検索結果 9 件中 1 件 〜 9 件 "チャン族文化"
  1. 2020062204503

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、作業する刺繍娘ら。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社配信/黎徳華)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204500

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、生徒(右)に刺しゅう技術を教える刺繍娘(左)。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社配信/黎徳華)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062204502

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、作業する刺繍娘ら。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062204593

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、牡丹を刺しゅうする刺繍娘。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2018051400462

    四川省北川チャン族自治県新たな土地で再建  10日、空から見た北川チャン族自治県の巴拿恰商業街の様子。(ドローンで撮影)2008年の汶川地震(四川大地震)で甚大な被害を受けた中国四川省北川チャン族自治県は、地震後20キロあまり離れた場所に県人民政府を移転し、面積5平方キロの新たな街を建設した。街は永昌鎮と命名され、現在、3万5千人が暮らしている。同鎮は県域の政治、経済、文化の中心としての役割を担い、四川省西部の観光サービス拠点や綿陽市西部の産業拠点、近代化されたチャン族文化都市、エコ田園都市として復興している。廊橋(屋根付橋)や商店街の歩行者専用道、抗震記念公園、文化センター、北川中学校、新北川ホテル、安昌河以西の維斯特農業産業パークなど特色ある建造物が新たな県人民政府所在地の景観を形成している。(北川=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2018051400495

    四川省北川チャン族自治県新たな土地で再建  10日、空から見た四川省北川チャン族自治県の様子。(ドローンで撮影)2008年の汶川地震(四川大地震)で甚大な被害を受けた中国四川省北川チャン族自治県は、地震後20キロあまり離れた場所に県人民政府を移転し、面積5平方キロの新たな街を建設した。街は永昌鎮と命名され、現在、3万5千人が暮らしている。同鎮は県域の政治、経済、文化の中心としての役割を担い、四川省西部の観光サービス拠点や綿陽市西部の産業拠点、近代化されたチャン族文化都市、エコ田園都市として復興している。廊橋(屋根付橋)や商店街の歩行者専用道、抗震記念公園、文化センター、北川中学校、新北川ホテル、安昌河以西の維斯特農業産業パークなど特色ある建造物が新たな県人民政府所在地の景観を形成している。(北川=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2018051400510

    四川省北川チャン族自治県新たな土地で再建  9日、北川チャン族自治県の巴拿恰風景区の一角。2008年の汶川地震(四川大地震)で甚大な被害を受けた中国四川省北川チャン族自治県は、地震後20キロあまり離れた場所に県人民政府を移転し、面積5平方キロの新たな街を建設した。街は永昌鎮と命名され、現在、3万5千人が暮らしている。同鎮は県域の政治、経済、文化の中心としての役割を担い、四川省西部の観光サービス拠点や綿陽市西部の産業拠点、近代化されたチャン族文化都市、エコ田園都市として復興している。廊橋(屋根付橋)や商店街の歩行者専用道、抗震記念公園、文化センター、北川中学校、新北川ホテル、安昌河以西の維斯特農業産業パークなど特色ある建造物が新たな県人民政府所在地の景観を形成している。(北川=新華社記者/鮑菲菲)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2018051400506

    四川省北川チャン族自治県新たな土地で再建  再建された北川中学校。(9日、ドローンで撮影)2008年の汶川地震(四川大地震)で甚大な被害を受けた中国四川省北川チャン族自治県は、地震後20キロあまり離れた場所に県人民政府を移転し、面積5平方キロの新たな街を建設した。街は永昌鎮と命名され、現在、3万5千人が暮らしている。同鎮は県域の政治、経済、文化の中心としての役割を担い、四川省西部の観光サービス拠点や綿陽市西部の産業拠点、近代化されたチャン族文化都市、エコ田園都市として復興している。廊橋(屋根付橋)や商店街の歩行者専用道、抗震記念公園、文化センター、北川中学校、新北川ホテル、安昌河以西の維斯特農業産業パークなど特色ある建造物が新たな県人民政府所在地の景観を形成している。(北川=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2018051400464

    四川省北川チャン族自治県新たな土地で再建  北川チャン族自治県の廊橋。(3月17日、ドローンで撮影)2008年の汶川地震(四川大地震)で甚大な被害を受けた中国四川省北川チャン族自治県は、地震後20キロあまり離れた場所に県人民政府を移転し、面積5平方キロの新たな街を建設した。街は永昌鎮と命名され、現在、3万5千人が暮らしている。同鎮は県域の政治、経済、文化の中心としての役割を担い、四川省西部の観光サービス拠点や綿陽市西部の産業拠点、近代化されたチャン族文化都市、エコ田園都市として復興している。廊橋(屋根付橋)や商店街の歩行者専用道、抗震記念公園、文化センター、北川中学校、新北川ホテル、安昌河以西の維斯特農業産業パークなど特色ある建造物が新たな県人民政府所在地の景観を形成している。(北川=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像