検索結果 63 件中 1 件 〜 50 件 "モウコノウマ"
  1. 2020061504001

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  6日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう2頭のコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061504006

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  6日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061503942

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  5日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503933

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  5日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう3頭のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061504004

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区でたたずむ2頭のモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061503915

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を走るアジアノロバ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061504003

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061504005

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060908599

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で水源地に給水する監視員。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060908486

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、野生動物のために飲料水を運ぶ監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060908252

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、水源地の貯水状況を遠方から観察する監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060908657

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、33号水源地にやって来て水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060908629

    新疆ウイグル自治区でモウコノウマの赤ちゃん18頭誕生  3日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のモウコノウマ。モウコノウマの原産地である中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、今年に入ってから18頭の子馬が誕生した。うち14頭が野生、4頭が人工繁殖で、ほとんどの子馬は同自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で生まれた。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020061503934

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020061503928

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060908454

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、水源地で水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060908462

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、人工的に建設された水源地の貯水状況を確認する監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060908666

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060908475

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で水源地に給水する監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060908203

    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060908502

    新疆ウイグル自治区でモウコノウマの赤ちゃん18頭誕生  3日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るモウコノウマ。(小型無人機から)モウコノウマの原産地である中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、今年に入ってから18頭の子馬が誕生した。うち14頭が野生、4頭が人工繁殖で、ほとんどの子馬は同自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で生まれた。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508712

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、馬ふんを収集する職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060508738

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。(小型無人機から)中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060908501

    新疆ウイグル自治区でモウコノウマの赤ちゃん18頭誕生  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで飼育されているモウコノウマと生後1カ月に満たない子馬。モウコノウマの原産地である中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、今年に入ってから18頭の子馬が誕生した。うち14頭が野生、4頭が人工繁殖で、ほとんどの子馬は同自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で生まれた。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060908662

    新疆ウイグル自治区でモウコノウマの赤ちゃん18頭誕生  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで飼育されているモウコノウマと生後1カ月に満たない子馬2頭。モウコノウマの原産地である中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、今年に入ってから18頭の子馬が誕生した。うち14頭が野生、4頭が人工繁殖で、ほとんどの子馬は同自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で生まれた。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060508707

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで飼育されている生後1カ月に満たない子馬(左)と成馬。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060508711

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060508706

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060508880

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、飼い葉の準備をする職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060908484

    新疆ウイグル自治区でモウコノウマの赤ちゃん18頭誕生  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで子馬を守るモウコノウマ。モウコノウマの原産地である中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、今年に入ってから18頭の子馬が誕生した。うち14頭が野生、4頭が人工繁殖で、ほとんどの子馬は同自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で生まれた。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060508709

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、母馬の乳を飲む生後1カ月に満たない子馬。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060508690

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、馬の健康状態を調べる職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060508849

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、飼い葉を運ぶ職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060508774

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、馬ふんの寄生虫を調べる職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060508772

    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区  2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061503908

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で餌を探すセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020061503932

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で羽ばたくアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061503997

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で羽を休めるセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052602145

    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区  20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内を駆けるモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052602113

    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区  20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内にたたずむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052602084

    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区  20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内で草をはむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052602086

    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区  14日、野生馬繁殖研究センターの敷地内にたたずむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019101703495

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内で草を食む野生のフタコブラクダ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019101703431

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内を駆けるモウコノウマの群れ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019101703432

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、柵の中を歩くアジアノロバ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019101703435

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内で秋の日差しを浴びるモウコノウマ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019101703378

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内に広がるウマゴヤシの草地で草を食むサイガ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019101703441

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内で秋の日差しを浴びる野生のフタコブラクダ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019101703509

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、野生のフタコブラクダに飼い葉を与える甘粛絶滅危惧動物保護センターのスタッフ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019101703483

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内を歩く野生のフタコブラクダ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像