検索結果 81 件中 1 件 〜 50 件 "ソデグロヅル"
  1. 2020042709583

    ソデグロヅルの飛来に備え350トンの種レンコン植え付け江西省  21日、ソデグロヅルに安定した餌場を提供するため、拡大されたハス田。中国江西省南昌市高新区(ハイテク産業開発区)にある五星白鶴保護小区はピーク期には千羽のソデグロヅルが飛来することから、「人とソデグロヅルとの距離が最も近い場所」とも呼ばれている。最近観測されたソデグロヅルとの距離は、わずか数十メートルだった。同小区の責任者、周海燕(しゅう・かいえん)さんは「今年は湖北省と安徽省から、甘くて食感の良い良質の種レンコンを買い付けた」と述べ、同小区では今年、種レンコン350トンを投入し、ソデグロヅルに安定した餌場を提供するため、既存のハス田を1050ムー(70ヘクタール)まで拡大する計画だと説明した。(南昌=新華社配信/周海燕)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020042709567

    ソデグロヅルの飛来に備え350トンの種レンコン植え付け江西省  21日、レンコンの植え付けに精を出す作業員。中国江西省南昌市高新区(ハイテク産業開発区)にある五星白鶴保護小区はピーク期には千羽のソデグロヅルが飛来することから、「人とソデグロヅルとの距離が最も近い場所」とも呼ばれている。最近観測されたソデグロヅルとの距離は、わずか数十メートルだった。同小区の責任者、周海燕(しゅう・かいえん)さんは「今年は湖北省と安徽省から、甘くて食感の良い良質の種レンコンを買い付けた」と述べ、同小区では今年、種レンコン350トンを投入し、ソデグロヅルに安定した餌場を提供するため、既存のハス田を1050ムー(70ヘクタール)まで拡大する計画だと説明した。(南昌=新華社配信/周海燕)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042709565

    ソデグロヅルの飛来に備え350トンの種レンコン植え付け江西省  21日、南昌市の五星白鶴保護小区で船積みされる種レンコン。(小型無人機から)中国江西省南昌市高新区(ハイテク産業開発区)にある五星白鶴保護小区はピーク期には千羽のソデグロヅルが飛来することから、「人とソデグロヅルとの距離が最も近い場所」とも呼ばれている。最近観測されたソデグロヅルとの距離は、わずか数十メートルだった。同小区の責任者、周海燕(しゅう・かいえん)さんは「今年は湖北省と安徽省から、甘くて食感の良い良質の種レンコンを買い付けた」と述べ、同小区では今年、種レンコン350トンを投入し、ソデグロヅルに安定した餌場を提供するため、既存のハス田を1050ムー(70ヘクタール)まで拡大する計画だと説明した。(南昌=新華社配信/周海燕)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042709487

    ソデグロヅルの飛来に備え350トンの種レンコン植え付け江西省  21日、鄱陽湖へ越冬して来るソデグロヅルの食糧供給を保障するために植え付ける種レンコンを、トラックから降ろす作業員。中国江西省南昌市高新区(ハイテク産業開発区)にある五星白鶴保護小区はピーク期には千羽のソデグロヅルが飛来することから、「人とソデグロヅルとの距離が最も近い場所」とも呼ばれている。最近観測されたソデグロヅルとの距離は、わずか数十メートルだった。同小区の責任者、周海燕(しゅう・かいえん)さんは「今年は湖北省と安徽省から、甘くて食感の良い良質の種レンコンを買い付けた」と述べ、同小区では今年、種レンコン350トンを投入し、ソデグロヅルに安定した餌場を提供するため、既存のハス田を1050ムー(70ヘクタール)まで拡大する計画だと説明した。(南昌=新華社配信/周海燕)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020041403617

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市にある莫莫格国家級自然保護区の湿地で羽を休める渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020041403619

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市にある莫莫格国家級自然保護区内の湿地で羽を休める2羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020041403637

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020041403583

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020041403634

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地の上を飛ぶハクチョウ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020041403560

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つハクチョウ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020041403582

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地の上を飛ぶハクチョウ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020041403564

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020040300513

    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市  瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園のソデグロヅル。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020040300548

    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市  瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園のソデグロヅル。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020032601594

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020032601573

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、国際ツル財団のボランティアカメラマンとソデグロヅルを観察する鄱陽湖国家級自然保護区呉城保護ステーションの保護監視員、王小竜さん(奥)。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020032601575

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020032601553

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020032601552

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  19日、鄱陽湖でエサを探すソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020032601554

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  19日、鄱陽湖でエサを探すソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020040300587

    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市  瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園に飛来した渡り鳥。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019122401453

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019122401514

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019122401584

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019122401527

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019122401468

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019112901126

    珍鳥ソデグロヅルを移送    山口県宇部市から東京の多摩動物公園に移送された日本でただ1羽のソデグロヅル「トキちゃん」。山口県鳥獣保護センターで保護され、国内で増殖のため、多摩動物公園に移送された=1980(昭和55)年12月19日(55年内地11407) 資料A 2804

  28. 2019080501259

    雨の中で涼を楽しむ動物たち吉林省  3日、水の中に入って涼を楽しむソデグロヅル。中国吉林省では3日、各地で比較的強い雨に見舞われた。同省の東北虎園では、動物たちが雨の中、久しぶりの涼を楽しんだ。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019080501427

    雨の中で涼を楽しむ動物たち吉林省  3日、水遊びをするソデグロヅル。中国吉林省では3日、各地で比較的強い雨に見舞われた。同省の東北虎園では、動物たちが雨の中、久しぶりの涼を楽しんだ。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019041701389

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地を舞う数羽のツル。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロツルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019041701400

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019041701363

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019041701399

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶツルの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019041701343

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019041701344

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶツルの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019041701372

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶツルの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019041701322

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019041701324

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  11日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す数羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019041701384

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019041701368

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地を舞う渡り鳥の群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019041701359

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地で餌を探す数羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019041701374

    北帰行の渡り鳥、飛来がピークに吉林省莫莫格自然保護区  10日、莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛ぶハイイロガンの群れ。中国吉林省白城(はくじょう)市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではこのところ、北帰行の渡り鳥飛来のピークを迎えている。2千羽余りのソデグロヅル、クロヅル、マナヅルと数万羽の水鳥がここで羽を休め、栄養補給をしている。近年は春と秋にソデグロヅルが100日以上ここに滞在しており、その数は過去の200羽余りから3千羽以上に増えている。(長春=新華社記者/張楠)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018102216743

    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市  17日、越冬のため南下する途中、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区の湿地に飛来したソデグロヅルの群れ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018102216803

    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市  17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛翔する数羽のソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018102216387

    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市  17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区の湿地上空を飛翔するソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018102216938

    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市  17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛翔する数羽のソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018102216966

    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市  17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内を飛翔するソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018102216706

    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市  17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内の湿地に降り立ったツル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018050900413

    助けられたソデグロヅル、遠い「肉親を探す旅」に出る  7日、ソデグロヅルを特製の木箱に入れ、「肉親を探す旅」へ向かう準備をする江西省野生動植物救護繁殖センターのスタッフ。中国江西省鄱陽湖のほとりにある南昌市高新区五星墾殖場で4月24日、農家の人が両足で立つことのできない野生のソデグロヅルを池で見つけた。同省野生動植物救護繁殖センターで真心のこもった治療を受けたおかげで、このソデグロヅルは健康を取り戻した。このソデグロヅルの所属する個体群がすでに鄱陽湖を離れ、吉林省北部へ向けて移動したことから、救護センターはソデグロヅルが国家一級保護鳥類であることを考慮し、専門家を派遣してこのソデグロヅルを飛行機で2千キロ余り離れた吉林省莫莫格国家級自然保護区まで運び、野生に返すことに決めた。現在、このソデグロヅルは長春に到着したという。(長春=新華社記者/万象)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018050900404

    助けられたソデグロヅル、遠い「肉親を探す旅」に出る  7日、南昌昌北国際空港に到着したソデグロヅルを運ぶスタッフ。中国江西省鄱陽湖のほとりにある南昌市高新区五星墾殖場で4月24日、農家の人が両足で立つことのできない野生のソデグロヅルを池で見つけた。同省野生動植物救護繁殖センターで真心のこもった治療を受けたおかげで、このソデグロヅルは健康を取り戻した。このソデグロヅルの所属する個体群がすでに鄱陽湖を離れ、吉林省北部へ向けて移動したことから、救護センターはソデグロヅルが国家一級保護鳥類であることを考慮し、専門家を派遣してこのソデグロヅルを飛行機で2千キロ余り離れた吉林省莫莫格国家級自然保護区まで運び、野生に返すことに決めた。現在、このソデグロヅルは長春に到着したという。(長春=新華社記者/万象)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像