検索結果 434 件中 1 件 〜 50 件 "モンゴル族"
  1. 2020060402135

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を伸ばす陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060402136

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸の巻き方を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060402008

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で制作された馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の作品。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060402087

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060402083

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060402125

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060402106

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060402043

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060402040

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402154

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を生徒に指導する陶格日勒さん(左)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402140

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402163

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402162

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん(中央)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060402109

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402110

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を巻く陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402090

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104767

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海省海西モンゴル族チベット族自治州の吐蕃墓から出土した絹織物。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051402436

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051402440

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さんが革彫刻画に色をつけている。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051402444

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で作品を見つめる革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051402425

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で観光客に革彫刻画の作品を紹介する革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051402430

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051402516

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画に色をつける革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051402529

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画に色をつける革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051402455

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で作品を紹介する革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051402432

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051402475

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、スマートフォンで革彫刻画を撮影する観光客。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051402441

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、湿らせたスポンジで軽く拭き、革彫刻画に潤いを与える革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051402454

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051102844

    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区  4月29日、モンゴル族の歌を練習するホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051102884

    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区  4月29日、運動場でモンゴル族の舞踊「安代舞」を練習するホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042003780

    通信インフラ整備進む辺境の地に恩恵内モンゴル自治区  9日、パオの中でインターネットテレビを楽しむモンゴル族の遊牧民。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド左旗ではここ数年、有線・無線融合ネットワーク技術を活用し、へき地の農村や牧畜地域での通信インフラ整備を進めている。これまでは土地が広大で地形も複雑なことから、ラジオやテレビ、インターネットの有線ネットワークの敷設が難しかった。インターネット融合技術を活用した「基本公共サービスプラットフォーム」も構築され、旗(県)、ソム(郷・鎮)、ガチャ(村)の三つの行政単位に基本公共サービスが行き渡るようになった。農牧民の精神文化や生活を豊かにするとともに、基本公共サービスに対する人々のニーズも効果的に満たしている。(シリンゴル=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042003869

    通信インフラ整備進む辺境の地に恩恵内モンゴル自治区  9日、インターネットテレビで英語を学ぶモンゴル族の女の子。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド左旗ではここ数年、有線・無線融合ネットワーク技術を活用し、へき地の農村や牧畜地域での通信インフラ整備を進めている。これまでは土地が広大で地形も複雑なことから、ラジオやテレビ、インターネットの有線ネットワークの敷設が難しかった。インターネット融合技術を活用した「基本公共サービスプラットフォーム」も構築され、旗(県)、ソム(郷・鎮)、ガチャ(村)の三つの行政単位に基本公共サービスが行き渡るようになった。農牧民の精神文化や生活を豊かにするとともに、基本公共サービスに対する人々のニーズも効果的に満たしている。(シリンゴル=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020042003798

    通信インフラ整備進む辺境の地に恩恵内モンゴル自治区  9日、パオの中でインターネットテレビを楽しむモンゴル族の女の子。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド左旗ではここ数年、有線・無線融合ネットワーク技術を活用し、へき地の農村や牧畜地域での通信インフラ整備を進めている。これまでは土地が広大で地形も複雑なことから、ラジオやテレビ、インターネットの有線ネットワークの敷設が難しかった。インターネット融合技術を活用した「基本公共サービスプラットフォーム」も構築され、旗(県)、ソム(郷・鎮)、ガチャ(村)の三つの行政単位に基本公共サービスが行き渡るようになった。農牧民の精神文化や生活を豊かにするとともに、基本公共サービスに対する人々のニーズも効果的に満たしている。(シリンゴル=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020040302576

    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020040302552

    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅で一心郷中学の生徒に対しオンライン授業を行うハルビン師範大学の大学生、陳(ちん)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020040302630

    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、教育座談会を行うハルビン師範大学と一心郷中学の教師。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020040104257

    中国四川省木里県の森林火災、3千人余りが消火に当たる  30日、消火活動が行われている四川省木里県の森林。中国四川省涼山イ族自治州木里(ムリ)チベット族自治県森林草原防火消火指揮部弁公室によると、28日午後7時30分ごろ、同県の喬瓦鎮鋤頭湾村と項脚モンゴル族郷項脚村の境界で、森林火災が発生した。地元政府はすでに3千人余りを消火に動員した。出火の原因について現在調査中。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020040104261

    中国四川省木里県の森林火災、3千人余りが消火に当たる  30日、消火活動が行われている四川省木里県の森林。中国四川省涼山イ族自治州木里(ムリ)チベット族自治県森林草原防火消火指揮部弁公室によると、28日午後7時30分ごろ、同県の喬瓦鎮鋤頭湾村と項脚モンゴル族郷項脚村の境界で、森林火災が発生した。地元政府はすでに3千人余りを消火に動員した。出火の原因について現在調査中。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020040302633

    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、教室で勉強する一心郷中学の生徒。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020040302661

    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020033004496

    収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、自ら収集したシャーマンドラムを見せるハスバガンさん。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020033004406

    収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、自ら収集したアルタイ・ヤタガのレプリカを見せるハスバガンさん。彼の説明によると、伝承が途絶えて久しいこの琴はモンゴルの遊牧民が山の洞窟の中で発見したという。考古学者の考証によれば、すでに1400年余りの歴史を有しているという。原品はモンゴル国家博物館に所蔵されており、モンゴル社会科学院の研究者が原品に基づいてレプリカを制作し、アルタイ・ヤタガと命名した。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020033004436

    収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、ハスバガンさんの個人博物館内に陳列された、各地から収集した民族楽器。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020033004556

    収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、ハスバガンさんの個人博物館内に陳列された、各地から収集した各種の馬頭琴(モリンホール)。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020033004494

    収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、ハスバガンさんがオルドス市で見つけた馬頭琴(モリンホール)は、100年以上前のもの。棹の頭部だけにつけられた馬の首をかたどった現在の馬頭琴とは異なり、楽器全体にも馬の要素が反映されているなど、非常に珍しい。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020033004433

    収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、アフガニスタンの伝統的な楽器を手にするハスバガンさん。一帯一路の沿線国に伝わる伝統的な楽器も多数収集している。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020033004553

    収集家が集めたモンゴル族の古い楽器内モンゴル自治区  20日、自ら収集した、かつて寺廟で使用されていたドラムを見せるハスバガンさん。中国内モンゴル自治区の収集家ハスバガンさんは、中国、モンゴル、ロシアなどの地に伝わるモンゴル族古来の民族楽器を20年余りにわたって集め続けている。数百年の歴史を持つこれらの民族楽器には、古から伝わる物語が弦に刻まれ、また胴の中にとどめられており、人々の思いを遠い遊牧の年月へと連れ戻してくれる。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020031200821

    伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、チューリップ型のチャイナボタンを作る工芸師の孫亜傑(そん・あけつ)さん。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020031200838

    伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、「布絲瑰行動計画」に参加した女性が制作した十二支をモチーフにしたチャイナボタン。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社配信/勿日汗)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像