検索結果 8,676 件中 1 件 〜 50 件 "ブロンズ"
  1. 2020080700593

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: Markolf Brumlich, archaeologist at the State Office for Archaeology and Monument Preservation of Saxony-Anhalt, examines millstones that once covered an Early Bronze Age grave. The grave had been discovered before the quarry was extended. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were examined there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Besides the Early Bronze Age grave, graves from the Neolithic Age were also discovered. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020080700612

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: Klaus-Hartwich Allmer, a student of geosciences at the University of Halle, uses a brush to uncover the remains of a grave from the Neolithic Age on the site of a quarry for the Saxony-Anhalt State Office for Archaeology and Monument Preservation. The grave had been discovered before the quarry was expanded. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were examined there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Besides the Stone Age grave, graves from the Early Bronze Age were also discovered. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020080700634

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: Markolf Brumlich (r), archaeologist at the State Office for Archaeology and Monument Preservation of Saxony-Anhalt, is standing in an excavation containing a grave with a cup as burial object. The dark border was once the coffin of the Early Bronze Age burial site. The unique feature of the grave can be seen close to the hand of the shadow of Susanne Friederich, the head of the department of soil monument conservation. A second, oval circle runs there. Archaeologists suspect that this comes from a basket that was used to protect the coffin from the sand. The grave had been discovered before the quarry was expanded. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were examined there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Besides the Early Bronze Age grave, graves from the Neolithic Age were also discovered. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020080700619

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: Archaeologists are uncovering graves from the Early Bronze Age and Neolithic period on the site of a quarry for the State Office for Archaeology and Monument Preservation of Saxony-Anhalt. The graves had been discovered before the quarry was expanded. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were examined there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020080700796

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: Markolf Brumlich, archaeologist at the State Office for Archaeology and Monument Preservation of Saxony-Anhalt, is standing in an excavation containing a grave with a cup as burial object. The dark border was once the coffin of the Early Bronze Age burial site. The grave had been discovered before the quarry was extended. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were investigated there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Besides the Early Bronze Age grave, graves from the Neolithic Age were also discovered. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020080700668

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: Klaus-Hartwich Allmer, a student of geosciences at the University of Halle, uses a brush to uncover the remains of a grave from the Neolithic Age on the site of a quarry for the Saxony-Anhalt State Office for Archaeology and Monument Preservation. The grave had been discovered before the quarry was expanded. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were examined there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Besides the Stone Age grave, graves from the Early Bronze Age were also discovered. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020080700623

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: Klaus-Hartwich Allmer, a student of geosciences at the University of Halle, uses a brush to uncover the remains of a grave from the Neolithic Age on the site of a quarry for the Saxony-Anhalt State Office for Archaeology and Monument Preservation. The grave had been discovered before the quarry was expanded. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were examined there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Besides the Stone Age grave, graves from the Early Bronze Age were also discovered. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020080700969

    Bronze and stone age graves and parts of settlements discovered 05 August 2020, Saxony-Anhalt, Mammendorf: The shadow of Susanne Friederich, the head of the department of soil monument conservation at the State Office for Archaeology and Monument Conservation of Saxony-Anhalt, can be seen in an excavation containing a grave with a cup as burial object. The dark border was once the coffin of the Early Bronze Age burial site. The unique feature of the tomb can be seen close to the hand of the shadow. There a second, oval circle runs there. Archaeologists suspect that this is the result of a basket that was used to protect the coffin from the sand. The tomb was discovered before the quarry was expanded. During this year‘s excavation campaign, about two hectares were examined there. The fertile landscape has been inhabited since the Neolithic Age 6000 years ago. Besides the Early Bronze Age grave, graves from the Neolithic Age were also discovered. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020080409682

    Vitezslav Gebas, Czech canoeist, end of career Vitezslav Gebas of Czech Republic competes in the men‘s C-1 canoe slalom final at the Czech Cup in Prague-Troja, Czech Republic, August 2, 2020. Vitezslav Gebas, 36 years old Czech canoeist, ended his career. Four years ago in Rio de Janeiro, the canoeist had a medal from the canoe race within reach, finishing fourth with a loss of 13 hundredths of a second to the bronze position. (CTK Photo/Ondrej Deml)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  10. 2020080409695

    Vitezslav Gebas, Czech canoeist, end of career Vitezslav Gebas of Czech Republic competes in the men‘s C-1 canoe slalom final at the Czech Cup in Prague-Troja, Czech Republic, August 2, 2020. Vitezslav Gebas, 36 years old Czech canoeist, ended his career. Four years ago in Rio de Janeiro, the canoeist had a medal from the canoe race within reach, finishing fourth with a loss of 13 hundredths of a second to the bronze position. (CTK Photo/Ondrej Deml)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  11. 2020080405564

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080405559

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車(一部)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080405520

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車と一緒の出土した馬の骨。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020080405577

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車と一緒に出土した馬の骨。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080405607

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080405541

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080405524

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車の復元状況について説明する陝西省考古研究院の黃暁娟(おう・ぎょうけん)副研究員。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080405545

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車(一部)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020080405530

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020080405565

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020080405492

    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院  7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車(一部)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020080401180

    Riley County 4-H cattle show during COVID-19 July 25, 2020, Manhattan, Kansas, USA: TRENT TAYLOR, 7, leads his calf, Bronze, into the cattle pin inside Hurlburt Hall to be judged on Saturday. TAYLOR is a first year participant in 4-H activities. Due to the uptick in covid-19 cases the Riley County Fair and Rodeo were cancelled however 4-H events continued as planned. County Extension Director, Gary Fike implemented a ‘‘come-and-go‘‘ model of judging, in which fewer 4-Hers were in the space at one time and participants signed up for judging times online. Unlike past years, there were no entry displays and all livestock were taken home after each event. Social distancing was required and masks were provided to 4-H judges and members, however due to the decision of the Riley County Health Department masks were optional at this event. (Credit Image: © Luke Townsend/ZUMA Wire)、クレジット:©Luke Townsend/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  23. 2020080401159

    Riley County 4-H cattle show during COVID-19 July 25, 2020, Manhattan, Kansas, USA: TRENT TAYLOR, left, 7, and KATHERINE DE LA GARZA, right, 8, stand in line for the Bucket Calf Show in Hurlburt Hall on Saturday. TAYLOR, and DE LA GARZA are both first time participants in 4-H, showing their calfs Bronze, and Patch. Due to the uptick in covid-19 cases the Riley County Fair and Rodeo were cancelled however 4-H events continued as planned. County Extension Director, Gary Fike implemented a ‘‘come-and-go‘‘ model of judging, in which fewer 4-Hers were in the space at one time and participants signed up for judging times online. Unlike past years, there were no entry displays and all livestock were taken home after each event. Social distancing was required and masks were provided to 4-H judges and members, however due to the decision of the Riley County Health Department masks were optional at this event. (Credit Image: © Luke Townsend/ZUMA Wire)、クレジット:©Luke Townsend/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  24. 2020080408450

    Atlas on the roof 23 July 2020, Brandenburg, Potsdam: The gilded atlas next to one of the sandstone female figures standing on the roof of the Old Town Hall in the city centre. The bronze figure, which weighs around 650 kilograms, was extensively restored in 2008 in the workshop of the Berlin restorer Georg Ignaszenwski and the surface was covered with around 400 grams of gold leaf. According to the Greek mythology of Zeus, father of the gods, the figure of the Titan Atlas is condemned to carry the heavens on his shoulders for all time. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2020072808661

    Tomas Medek, sculpture, capsule Czech sculptor Tomas Medek looks through his work presented on July 23, 2020 in the “Silingrak“ outdoor gallery on the Silinger Square in Brno, Czech Republic. The capsule, which resembles an exotic fruit, is cast in bronze. (CTK Photo/Igor Zehl)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  26. 2020072808772

    sculpture, capsule Children crawl through a sculpture by Czech sculptor Tomas Medek, presented on July 23, 2020 in the “Silingrak“ outdoor gallery on the Silinger Square in Brno, Czech Republic. The capsule, which resembles an exotic fruit, is cast in bronze. (CTK Photo/Igor Zehl)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  27. 2020080408049

    Atlas on the roof 23 July 2020, Brandenburg, Potsdam: The gilded atlas next to one of the sandstone female figures standing on the roof of the Old Town Hall in the city centre. The bronze figure, which weighs around 650 kilograms, was extensively restored in 2008 in the workshop of the Berlin restorer Georg Ignaszenwski and the surface was covered with around 400 grams of gold leaf. According to the Greek mythology of Zeus, father of the gods, the figure of the Titan Atlas is condemned to carry the heavens on his shoulders for all time. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  28. 2020072900893

    Iberg dripstone cave 23 July 2020, Lower Saxony, Bad Grund: Recording of reconstructed heads of a Bronze Age family in the museum of the NaturErlebnisZentrum Iberger Tropfsteinhöhle. The Iberg Stalactite Cave is located in a limestone massif that is approx. 385 million years old and was formed from a coral reef. (to dpa “Adventures underground: On the tracks of unicorns and miners“) Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2020080408747

    Atlas on the roof 23 July 2020, Brandenburg, Potsdam: The gilded atlas on the roof of the old city hall in the city centre. The bronze figure, which weighs around 650 kilograms, was extensively restored in 2008 in the workshop of the Berlin restorer Georg Ignaszenwski and the surface was covered with around 400 grams of gold leaf. According to the Greek mythology of Zeus, the father of the gods, the figure of the Titan Atlas is condemned to carry the heavens on his shoulders for all time. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2020080200934

    Münzenberg Musicians 21 July 2020, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: People stroll on the market place in Quedlinburg. The Münzenberg Musicians, a bronze sculpture consisting of four figures by the Quedlinburg artist Wolfgang Dreysse, can be seen on the market square in Quedlinburg‘s old town. Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2020080200935

    Münzenberg Musicians 21 July 2020, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The Münzenberg Musicians, a bronze sculpture consisting of four figures by the Quedlinburg artist Wolfgang Dreysse, can be seen on the market square in the old town of Quedlinburg. Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2020080200694

    Münzenberg Musicians 21 July 2020, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: People stroll on the market place in Quedlinburg. The Münzenberg Musicians, a bronze sculpture consisting of four figures by the Quedlinburg artist Wolfgang Dreysse, can be seen on the market square in Quedlinburg‘s old town. Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020072703341

    陝西省歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展  17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の簋(き)。中国陝西省西安市の陝西省歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072703291

    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展  17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された鳳凰文の青銅盉(か)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072703331

    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展  17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の鼎(かなえ)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072703304

    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展  17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の鑾鈴(らんれい、車馬に取り付けた鈴)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072703429

    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展  17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の簋(き)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072703368

    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展  17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の鼎(かなえ)の銘文。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072802157

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された「飾牌(しょくはい)」(装飾品)。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072802161

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製のつえの持ち手。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020072802169

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製のくつわ。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020072802142

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の流星錘(りゅうせいすい、中国の武器の一つ)。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020072802127

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の剣。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020072802085

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館の内部の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020072802045

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館の外観。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072801999

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製のきり。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072200638

    Flower meadow at the Friedensengel 13 July 2020, Bavaria, Munich: Through a flower meadow with red corn poppy, the leaf-gilded bronze cast statue of the angel of peace can be seen enthroned on a 23-metre high column. The statue was erected to commemorate 25 years of peace after 1871 and stands above a small hall. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2020072802119

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の鈴。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020072802139

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の飾り物。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072802164

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の鹿。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像