検索結果 1,174 件中 1 件 〜 50 件 "フォロー"
  1. 2020052204274

    CHINA HANGZHOU YOGA GRANDPA Seventy-six-year-old Le Mingchao leads a yoga class in a park in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Sunday, May 17, 2020. The old man, who started learning yoga after his retirement and earned a senior yoga coach certificate in eight years, has quite some followers in China.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  2. 2020052204280

    CHINA HANGZHOU YOGA GRANDPA Seventy-six-year-old Le Mingchao leads a yoga class in a park in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Sunday, May 17, 2020. The old man, who started learning yoga after his retirement and earned a senior yoga coach certificate in eight years, has quite some followers in China.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  3. 2020052204285

    CHINA HANGZHOU YOGA GRANDPA Seventy-six-year-old Le Mingchao leads a yoga class in a park in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Sunday, May 17, 2020. The old man, who started learning yoga after his retirement and earned a senior yoga coach certificate in eight years, has quite some followers in China.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  4. 2020052204287

    CHINA HANGZHOU YOGA GRANDPA Seventy-six-year-old Le Mingchao leads a yoga class in a park in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Sunday, May 17, 2020. The old man, who started learning yoga after his retirement and earned a senior yoga coach certificate in eight years, has quite some followers in China.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  5. 2020052204293

    CHINA HANGZHOU YOGA GRANDPA Seventy-six-year-old Le Mingchao leads a yoga class in a park in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Sunday, May 17, 2020. The old man, who started learning yoga after his retirement and earned a senior yoga coach certificate in eight years, has quite some followers in China.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  6. 2020052104697

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮周圏村の盆栽市場。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104672

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地で顧客にコウシンバラの説明をする楊婷婷さん(左)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104757

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮で育てたコウシンバラを見せる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052104704

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗の手入れをする楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052104650

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を運ぶ楊婷婷さん(左)と夫の陳武(ちん・ぶ)さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104643

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を手入れする楊婷婷さん。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104710

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗に水をやる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052104698

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村に広がる花木栽培用のビニールハウス。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052104648

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、母親の趙紅霞(ちょう・こうか)さんから花木の手入れについて学ぶ趙紫瑄さん(右)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052104693

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、淘宝のライブ配信でフォロワーに花木の手入れについて紹介する趙紫瑄さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050802319

    1. May - Gelsenkirchen 01 May 2020, North Rhine-Westphalia, Gelsenkirchen: ILLUSTRATION - A man is watching the livestream of the German Trade Union Federation (DGB)‘s Day of Labour live stream on the Internet. The coronavirus also changes Labor Day. For the first time, the May Day rallies can only be followed digitally. The motto of this year‘s actions is: “Solidarity is not alone.“ Photo: Caroline Seidel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  17. 2020051801039

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅近くの山で湧き水をくむ徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051801056

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日に撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051800878

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅近くの畑で、野菜の生育状況を確認する徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051801032

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日に撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051801035

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051801036

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事の準備をする徐艶(じょ・えん)さんと周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051801046

    中国の農村インフルエンサーが届ける田園風景都会の若者の憧れに  四川省宜賓市翠屏区白花鎮の自宅で、食事を作る徐艶(じょ・えん)さんを撮影する周小竜(しゅう・しょうりゅう)さん。(4月27日に撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市翠屏区白花鎮の農村で暮らす徐艶(じょ・えん)さん(28)と夫の周小竜(しゅう・しょうりゅう)さんは、300万人以上のフォロワーを持つ農村インフルエンサーとして知られる。自宅での食事作りや畑仕事、街での買い物などありふれた日常の風景を「西瓜視頻」「抖音」「微博」などの動画プラットフォームを通じて毎日配信している。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051102783

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月25日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、ミャオ族の刺繍を学ぶ施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051102756

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村でポーズを取る施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051102788

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を下ゆでして炒め物の準備をする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051102789

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を炒める施林嬌さん(左)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051102825

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、友人と共にスタジオ前の土地を耕して草花を植える施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051102826

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、スタジオで臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)炒めのライブ配信を行う施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042800706

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: Susanne Herpold, cured Covid-19 patient at the Median Clinic. Susanne Herpold was very seriously ill, she was in an artificial coma for 13 days. She is one of the first patients with a survived severe Covid-19 disease who came to the Median Clinic for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2020042800692

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: The Median Clinic. The clinic has now admitted patients with a survived severe Covid-19 disease for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2020042800788

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: Susanne Herpold, a cured Covid-19 patient, receives neuromuscular electrostimulation at the Median Klinik to stimulate muscles and muscle growth. Susanne Herpold was very seriously ill, she was in an artificial coma for 13 days. She is one of the first patients with a survived severe Covid-19 disease who came to the Median Clinic for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020042800770

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: In the Median Clinic, respiratory gymnastics are performed. The clinic has now admitted patients with a survived severe Covid-19 disease for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2020051102775

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を切る施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051102778

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村のスタジオで化粧をする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020042800780

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: Susanne Herpold (l-r), cured Covid-19 patient, and Jördis Frommhold, vice chief physician, are talking in the Median Klinik during a neuromuscular electrostimulation to stimulate muscles and muscle growth. Susanne Herpold was very seriously ill, she was in an artificial coma for 13 days. She is one of the first patients with a survived severe Covid-19 disease who came to the Median Clinic for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020042800797

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: Jördis Frommhold, Vice Chief Physician, is on the phone in her office at the Median Klinik. She is looking after the first patients with a survived severe Covid-19 disease who have come to the Median Clinic for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2020042800771

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: Susanne Herpold (l), cured Covid-19 patient, and Jördis Frommhold, vice chief physician, talk to each other in the Median Klinik during a neuromuscular electrostimulation to stimulate muscles and muscle growth. Susanne Herpold was very seriously ill, she was in an artificial coma for 13 days. She is one of the first patients with a survived severe Covid-19 disease who came to the Median Clinic for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2020042800857

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: In the Median Clinic, respiratory gymnastics are performed. The clinic has now admitted patients with a survived severe Covid-19 disease for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2020042800711

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: Jördis Frommhold, Vice Chief Physician, is standing in front of the Median Klinik. She is looking after the first patients with a survived severe Covid-19 disease who have come to the Median Clinic for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2020042800928

    Follow-up treatment for Covid-19 patients 23 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: Jördis Frommhold, Vice Chief Physician, is standing in front of the Median Klinik. She is looking after the first patients with a survived severe Covid-19 disease who have come to the Median Clinic for follow-up treatment. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2020051102830

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、スタジオ内で、施康(し・こう)さん(左)、施志春(し・ししゅん)さん(右)とライブ配信の打ち合わせをする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051102787

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、山道を歩いてしば刈りに向かう施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051102770

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村の山の中でしば刈りのライブ配信をするため、スマートフォンを設置する施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051102773

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村で、先生にミャオ族の歌を教わる施林嬌さん(右)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051102780

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、ライブ配信中に炒めた臘肉(ラーロウ、豚肉の干物)を施志春(し・ししゅん)さん(左)、施康(し・こう)さん(右)と分け合う施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051102709

    帰郷した若者が農業のライブ配信でインフルエンサーに  4月23日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県十八洞村の山の中で、ライブ配信中に視聴者にあいさつする施林嬌さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県の十八洞村に住むミャオ族の施林嬌(し・りんきょう)さん(24)が8日、故郷のミャオ族集落でライブ配信を終えると、フォロワー数が6万4千人に増加していた。配信を始めてわずか1カ月余りで獲得した「業績」だ。大学を卒業したばかりの施さんは、今年の春節(旧正月)前に在宅での起業を決心し、同じく帰郷した友人2人とチームを結成。ライブ配信プラットフォームを通じて故郷の紹介と農産品の販売を開始した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020041400287

    Coronavirus - Online Video Lectures 08 April 2020, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): At the beginning of the summer semester at the Martin Luther University Halle/Wittenberg, Prof. Dr. Jörg Schilling gives an online video lecture on “Experimental Physics“ with experiments for different departments at the Institute of Physics in front of an empty lecture hall. Due to the corona pandemic, students will be able to follow lectures from many institutes online on their laptops until the exit restrictions are relaxed in the near future. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2020041400170

    Coronavirus - Online Video Lectures 08 April 2020, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): At the beginning of the summer semester at the Martin Luther University Halle/Wittenberg, Prof. Dr. Jörg Schilling gives an online video lecture on “Experimental Physics“ with experiments for different departments at the Institute of Physics in front of an empty lecture hall. Due to the corona pandemic, students will be able to follow lectures from many institutes online on their laptops until the exit restrictions are relaxed in the near future. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2020041400275

    Coronavirus - Online Video Lectures 08 April 2020, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): At the beginning of the summer semester at the Martin Luther University Halle/Wittenberg, Prof. Dr. Jörg Schilling gives an online video lecture on “Experimental Physics“ with experiments for different departments at the Institute of Physics in front of an empty lecture hall. Due to the corona pandemic, students will be able to follow lectures from many institutes online on their laptops until the exit restrictions are relaxed in the near future. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像