検索結果 15 件中 1 件 〜 15 件 "ドライイースト"
  1. 2020030503627

    新型肺炎でドライイーストの需要拡大グローバル企業も注目  2月27日、上海のスーパーで品切れ状態となったドライイーストの陳列棚。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、十数億の中国人が外食を控えるようになった。自宅で主食や菓子を作るようになったことで、ドライイーストの需要が急速に高まっている。こうした中、湖北省宜昌市の酵母メーカー、安琪酵母(エンジェル・イースト)は物流などの影響で商品供給にある程度の困難が生じていると発表した。フランスの酵母メーカー、レサフレも、こうした現象に注目している。ジャン・フィリップ・プーラン大中華区総裁は新華社の取材に応じ、小売商品の売り上げが例年の同じ時期の9倍に増え、ECでの発注量も急増していると語った。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020030503606

    新型肺炎でドライイーストの需要拡大グローバル企業も注目  2月27日、上海のスーパーで品切れ状態となった調味料などの陳列棚。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、十数億の中国人が外食を控えるようになった。自宅で主食や菓子を作るようになったことで、ドライイーストの需要が急速に高まっている。こうした中、湖北省宜昌市の酵母メーカー、安琪酵母(エンジェル・イースト)は物流などの影響で商品供給にある程度の困難が生じていると発表した。フランスの酵母メーカー、レサフレも、こうした現象に注目している。ジャン・フィリップ・プーラン大中華区総裁は新華社の取材に応じ、小売商品の売り上げが例年の同じ時期の9倍に増え、ECでの発注量も急増していると語った。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020030503688

    新型肺炎でドライイーストの需要拡大グローバル企業も注目  2月27日、ECサイトで完売した安琪酵母のインスタントドライイースト。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、十数億の中国人が外食を控えるようになった。自宅で主食や菓子を作るようになったことで、ドライイーストの需要が急速に高まっている。こうした中、湖北省宜昌市の酵母メーカー、安琪酵母(エンジェル・イースト)は物流などの影響で商品供給にある程度の困難が生じていると発表した。フランスの酵母メーカー、レサフレも、こうした現象に注目している。ジャン・フィリップ・プーラン大中華区総裁は新華社の取材に応じ、小売商品の売り上げが例年の同じ時期の9倍に増え、ECでの発注量も急増していると語った。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020030503650

    新型肺炎でドライイーストの需要拡大グローバル企業も注目  2月27日、陳列棚に僅かに残る炭酸ソーダ。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、十数億の中国人が外食を控えるようになった。自宅で主食や菓子を作るようになったことで、ドライイーストの需要が急速に高まっている。こうした中、湖北省宜昌市の酵母メーカー、安琪酵母(エンジェル・イースト)は物流などの影響で商品供給にある程度の困難が生じていると発表した。フランスの酵母メーカー、レサフレも、こうした現象に注目している。ジャン・フィリップ・プーラン大中華区総裁は新華社の取材に応じ、小売商品の売り上げが例年の同じ時期の9倍に増え、ECでの発注量も急増していると語った。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020030203395

    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し  25日、山西省太原市にある世界最大の小売りチェーン「ウォルマート」の調味料コーナー。ドライイーストの棚がすっかり空になっている。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020030203390

    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し  25日、すっかり空になった調味料コーナーのドライイーストの棚新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020030203400

    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し  25日、中国人ネットユーザーが微信(ウィーチャット)のモーメンツ(朋友圏)にアップした手作りの「面点」の写真。(微信モーメンツのスクリーンショット)新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020030203382

    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し  25日、中国人ネットユーザーが微信(ウィーチャット)のモーメンツ(朋友圏)にアップした手作りお菓子の写真。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020022602971

    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け  23日、ネットショッピングプラットフォーム「美団外売」に出店しているコンビニのネットショップで、今月すでに409袋のイーストが販売された。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020030203470

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020022603026

    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け  23日、安微省合肥市のスーパーですでに品切れ状態となったドライイーストの棚。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020030203549

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020030203445

    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し  23日、中国人ネットユーザーが微信(ウィーチャット)の朋友圈(モーメンツ)にアップした手作り包子(肉やあんなどを入れたまんじゅう)の写真。(微信モーメンツのスクリーンショット)新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020030203369

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  22日、山東省済南市の自宅でパン作りを楽しむ趙小羽記者。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020022603042

    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け  20日、山東省済南市の馮(ふう)さんが自宅で焼いたパン。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像