検索結果 51 件中 1 件 〜 50 件 "フェースガード"
  1. 2020060204585

    全国の国立博物館が再開 ガード着けて対応する係員  再開された東京国立博物館でフェースガードなどを着けて来館者を案内するスタッフ=2日午前、東京都台東区

  2. 2020052602698

    緊急事態宣言解除 再開した千葉県立図書館  新型コロナウイルス感染拡大による施設使用停止要請が解除された千葉県で、26日、県立中央図書館が再開した。貸し出しカウンターにビニールのカーテンを設置したり、職員がフェースガードを着けたりするなどの対策を講じる。榎本隆二館長は「安心して利用してもらうためにやるべきことをしていきたい」と話した=千葉市

  3. 2020052504360

    接客抑制、続く在宅勤務 売り場の検温  西武池袋本店の売り場でフェースガードをして検温する店員(左)=23日、東京都豊島区

  4. 2020052501555

    緊急事態宣言全面解除 百貨店で接客する店員  百貨店「松屋銀座」でフェースガードを着けて接客する店員=25日午後、東京都中央区

  5. 2020052501434

    緊急事態宣言全面解除  渋谷の様子  フェースガードを着用しJR渋谷駅前を歩く男性=25日午後

  6. 2020052400939

    解除見据え、再開へ準備 試着する販売員  食料品売り場の営業再開を控え、フェースガードを試着する販売員=24日午後、東京都中央区の百貨店松屋銀座

  7. 2020052301032

    中国、新たな発症者0人 シールド着けた赤ちゃん  中国・武漢の空港で、フェースガードを着け搭乗を待つ赤ちゃん=23日(共同)

  8. 2020052301028

    西武池袋本店が営業再開 フェースガードの従業員  営業を再開した西武池袋本店の子ども用品売り場で、フェースガードを着け接客する従業員=23日午前、東京都豊島区

  9. 2020052200595

    「3密」避け防災訓練 防災訓練の出席者  出席者がフェースガードとマスク着用の上、距離を取りオンラインでも行われた、愛知県豊橋市の複合災害を想定した防災訓練=22日午前、豊橋市役所

  10. 2020052200575

    「3密」避け災害訓練 フェースガードで訓練参加  フェースガードとマスクを着用して防災訓練に参加する愛知県豊橋市の関係者=22日午前、豊橋市役所

  11. 2020052601580

    1カ月ぶりに再開した岡山県立図書館 岡山市北区丸の内  職員がフェースガードを着けるなどの対策を講じ、1カ月ぶりに再開した岡山県立図書館。新型コロナウイルスの影響で臨時休館していた岡山県立図書館(岡山市北区丸の内)が19日、約1カ月ぶりに一般業務を再開し、待ちわびていた県民が朝から訪れた。密集を避けるよう閲覧スペースの椅子を取り除き、各所にアルコール消毒液を設置した。カウンターでは職員が飛沫を防ぐフェースガードを装着し、列の間隔を空けるために立ち位置を示すテープを床に貼るなどの感染予防策を講じた。=2020(令和2)年5月19日、岡山市北区丸の内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  12. 2020051801476

    全日空社員が医療資材製作 組み立てる社員  医療用のフェースガードを組み立てる全日空グループの社員=18日午後、東京都大田区

  13. 2020051600788

    独、日常生活回復へ前進 再開したレストラン  営業を再開したベルリンのレストランで会話する客と感染対策のフェースガードを着けた従業員=15日(共同)

  14. 2020051502918

    緊急事態宣言、39県で解除 ラウンドワン佐賀の従業員  フェースガードを着け、ボウリング場のタッチパネルを消毒するラウンドワン佐賀店の従業員=15日午後、佐賀市

  15. 2020051404175

    緊急事態宣言、39県で解除 フェースガードの従業員  フェースガードを着けて、店頭でテークアウトメニューの説明をする居酒屋の店員(右)=14日夕、福岡市中央区

  16. 2020051200840

    紙箱業者、防護具に活路 フェースガード  大阪府八尾市の江見印刷紙工で生産されるフェースガード=4月

  17. 2020051200832

    紙箱業者、防護具に活路 フェースガードの江見さん  フェースガードを着けた江見印刷紙工の江見昌洋さん

  18. 2020051200828

    紙箱業者、防護具に活路 持つ江見昌洋さん  フェースガードを持つ江見印刷紙工の江見昌洋さん=4月、大阪府八尾市

  19. 2020051000417

    お母さん、笑顔と安心を 瀬川理事長  新生児用のフェースガードを紹介する、医療法人社団「ワイズレディスクリニック」の瀬川裕史理事長=10日、埼玉県幸手市

  20. 2020051000413

    お母さん、笑顔と安心を ガード着け眠る赤ちゃん  新生児用のフェースガードを着けて眠る生まれたばかりの赤ちゃん。呼吸に異常がないかどうか、センサーで常にチェックされている=10日、埼玉県幸手市

  21. 2020051000412

    お母さん、笑顔と安心を ガード着けた赤ちゃん  新生児用のフェースガードを着けて眠る生まれたばかりの赤ちゃん。けがをしないように、縁はマスキングテープで覆われている=10日、埼玉県幸手市

  22. 2020051000409

    お母さん、笑顔と安心を ガード着けて眠る赤ちゃん  新生児用のフェースガードを着けて眠る、7日に生まれたばかりの赤ちゃん。新型コロナウイルス感染症から守ろうと、医療法人社団「ワイズレディスクリニック」が今月から取り入れた=10日、埼玉県幸手市

  23. 2020051000408

    お母さん、笑顔と安心を 千葉さん親子  新生児用のフェースガードを着けた長女を抱く千葉実花さん。生まれたばかりの赤ちゃんを新型コロナウイルス感染症から守ろうと、医療法人社団「ワイズレディスクリニック」が今月から取り入れた=10日、埼玉県幸手市

  24. 2020021800952

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、寿寧高速道路検疫所で、交通整理を行う女性白バイチームの徐暁宇(じょ・ぎょうう)隊長。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020021800956

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、パトロールを行う女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020021800957

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、簡易フェースガードを制作する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020021800870

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、感染予防を呼び掛けるボードをバイクに取り付ける女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020021800844

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、感染予防を呼び掛けるショート動画撮影について相談する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020021800859

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、パトロールに向かう女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020021800886

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、自宅を出るに息子にマスクを付ける女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020021800959

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、寿寧県の仙宮巷の川沿いで、高齢者にマスクの着用方法を指導する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020021800960

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、寿寧高速道路検疫所で、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用するよう呼び掛ける女性白バイチームの徐暁宇(じょ・ぎょうう)隊長。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020021800936

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、寿寧県工業路自由市場の前で、野菜を売る高齢者に感染予防知識を伝える女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020021800937

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、寿寧高速道路検疫所で、拡声器を使って感染予防検査に協力するよう呼び掛ける女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020021800945

    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県  13日、感染予防知識を伝えるショート動画を撮影する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020021405381

    新型肺炎と闘う中国の人々が編み出した驚きのアイデアの数々  5日、「フィルムフェースガード」を着用して外来患者の体温を測定する山西省の病院で勤務する医療スタッフ。中国の人々はよく「いつだって問題より解決策の方が多いものだよ」と口にする。新型コロナウイルスによる肺炎との全人民総力の「闘い」で、この古くからの言い回しが改めて実証されている。防護用品の需給は極めて逼迫しているが、中国の医療スタッフも一般の人々も決して手をこまねいてはいない。さまざまな感染予防・抑制のための妙案が次々と編み出され、ソーシャルメディアで反響を呼んでいる。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  37. 2020021405379

    新型肺炎と闘う中国の人々が編み出した驚きのアイデアの数々  4日、X線検査用フィルムで作ったフェースガードを着用して働く山西省陽泉市第一人民医院の医師。中国の人々はよく「いつだって問題より解決策の方が多いものだよ」と口にする。新型コロナウイルスによる肺炎との全人民総力の「闘い」で、この古くからの言い回しが改めて実証されている。防護用品の需給は極めて逼迫しているが、中国の医療スタッフも一般の人々も決して手をこまねいてはいない。さまざまな感染予防・抑制のための妙案が次々と編み出され、ソーシャルメディアで反響を呼んでいる。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  38. 2019031501999

    フェースガード広まる ガード付きヘルメット  フェースガード付きのヘルメットで試合に臨む巨人・丸=5日、マツダ 「プロ野球の話題」

  39. 2019022202112

    ヤクルト浦添キャンプ 打撃練習の青木  フェースガード付きのヘルメットで打撃練習するヤクルト・青木=浦添

  40. 2019022202111

    ヤクルト浦添キャンプ 打撃練習する青木  フェースガード付きのヘルメットで打撃練習するヤクルト・青木=浦添

  41. 2018092200204

    米大リーグ・大谷 打席に備える大谷  アストロズ戦の2回、フェースガード付きのヘルメットをかぶり、打席に備えるエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同) 「米大リーグ」

  42. 2015071700472

    鼻骨骨折の宮本 フェースガードを着用しプレー  ロシア戦前半、鼻骨骨折を保護するフェースガードを着用して奮闘する宮本(17)=2002(平成14)年6月9日、横浜国際総合競技場 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第12巻使用画像(P32) 「ザ・クロニクル」「サッカーW杯日韓大会」

  43. 2012071600384

    宮本氏、最後のフラット3 フェースガードの宮本  引退試合で大歓声のなか、フェースガードを装着するサッカーの元日本代表主将、宮本恒靖氏=16日、ホームズスタジアム神戸

  44. 2011121900358

    元代表主将、34歳宮本引退 2002年W杯の宮本  2002年のサッカーW杯ロシア戦で、フェースガードを着けてプレーする宮本恒靖=横浜国際総合競技場

  45. 2010042400212

    J1 川崎―神戸 顔ガード着けた大久保  川崎―神戸 後半、フェースガードを着けてプレーする神戸・大久保=等々力

  46. 2007112100263

    サッカー北京五輪最終予選 フェースガード姿の水本 日本―サウジアラビア 前半、フェースガードをつけて、競り合う水本=国立競技場 【】 

  47. 2007111900280

    U―22あすサウジ戦 フェースガード姿の水本 フェースガードをつけて練習する水本=東京都内のグラウンド 【】 

  48. 2007102300255

    もう1度骨折してもいい 浦和のワシントン フェースガードをつけて、練習場に姿を見せた浦和・ワシントン=さいたま市内 【】 

  49. 2006051100064

    サッカーUEFA杯 GKシュウォーツァー フェースガードをつけてプレーしたミドルズブラのGKシュウォーツァー(ロイター=共同)(イングランド) 【】 

  50. 2002062400242

    韓国にあのマスク送って ガード着けた宮本  フェースガードを着けた日本代表の宮本恒靖選手 「02W杯」【】 

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像