検索結果 650 件中 1 件 〜 50 件 "モンゴル族"
  1. 2020120200618

    再生エネルギーの高度化が青海省の環境配慮型発展を後押し  26日、青海省海南チベット族自治州共和県の太陽光発電基地の建設現場で作業する作業員。中国青海省は太陽光発電と風力発電が充実している。同省の海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に設置された再生可能エネルギーの設備容量は、それぞれ1500万キロワット、1千万キロワットに達している。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020120200667

    再生エネルギーの高度化が青海省の環境配慮型発展を後押し  26日、青海省海南チベット族自治州共和県の太陽光発電基地の建設現場で作業する作業員。中国青海省は太陽光発電と風力発電が充実している。同省の海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に設置された再生可能エネルギーの設備容量は、それぞれ1500万キロワット、1千万キロワットに達している。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020120200644

    再生エネルギーの高度化が青海省の環境配慮型発展を後押し  26日、青海省海南チベット族自治州共和県の太陽光発電基地の建設現場で作業する作業員。中国青海省は太陽光発電と風力発電が充実している。同省の海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に設置された再生可能エネルギーの設備容量は、それぞれ1500万キロワット、1千万キロワットに達している。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020120200646

    再生エネルギーの高度化が青海省の環境配慮型発展を後押し  26日、青海省海南チベット族自治州共和県の太陽光発電基地の建設現場で作業する作業員。中国青海省は太陽光発電と風力発電が充実している。同省の海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に設置された再生可能エネルギーの設備容量は、それぞれ1500万キロワット、1千万キロワットに達している。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020120200613

    再生エネルギーの高度化が青海省の環境配慮型発展を後押し  26日、青海省海南チベット族自治州共和県の太陽光発電基地の建設現場で作業する作業員。中国青海省は太陽光発電と風力発電が充実している。同省の海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に設置された再生可能エネルギーの設備容量は、それぞれ1500万キロワット、1千万キロワットに達している。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020120200650

    再生エネルギーの高度化が青海省の環境配慮型発展を後押し  26日、青海省海南チベット族自治州共和県の太陽光発電基地の建設現場で作業する作業員。中国青海省は太陽光発電と風力発電が充実している。同省の海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に設置された再生可能エネルギーの設備容量は、それぞれ1500万キロワット、1千万キロワットに達している。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020120204246

    再生エネルギーの高度化が青海省の環境配慮型発展を後押し  26日、青海省海南チベット族自治州共和県の太陽光発電基地の建設現場で作業する作業員。中国青海省は太陽光発電と風力発電が充実している。同省の海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に設置された再生可能エネルギーの設備容量は、それぞれ1500万キロワット、1千万キロワットに達している。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020112008755

    冬を迎えた河曲草原青海省  15日、河曲草原のテントを出る牧畜民。中国青海省黄南チベット族自治州河南モンゴル族自治県の河曲草原は冬を迎え、見渡す限りの黄金色に染まった。牧畜民の傍らでは肥育した牛や羊がのんびりと草をはんでいる。(黄南=新華社記者/駱暁飛)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020112008759

    冬を迎えた河曲草原青海省  15日、冬を迎えた河曲草原の風景。(小型無人機から)中国青海省黄南チベット族自治州河南モンゴル族自治県の河曲草原は冬を迎え、見渡す限りの黄金色に染まった。牧畜民の傍らでは肥育した牛や羊がのんびりと草をはんでいる。(黄南=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020112008752

    冬を迎えた河曲草原青海省  15日、河曲草原で草をはむ羊。中国青海省黄南チベット族自治州河南モンゴル族自治県の河曲草原は冬を迎え、見渡す限りの黄金色に染まった。牧畜民の傍らでは肥育した牛や羊がのんびりと草をはんでいる。(黄南=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020112008756

    冬を迎えた河曲草原青海省  15日、河曲草原でヤク群を追い立てる女の子。中国青海省黄南チベット族自治州河南モンゴル族自治県の河曲草原は冬を迎え、見渡す限りの黄金色に染まった。牧畜民の傍らでは肥育した牛や羊がのんびりと草をはんでいる。(黄南=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020112008773

    冬を迎えた河曲草原青海省  15日、河曲草原で草をはむヤク。中国青海省黄南チベット族自治州河南モンゴル族自治県の河曲草原は冬を迎え、見渡す限りの黄金色に染まった。牧畜民の傍らでは肥育した牛や羊がのんびりと草をはんでいる。(黄南=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020112008758

    冬を迎えた河曲草原青海省  15日、冬を迎えた河曲草原の風景。中国青海省黄南チベット族自治州河南モンゴル族自治県の河曲草原は冬を迎え、見渡す限りの黄金色に染まった。牧畜民の傍らでは肥育した牛や羊がのんびりと草をはんでいる。(黄南=新華社記者/駱暁飛)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020110500175

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、空から見た翡翠湖。(小型無人機から)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020110500177

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、翡翠湖の畔で記念撮影する観光客。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020110500141

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、空から見た翡翠湖。(小型無人機から)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020110500342

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、空から見た翡翠湖。(小型無人機から)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020110500204

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、エメラルド色の水面が広がる翡翠湖。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020110500145

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、空から見た翡翠湖。(小型無人機から)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020110500154

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、空から見た翡翠湖。(小型無人機から)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020110500061

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、空から見た翡翠湖。(小型無人機から)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020110500147

    ゴビ砂漠に散りばめられた「エメラルド」青海省  10月30日、空から見た翡翠湖。(小型無人機から)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州にある翡翠湖は、湖の深さや含まれる鉱物の濃度が異なることから、湖水がさまざまな濃さの緑色に輝き、まるでゴビ砂漠に散りばめられたエメラルドのように美しい光景を生み出している。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020110904303

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、孫の嫁の査生才其格さんにモンゴル族刺しゅうを教える達力瑪さん(右)。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020110904363

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、孫の嫁の査生才其格さんにモンゴル族刺しゅうを教える達力瑪さん(右)。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020110904465

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、モンゴル族刺しゅうに励む査生才其格さん。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020110904582

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、孫の嫁の査生才其格さんにモンゴル族刺しゅうを教える達力瑪さん(右)。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020110904444

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、達力瑪さんが制作したモンゴル族刺しゅうの作品。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020110201758

    中国、少数民族楽器研究・試作センター設立へ  29日、中国(上海)国際楽器展覧会に展示された改良後の少数民族楽器。左からチベット族の弦子、モンゴル族の馬頭琴とトプシュールなど。中国上海市で28日に開幕したアジア最大規模の楽器見本市「2020中国(上海)国際楽器展覧会(ミュージックチャイナ)」で、中国民族管弦楽学会楽器改革制作専門委員会が河北省衡水市に中国少数民族楽器研究・試作センターを設立すると発表した。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020110904446

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、孫の嫁の査生才其格さんにモンゴル族刺しゅうを教える達力瑪さん(右)。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020110904296

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、達力瑪さんが制作したモンゴル族刺しゅうの作品。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020110904206

    母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう  10月29日、モンゴル族刺しゅうに励む達力瑪さん。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020110604934

    ツァイダム盆地最大の淡水湖を訪ねて青海省  10月28日、ケルク湖の一角。中国青海省のケルク(可魯克)湖はツァイダム盆地最大の淡水湖で、標高約2800メートル。海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から約50キロの場所にある。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020110605093

    ツァイダム盆地最大の淡水湖を訪ねて青海省  10月28日、ケルク湖の一角。(小型無人機から)中国青海省のケルク(可魯克)湖はツァイダム盆地最大の淡水湖で、標高約2800メートル。海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から約50キロの場所にある。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020110605134

    ツァイダム盆地最大の淡水湖を訪ねて青海省  10月28日、ケルク湖の一角。(小型無人機から)中国青海省のケルク(可魯克)湖はツァイダム盆地最大の淡水湖で、標高約2800メートル。海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から約50キロの場所にある。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020110904393

    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市  10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020110604868

    ツァイダム盆地最大の淡水湖を訪ねて青海省  10月28日、ケルク湖の一角。(小型無人機から)中国青海省のケルク(可魯克)湖はツァイダム盆地最大の淡水湖で、標高約2800メートル。海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から約50キロの場所にある。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020110605158

    ツァイダム盆地最大の淡水湖を訪ねて青海省  10月28日、ケルク湖の水辺で戯れる水鳥。中国青海省のケルク(可魯克)湖はツァイダム盆地最大の淡水湖で、標高約2800メートル。海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から約50キロの場所にある。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020110605129

    ツァイダム盆地最大の淡水湖を訪ねて青海省  10月28日、ケルク湖の一角。中国青海省のケルク(可魯克)湖はツァイダム盆地最大の淡水湖で、標高約2800メートル。海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から約50キロの場所にある。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020110904380

    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市  10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所で望遠鏡コントロール設備のデータを記録する技師。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020110605147

    ツァイダム盆地最大の淡水湖を訪ねて青海省  10月28日、ケルク湖の上空を飛ぶ水鳥。中国青海省のケルク(可魯克)湖はツァイダム盆地最大の淡水湖で、標高約2800メートル。海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から約50キロの場所にある。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020110904257

    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市  10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所で直径13・7メートルのミリ波望遠鏡の作動状況を確認する技師。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020110904372

    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市  10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所で宇宙から届く電波のデータを採取する技師。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020102002256

    「なぜこんなことを」 民族学校の中国旗  中国国旗がはためくモンゴル族の学校=9月、中国内モンゴル自治区通遼市(共同)

  44. 2020102002251

    「なぜこんなことを」 東京で抗議するモンゴル族  中国内モンゴル自治区の中国語教育強化に抗議するモンゴル族の人々=3日、東京都内(UPI=共同)

  45. 2020100803074

    秋の牧場に穏やかな時間河北省承徳市  5日、河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場の景色。中国河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場では牛馬の群れや車両、牧草を運ぶトラクターが秋色の景色の中を行き交い、穏やかな雰囲気を醸し出している。(承徳=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020100803048

    秋の牧場に穏やかな時間河北省承徳市  5日、河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場の景色。中国河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場では牛馬の群れや車両、牧草を運ぶトラクターが秋色の景色の中を行き交い、穏やかな雰囲気を醸し出している。(承徳=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020100803075

    秋の牧場に穏やかな時間河北省承徳市  5日、河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場の景色。(小型無人機から)中国河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場では牛馬の群れや車両、牧草を運ぶトラクターが秋色の景色の中を行き交い、穏やかな雰囲気を醸し出している。(承徳=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020100803077

    秋の牧場に穏やかな時間河北省承徳市  5日、河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場の景色。中国河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場では牛馬の群れや車両、牧草を運ぶトラクターが秋色の景色の中を行き交い、穏やかな雰囲気を醸し出している。(承徳=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020100803079

    秋の牧場に穏やかな時間河北省承徳市  5日、河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場の景色。中国河北省承徳市囲場満族モンゴル族自治県にある御道口牧場では牛馬の群れや車両、牧草を運ぶトラクターが秋色の景色の中を行き交い、穏やかな雰囲気を醸し出している。(承徳=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020100500758

    草原で観光イベント、ラクダ文化テーマに内モンゴル自治区  9月30日、ラクダ文化観光イベントの開幕式で馬術を披露する出演者。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で9月30日、2020年ラクダ文化観光イベントが開幕した。5日間にわたり、ラクダレースや競馬、ウラド民謡大会など、民族色豊かなスポーツ競技や文化公演・展示などが行われる。草原には大勢の観光客が集まり、特色あるモンゴル族の文化に触れ、国慶節と中秋節の休暇を満喫している。(バヤンノール=新華社配信/王正)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像