検索結果 797 件中 1 件 〜 50 件 "チベット仏教"
  1. 2020112403208

    チベットに近代化の波 ポタラ宮前の漢族カップル  チベット仏教の指導者、歴代ダライ・ラマの居住地だったポタラ宮(奥)。現在は世界遺産として観光地になっている。向かいの広場では漢族のカップルが結婚写真を撮っていた=10月、中国チベット自治区ラサ(共同) 「海外写真ニュース」7枚組みの(1)

  2. 2020112403202

    チベットに近代化の波 祈りの旗と中国国旗  チベット仏教の伝統的な祈りの旗と中国国旗が掲げられた民家=10月、中国チベット自治区山南市(共同) 「海外写真ニュース」7枚組みの(5)

  3. 2020112403178

    チベットに近代化の波 仏教指導者の肖像画  中国チベット自治区ラサ市内の飲食店内に掲げられたチベット仏教指導者の肖像画。中国政府が「社会動乱の根源」と非難し、インド亡命中の最高指導者ダライ・ラマ14世の写真は市内で見かけることはない=10月(共同) 「海外写真ニュース」7枚組みの(2)

  4. 2020102807034

    「脱貧困」で安定図る シガツェの巡礼者  明け方、チベット仏教寺院に向かって「五体投地」をする巡礼者=10月18日、中国チベット自治区シガツェ(共同) 連載企画「変貌するチベット」2回続きの(下)

  5. 2020102806747

    「脱貧困」で安定図る シガツェの巡礼者ら  明け方、チベット仏教寺院の周囲を歩く巡礼者ら=10月18日、中国チベット自治区シガツェ(共同) 連載企画「変貌するチベット」2回続きの(下)

  6. 2020102806736

    「脱貧困」で安定図る チベット僧侶と習氏の写真  ポタラ宮前の広場を訪れたチベット仏教の僧侶(手前)と中国の習近平国家主席の写真=10月15日、中国チベット自治区ラサ(共同) 連載企画「変貌するチベット」2回続きの(下)

  7. 2020101900544

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020101900530

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の正門。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020101900538

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召境内の建物。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020101900697

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召境内の建物。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020101900701

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召正門前の広場。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020101900666

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020101900845

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の洞闊爾殿。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020101900890

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召境内を見学する観光客。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020101900744

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020101900739

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020101900559

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の洞闊爾殿。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020112600784

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020112601179

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  ガマドーラさんと記念撮影する研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020112601187

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020112601420

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020112601525

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  ガマドーラさんと研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020112601183

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020112601189

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020112600871

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020112601092

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020112600751

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020112600904

    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区  チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020100104458

    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市  20日、タンカの制作技術を弟子に指導するノルブユルギェルさん。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020100104426

    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市  20日、タンカを制作するノルブユルギェルさん。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020100104549

    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市  20日、タンカを制作するノルブユルギェルさんの弟子。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020100104452

    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市  20日、タンカを制作するノルブユルギェルさん。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020091801809

    科学調査団、「古商道」の発展の軌跡を探る四川省  9日、四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県にあるチベット仏教の経典の木版を保管し印刷をする徳格印経院(チベット語でデルゲ・バルカン)で、経典の木版を調査する科学調査団のメンバー。中国四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州は悠久の歴史と奥深い文化を持つ地域として知られる。四川省社会科学院、北京師範大学、四川大学および各学科・分野の専門家、学者、教授からなる科学調査団はこのほど、同自治州の各地で科学調査を実施し、現地で古い商業ルート「古商道」の発展の軌跡を探った。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020082103100

    「新華社」「ショトゥン祭」が開幕チベット自治区ラサ市 19日、ラサ市のデプン寺で行われたタンカの開帳式の様子。中国チベット自治区ラサ市にあるデプン(哲蚌)寺で19日、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われ、「日光城」と呼ばれる同市は年に一度の伝統行事「ショトゥン祭」(雪頓節)を迎えた。チベット語で「雪」はヨーグルトを、「頓」は宴会を意味することから、同祭は「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。同祭は11世紀中期に始まり、2006年に中国の第1次無形文化遺産保護リストに登録された。同市のノルブリンカや競馬場などでは祭り期間中、チベットの伝統劇や競馬、演芸などさまざまなイベントが行われる。(ラサ=新華社記者/詹彦)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020082103095

    「新華社」「ショトゥン祭」が開幕チベット自治区ラサ市 19日、ラサ市のデプン寺で行われたタンカの開帳式の様子。中国チベット自治区ラサ市にあるデプン(哲蚌)寺で19日、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われ、「日光城」と呼ばれる同市は年に一度の伝統行事「ショトゥン祭」(雪頓節)を迎えた。チベット語で「雪」はヨーグルトを、「頓」は宴会を意味することから、同祭は「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。同祭は11世紀中期に始まり、2006年に中国の第1次無形文化遺産保護リストに登録された。同市のノルブリンカや競馬場などでは祭り期間中、チベットの伝統劇や競馬、演芸などさまざまなイベントが行われる。(ラサ=新華社記者/詹彦)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020082103040

    「新華社」「ショトゥン祭」が開幕チベット自治区ラサ市 19日、ラサ市のデプン寺で行われたタンカの開帳式の様子。中国チベット自治区ラサ市にあるデプン(哲蚌)寺で19日、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われ、「日光城」と呼ばれる同市は年に一度の伝統行事「ショトゥン祭」(雪頓節)を迎えた。チベット語で「雪」はヨーグルトを、「頓」は宴会を意味することから、同祭は「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。同祭は11世紀中期に始まり、2006年に中国の第1次無形文化遺産保護リストに登録された。同市のノルブリンカや競馬場などでは祭り期間中、チベットの伝統劇や競馬、演芸などさまざまなイベントが行われる。(ラサ=新華社記者/詹彦)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020082103061

    「新華社」「ショトゥン祭」が開幕チベット自治区ラサ市 19日、ラサ市のデプン寺で巨大なタンカを担ぐ僧侶。中国チベット自治区ラサ市にあるデプン(哲蚌)寺で19日、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われ、「日光城」と呼ばれる同市は年に一度の伝統行事「ショトゥン祭」(雪頓節)を迎えた。チベット語で「雪」はヨーグルトを、「頓」は宴会を意味することから、同祭は「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。同祭は11世紀中期に始まり、2006年に中国の第1次無形文化遺産保護リストに登録された。同市のノルブリンカや競馬場などでは祭り期間中、チベットの伝統劇や競馬、演芸などさまざまなイベントが行われる。(ラサ=新華社記者/詹彦)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020082103089

    「新華社」「ショトゥン祭」が開幕チベット自治区ラサ市 19日、ラサ市のデプン寺で行われたタンカの開帳式の様子。中国チベット自治区ラサ市にあるデプン(哲蚌)寺で19日、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われ、「日光城」と呼ばれる同市は年に一度の伝統行事「ショトゥン祭」(雪頓節)を迎えた。チベット語で「雪」はヨーグルトを、「頓」は宴会を意味することから、同祭は「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。同祭は11世紀中期に始まり、2006年に中国の第1次無形文化遺産保護リストに登録された。同市のノルブリンカや競馬場などでは祭り期間中、チベットの伝統劇や競馬、演芸などさまざまなイベントが行われる。(ラサ=新華社記者/詹彦)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020082103085

    「新華社」「ショトゥン祭」が開幕チベット自治区ラサ市 19日、ラサ市のデプン寺で掲げられた巨大なタンカ。中国チベット自治区ラサ市にあるデプン(哲蚌)寺で19日、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われ、「日光城」と呼ばれる同市は年に一度の伝統行事「ショトゥン祭」(雪頓節)を迎えた。チベット語で「雪」はヨーグルトを、「頓」は宴会を意味することから、同祭は「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。同祭は11世紀中期に始まり、2006年に中国の第1次無形文化遺産保護リストに登録された。同市のノルブリンカや競馬場などでは祭り期間中、チベットの伝統劇や競馬、演芸などさまざまなイベントが行われる。(ラサ=新華社記者/詹彦)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020082103092

    「新華社」「ショトゥン祭」が開幕チベット自治区ラサ市 19日、ラサ市のデプン寺で掲げられた巨大なタンカ。中国チベット自治区ラサ市にあるデプン(哲蚌)寺で19日、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われ、「日光城」と呼ばれる同市は年に一度の伝統行事「ショトゥン祭」(雪頓節)を迎えた。チベット語で「雪」はヨーグルトを、「頓」は宴会を意味することから、同祭は「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。同祭は11世紀中期に始まり、2006年に中国の第1次無形文化遺産保護リストに登録された。同市のノルブリンカや競馬場などでは祭り期間中、チベットの伝統劇や競馬、演芸などさまざまなイベントが行われる。(ラサ=新華社記者/詹彦)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020082602259

    Garden of One Thousand Buddhas - Arlee, Montana August 17, 2020, Arlee, Montana, USA: Statue of Yum Chenmo “The Good Mother†at the Garden of One Thousand Buddhas in Arlee, Montana on July 24, 2020. Founded by Gochen Tulku Sang-ngag Rinpoche in 2000 and still a work in progress, the Buddhist center and sacred pilgrimage site houses one thousand images of the Buddha arranged in the shape of an eight-spoked Dharma wheel surrounding a 24-foot tall figure of Yum Chenmo. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  42. 2020082602841

    Garden of One Thousand Buddhas - Arlee, Montana August 17, 2020, Arlee, Montana, USA: Rows of Buddha statues at the Garden of One Thousand Buddhas in Arlee, Montana on July 24, 2020. Founded by Gochen Tulku Sang-ngag Rinpoche in 2000 and still a work in progress, the Buddhist center and sacred pilgrimage site houses one thousand images of the Buddha arranged in the shape of an eight-spoked Dharma wheel surrounding a 24-foot tall figure of Yum Chenmo. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  43. 2020082602672

    Garden of One Thousand Buddhas - Arlee, Montana August 17, 2020, Arlee, Montana, USA: Offerings are left at the statue of Buddha Shakyamuni in the Garden of One Thousand Buddhas in Arlee, Montana on July 24, 2020. Founded by Gochen Tulku Sang-ngag Rinpoche in 2000 and still a work in progress, the Buddhist center and sacred pilgrimage site houses one thousand images of the Buddha arranged in the shape of an eight-spoked Dharma wheel surrounding a 24-foot tall figure of Yum Chenmo. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  44. 2020082602551

    Garden of One Thousand Buddhas - Arlee, Montana August 17, 2020, Arlee, Montana, USA: Prayer beads are left at a offering mandala at the Garden of One Thousand Buddhas in Arlee, Montana on August 17, 2020. Founded by Gochen Tulku Sang-ngag Rinpoche in 2000 and still a work in progress, the Buddhist center and sacred pilgrimage site houses one thousand images of the Buddha arranged in the shape of an eight-spoked Dharma wheel surrounding a 24-foot tall figure of Yum Chenmo. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  45. 2020081403693

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、遠くに見える色達県の東嘎寺。県内には29カ所のチベット仏教寺院がある。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020081700864

    チベット族文化の宝庫、徳格印経院を守るネコたち四川省徳格県  四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院の一角。(8月4日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県に、チベット仏教の経典の木版を保管し印刷をする徳格印経院(チベット語でデルゲ・バルカン)がある。1729年の創建で、現在でも木版32万点を所蔵する。内容がチベット族の宗教や文学、音楽、医学、天文学、地理、歴史、美術など多分野にわたることから「雪山の麓の宝庫」「チベット族文化の大百科全書」とも呼ばれている。印経院ではここ数年、ネズミの被害に悩まされていた。職人が被害にあった木版一枚を修復するのに3日~1週間かかっていたが、いつしかネコたちが現れ、印経院の「守護者」となった。これらのネコは現在、印経院に欠かすことのできない存在であり、人々に愛されている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020081700984

    チベット族文化の宝庫、徳格印経院を守るネコたち四川省徳格県  四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院。(8月4日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県に、チベット仏教の経典の木版を保管し印刷をする徳格印経院(チベット語でデルゲ・バルカン)がある。1729年の創建で、現在でも木版32万点を所蔵する。内容がチベット族の宗教や文学、音楽、医学、天文学、地理、歴史、美術など多分野にわたることから「雪山の麓の宝庫」「チベット族文化の大百科全書」とも呼ばれている。印経院ではここ数年、ネズミの被害に悩まされていた。職人が被害にあった木版一枚を修復するのに3日~1週間かかっていたが、いつしかネコたちが現れ、印経院の「守護者」となった。これらのネコは現在、印経院に欠かすことのできない存在であり、人々に愛されている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020081700714

    チベット族文化の宝庫、徳格印経院を守るネコたち四川省徳格県  四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院を訪れた人々。(8月4日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県に、チベット仏教の経典の木版を保管し印刷をする徳格印経院(チベット語でデルゲ・バルカン)がある。1729年の創建で、現在でも木版32万点を所蔵する。内容がチベット族の宗教や文学、音楽、医学、天文学、地理、歴史、美術など多分野にわたることから「雪山の麓の宝庫」「チベット族文化の大百科全書」とも呼ばれている。印経院ではここ数年、ネズミの被害に悩まされていた。職人が被害にあった木版一枚を修復するのに3日~1週間かかっていたが、いつしかネコたちが現れ、印経院の「守護者」となった。これらのネコは現在、印経院に欠かすことのできない存在であり、人々に愛されている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020081700729

    チベット族文化の宝庫、徳格印経院を守るネコたち四川省徳格県  四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院の一角。(8月4日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県に、チベット仏教の経典の木版を保管し印刷をする徳格印経院(チベット語でデルゲ・バルカン)がある。1729年の創建で、現在でも木版32万点を所蔵する。内容がチベット族の宗教や文学、音楽、医学、天文学、地理、歴史、美術など多分野にわたることから「雪山の麓の宝庫」「チベット族文化の大百科全書」とも呼ばれている。印経院ではここ数年、ネズミの被害に悩まされていた。職人が被害にあった木版一枚を修復するのに3日~1週間かかっていたが、いつしかネコたちが現れ、印経院の「守護者」となった。これらのネコは現在、印経院に欠かすことのできない存在であり、人々に愛されている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020081700876

    チベット族文化の宝庫、徳格印経院を守るネコたち四川省徳格県  四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院を訪れた人々。(8月4日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県に、チベット仏教の経典の木版を保管し印刷をする徳格印経院(チベット語でデルゲ・バルカン)がある。1729年の創建で、現在でも木版32万点を所蔵する。内容がチベット族の宗教や文学、音楽、医学、天文学、地理、歴史、美術など多分野にわたることから「雪山の麓の宝庫」「チベット族文化の大百科全書」とも呼ばれている。印経院ではここ数年、ネズミの被害に悩まされていた。職人が被害にあった木版一枚を修復するのに3日~1週間かかっていたが、いつしかネコたちが現れ、印経院の「守護者」となった。これらのネコは現在、印経院に欠かすことのできない存在であり、人々に愛されている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像