検索結果 8,360 件中 1 件 〜 50 件 "バンコク"
  1. 2020052602955

    1人焼き肉、行動歴管理… バンコクのバーベキュー店  タイ・バンコクのバーベキュー店で、張りぼてのキャラクターと向かい合って食事する客=21日(共同) 「ルポ」「変わる世界 ポストコロナ」

  2. 2020052602954

    1人焼き肉、行動歴管理… バンコクのバーベキュー店  タイ・バンコクのバーベキュー店で、1名しか着席しないように張りぼてのドラゴンが置かれた客席=21日(共同) 「ルポ」「変わる世界 ポストコロナ」

  3. 2020052200971

    苦境のタイマッサージ 閉店中のマッサージ店  タイ・バンコクで閉店中のマッサージ店=20日(共同)

  4. 2020052200970

    苦境のタイマッサージ 閉店したままの店  タイ・バンコクで閉店したままのマッサージ店=19日(共同)

  5. 2020052104623

    東南アの邦人起業家奮闘  マレーシア・クアラルンプール、タイ・バンコク 「アジアビジネス」

  6. 2020052104619

    東南アの邦人起業家奮闘  マレーシア・クアラルンプール、タイ・バンコク 「アジアビジネス」

  7. 2020052104616

    東南アの邦人起業家奮闘  マレーシア・クアラルンプール、タイ・バンコク 「12段用」「アジアビジネス」

  8. 2020052104612

    東南アの邦人起業家奮闘  マレーシア・クアラルンプール、タイ・バンコク 「12段用」「アジアビジネス」

  9. 2020052103847

    ASEANに積極医療支援 プッティポン氏  中国のファーウェイの協力を得て、運用している診断アプリを見せるタイのプッティポン・デジタル経済社会相=4月、バンコク(共同) 「アジア発」

  10. 2020052103812

    東南アの邦人起業家奮闘 マスクを生産する女性ら  マスクを生産するマッサージ店の従業員ら=4月、バンコク(共同) 「アジア発」アジアビジネス

  11. 2020052103084

    奉納の踊りもシールド着用 仕事復帰に感謝、タイ  バンコクで人気のパワースポット「エラワンのほこら」でフェースシールドを着けて踊る女性たち。タイでも新型コロナウイルスの流行で市民の活動を制限し、休業措置がとられていました。ほこらの参拝は5月上旬に再開され、早速、仕事へ復帰が決まった30代の女性が、神様に感謝を伝えるために踊りを奉納したそうです。(撮影・浮ケ谷泰、共同) 「アジアの1枚」

  12. 2020051904546

    タイ航空が経営破綻 タイ航空機  バンコク近郊のスワンナプーム国際空港に駐機するタイ国際航空機(奥)=4月30日(ロイター=共同)

  13. 2020052803420

    商業施設が2カ月ぶりに再開  2カ月ぶりに営業を再開したバンコクの商業施設「サイアム・パラゴン」のシャネルの店舗の前で、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ち入店の順番を待つ来店客。入居する各店舗も店舗面積に従って入店人数を制限している=2020(令和2)年5月17日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  14. 2020052803414

    商業施設が2カ月ぶりに再開  2カ月ぶりに営業を再開したバンコクの商業施設「サイアム・パラゴン」の店内入り口付近に置かれた消毒液噴霧装置で、足元を消毒する来店客=2020(令和2)年5月17日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  15. 2020052803419

    商業施設が2カ月ぶりに再開  2カ月ぶりに営業を再開したバンコクの商業施設「サイアム・パラゴン」の店内に置かれた、マスクを着用していない人や発熱している人を感知するロボット=2020(令和2)年5月17日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  16. 2020052803412

    商業施設が2カ月ぶりに再開  2カ月ぶりに営業を再開したバンコクの商業施設「サイアム・パラゴン」。午前11時の開店前に従業員が並び、感染予防策を徹底していることをアピールした=2020(令和2)年5月17日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  17. 2020052803413

    商業施設が2カ月ぶりに再開  2カ月ぶりに営業を再開したバンコクの商業施設「サイアム・パラゴン」の店内入り口付近に設置されたマスクの自動販売機。店内では従業員、来店客ともにマスクの着用が義務付けられている=2020(令和2)年5月17日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  18. 2020051402633

    ゾウ保護、寄付でつなぐ  タイ・チェンマイ、バンコク 「12段用」「アジアンスタイル」

  19. 2020051402632

    ゾウ保護、寄付でつなぐ  タイ・チェンマイ、バンコク 「12段用」「アジアンスタイル」

  20. 2020051402631

    ゾウ保護、寄付でつなぐ  タイ・チェンマイ、バンコク 「アジアンスタイル」

  21. 2020051402629

    ゾウ保護、寄付でつなぐ  タイ・チェンマイ、バンコク 「アジアンスタイル」

  22. 2020051304958

    タイ人の底力 笑顔を見せる市民  タイの首都バンコクの路上で、笑顔を見せる市民ら=3日(共同) 「海外エッセー 世界の街から」

  23. 2020051304943

    タイ人の底力 閉鎖された公園  新型コロナウイルスの感染拡大を受けて閉鎖されたタイの首都バンコクの公園=3日(共同) 「海外エッセー 世界の街から」

  24. 2020051304940

    タイ人の底力 渋滞のない道路  車が減り、渋滞がなくなったタイの首都バンコクの幹線道路=3日(共同) 「海外エッセー 世界の街から」

  25. 2020051100251

    北朝鮮産アサリの密輸打診 タイの北朝鮮レストラン  昨年11月にタイ入管当局が摘発したバンコクの北朝鮮レストラン「平壌ヘマジ館」=1月7日(共同)

  26. 2020051100250

    北朝鮮産アサリの密輸打診 平壌ヘマジ館  昨年11月にタイの入管当局が摘発したバンコクの北朝鮮レストラン「平壌ヘマジ館」=1月7日(共同)

  27. 2020051502188

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、「万里郵路」で使われた郵便ラバ車。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051502189

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票のサンプル。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051502212

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票3分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051502210

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、清朝末期に外交を取り仕切った「総理衙門(そうりがもん)」の電報のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051502214

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051502303

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、天津郵政博物館の外観。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051502187

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票1分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051502190

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、清朝政府が発布した郵便事業の規定をまとめた文書「大清郵政章程」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051502211

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、秦皇古駅道の「車轍石」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051502234

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票が張られたエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052101678

    タイのBTSがコロナ対策を強化  バンコクを走るBTS(高架鉄道)。乗客の増加に伴い新型コロナウイルス感染対策を強化している=2020(令和2)年5月8日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  38. 2020051400429

    豊田通商、フェイスシールド寄付  豊田通商タイランドは、タイの病院約160カ所にフェイスシールドを計2万500セット寄付した。写真は右から豊田通商タイランドの大場清義社長、冨田隆雄・シニアバイスプレジデント=2020(令和2)年5月5日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  39. 2020050500029

    ひたむき  タイ・バンコクで、新型コロナウイルスの感染防止のためフェースシールドを着用して演じる女性。真剣なまなざしです。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  40. 2020052603199

    20 years after the world exhibition Expo 2000 in Hannover 05 May 2020, Lower Saxony, Hanover: The ruins of the Dutch pavilion at the Expo 2000 world exhibition (l). 20 years ago, the World Exposition in Hannover was opened on 1 June 2000. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2020052603172

    20 years after the world exhibition Expo 2000 in Hannover 05 May 2020, Lower Saxony, Hanover: A sign “No Trespassing! Danger to life!“ hangs on a fence in front of the cordoned-off ruins of the Dutch pavilion of the World Expo 2000. 20 years ago, the World Expo in Hanover was opened on 1 June 2000. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2020051400430

    タイで段階的に制限緩和  店内飲食の営業を再開したバンコクの飲食店。新型コロナウイルス感染防止策として、テーブル1卓につき座席を1席とするなどの対応を取っている=2020(令和2)年5月3日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  43. 2020051400433

    タイで段階的に制限緩和  ウオーキングやジョギングなど個人のリクリエーションに限定して再開が認められたバンコクの公園。入り口では利用者の検温が行われている=2020(令和2)年5月3日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  44. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020050104652

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020050104601

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020050104604

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020050104616

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020050104611

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020050104598

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像