検索結果 513 件中 1 件 〜 50 件 "プロジェクトチーム"
  1. 2020102107361

    学術会議元会長に意見聴取 学術会議PTの会合  自民党本部で開かれた日本学術会議の在り方を検証するプロジェクトチームの会合=21日午後、東京・永田町

  2. 2020101406963

    首相の援護射撃に躍起 自民党PTの初会合  自民党本部で開かれた日本学術会議の在り方を検証するプロジェクトチームの初会合=14日午前、東京・永田町 「表層深層」日本学術会議巡り自民

  3. 2020101405565

    学術会議の国費負担検証 自民党学術会議PT会合  自民党本部で開かれた日本学術会議の在り方を検討するプロジェクトチームの会合。奥左から2人目はあいさつする塩谷立座長=14日午前、東京・永田町

  4. 2020101400869

    学術会議巡り年内めど答申 あいさつする下村政調会長  自民党の日本学術会議の在り方を検討するプロジェクトチームの役員会であいさつする下村政調会長。右は座長の塩谷元文科相=14日午前、東京・永田町の党本部

  5. 2020101400819

    学術会議巡り年内めど答申 あいさつする塩谷座長  自民党の日本学術会議の在り方を検討するプロジェクトチームの役員会。奥左から2人目はあいさつする座長の塩谷元文科相=14日午前、東京・永田町の党本部

  6. 2020101400774

    自民、学術会議PT初開催 党本部で開かれた役員会  自民党の日本学術会議の在り方を検討するプロジェクトチームの役員会。奥左はあいさつする下村政調会長=14日午前、東京・永田町の党本部

  7. 2020101400664

    自民、学術会議PT初開催 あいさつする塩谷座長  自民党の日本学術会議の在り方を検討するプロジェクトチームの役員会であいさつする座長の塩谷元文科相。左は下村政調会長=14日午前、東京・永田町の党本部

  8. 2020100902473

    23年春開業は「厳しい」 要望書を受け取る細田氏  福井、石川、富山3県の知事らから要望書を受け取る与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームの細田博之座長(前列中央)=9日、東京・永田町

  9. 2020092406302

    長崎ルート22年秋暫定開業 与党のPT会合  国会内で開かれた、与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチームの会合。奥は発言する自民党の細田元幹事長=24日午後

  10. 2020080604310

    加害者特定し被害届提出へ 会合に臨む木村さん  自民党のプロジェクトチームが開いた非公開の会合に臨む木村響子さん(中央)=6日午後、東京・永田町の党本部

  11. 2020073008305

    少年法、20歳維持で合意へ 与党プロジェクトチーム  少年法改正に関する与党プロジェクトチーム会合=30日午後、国会

  12. 2020031704872

    備中松山城 かごで登城  かごを使った登城の実証実験に取り組む岡山県高梁市職員のプロジェクトチーム。標高430メートルにそびえる山城に殿様気分で登れないか―。こんなテーマで高梁市職員のプロジェクトチームが7日、備中松山城(同市内山下)でかごを使った登城の実証実験に取り組んだ。1月下旬に終了した香川県琴平町の金刀比羅宮名物「石段かご」を借り、職員が実際に担いで実現可能性を確かめた。=2020(令和2)年3月7日、岡山県高梁市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  13. 2020030303734

    感染拡大防止へPT設置 記者会見の大村氏と河村氏  プロジェクトチーム設置について記者会見する愛知県の大村秀章知事(左)と名古屋市の河村たかし市長=3日夕、名古屋市役所

  14. 2020030303731

    感染拡大防止へPT設置 記者会見の河村氏と大村氏  プロジェクトチーム設置について記者会見する名古屋市の河村たかし市長(手前)と愛知県の大村秀章知事=3日夕、名古屋市役所

  15. 2020030303729

    感染拡大防止へPT設置 握手する大村氏と河村氏  プロジェクトチーム設置についての記者会見を終え、握手する愛知県の大村秀章知事(左)と名古屋市の河村たかし市長=3日夕、名古屋市役所

  16. 2020022707287

    与野党議員が車いす体験 確認する超党派議員ら  参院本会議場で車いすに乗り状況を確認する超党派のプロジェクトチーム所属議員ら=27日午後

  17. 2020022705544

    Robotics in the craft trade 26 February 2020, Saxony, Dresden: Michael Ogriseck, project team member of the Dresden Chamber of Trade, controls a collaborative robot (Cobot) with the help of a tablet computer for demonstration purposes. Within the scope of a kick-off event on the occasion of the new robotics competence centre, the Dresden Chamber of Trade provided information on how robotics can be integrated into the trade. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2020022705475

    Robotics in the craft trade 26 February 2020, Saxony, Dresden: Felix Hillemeier, project team member of the Dresden Chamber of Crafts, carries a stack of chairs for demonstration purposes with the help of an exoskeleton from the Augsburg company German Bionic. Within the scope of a kick-off event on the occasion of the new robotics competence centre, the Dresden Chamber of Trade provided information on how robotics can be integrated into the trade. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2020021900406

    GES / Laureus World Sports Awards 2020, February 15, 2020 Group photo of Laureus Academy Member with Kick on Ice project team. Project visit “Kick on Ice“ GES / Laureus World Sports Awards 2020, Berlin, February 15th, 2020 | usage worldwide、クレジット:GES/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  20. 2020012000823

    中国の科学者、光誘導による浸潤性可変植物表面保護剤を開発  14日、学生と実験する呉正岩研究員。中国安徽省合肥市にある中国科学院合肥物質科学研究院の技術生物・農業工程研究所の呉正岩(ご・せいがん)研究員率いるプロジェクトチームはこのほど、光制御を受ける浸潤性(親水性・疎水性)植物表面保護剤を開発した。同保護剤を使用することで、除草剤系の農薬が非標的作物に与えるダメージを軽減し、まるで植物に「よろい」を着せるように作物を保護できる。(合肥=新華社記者/水金辰)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020012000979

    中国の科学者、光誘導による浸潤性可変植物表面保護剤を開発  14日、学生に関連実験の指導をする呉正岩研究員。中国安徽省合肥市にある中国科学院合肥物質科学研究院の技術生物・農業工程研究所の呉正岩(ご・せいがん)研究員率いるプロジェクトチームはこのほど、光制御を受ける浸潤性(親水性・疎水性)植物表面保護剤を開発した。同保護剤を使用することで、除草剤系の農薬が非標的作物に与えるダメージを軽減し、まるで植物に「よろい」を着せるように作物を保護できる。(合肥=新華社記者/水金辰)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020011005676

    中英の科学者、制御核融合分野で新たな進展江蘇省蘇州市  丁理峰博士のプロジェクトチームが製作したコンピュータモデル。(資料写真)中国江蘇省蘇州市の西交利物浦大学(西安交通リバプール大学)は7日、同校が英国のリバプール大学と協力して制御核融合の分野で進展を遂げ、高純度な重水素を効果的に抽出できる材料を開発したと明らかにした。関連の研究成果がこのほど米学術誌「サイエンス」に発表された。西交利物浦大学化学科の丁理峰(てい・りほう)博士は、制御核融合は一種のグリーンエネルギーだが、安定した制御核融合の燃料をいかに探し出すかが解決すべき課題となっていると説明した。重水素は制御核融合の燃料として用いられるほか、非放射性同位体トレーサーや中性子散乱技術および製薬などの分野を含む他の科学研究でも幅広く応用されている。(蘇州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120200399

    「嫦娥4号」プロジェクトチーム、RAeS2019年度グループ金賞受賞  25日、英国の首都ロンドンで、記念撮影に応じる「嫦娥4号」プロジェクトのチームメンバーとゲストら。英国の航空技術に関する学術団体・協会、王立航空学会(RAeS)の2019年度授賞式が現地時間25日夜、ロンドンで行われた。月探査機「嫦娥4号」プロジェクトのチームがグループ金賞を受賞し、本年度に同賞を受賞した世界で唯一のチームとなった。RAeSが創立153年以来、中国のプロジェクトに授賞するのは初めて。(ロンドン=新華社配信)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120200339

    「嫦娥4号」プロジェクトチーム、RAeS2019年度グループ金賞受賞  25日、英国の首都ロンドンで、メダルと受賞証書を手にする中国月探査プロジェクトの総設計師、中国工程院院士(アカデミー会員)の呉偉仁(ご・いじん)氏。英国の航空技術に関する学術団体・協会、王立航空学会(RAeS)の2019年度授賞式が25日夜、ロンドンで行われた。月探査機「嫦娥4号」プロジェクトのチームがグループ金賞を受賞し、本年度に同賞を受賞した世界で唯一のチームとなった。RAeSが創立153年以来、中国のプロジェクトに授賞するのは初めて。(ロンドン=新華社配信)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019111400149

    江蘇省太湖稲区、二毛作の水稲収穫量が過去最高を更新  8日、江蘇省張家港市の多収型モデル水田で記念撮影をする専門家グループとプロジェクトチームのメンバー。中国の南京農業大学によると、同大学の専門家グループがこのほど、江蘇省張家港市で1ムー(約667平方メートル)以上の水田3カ所を無作為に抽出して機械収穫を行ったところ、1ムー当たりの水稲収穫量が1071キロとなり、同省太湖稲区の稲麦二毛作で初めて1トンを上回った。(張家港=新華社配信)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019110607031

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: Jörg Brinkmeyer, drone pilot of GLOBE UAV GmbH, attaches a defibrillator to a hexakopter (drone). Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  27. 2019110607007

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: A drone transports a defibrillator to the sky of Penkun. Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  28. 2019110607027

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: Klaus Hahnenkamp, Director of the Clinic for Anaesthesiology at Greifswald University Hospital, admitted to Penkun. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2019110606910

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: Jörg Brinkmeyer, drone pilot of GLOBE UAV GmbH, attaches a defibrillator to a hexakopter (drone). Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2019110607093

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: A drone transports a defibrillator to the sky of Penkun. Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2019110606904

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: A drone transports a defibrillator to the sky of Penkun. Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2019110606744

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: A drone transports a defibrillator to the sky of Penkun. Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2019110607075

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: A drone transports a defibrillator to the sky of Penkun. Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2019110607088

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: Klaus Hahnenkamp (l-r), Director of the Clinic for Anaesthesiology at Greifswald University Hospital, and Jörg Brinkmeyer, drone pilot at GLOBE UAV GmbH, attach a defibrillator to a hexakopter (drone). Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2019110607394

    Drones for defibrillators 04 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Penkun: A drone transports a defibrillator in the sky of Penkun (aerial photograph with a drone). Defibrillators are small devices that can “turn on“ the heart again with an electric shock in the event of cardiac arrest. A project team at Greifswald University Hospital is planning to fly defibrillators with drones to patients and medically trained first responders. The aim is to develop a system that deploys drones in such a way that they close the gaps in primary care in the countryside. In the district of Vorpommern-Greifswald a feasibility study is now starting. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020051402412

    浙江省安吉県で準絶滅危惧種のアジアアナグマの撮影に成功  浙江省湖州市安吉県で、林の中を通り抜けるアジアアナグマ。(2019年10月16日、赤外線カメラによる撮影)中国浙江省湖州市の安吉県自然資源・計画局は、同県の野生動物資源基礎調査プロジェクトチームがこのほど、赤外線カメラの撮影データを整理したところ、アジアアナグマの写真と動画を確認したことを明らかにした。同省で二十年以上にわたって「失踪」していたアジアアナグマが、安吉県に姿を現した。今回が同省初となる野生のアジアアナグマの映像記録になるという。中国の南部各省に分布するアジアアナグマの個体数はすでに楽観できない状況にあり、旧環境保護部と中国科学院による2015年版「中国生物多様性レッドリスト―脊椎動物篇」では近危急種(NT、準絶滅危惧)に指定されている。(湖州=新華社配信)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019101604939

    マカオ初の科学衛星プロジェクト始動名称公募も発表  9日、始動式で式辞を述べるマカオ科技大学の劉良(りゅう・りょう)学長。中国マカオ特別行政区初の科学衛星プロジェクトの発表会と名称公募活動始動式が9日、マカオ科技大学で開催された。同大学の劉良(りゅう・りょう)学長は式辞で、今年末までに衛星のプロトタイプを完成させてテストを行い、2020年に時期を見て打ち上げ、その後は衛星データについて継続的に科学分析と研究をしていきたいと表明した。また、科学発展の喜びを大衆と分かち合い、社会各界のマカオの科学発展への関心を高めるため、プロジェクトチームではマカオ社会各界を対象に、衛星の名称募集活動を31日まで行うという。(マカオ=新華社配信)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019101604937

    マカオ初の科学衛星プロジェクト始動名称公募も発表  9日、始動式で記念撮影をする来賓。中国マカオ特別行政区初の科学衛星プロジェクトの発表会と名称公募活動始動式が9日、マカオ科技大学で開催された。同大学の劉良(りゅう・りょう)学長は式辞で、今年末までに衛星のプロトタイプを完成させてテストを行い、2020年に時期を見て打ち上げ、その後は衛星データについて継続的に科学分析と研究をしていきたいと表明した。また、科学発展の喜びを大衆と分かち合い、社会各界のマカオの科学発展への関心を高めるため、プロジェクトチームではマカオ社会各界を対象に、衛星の名称募集活動を31日まで行うという。(マカオ=新華社配信)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019101604851

    マカオ初の科学衛星プロジェクト始動名称公募も発表  9日、始動式で記念撮影をする来賓。中国マカオ特別行政区初の科学衛星プロジェクトの発表会と名称公募活動始動式が9日、マカオ科技大学で開催された。同大学の劉良(りゅう・りょう)学長は式辞で、今年末までに衛星のプロトタイプを完成させてテストを行い、2020年に時期を見て打ち上げ、その後は衛星データについて継続的に科学分析と研究をしていきたいと表明した。また、科学発展の喜びを大衆と分かち合い、社会各界のマカオの科学発展への関心を高めるため、プロジェクトチームではマカオ社会各界を対象に、衛星の名称募集活動を31日まで行うという。(マカオ=新華社配信)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019101604792

    マカオ初の科学衛星プロジェクト始動名称公募も発表  9日、始動式で式辞を述べるマカオ特別行政区社会文化司の譚俊栄(たん・しゅんえい)司長。中国マカオ特別行政区初の科学衛星プロジェクトの発表会と名称公募活動始動式が9日、マカオ科技大学で開催された。同大学の劉良(りゅう・りょう)学長は式辞で、今年末までに衛星のプロトタイプを完成させてテストを行い、2020年に時期を見て打ち上げ、その後は衛星データについて継続的に科学分析と研究をしていきたいと表明した。また、科学発展の喜びを大衆と分かち合い、社会各界のマカオの科学発展への関心を高めるため、プロジェクトチームではマカオ社会各界を対象に、衛星の名称募集活動を31日まで行うという。(マカオ=新華社配信)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051402390

    浙江省安吉県で準絶滅危惧種のアジアアナグマの撮影に成功  浙江省湖州市安吉県で、林の中を通り抜けるアジアアナグマ。(2019年9月27日、赤外線カメラによる撮影)中国浙江省湖州市の安吉県自然資源・計画局は、同県の野生動物資源基礎調査プロジェクトチームがこのほど、赤外線カメラの撮影データを整理したところ、アジアアナグマの写真と動画を確認したことを明らかにした。同省で二十年以上にわたって「失踪」していたアジアアナグマが、安吉県に姿を現した。今回が同省初となる野生のアジアアナグマの映像記録になるという。中国の南部各省に分布するアジアアナグマの個体数はすでに楽観できない状況にあり、旧環境保護部と中国科学院による2015年版「中国生物多様性レッドリスト―脊椎動物篇」では近危急種(NT、準絶滅危惧)に指定されている。(湖州=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019100101968

    中国、暗黒物質探査衛星「悟空」による新たな成果を発表  中国科学院紫金山天文台内の暗黒物質探査衛星監視制御ホールで、天文衛星「悟空」から伝送された科学データを分析する研究者。(9月16日撮影)中国の暗黒物質(ダークマター)探査衛星プロジェクトチームが28日、第2弾の科学成果を発表した。2015年末の打ち上げから2年半の間のデータに基づき、暗黒物質探査衛星「悟空」が世界で初めて空間実験を利用して高エネルギー陽子の宇宙線エネルギースペクトルを正確に描き出すとともに、エネルギースペクトルの新しい構造を観察した。人類による地球に近い場所の宇宙線の発生源発見につながる可能性があるという。(南京=新華社配信)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019100101947

    中国、暗黒物質探査衛星「悟空」による新たな成果を発表  天文衛星「悟空」の最新の成果を報告する、暗黒物質探査衛星プロジェクトチームのメンバーで中国科学院紫金山天文台研究員の袁強(えん・きょう)氏。(9月16日撮影)中国の暗黒物質(ダークマター)探査衛星プロジェクトチームが28日、第2弾の科学成果を発表した。2015年末の打ち上げから2年半の間のデータに基づき、暗黒物質探査衛星「悟空」が世界で初めて空間実験を利用して高エネルギー陽子の宇宙線エネルギースペクトルを正確に描き出すとともに、エネルギースペクトルの新しい構造を観察した。人類による地球に近い場所の宇宙線の発生源発見につながる可能性があるという。(南京=新華社配信)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019100102001

    中国、暗黒物質探査衛星「悟空」による新たな成果を発表  中国科学院紫金山天文台内の暗黒物質探査衛星監視制御ホールに置かれた暗黒物質探査衛星「悟空」の模型。(9月16日撮影)中国の暗黒物質(ダークマター)探査衛星プロジェクトチームが28日、第2弾の科学成果を発表した。2015年末の打ち上げから2年半の間のデータに基づき、暗黒物質探査衛星「悟空」が世界で初めて空間実験を利用して高エネルギー陽子の宇宙線エネルギースペクトルを正確に描き出すとともに、エネルギースペクトルの新しい構造を観察した。人類による地球に近い場所の宇宙線の発生源発見につながる可能性があるという。(南京=新華社配信)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019091007498

    GES / Football / Charity Match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Backdrop. For a charity match returns the 108-fold national player Jürgen K linsmann after Geislingen. The cause of the charity match is the inauguration of the children‘s house K 19, a project of the foundation Agapedia by K linsman n. GES / Football / Charity match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Football / Charity Match: Team Schwaben vs. Team, Rest of the world, SC Geislingen, September 8, 2019 | usage worldwide、クレジット:GES/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2019091007501

    GES / Football / Charity Match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Single Action, Cut Out Maurizio Gaudino (Team Rest of the World). For a charity match returns the 108-fold national player Jürgen K linsmann after Geislingen. The cause of the charity match is the inauguration of the children‘s house K 19, a project of the foundation Agapedia by K linsman n. GES / Football / Charity match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Football / Charity Match: Team Schwaben vs. Team, Rest of the world, SC Geislingen, September 8, 2019 | usage worldwide、クレジット:GES/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2019091007506

    GES / Football / Charity Match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Jochen Stutzky (Sport 1), Juergen Klinsmann, Roland Eitel. For a charity match returns the 108-fold national player Jürgen K linsmann after Geislingen. The cause of the charity match is the inauguration of the children‘s house K 19, a project of the foundation Agapedia by K linsman n. GES / Football / Charity match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Football / Charity Match: Team Schwaben vs. Team, Rest of the world, SC Geislingen, September 8, 2019 | usage worldwide、クレジット:GES/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2019091007510

    GES / Football / Charity Match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Juergen Klinsmann in the rain. For a charity match returns the 108-fold national player Jürgen K linsmann after Geislingen. The cause of the charity match is the inauguration of the children‘s house K 19, a project of the foundation Agapedia by K linsman n. GES / Football / Charity match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Football / Charity Match: Team Schwaben vs. Team, Rest of the world, SC Geislingen, September 8, 2019 | usage worldwide、クレジット:GES/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2019091006797

    GES / Football / Charity Match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 duels, Duel Guido Buchwald (Team Rest of the World) / r. versus Juergen Klinsmann. For a charity match returns the 108-fold national player Jürgen K linsmann after Geislingen. The cause of the charity match is the inauguration of the children‘s house K 19, a project of the foundation Agapedia by K linsman n. GES / Football / Charity match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Football / Charity Match: Team Schwaben vs. Team, Rest of the world, SC Geislingen, September 8, 2019 | usage worldwide、クレジット:GES/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2019091006800

    GES / Football / Charity Match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Single action, cut-out Juergen Klinsmann. For a charity match returns the 108-fold national player Jürgen K linsmann after Geislingen. The cause of the charity match is the inauguration of the children‘s house K 19, a project of the foundation Agapedia by K linsman n. GES / Football / Charity match: Team Schwaben - Team Rest of the World, 08.09.2019 Football / Charity Match: Team Schwaben vs. Team, Rest of the world, SC Geislingen, September 8, 2019 | usage worldwide、クレジット:GES/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像