検索結果 45 件中 1 件 〜 45 件 "セイタカシギ"
  1. 2020080303514

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子で、たわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303672

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080303540

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303666

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303675

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080303769

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080303543

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080303617

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072804951

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区で戯れるセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072805004

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区にたたずむセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072804954

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、大黄堡湿地自然保護区の上空を飛ぶセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062204855

    泊江海子に鳥たちの楽園復活内モンゴル自治区オルドス市  9日、泊江海子の岸辺を「散歩」するセイタカシギ。中国内モンゴル自治区オルドス市内に位置する湖の泊江海子は、1990年代には水域面積は約10平方キロの広がりを持っていたが、2000年代に入ってからは降水量が減少したことなどから水が枯れ、06年にはわずか1平方キロまで縮小した。地元政府はここ数年、泊江海子周辺の自然環境を救うためさまざまな措置を実施、湖には再び四つの島が形成された。現在は水域面積が8平方キロ近くまで回復している。湖を去った多くの鳥たちも再び飛来して棲息するようになり、鳥たちの楽園が復活した。最新の統計によると、ここで夏を越す鳥類は40種類、1万4千羽に上る。中でも13年間姿を見せなかった「鳥類のパンダ」と呼ばれるゴビズキンカモメは400羽余りにまで達しており、現在、五つの巣で繁殖活動を行っている。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062204871

    泊江海子に鳥たちの楽園復活内モンゴル自治区オルドス市  9日、泊江海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区オルドス市内に位置する湖の泊江海子は、1990年代には水域面積は約10平方キロの広がりを持っていたが、2000年代に入ってからは降水量が減少したことなどから水が枯れ、06年にはわずか1平方キロまで縮小した。地元政府はここ数年、泊江海子周辺の自然環境を救うためさまざまな措置を実施、湖には再び四つの島が形成された。現在は水域面積が8平方キロ近くまで回復している。湖を去った多くの鳥たちも再び飛来して棲息するようになり、鳥たちの楽園が復活した。最新の統計によると、ここで夏を越す鳥類は40種類、1万4千羽に上る。中でも13年間姿を見せなかった「鳥類のパンダ」と呼ばれるゴビズキンカモメは400羽余りにまで達しており、現在、五つの巣で繁殖活動を行っている。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062204790

    泊江海子に鳥たちの楽園復活内モンゴル自治区オルドス市  9日、泊江海子で撮影したセイタカシギ。中国内モンゴル自治区オルドス市内に位置する湖の泊江海子は、1990年代には水域面積は約10平方キロの広がりを持っていたが、2000年代に入ってからは降水量が減少したことなどから水が枯れ、06年にはわずか1平方キロまで縮小した。地元政府はここ数年、泊江海子周辺の自然環境を救うためさまざまな措置を実施、湖には再び四つの島が形成された。現在は水域面積が8平方キロ近くまで回復している。湖を去った多くの鳥たちも再び飛来して棲息するようになり、鳥たちの楽園が復活した。最新の統計によると、ここで夏を越す鳥類は40種類、1万4千羽に上る。中でも13年間姿を見せなかった「鳥類のパンダ」と呼ばれるゴビズキンカモメは400羽余りにまで達しており、現在、五つの巣で繁殖活動を行っている。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020061503908

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で餌を探すセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020061503997

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で羽を休めるセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020061504007

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区の湿地にすむ水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020061503929

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区で巣の上にうずくまる水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020061503909

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区で餌をついばむ水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020061504041

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区にすむ水鳥。(5月30日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020061504049

    大黄堡湿地自然保護区の鳥たち天津市  天津市の大黄堡湿地自然保護区で戯れる水鳥。(5月23日撮影)中国天津市武清区の大黄堡湿地自然保護区ではここ数年、地元職員の努力により、水質が向上し、植物や空の色もさらに鮮明になった。保護区にはコウノトリやアカツクシガモ、セイタカシギなどの鳥が姿を現し、美しい風景を作り出している。(天津=新華社配信/郭徳中)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020050104482

    渡り鳥の繁殖地、沙湖風景区寧夏回族自治区  24日、沙湖風景区に生息するセイタカシギ。中国寧夏回族自治区石嘴山市平羅県の沙湖風景区は、毎年3月から10月にかけて数十万羽の渡り鳥が繁殖する重要な場所となっている。同風景区では5月1日から始まる労働節(メーデー)の連休期間中、第9回沙湖国際バードウオッチング・フェスティバルが開かれる。同フェスティバルではインターネット上で渡り鳥を鑑賞できるようにすることで、新たな体験を提供する。(石嘴山=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020041403619

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市にある莫莫格国家級自然保護区内の湿地で羽を休める2羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019061300544

    湿地に集うセイタカシギ遼寧省大連市  11日、大連市金普新区の西海湿地で餌を探すセイタカシギ。中国遼寧省大連市金普新区にある西海湿地の草むらや浅瀬は、100羽以上のセイタカシギが巣作りや採餌、繁殖をする場となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019061300541

    湿地に集うセイタカシギ遼寧省大連市  11日、大連市金普新区の西海湿地で餌を探すセイタカシギ。中国遼寧省大連市金普新区にある西海湿地の草むらや浅瀬は、100羽以上のセイタカシギが巣作りや採餌、繁殖をする場となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019061300529

    湿地に集うセイタカシギ遼寧省大連市  11日、大連市金普新区の西海湿地にすむセイタカシギの親子。中国遼寧省大連市金普新区にある西海湿地の草むらや浅瀬は、100羽以上のセイタカシギが巣作りや採餌、繁殖をする場となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019061300584

    湿地に集うセイタカシギ遼寧省大連市  11日、大連市金普新区の西海湿地で餌を探すセイタカシギのひな。中国遼寧省大連市金普新区にある西海湿地の草むらや浅瀬は、100羽以上のセイタカシギが巣作りや採餌、繁殖をする場となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019061300536

    湿地に集うセイタカシギ遼寧省大連市  11日、大連市金普新区の西海湿地で餌を探すセイタカシギ。中国遼寧省大連市金普新区にある西海湿地の草むらや浅瀬は、100羽以上のセイタカシギが巣作りや採餌、繁殖をする場となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019061300522

    湿地に集うセイタカシギ遼寧省大連市  11日、大連市金普新区の西海湿地にすむセイタカシギの親子。中国遼寧省大連市金普新区にある西海湿地の草むらや浅瀬は、100羽以上のセイタカシギが巣作りや採餌、繁殖をする場となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019061108228

    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区  9日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探すセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019052700474

    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区  22日、遼河口国家級自然保護区で、餌を探すセイタカシギ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019041701324

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す数羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019041701359

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す数羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018052300340

    水鏡  水面に姿が反射し、鏡の上を歩いているようなセイタカシギ。ロシアが強制編入したウクライナ南部クリミアの湖での風景。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  35. 2018042600347

    フフホト渡り鳥の群れが集う哈素海湿地  24日、フフホト市トゥムド左旗に位置する哈素海湿地に立ち寄り、羽を休める3羽のセイタカシギ。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区フフホト市のトゥムド左旗に位置する哈素海湿地に渡り鳥の群れが飛来し、ヨシ原の中で過ごしながら、エサを探し求めている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018042600338

    フフホト渡り鳥の群れが集う哈素海湿地  24日、フフホト市トゥムド左旗に位置する哈素海湿地でエサを探すセイタカシギ。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区フフホト市のトゥムド左旗に位置する哈素海湿地に渡り鳥の群れが飛来し、ヨシ原の中で過ごしながら、エサを探し求めている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018042600326

    フフホト渡り鳥の群れが集う哈素海湿地  24日、フフホト市トゥムド左旗に位置する哈素海湿地の上空を飛ぶセイタカシギの群れ。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区フフホト市のトゥムド左旗に位置する哈素海湿地に渡り鳥の群れが飛来し、ヨシ原の中で過ごしながら、エサを探し求めている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018030700598

    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ  2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶソリハシセイタカシギの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018030700594

    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ  2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶソリハシセイタカシギの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2015111200459

    長い足でとびげり クロエリセイタカシギ  不思議そうに首をかしげるクロエリセイタカシギ。1羽でいることもあるし、何羽かでかたまっていることもある=神戸市の神戸どうぶつ王国 「生きもの大好き」(392)「クロエリセイタカシギ」

  41. 2018052200705

    カメラ探訪 セイタカシギ  セイタカシギ科。全長32センチ。水生昆虫や小魚などを食べる。きゃしゃな姿から、貴婦人にたとえられ、バードウオッチャーあこがれの一羽。環境省のレッドリストで絶滅危惧種の指定を受けている。=2014(平成26)年7月30日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「岡山の鳥たち」

  42. 2012101100512

    愛知目標達成に年6兆円 セイタカシギの群れ  水質汚染の危機に直面している、ブラジルにある世界最大の淡水湿地パンタナルの沼上を飛ぶセイタカシギの群れ=4月(共同)

  43. 2012052300277

    食糧増産、汚れる大湿原 セイタカシギの群れ  ブラジル西部パンタナルの沼上を飛ぶセイタカシギの群れ=4月(共同) 連載企画「地球サミットから20年―ブラジルはいま」4回続きの(4)

  44. 2002022100104

    シギなど約100羽が到着 クロエリセイタカシギ  「到津の森公園」に到着したクロエリセイタカシギ=21日午前、北九州市小倉北区 【全西、S西、S九】 

  45. 1995092000003

    和歌山・田辺に珍鳥飛来 セイタカシギ  日本での確認は3回目という珍鳥「オーストラリアセイタカシギ」=18日、和歌山県田辺市の芳養川

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像