検索結果 96 件中 1 件 〜 50 件 "ハイテク企業"
  1. 2020061604449

    環境問題に技術で貢献、天津膜天膜科技を訪ねて天津浜海新区  8日、天津市浜海新区にある天津膜天膜科技の工場内生産ラインで、作業を行う作業スタッフ。中国天津市浜海新区にある天津膜天膜科技は膜製品の研究開発と生産、膜設備の製造、膜製品実用化プロジェクトの設計・施工および運用サービスを完備した産業チェーンを擁するハイテク企業。同社は中国で最初に中空糸膜が誕生した場所であり、年間1500万平方メートルの中空糸膜生産能力を持ち、製品は工業用水や廃水処理・再利用、海水淡水化、バイオ医薬品生産など多くの分野で幅広く使われており、欧米や中東、東南アジアなどに輸出されている。近年、同社が製品化に成功した中空糸型逆浸透膜製品は、国外では唯一日本の企業が製品化しているだけの技術。中空糸型逆浸透膜は微生物汚染が深刻な海水に対する逆浸透膜法淡水化への応用で優位性が比較的大きく、海水淡水化用膜製品分野で大きな注目を集めている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061604424

    環境問題に技術で貢献、天津膜天膜科技を訪ねて天津浜海新区  8日、天津市浜海新区にある天津膜天膜科技の工場内生産ライン。中国天津市浜海新区にある天津膜天膜科技は膜製品の研究開発と生産、膜設備の製造、膜製品実用化プロジェクトの設計・施工および運用サービスを完備した産業チェーンを擁するハイテク企業。同社は中国で最初に中空糸膜が誕生した場所であり、年間1500万平方メートルの中空糸膜生産能力を持ち、製品は工業用水や廃水処理・再利用、海水淡水化、バイオ医薬品生産など多くの分野で幅広く使われており、欧米や中東、東南アジアなどに輸出されている。近年、同社が製品化に成功した中空糸型逆浸透膜製品は、国外では唯一日本の企業が製品化しているだけの技術。中空糸型逆浸透膜は微生物汚染が深刻な海水に対する逆浸透膜法淡水化への応用で優位性が比較的大きく、海水淡水化用膜製品分野で大きな注目を集めている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061604583

    環境問題に技術で貢献、天津膜天膜科技を訪ねて天津浜海新区  8日、天津市浜海新区にある天津膜天膜科技の工場で稼働する生産ライン。中国天津市浜海新区にある天津膜天膜科技は膜製品の研究開発と生産、膜設備の製造、膜製品実用化プロジェクトの設計・施工および運用サービスを完備した産業チェーンを擁するハイテク企業。同社は中国で最初に中空糸膜が誕生した場所であり、年間1500万平方メートルの中空糸膜生産能力を持ち、製品は工業用水や廃水処理・再利用、海水淡水化、バイオ医薬品生産など多くの分野で幅広く使われており、欧米や中東、東南アジアなどに輸出されている。近年、同社が製品化に成功した中空糸型逆浸透膜製品は、国外では唯一日本の企業が製品化しているだけの技術。中空糸型逆浸透膜は微生物汚染が深刻な海水に対する逆浸透膜法淡水化への応用で優位性が比較的大きく、海水淡水化用膜製品分野で大きな注目を集めている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061604437

    環境問題に技術で貢献、天津膜天膜科技を訪ねて天津浜海新区  8日、天津市浜海新区にある天津膜天膜科技の工場で、自社製品の情報などの説明を行う作業スタッフ。中国天津市浜海新区にある天津膜天膜科技は膜製品の研究開発と生産、膜設備の製造、膜製品実用化プロジェクトの設計・施工および運用サービスを完備した産業チェーンを擁するハイテク企業。同社は中国で最初に中空糸膜が誕生した場所であり、年間1500万平方メートルの中空糸膜生産能力を持ち、製品は工業用水や廃水処理・再利用、海水淡水化、バイオ医薬品生産など多くの分野で幅広く使われており、欧米や中東、東南アジアなどに輸出されている。近年、同社が製品化に成功した中空糸型逆浸透膜製品は、国外では唯一日本の企業が製品化しているだけの技術。中空糸型逆浸透膜は微生物汚染が深刻な海水に対する逆浸透膜法淡水化への応用で優位性が比較的大きく、海水淡水化用膜製品分野で大きな注目を集めている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061604383

    環境問題に技術で貢献、天津膜天膜科技を訪ねて天津浜海新区  8日、天津市浜海新区にある天津膜天膜科技の工場内生産ラインで、作業を行う作業スタッフ。中国天津市浜海新区にある天津膜天膜科技は膜製品の研究開発と生産、膜設備の製造、膜製品実用化プロジェクトの設計・施工および運用サービスを完備した産業チェーンを擁するハイテク企業。同社は中国で最初に中空糸膜が誕生した場所であり、年間1500万平方メートルの中空糸膜生産能力を持ち、製品は工業用水や廃水処理・再利用、海水淡水化、バイオ医薬品生産など多くの分野で幅広く使われており、欧米や中東、東南アジアなどに輸出されている。近年、同社が製品化に成功した中空糸型逆浸透膜製品は、国外では唯一日本の企業が製品化しているだけの技術。中空糸型逆浸透膜は微生物汚染が深刻な海水に対する逆浸透膜法淡水化への応用で優位性が比較的大きく、海水淡水化用膜製品分野で大きな注目を集めている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060508743

    科学技術体制改革の実験場、江蘇省産業技術研究院  5月29日、江蘇省産業技術研究院の産業イノベーション発展館で、パラレル式ハイブリッドシステムを見学する来館者。中国江蘇省南京市の景勝地、紫金山の東麓にある江蘇省産業技術研究院は、科学技術体制改革の実験場として2013年12月に設立された。科学から技術への転化プロセスに力を入れ、研究開発を産業とし、技術を商品として、市場化の手法で産業コア技術の研究開発と転化を推進し、同省の産業モデルの転換・高度化と未来の成長産業の発展に技術支援を提供している。同院は地元の産業パークと共同で44の専門研究所や産業技術イノベーションセンター、企業共同イノベーションセンターなどを設立し、毎年千件近い技術成果を移転・転化し、100社以上のハイテク企業を育成している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060508722

    科学技術体制改革の実験場、江蘇省産業技術研究院  5月29日、江蘇省産業技術研究院の産業イノベーション発展館を見学する来館者。中国江蘇省南京市の景勝地、紫金山の東麓にある江蘇省産業技術研究院は、科学技術体制改革の実験場として2013年12月に設立された。科学から技術への転化プロセスに力を入れ、研究開発を産業とし、技術を商品として、市場化の手法で産業コア技術の研究開発と転化を推進し、同省の産業モデルの転換・高度化と未来の成長産業の発展に技術支援を提供している。同院は地元の産業パークと共同で44の専門研究所や産業技術イノベーションセンター、企業共同イノベーションセンターなどを設立し、毎年千件近い技術成果を移転・転化し、100社以上のハイテク企業を育成している。(南京=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060508714

    科学技術体制改革の実験場、江蘇省産業技術研究院  5月29日、江蘇省産業技術研究院の産業イノベーション発展館にあるクラウドコンピューティングとビッグデータのショールームを通る来館者。中国江蘇省南京市の景勝地、紫金山の東麓にある江蘇省産業技術研究院は、科学技術体制改革の実験場として2013年12月に設立された。科学から技術への転化プロセスに力を入れ、研究開発を産業とし、技術を商品として、市場化の手法で産業コア技術の研究開発と転化を推進し、同省の産業モデルの転換・高度化と未来の成長産業の発展に技術支援を提供している。同院は地元の産業パークと共同で44の専門研究所や産業技術イノベーションセンター、企業共同イノベーションセンターなどを設立し、毎年千件近い技術成果を移転・転化し、100社以上のハイテク企業を育成している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060508795

    科学技術体制改革の実験場、江蘇省産業技術研究院  5月29日、江蘇省産業技術研究院の産業イノベーション発展館を見学する来館者。中国江蘇省南京市の景勝地、紫金山の東麓にある江蘇省産業技術研究院は、科学技術体制改革の実験場として2013年12月に設立された。科学から技術への転化プロセスに力を入れ、研究開発を産業とし、技術を商品として、市場化の手法で産業コア技術の研究開発と転化を推進し、同省の産業モデルの転換・高度化と未来の成長産業の発展に技術支援を提供している。同院は地元の産業パークと共同で44の専門研究所や産業技術イノベーションセンター、企業共同イノベーションセンターなどを設立し、毎年千件近い技術成果を移転・転化し、100社以上のハイテク企業を育成している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060508739

    科学技術体制改革の実験場、江蘇省産業技術研究院  5月29日、南京市にある江蘇省産業技術研究院。中国江蘇省南京市の景勝地、紫金山の東麓にある江蘇省産業技術研究院は、科学技術体制改革の実験場として2013年12月に設立された。科学から技術への転化プロセスに力を入れ、研究開発を産業とし、技術を商品として、市場化の手法で産業コア技術の研究開発と転化を推進し、同省の産業モデルの転換・高度化と未来の成長産業の発展に技術支援を提供している。同院は地元の産業パークと共同で44の専門研究所や産業技術イノベーションセンター、企業共同イノベーションセンターなどを設立し、毎年千件近い技術成果を移転・転化し、100社以上のハイテク企業を育成している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060508749

    科学技術体制改革の実験場、江蘇省産業技術研究院  5月29日、江蘇省産業技術研究院の産業イノベーション発展館で、中天新エネルギー風力・太陽光エネルギー貯蔵システムソリューションモデルを見学する来館者。中国江蘇省南京市の景勝地、紫金山の東麓にある江蘇省産業技術研究院は、科学技術体制改革の実験場として2013年12月に設立された。科学から技術への転化プロセスに力を入れ、研究開発を産業とし、技術を商品として、市場化の手法で産業コア技術の研究開発と転化を推進し、同省の産業モデルの転換・高度化と未来の成長産業の発展に技術支援を提供している。同院は地元の産業パークと共同で44の専門研究所や産業技術イノベーションセンター、企業共同イノベーションセンターなどを設立し、毎年千件近い技術成果を移転・転化し、100社以上のハイテク企業を育成している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020030900858

    無人配送車が感染対策スタッフに食事を配達広東省深圳市  5日、深圳市坪山区で、電動無人配送車「夸父」から食事を受け取る地域の感染予防・抑制スタッフ。中国広東省深圳市の一部の感染対策検査ポイントではこのところ、電動無人配送車がスタッフの1日3回の食事を配達している。配送車は「夸父(こほ)」の名を持ち、同市のハイテク企業、一清創新科技が坪山街道弁事処に無償で提供した。同車両の片道配送距離は2キロ、最高時速が30キロとなっており、目的地に着くと音を鳴らして食事を受け取るよう知らせる。(深圳=新華社配信/張彦涌)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020030900865

    無人配送車が感染対策スタッフに食事を配達広東省深圳市  5日、深圳市坪山区で、電動無人配送車「夸父」から食事を受け取る地域の感染予防・抑制スタッフ。中国広東省深圳市の一部の感染対策検査ポイントではこのところ、電動無人配送車がスタッフの1日3回の食事を配達している。配送車は「夸父(こほ)」の名を持ち、同市のハイテク企業、一清創新科技が坪山街道弁事処に無償で提供した。同車両の片道配送距離は2キロ、最高時速が30キロとなっており、目的地に着くと音を鳴らして食事を受け取るよう知らせる。(深圳=新華社配信/張彦涌)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020030900841

    「スマートヘルメット」が道行く人を自動検温四川省成都市  5日、人通りの多い春熙路の歩行者天国を行き交う市民をしらみつぶしに体温検査する「スマートヘルメット」を装着した防疫作業員。中国四川省成都市の繁華街、春熙路の歩行者天国では5日、最新型のヘルメットをかぶった防疫作業員が行き交う人々の体温検査をしていた。先進技術が搭載された「スマートヘルメットN901」は、深圳上場のハイテク企業「光啓技術」の新製品で、新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受けて実用化された。(成都=新華社記者/薛晨)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020030901040

    無人配送車が感染対策スタッフに食事を配達広東省深圳市  5日、深圳市坪山区の自動車道路を走行する電動無人配送車「夸父」。中国広東省深圳市の一部の感染対策検査ポイントではこのところ、電動無人配送車がスタッフの1日3回の食事を配達している。配送車は「夸父(こほ)」の名を持ち、同市のハイテク企業、一清創新科技が坪山街道弁事処に無償で提供した。同車両の片道配送距離は2キロ、最高時速が30キロとなっており、目的地に着くと音を鳴らして食事を受け取るよう知らせる。(深圳=新華社配信/張彦涌)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020030901058

    「スマートヘルメット」が道行く人を自動検温四川省成都市  5日、人通りの多い春熙路の歩行者天国を行き交う市民をしらみつぶしに体温検査する「スマートヘルメット」を装着した防疫作業員。中国四川省成都市の繁華街、春熙路の歩行者天国では5日、最新型のヘルメットをかぶった防疫作業員が行き交う人々の体温検査をしていた。先進技術が搭載された「スマートヘルメットN901」は、深圳上場のハイテク企業「光啓技術」の新製品で、新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受けて実用化された。(成都=新華社記者/薛晨)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020021409865

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020021409951

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020021409909

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020021409892

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020021409915

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、初代消毒ロボットの改造と改善を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020021409916

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020021409853

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020021409855

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020021409934

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットのテスト調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020021409898

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020021916724

    中国企業、新型肺炎の影響に対する「免疫力」強化  7日、江蘇省蘇州工業園区にあるハイテク企業の雅睿生物科技で働く従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染で、世界第2位の経済大国である中国に一時的な悪影響が出ているが、国内企業はこの窮地を脱する方法を見つけ、新型肺炎の影響に対する「免疫力」を強化する望みを失っていない。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020020604899

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、あらかじめ凍結させたポリメラーゼ連鎖反応(PCR)用試験管を凍結乾燥機から取り出すスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020020604900

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、検査キットを製造するスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020020604929

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、検査キットを製造するスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020020604851

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、遠沈管に反応緩衝液を入れるスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020020604937

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、遠沈管に反応緩衝液を入れるスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020020604924

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、反応ユニットの溶液を調合するスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020020604928

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、検査機器を確認するスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020020604931

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、検査キットを製造するスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020020604893

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、反応ユニットの溶液を調合するスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020020604894

    新型コロナウイルスの迅速検査キットを開発江蘇省無錫市  1日、江蘇省無錫市にある江蘇奇天基因生物科技で、検査キットを製造するスタッフ。中国疾病予防控制センター・ウイルス病予防控制所と江蘇省無錫市のハイテク企業、江蘇奇天基因生物科技が共同で組織した専門家チームがこのほど、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の等温核酸増幅法による迅速検査キットの開発に成功した。8~15分で検査結果が出るため、検査時間が大幅に短縮される。江蘇奇天基因生物科技では現在、大量生産を行っている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019061805587

    劉鶴氏、陸家嘴フォーラム・科創板の開設式に出席  劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理(左から2人目)は13日、上海で「第11回陸家嘴フォーラム」に出席し、開幕式で基調講演を行った。また上海証券取引所に新設された新興のハイテク企業向けの株式市場「科創板」の開設式に出席した。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019061704329

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Michael Kretschmer (CDU), Prime Minister of Saxony, leaves the podium after his speech at the ceremonial inauguration of the new Novaled headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices as well as a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2019061304504

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Gerd Günther , CEO of Novaled, Michael Kretschmer , Prime Minister of Saxony and Hyuk Chang , Senior Vice President of Samsung, plant a tree during the inauguration of the new Novaled headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2019061304457

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Gerd Günther (l-r), CEO of Novaled, Michael Kretschmer (CDU), Prime Minister of Saxony and Hyuk Chang, Senior Vice President of Samsung stand next to each other after the inauguration of the new Novaled headquarters and the planting of a tree. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2019061304404

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Chemist Dennis Wilhelm is working on the development of new materials for display applications in the laboratory during a tour of the plant after the ceremonial inauguration of the new Novaled company headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  43. 2019061304567

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: View of the new Novaled headquarters before the ceremonial inauguration. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  44. 2019061304695

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Michael Kretschmer, Prime Minister of Saxony, wears protective goggles after the ceremonial inauguration of the new Novaled headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  45. 2019061304692

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: After the ceremonial inauguration of the new Novaled headquarters, an employee is holding a voltage tester for oleds and hands during a tour of the plant. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2019061304657

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Gerd Günther (l-r), CEO of Novaled, Michael Kretschmer (CDU) and Prime Minister of Saxony plant a tree during the inauguration of the new Novaled headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2019061304667

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Employees work in the clean room of the new Novaled headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2019061704333

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: An Oled with the lettering “Novaled“ is on display during the tour of the company during the ceremonial inauguration of the new Novaled headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices as well as a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2019061704406

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: The writing “Novaled“ on the building of the new company headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices as well as a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2019061304370

    Inauguration of the new company headquarters of Novaled GmbH 12 June 2019, Saxony, Dresden: Dirk Hilbert , Lord Mayor of Dresden, Gerd Günther, CEO of Novaled, Michael Kretschmer, Prime Minister of Saxony and Hyuk Chang, Senior Vice President of Samsung plant a tree during the inauguration of the new Novaled headquarters. After two years of construction, the Dresden high-tech company Novaled has put its new headquarters into operation in the north of Dresden. According to the company on Wednesday, around 30 million euros flowed into the more than 10,000 square metre area, which includes the renovated former mill of the army bakery for offices and a new technical centre as the “heart“. The newly built centre for research and development includes chemical laboratories with state-of-the-art facilities and several clean rooms. The company, which belongs to the Samsung Group, was founded in 2003 as a spin-off of the TU Dresden and Fraunhofer and manufactures organic light-emitting diodes (OLEDs) for mass display production. Photo: Robert M、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像