検索結果 41 件中 1 件 〜 41 件 "トウガラシ栽培"
  1. 2020090701417

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県で行われたトウガラシの収穫作業。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020090701363

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県でトウガラシを収穫する農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020090701341

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州の企業「志輝農産品加工」で、トウガラシを乾燥させる従業員。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020090701347

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県で天日干しされているトウガラシ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020090701348

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県で、収穫したトウガラシを仕分ける農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020090701403

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県でトウガラシを天日干しする農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020090701344

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州の企業「志輝農産品加工」で、乾燥させたトウガラシを管理する従業員。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020090701311

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県でトウガラシを天日干しする農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020090701293

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県で、収穫したトウガラシをトラックに積み込む農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020090701425

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県で天日干しされているトウガラシ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020090701310

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県でトウガラシを天日干しする農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020090701305

    新疆に真っ赤な実りトウガラシの収穫期到来  1日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県でトウガラシを天日干しする農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、50万ムー(約3万3300ヘクタール)以上にわたる畑のトウガラシが収穫期を迎えている。同自治州はここ数年、市場の需要に基づき、収穫量の多い優良品種のトウガラシ栽培を奨励することで地元住民の収入増を図っている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081700886

    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市  13日、貴州省遵義市新蒲新区の永楽鎮山堡村にあるトウガラシ栽培基地の一角。(小型無人機から)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081701001

    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市  13日、貴州省遵義市新蒲新区の永楽鎮山堡村にあるトウガラシ栽培基地の一角。(小型無人機から)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080100573

    トウガラシ産業発展で貧困脱却と収入増を後押しチベット自治区  27日、チリソースを箱詰めするナン県諾貢トウガラシ販売・農産品加工農牧民専業合作社の社員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ナン(朗)県は近年、企業と合作社(協同組合)、栽培農家を組み合わせた発展モデルに基づくトウガラシ栽培の発展と、粉唐辛子やチリソースなどの加工生産を通したトウガラシ製品の拡充により、住民の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。同県では今年、トウガラシの栽培面積が8千ムー(約533ヘクタール)余りに達し、トウガラシ産業は急速に発展している。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080100598

    トウガラシ産業発展で貧困脱却と収入増を後押しチベット自治区  27日、トウガラシ製品の製造を手掛ける西蔵勁朗食品で、チリソースで味付けしたヤク肉の缶詰を高温消毒する従業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ナン(朗)県は近年、企業と合作社(協同組合)、栽培農家を組み合わせた発展モデルに基づくトウガラシ栽培の発展と、粉唐辛子やチリソースなどの加工生産を通したトウガラシ製品の拡充により、住民の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。同県では今年、トウガラシの栽培面積が8千ムー(約533ヘクタール)余りに達し、トウガラシ産業は急速に発展している。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080100672

    トウガラシ産業発展で貧困脱却と収入増を後押しチベット自治区  27日、粉唐辛子を包装するナン県諾貢トウガラシ販売・農産品加工農牧民専業合作社の社員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ナン(朗)県は近年、企業と合作社(協同組合)、栽培農家を組み合わせた発展モデルに基づくトウガラシ栽培の発展と、粉唐辛子やチリソースなどの加工生産を通したトウガラシ製品の拡充により、住民の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。同県では今年、トウガラシの栽培面積が8千ムー(約533ヘクタール)余りに達し、トウガラシ産業は急速に発展している。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080100650

    トウガラシ産業発展で貧困脱却と収入増を後押しチベット自治区  27日、ナン県洞嘎鎮滾村のトウガラシ園の一角。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ナン(朗)県は近年、企業と合作社(協同組合)、栽培農家を組み合わせた発展モデルに基づくトウガラシ栽培の発展と、粉唐辛子やチリソースなどの加工生産を通したトウガラシ製品の拡充により、住民の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。同県では今年、トウガラシの栽培面積が8千ムー(約533ヘクタール)余りに達し、トウガラシ産業は急速に発展している。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020080100564

    トウガラシ産業発展で貧困脱却と収入増を後押しチベット自治区  27日、粉唐辛子を製造するナン県諾貢トウガラシ販売・農産品加工農牧民専業合作社の社員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ナン(朗)県は近年、企業と合作社(協同組合)、栽培農家を組み合わせた発展モデルに基づくトウガラシ栽培の発展と、粉唐辛子やチリソースなどの加工生産を通したトウガラシ製品の拡充により、住民の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。同県では今年、トウガラシの栽培面積が8千ムー(約533ヘクタール)余りに達し、トウガラシ産業は急速に発展している。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060508692

    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市  5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060508686

    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市  5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508759

    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市  5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を運ぶ管理員の鄧兵(とう・へい)さん。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060508674

    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市  5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を運ぶ作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060508745

    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市  5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060508758

    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市  5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052701008

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  仕事を依頼している貧困戸と共に温室内の草取りをする董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052701028

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  阜南県会竜鎮閆廟村で自身のトウガラシ栽培用ハウスで忙しく働く董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052701105

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052701013

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020050104529

    荒れ地の「操業再開」で貧困脱却を後押し湖南省水南村  湖南省資興市水南村のトウガラシ栽培基地で、トラクターを使って土地を耕し、除草作業を行う村民。(4月9日撮影)中国湖南省資興市水南村は大部分が山地で、耕地面積が狭く、稲作による収入も少ない。村は2019年、農業企業を誘致、地元住民を雇用して特色のある農場を建設した。すでに藤茶栽培基地360ムー(1ムー=約0・0667ヘクタール)とトウガラシ栽培基地150ムーを開発し、山間地の住民の貧困脱却と増収を後押ししている。(資興=新華社記者/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020050104620

    荒れ地の「操業再開」で貧困脱却を後押し湖南省水南村  湖南省資興市水南村のトウガラシ栽培基地で、畝立て作業を行う村民を指導する農業企業の専門技術スタッフ。(4月9日撮影)中国湖南省資興市水南村は大部分が山地で、耕地面積が狭く、稲作による収入も少ない。村は2019年、農業企業を誘致、地元住民を雇用して特色のある農場を建設した。すでに藤茶栽培基地360ムー(1ムー=約0・0667ヘクタール)とトウガラシ栽培基地150ムーを開発し、山間地の住民の貧困脱却と増収を後押ししている。(資興=新華社記者/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020050104599

    荒れ地の「操業再開」で貧困脱却を後押し湖南省水南村  山間部にある藤茶栽培基地で農道を拡張するため、土地に鋤を入れる湖南省資興市水南村の村民。(4月9日撮影)中国湖南省資興市水南村は大部分が山地で、耕地面積が狭く、稲作による収入も少ない。村は2019年、農業企業を誘致、地元住民を雇用して特色のある農場を建設した。すでに藤茶栽培基地360ムー(1ムー=約0・0667ヘクタール)とトウガラシ栽培基地150ムーを開発し、山間地の住民の貧困脱却と増収を後押ししている。(資興=新華社記者/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020050104602

    荒れ地の「操業再開」で貧困脱却を後押し湖南省水南村  湖南省資興市水南村のトウガラシ栽培基地で作業する村民。(4月9日撮影)中国湖南省資興市水南村は大部分が山地で、耕地面積が狭く、稲作による収入も少ない。村は2019年、農業企業を誘致、地元住民を雇用して特色のある農場を建設した。すでに藤茶栽培基地360ムー(1ムー=約0・0667ヘクタール)とトウガラシ栽培基地150ムーを開発し、山間地の住民の貧困脱却と増収を後押ししている。(資興=新華社記者/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020050104608

    荒れ地の「操業再開」で貧困脱却を後押し湖南省水南村  湖南省資興市水南村の藤茶栽培基地で新芽が芽吹いた藤茶の木。(4月9日撮影)中国湖南省資興市水南村は大部分が山地で、耕地面積が狭く、稲作による収入も少ない。村は2019年、農業企業を誘致、地元住民を雇用して特色のある農場を建設した。すでに藤茶栽培基地360ムー(1ムー=約0・0667ヘクタール)とトウガラシ栽培基地150ムーを開発し、山間地の住民の貧困脱却と増収を後押ししている。(資興=新華社記者/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020050104537

    荒れ地の「操業再開」で貧困脱却を後押し湖南省水南村  湖南省資興市水南村のトウガラシ栽培基地で、トラクターを使って土地を耕し、除草作業を行う村民。(4月9日撮影)中国湖南省資興市水南村は大部分が山地で、耕地面積が狭く、稲作による収入も少ない。村は2019年、農業企業を誘致、地元住民を雇用して特色のある農場を建設した。すでに藤茶栽培基地360ムー(1ムー=約0・0667ヘクタール)とトウガラシ栽培基地150ムーを開発し、山間地の住民の貧困脱却と増収を後押ししている。(資興=新華社記者/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018060800731

    トウガラシ栽培で貧困脱却陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県古城鎮周嶺村のゴシキトウガラシ栽培基地。(小型無人機で撮影)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省洛南県は、地域の自然環境を活かしたトウガラシ産業を推進し、貧困脱却を後押している。栽培基地を空から見ると、フィルムで覆われたトウガラシ畑が楽譜のような美しい線を描いている。(洛南=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018060800746

    トウガラシ栽培で貧困脱却陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県古城鎮周嶺村のゴシキトウガラシ栽培基地を見学する人々。(小型無人機で撮影)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省洛南県は、地域の自然環境を活かしたトウガラシ産業を推進し、貧困脱却を後押している。栽培基地を空から見ると、フィルムで覆われたトウガラシ畑が楽譜のような美しい線を描いている。(洛南=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018060800754

    トウガラシ栽培で貧困脱却陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県古城鎮周嶺村のゴシキトウガラシ栽培基地。(小型無人機で撮影)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省洛南県は、地域の自然環境を活かしたトウガラシ産業を推進し、貧困脱却を後押している。栽培基地を空から見ると、フィルムで覆われたトウガラシ畑が楽譜のような美しい線を描いている。(洛南=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018060800781

    トウガラシ栽培で貧困脱却陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県古城鎮周嶺村のゴシキトウガラシ栽培基地を見る人々。(小型無人機で撮影)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省洛南県は、地域の自然環境を活かしたトウガラシ産業を推進し、貧困脱却を後押している。栽培基地を空から見ると、フィルムで覆われたトウガラシ畑が楽譜のような美しい線を描いている。(洛南=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018060800744

    トウガラシ栽培で貧困脱却陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県古城鎮周嶺村のゴシキトウガラシ栽培基地。(小型無人機で撮影)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省洛南県は、地域の自然環境を活かしたトウガラシ産業を推進し、貧困脱却を後押している。栽培基地を空から見ると、フィルムで覆われたトウガラシ畑が楽譜のような美しい線を描いている。(洛南=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018060800743

    トウガラシ栽培で貧困脱却陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県古城鎮周嶺村のゴシキトウガラシ栽培基地。(小型無人機で撮影)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省洛南県は、地域の自然環境を活かしたトウガラシ産業を推進し、貧困脱却を後押している。栽培基地を空から見ると、フィルムで覆われたトウガラシ畑が楽譜のような美しい線を描いている。(洛南=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像