎対策の第一線で働く医療関係者の子女58人にオンラインで絵画や詩歌、勉強などを教える活動を6500回以上にわたって行ってきた。(晋中=新華社配信)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020031004441

    安徽省、国外からの新型肺炎流入を防ぐ措置実施  新型肺炎の影響で、毎週金曜日に運航していた合肥-大阪線が欠航となっている。(3月6日、合肥新橋国際空港ホームページのスクリーンショット)中国安徽省はこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎が流行地域から同省に広がるのを厳格に遮断するため、海外からの流入防止措置を徹底するよう求めた。口岸(通関地)の衛生的な検疫や重点的個体群の管理などの措置を着実に実行し、海外の感染状況が「逆流」して流入、拡散するのを防ぐ。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020030901004

    山西省晋中市のボランティア、医療関係者子女にネット指導  2日、絵画を学ぶ趙原希(ちょう・げんき)さん。(ウィーチャットからのスクリーンショット)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が発生してから、山西省晋中市は大学生と教師のボランティア196人を招集。新型肺炎対策の第一線で働く医療関係者の子女58人にオンラインで絵画や詩歌、勉強などを教える活動を6500回以上にわたって行ってきた。(晋中=新華社配信)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020030900765

    山西省晋中市のボランティア、医療関係者子女にネット指導  2日、小学校3年生の趙原希(ちょう・げんき)さんにオンラインでちびまる子ちゃんの描き方を教える山西伝媒学院のボランティア、李成英(り・せいえい)さんのスマホ画面。。(ウィーチャットからのスクリーンショット)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が発生してから、山西省晋中市は大学生と教師のボランティア196人を招集。新型肺炎対策の第一線で働く医療関係者の子女58人にオンラインで絵画や詩歌、勉強などを教える活動を6500回以上にわたって行ってきた。(晋中=新華社配信)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020030203569

    「朱鷺は必ずまた羽ばたく」上海歌舞団が日本に応援メッセージ  動画で日本にエールを送る「舞劇DanceDrama朱鷺(とき)」の主演男優、王佳俊(おう・かしゅん)さん。(動画のスクリーンショット)日本でこれまで何度も公演を行っている中国の上海歌舞団の団員らが「武漢頑張れ!日本頑張れ!中日両国の人々がともに助け合い、困難を乗り越えよう!」と中国語と日本語で祈りのメッセージを伝えた。日本の松山バレエ団は18日、中国国歌の「義勇軍行進曲」を歌い新型コロナウイルスによる肺炎と闘う中国にエールを送った。同歌舞団もこれを受け動画メッセージを作成し、日本語の字幕を付けてインターネット上に配信。互いに見守り助け合う両国間の友情を伝えた。同歌舞団の創作ダンスドラマ「朱鷺(トキ)」は今春の日本公演を予定していたが、新型肺炎の影響でやむを得ず延期になった。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020030203642

    「朱鷺は必ずまた羽ばたく」上海歌舞団が日本に応援メッセージ  動画で日本にエールを送る「舞劇DanceDrama朱鷺(とき)」の主演女優、朱潔静(しゅ・けっせい)さん。(動画のスクリーンショット)日本でこれまで何度も公演を行っている中国の上海歌舞団の団員らが「武漢頑張れ!日本頑張れ!中日両国の人々がともに助け合い、困難を乗り越えよう!」と中国語と日本語で祈りのメッセージを伝えた。日本の松山バレエ団は18日、中国国歌の「義勇軍行進曲」を歌い新型コロナウイルスによる肺炎と闘う中国にエールを送った。同歌舞団もこれを受け動画メッセージを作成し、日本語の字幕を付けてインターネット上に配信。互いに見守り助け合う両国間の友情を伝えた。同歌舞団の創作ダンスドラマ「朱鷺(トキ)」は今春の日本公演を予定していたが、新型肺炎の影響でやむを得ず延期になった。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020030203400

    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し  25日、中国人ネットユーザーが微信(ウィーチャット)のモーメンツ(朋友圏)にアップした手作りの「面点」の写真。(微信モーメンツのスクリーンショット)新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020022801274

    Coronavirus - Italy 25 February 2020, Italy, Codogno: This screenshot from a video shows empty streets. Northern Italy experiences surreal scenes with the strong outbreak of the coronavirus. All shops except pharmacies and supermarkets are closed in Codogno. Photo: -/privat/dpa - ATTENTION: editorial use only in connection with the latest coverage and only if the credit mentioned above is referenced in full、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2020022801373

    Coronavirus - Italy 25 February 2020, Italy, Codogno: This screenshot from a video shows the empty square in front of the church San Biagio e Santa Maria Immacolata. Northern Italy experiences surreal scenes with the strong outbreak of the coronavirus. All shops except pharmacies and supermarkets are closed in Codogno. Photo: -/privat/dpa - ATTENTION: editorial use only in connection with the latest coverage and only if the credit mentioned above is referenced in full、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2020030203591

    中国の学生2億人以上がクラウドピクニック新型肺炎対策で  23日、ライブ配信アプリ「淘宝直播」に映し出された敦煌莫高窟のスクリーンショット。中国甘粛省にある敦煌莫高窟は23日午後6時、ライブ配信アプリ「淘宝直播(タオバオライブ)」を通じ、解説員による敦煌石窟の壁画「九色の鹿」にまつわる物語の解説を配信。リアルタイムで130万人以上がオンラインで視聴した。(南京=新華社記者/邱氷清)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020030203607

    中国の学生2億人以上がクラウドピクニック新型肺炎対策で  23日、ライブ配信アプリ「淘宝直播」に映し出された敦煌莫高窟のスクリーンショット。中国甘粛省にある敦煌莫高窟は23日午後6時、ライブ配信アプリ「淘宝直播(タオバオライブ)」を通じ、解説員による敦煌石窟の壁画「九色の鹿」にまつわる物語の解説を配信。リアルタイムで130万人以上がオンラインで視聴した。(南京=新華社記者/邱氷清)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020030402656

    イヌワシの撮影に成功吉林省向海国家級自然保護区  イヌワシのスクリーンショット。(2月23日撮影)中国吉林省森林公安局は、世界的に絶滅に瀕している中国国家一級保護動物のイヌワシが向海国家級自然保護区で羽を休める姿の撮影に成功したと発表した。同局向海森林公安分局が遠隔監視制御システムによる野外パトロールで撮影したもので、暫定的な判断によるとイヌワシは成体で、全長約80~100センチ、翼幅は約2メートルに及ぶという。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  38. 2020030402599

    イヌワシの撮影に成功吉林省向海国家級自然保護区  イヌワシのスクリーンショット。(2月23日撮影)中国吉林省森林公安局は、世界的に絶滅に瀕している中国国家一級保護動物のイヌワシが向海国家級自然保護区で羽を休める姿の撮影に成功したと発表した。同局向海森林公安分局が遠隔監視制御システムによる野外パトロールで撮影したもので、暫定的な判断によるとイヌワシは成体で、全長約80~100センチ、翼幅は約2メートルに及ぶという。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  39. 2020030203445

    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し  23日、中国人ネットユーザーが微信(ウィーチャット)の朋友圈(モーメンツ)にアップした手作り包子(肉やあんなどを入れたまんじゅう)の写真。(微信モーメンツのスクリーンショット)新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020022603096

    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」  20日、中国国家博物館のライブ配信画面のスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020022503598

    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」  20日、中国国家博物館オンラインVR(仮想現実)展示室のスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020022503608

    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」  20日、「在宅クラウド博物館巡り」のトップページのスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020021916856

    非対面で契約日本のイトーキ、中国本部を蘇州市に設立  株式会社イトーキ執行役員で中国エリア会長の森山恵氏。(資料写真、動画のスクリーンショット)株式会社イトーキ執行役員で中国エリア責任者の森山恵氏が14日、同社が江蘇省蘇州市の相城経済技術開発区と契約を締結し、中国エリア本部となる伊藤喜(中国)投資有限公司を同区に設立すると動画を通じて明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の影響により、今回の契約は非対面の形で締結された。提携合意によると、イトーキ中国エリア本部の登録資本金は2千万米ドル(1ドル=約110円)で、日本の本社による完全出資で、中国エリアの傘下8社を一括管理する。伊藤喜(中国)投資は今後、グループの一員として日本本社の中国エリア戦略センター、財務センター、サプライチェーンセンター、研究開発センター、市場センターと連携する。イトーキは日本のオフィス家具大手の一つで、オフィス空間や公共・教育施設、医療施設、ワークスペースの設計などの業務を行っており、中国や米国、シンガポールなど世界10カ国・地域に25の子会社と7工場がある。(南京=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  44. 2020022503982

    「新型肺炎対策は充実、過度に緊張する必要ない」広東省仏山市に住む外国人  14日、新華社記者のインタビューを受けるコルマチ氏。(動画のスクリーンショット)イタリア・ミラノ出身のビジネスマン、ルイージ・コルマチ氏は2004年から中国に定住、会社の成長に伴って14年からは妻と共に広東省仏山市で暮らしている。彼が住む社区(コミュニティー)の住民委員会は2月初旬、中国語、英語、韓国語、日本語、ロシア語、ドイツ語の6カ国語で通知を出し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制のため、住民に感染の自己防衛策を強めること、外出を極力控えることを求めた。コルマチ氏が住む蘭桂社区は、同市で外国籍の住民が最も集中する社区の一つで、20余りの国・地域の100人以上が暮らす、正真正銘の国際コミュニティーになっている。(仏山=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020022503903

    「新型肺炎対策は充実、過度に緊張する必要ない」広東省仏山市に住む外国人  14日、コルマチ氏と奥さんにアルコールなどの消毒品を送る蘭桂社区のスタッフ(左端)。(動画のスクリーンショット)イタリア・ミラノ出身のビジネスマン、ルイージ・コルマチ氏は2004年から中国に定住、会社の成長に伴って14年からは妻と共に広東省仏山市で暮らしている。彼が住む社区(コミュニティー)の住民委員会は2月初旬、中国語、英語、韓国語、日本語、ロシア語、ドイツ語の6カ国語で通知を出し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制のため、住民に感染の自己防衛策を強めること、外出を極力控えることを求めた。コルマチ氏が住む蘭桂社区は、同市で外国籍の住民が最も集中する社区の一つで、20余りの国・地域の100人以上が暮らす、正真正銘の国際コミュニティーになっている。(仏山=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020022503924

    「新型肺炎対策は充実、過度に緊張する必要ない」広東省仏山市に住む外国人  14日、住んでいる小区(居住地)近くの嶺南古街を散歩するコルマチ氏と奥さん。(動画のスクリーンショット)イタリア・ミラノ出身のビジネスマン、ルイージ・コルマチ氏は2004年から中国に定住、会社の成長に伴って14年からは妻と共に広東省仏山市で暮らしている。彼が住む社区(コミュニティー)の住民委員会は2月初旬、中国語、英語、韓国語、日本語、ロシア語、ドイツ語の6カ国語で通知を出し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制のため、住民に感染の自己防衛策を強めること、外出を極力控えることを求めた。コルマチ氏が住む蘭桂社区は、同市で外国籍の住民が最も集中する社区の一つで、20余りの国・地域の100人以上が暮らす、正真正銘の国際コミュニティーになっている。(仏山=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020022503935

    「新型肺炎対策は充実、過度に緊張する必要ない」広東省仏山市に住む外国人  14日、住んでいる小区(居住地)に入る前に体温測定を受けるコルマチ氏。(動画のスクリーンショット)イタリア・ミラノ出身のビジネスマン、ルイージ・コルマチ氏は2004年から中国に定住、会社の成長に伴って14年からは妻と共に広東省仏山市で暮らしている。彼が住む社区(コミュニティー)の住民委員会は2月初旬、中国語、英語、韓国語、日本語、ロシア語、ドイツ語の6カ国語で通知を出し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制のため、住民に感染の自己防衛策を強めること、外出を極力控えることを求めた。コルマチ氏が住む蘭桂社区は、同市で外国籍の住民が最も集中する社区の一つで、20余りの国・地域の100人以上が暮らす、正真正銘の国際コミュニティーになっている。(仏山=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020022503988

    「新型肺炎対策は充実、過度に緊張する必要ない」広東省仏山市に住む外国人  14日、新華社記者のインタビューを受けるコルマチ氏。(動画のスクリーンショット)イタリア・ミラノ出身のビジネスマン、ルイージ・コルマチ氏は2004年から中国に定住、会社の成長に伴って14年からは妻と共に広東省仏山市で暮らしている。彼が住む社区(コミュニティー)の住民委員会は2月初旬、中国語、英語、韓国語、日本語、ロシア語、ドイツ語の6カ国語で通知を出し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制のため、住民に感染の自己防衛策を強めること、外出を極力控えることを求めた。コルマチ氏が住む蘭桂社区は、同市で外国籍の住民が最も集中する社区の一つで、20余りの国・地域の100人以上が暮らす、正真正銘の国際コミュニティーになっている。(仏山=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020021700567

    雲岡石窟、オンラインの「バーチャル観光」が人気  12日、バーチャルで再現した「オンライン雲崗石窟」のスクリーンショット。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は1月25日から、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防対策のため一時的に閉鎖されている。雲岡石窟はこのほどバーチャルで見どころが見学できる「オンライン雲岡石窟」のサービスを開始、11日までに延べ15万2300人が「バーチャル観光」に訪れた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020021700384

    雲岡石窟、オンラインの「バーチャル観光」が人気  12日、バーチャルで再現した「オンライン雲崗石窟」のスクリーンショット。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は1月25日から、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防対策のため一時的に閉鎖されている。雲岡石窟はこのほどバーチャルで見どころが見学できる「オンライン雲岡石窟」のサービスを開始、11日までに延べ15万2300人が「バーチャル観光」に訪れた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像