検索結果 5,620 件中 1 件 〜 50 件 "モンゴル国"
  1. 2020033003832

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  25日、エレンホト出入境検査ステーションで、グリーン通路を開設し、モンゴルへの防疫支援物資を載せた車両の通関手続きを優先的に行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020033003847

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  25日、エレンホト出入境検査ステーションで、モンゴルへの防疫支援物資を載せた車両の通関手続きを優先的に行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020033003849

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  25日、エレンホト出入境検査ステーションで、特別通関措置を実施し、モンゴルへの防疫支援物資を載せた車両の通関手続きを優先的に行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020032417414

    ソウル五輪 1174—12 ソウル五輪第13日  レスリング・フリー52キロ級予選B組5回戦 開始早々、エンカバイアー(モンゴル)にフォール勝ちした佐藤満=1988(平成63)年9月29日、尚武体育館(共同) 

  5. 2020033004445

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅で荷役作業場に入る「オープントップコンテナ」を積んだ列車。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020033004438

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅に入線する「オープントップコンテナ」を積んだ列車。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020033004586

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅で行われた輸入鉄精鉱の積み替え作業。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020033004474

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅でクレーンバケットを使用して行われた輸入鉄精鉱の積み替え作業。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020033003816

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  24日、エレンホト出入境検査ステーションで、モンゴルに送られる防疫支援物資の監視検査を行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020033003848

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  24日、中国からモンゴルに送られる防疫支援物資。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020033004443

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅で行われた輸入鉄精鉱の積み替え作業。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020033004503

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅の「オープントップコンテナ」荷役作業現場。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020033004594

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅で貨物の関係手続きを行うスタッフ。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020033003812

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  24日、エレンホト出入境検査ステーションで、モンゴルに送られる防疫支援物資の監視検査を行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020033004529

    「新華社」 満洲里鉄道口岸駅、「オープントップコンテナ」受け入れ  24日、満洲里鉄道口岸駅でリフティングマグネットを使用して行われた輸入鉄精鉱の積み替え作業。中国最大の陸路口岸(通関地)の内モンゴル自治区満洲里鉄道口岸駅でこのほど、「オープントップコンテナ」を使用した貨物輸送が初めて行われた。企業の物流コスト低減に役立つと期待される。オープントップコンテナは「天井部分を開放する」ことで、コンテナの上部から貨物を積み込むことができる。貨物が駅に到着した後は、コンテナをトラックに積んでそのまま運ぶことができ、荷物を積み替える必要がない。満洲里鉄道口岸駅では今回、「オープントップコンテナ」を使用して合計5040トンの貨物を輸送した。(満洲里=新華社記者/達日罕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020032900352

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間で保守作業を行う作業員。中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020032900336

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間で作業する工事車両。(小型無人機から)中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020032900348

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間で保守作業を行う作業員。中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020032900290

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間で保守作業を行う作業員。(小型無人機から)中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020032900346

    「新華社」 新型コロナで止まっていたモンゴルの対中石炭輸出再開  23日、モンゴルのガシュンシュハイト口岸で、出発を待つ石炭コンテナ輸送チーム。新型コロナウイルスの感染拡大で止まっていたモンゴルから中国への石炭輸出が感染状況の好転を受け23日、国境のガシュンシュハイトト口岸(通関地)で再開された。中国側の甘其毛都(ガンツモッド)口岸を通じて中国国内に運ばれ、当初は大型トラック1日70台の通関を予定している。1台の積載量は80トン。(ウランバートル=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020032900299

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間の施工現場で軌間を測定する作業員。中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020032900301

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、列車の通過を待つ軌道測量スタッフ。中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020032900289

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間で保守作業を行う作業員。中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020032900296

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間の施工現場で軌間を測定する作業員。中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020032900322

    「新華社」 新型コロナで止まっていたモンゴルの対中石炭輸出再開  23日、モンゴルのガシュンシュハイト口岸で、出国するコンテナ輸送車両の消毒を行う防疫関係者。新型コロナウイルスの感染拡大で止まっていたモンゴルから中国への石炭輸出が感染状況の好転を受け23日、国境のガシュンシュハイトト口岸(通関地)で再開された。中国側の甘其毛都(ガンツモッド)口岸を通じて中国国内に運ばれ、当初は大型トラック1日70台の通関を予定している。1台の積載量は80トン。(ウランバートル=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020032900349

    「新華社」 急ピッチで進む線路保守作業内モンゴル自治区  23日、京包線内モンゴル自治区区間で保守作業を行う作業員。中国国内で新型コロナウイルスの流行が落ち着き始めたことを受け、北京市と内モンゴル自治区包頭市を結ぶ中国鉄道京包線の内モンゴル自治区区間の一部で23日、集中保守作業が始まった。今回の作業は主に道床の清掃、レール交換、枕木の下のバラスト(砂利や砕石)の締め固めなどで、京包線全線の第1期集中保守作業は5月30日までに終了する予定。100年の歴史を持つ京包線は中国北部、北西部の重要な幹線鉄道で、内モンゴル自治区と山西省で産出した石炭を運び出す主要ルートでもある。今回の作業により列車運行の安定性と乗客の快適性が向上することになる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020033004614

    「新華社」 内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見  22日、布徳日根呼都格岩絵群遺跡。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。(アルシャー=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020033004555

    「新華社」 内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見  22日、岩に描かれた図案。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。(アルシャー=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020033004522

    「新華社」 内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見  22日、岩に描かれた図案。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。(アルシャー=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020033004487

    「新華社」 内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見  22日、新たに見つかった岩絵の幅を測定する考古学者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。(アルシャー=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020033004564

    「新華社」 内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見  22日、岩に描かれた図案。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。(アルシャー=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020033004542

    「新華社」 内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見  22日、岩に描かれた図案。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。(アルシャー=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020033004612

    「新華社」 内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見  22日、新たに見つかった岩絵を撮影する考古学者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。(アルシャー=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020032315079

    「新華社」 内モンゴル博物院、一般公開を再開  20日、館内を清掃する内モンゴル博物院の清掃従業員。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル博物院は20日、一般公開を再開した。再開後の開放時間は火~日曜の午前9時から午後5時で、オンラインでの実名予約による現場でのチケット受け取りを実施する。入館時には体温測定のほか、中国で「健康コード」と呼ばれるスマートフォンアプリ上で健康状態を示す2次元バーコードと身分証明書の提示が必要で、館内ではマスクの着用が義務付けられる。団体見学や解説員による説明は行わず、来場者の安全と秩序ある見学に万全を期している。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020032609003

    「新華社」 子どもの予防接種が再開内モンゴル自治区  20日、フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターで、ワクチンの予防接種を受ける幼児。中国内モンゴル自治区フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターでは、感染予防・抑制期間中の子どもの予防接種を着実に実施するため、時間帯をずらした予約を導入している。同自治区では新型コロナウイルスの感染の影響を受け、子どもに対する予防接種が1カ月以上にわたり休止していた。子どもの一般的な感染症が3月から4月に発症のピークを迎えるのに伴い、このほどワクチンの予防接種が段階的に再開された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020032609024

    「新華社」 子どもの予防接種が再開内モンゴル自治区  20日、フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターで、ワクチンの予防接種を受ける幼児。中国内モンゴル自治区フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターでは、感染予防・抑制期間中の子どもの予防接種を着実に実施するため、時間帯をずらした予約を導入している。同自治区では新型コロナウイルスの感染の影響を受け、子どもに対する予防接種が1カ月以上にわたり休止していた。子どもの一般的な感染症が3月から4月に発症のピークを迎えるのに伴い、このほどワクチンの予防接種が段階的に再開された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020033004496

    「新華社」 収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、自ら収集したシャーマンドラムを見せるハスバガンさん。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020032315085

    「新華社」 内モンゴル博物院、一般公開を再開  20日、内モンゴル博物院を見学する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル博物院は20日、一般公開を再開した。再開後の開放時間は火~日曜の午前9時から午後5時で、オンラインでの実名予約による現場でのチケット受け取りを実施する。入館時には体温測定のほか、中国で「健康コード」と呼ばれるスマートフォンアプリ上で健康状態を示す2次元バーコードと身分証明書の提示が必要で、館内ではマスクの着用が義務付けられる。団体見学や解説員による説明は行わず、来場者の安全と秩序ある見学に万全を期している。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020032315111

    「新華社」 内モンゴル博物院、一般公開を再開  20日、内モンゴル博物院を見学する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル博物院は20日、一般公開を再開した。再開後の開放時間は火~日曜の午前9時から午後5時で、オンラインでの実名予約による現場でのチケット受け取りを実施する。入館時には体温測定のほか、中国で「健康コード」と呼ばれるスマートフォンアプリ上で健康状態を示す2次元バーコードと身分証明書の提示が必要で、館内ではマスクの着用が義務付けられる。団体見学や解説員による説明は行わず、来場者の安全と秩序ある見学に万全を期している。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020032314074

    「新華社」 内モンゴル博物院、一般公開を再開  20日、内モンゴル博物院を見学する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル博物院は20日、一般公開を再開した。再開後の開放時間は火~日曜の午前9時から午後5時で、オンラインでの実名予約による現場でのチケット受け取りを実施する。入館時には体温測定のほか、中国で「健康コード」と呼ばれるスマートフォンアプリ上で健康状態を示す2次元バーコードと身分証明書の提示が必要で、館内ではマスクの着用が義務付けられる。団体見学や解説員による説明は行わず、来場者の安全と秩序ある見学に万全を期している。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020032608998

    「新華社」 子どもの予防接種が再開内モンゴル自治区  20日、フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターで、ワクチンの予防接種を受ける幼児。中国内モンゴル自治区フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターでは、感染予防・抑制期間中の子どもの予防接種を着実に実施するため、時間帯をずらした予約を導入している。同自治区では新型コロナウイルスの感染の影響を受け、子どもに対する予防接種が1カ月以上にわたり休止していた。子どもの一般的な感染症が3月から4月に発症のピークを迎えるのに伴い、このほどワクチンの予防接種が段階的に再開された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020032609012

    「新華社」 子どもの予防接種が再開内モンゴル自治区  20日、幼児への予防接種を準備するフフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターの医療スタッフ。中国内モンゴル自治区フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターでは、感染予防・抑制期間中の子どもの予防接種を着実に実施するため、時間帯をずらした予約を導入している。同自治区では新型コロナウイルスの感染の影響を受け、子どもに対する予防接種が1カ月以上にわたり休止していた。子どもの一般的な感染症が3月から4月に発症のピークを迎えるのに伴い、このほどワクチンの予防接種が段階的に再開された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020032609014

    「新華社」 子どもの予防接種が再開内モンゴル自治区  20日、フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターで、ワクチンの予防接種を受ける幼児。中国内モンゴル自治区フフホト市の金橋開発区衛生サービスセンターでは、感染予防・抑制期間中の子どもの予防接種を着実に実施するため、時間帯をずらした予約を導入している。同自治区では新型コロナウイルスの感染の影響を受け、子どもに対する予防接種が1カ月以上にわたり休止していた。子どもの一般的な感染症が3月から4月に発症のピークを迎えるのに伴い、このほどワクチンの予防接種が段階的に再開された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020033004406

    「新華社」 収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、自ら収集したアルタイ・ヤタガのレプリカを見せるハスバガンさん。彼の説明によると、伝承が途絶えて久しいこの琴はモンゴルの遊牧民が山の洞窟の中で発見したという。考古学者の考証によれば、すでに1400年余りの歴史を有しているという。原品はモンゴル国家博物館に所蔵されており、モンゴル社会科学院の研究者が原品に基づいてレプリカを制作し、アルタイ・ヤタガと命名した。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020033004436

    「新華社」 収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、ハスバガンさんの個人博物館内に陳列された、各地から収集した民族楽器。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020033004494

    「新華社」 収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、ハスバガンさんがオルドス市で見つけた馬頭琴(モリンホール)は、100年以上前のもの。棹の頭部だけにつけられた馬の首をかたどった現在の馬頭琴とは異なり、楽器全体にも馬の要素が反映されているなど、非常に珍しい。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020033004556

    「新華社」 収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、ハスバガンさんの個人博物館内に陳列された、各地から収集した各種の馬頭琴(モリンホール)。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020032315390

    「新華社」 内モンゴル博物院、一般公開を再開  20日、内モンゴル博物院で恐竜の化石を見学する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル博物院は20日、一般公開を再開した。再開後の開放時間は火~日曜の午前9時から午後5時で、オンラインでの実名予約による現場でのチケット受け取りを実施する。入館時には体温測定のほか、中国で「健康コード」と呼ばれるスマートフォンアプリ上で健康状態を示す2次元バーコードと身分証明書の提示が必要で、館内ではマスクの着用が義務付けられる。団体見学や解説員による説明は行わず、来場者の安全と秩序ある見学に万全を期している。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020032315092

    「新華社」 内モンゴル博物院、一般公開を再開  20日、内モンゴル博物院で金冠飾り「鷹頂金冠飾」を見学する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル博物院は20日、一般公開を再開した。再開後の開放時間は火~日曜の午前9時から午後5時で、オンラインでの実名予約による現場でのチケット受け取りを実施する。入館時には体温測定のほか、中国で「健康コード」と呼ばれるスマートフォンアプリ上で健康状態を示す2次元バーコードと身分証明書の提示が必要で、館内ではマスクの着用が義務付けられる。団体見学や解説員による説明は行わず、来場者の安全と秩序ある見学に万全を期している。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020032315105

    「新華社」 内モンゴル博物院、一般公開を再開  20日、内モンゴル博物院で恐竜の化石を見学する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル博物院は20日、一般公開を再開した。再開後の開放時間は火~日曜の午前9時から午後5時で、オンラインでの実名予約による現場でのチケット受け取りを実施する。入館時には体温測定のほか、中国で「健康コード」と呼ばれるスマートフォンアプリ上で健康状態を示す2次元バーコードと身分証明書の提示が必要で、館内ではマスクの着用が義務付けられる。団体見学や解説員による説明は行わず、来場者の安全と秩序ある見学に万全を期している。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像